新着記事

越後亀田縞ハンチング|伝統織物で仕立てた小粋な木綿ハンチング帽

失敗を恐れずに進むことが特効薬|『「感情の老化」を防ぐ本』

40代から始まる「感情の老化」を食い止める方法|『「感情の老化」を防ぐ本』

春の体調管理の鍵を握るのは免疫力を上げる「たんぱく質」!

春の体調管理の鍵を握るのは免疫力を上げる「たんぱく質」!

「褒められると伸びるタイプなんです」と言う部下への接し方

【ビジネスの極意】「褒められると伸びるタイプなんです」と言う部下への接し方

ペーパーグラス|眼鏡作りの聖地が生んだ驚異の薄型軽量読書眼鏡

仏像曼荼羅イメージ 東寺蔵

空海発案の立体曼荼羅21体のうち、15体が集合【特別展「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅」】

災害時に愛猫がPTSDに陥ったら!|知っておきたい「猫のPTSD」治療法

竹製のスタンドにヤシの葉のうちわを常備。和室はエアコンを設置せずに、うちわや扇風機で涼をとります。網戸がなく、窓を開けっ放しにしているため、家中のいたるところに置いている蚊取り線香入れは、バリ島でつくられたもの。

春過ぎて夏を待つ日に葉山の家へ【桐島かれん『KAREN’s』】

50代夫婦1000名に聞いた定年対策 実態調査!|「定年退職後も夫には外で働いてほしい」は9割近く!!

妻の9割は「定年退職後も夫には外で働いてほしい」|50代夫婦1000名に聞いた「定年後のライフスタイル」

SIWA長財布|障子紙の里から生まれた優しい手触りの軽量財布

サライ本誌最新号

住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。
  2. アウトサイド・ジャパン展

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

ビル・エヴァンス|「ピアノ音楽としてのジャズ」を確立した鍵盤の詩人【ジャズの巨人】第10巻より

文/後藤雅洋

1950年代の後半から頭角を現し、惜しくも亡くなってしまう80年に至るほぼ30年の間、ビル・エヴァンスはつねにジャズ・ピアニストとして第一線で活躍してきました。

エヴァンスの特徴は音楽のスタイルが比較的安定しており、全活動期間を通じてあまり大きな変化がないこと。何より決定的なのが、次世代ジャズ・ピアニストたちに与えた影響の大きさです。これらの結果として、彼に対する「ジャズの巨人」としての評価は、今では完全に確立されているといってよいでしょう。

まず、ピアニストが独走するバド・パウエル流ピアノ・トリオのあり方を、ベーシスト、ドラマーにも活躍の場を与える「3者協調型」に変えたこと。エヴァンスが現代ジャズ・ピアノに与えた影響はじつに大きいのです。

現在、第一線で活躍するキース・ジャレットの「スタンダーズ・トリオ」をはじめとして、ほとんどのピアノ・トリオは’60年代にエヴァンスが切り拓いた新しい形態を採用しているのです。

そして、彼が改革したこの「ピアノ・トリオの進化」とも関わっていますが、エヴァンスはジャズにおける「ピアノのあり方」そのものも変えてしまったのですね。

ちょっと極端な言い方をすると、ピアノという楽器はジャズの世界では若干「継子扱い」されていた節がないでもなかったのです。理由はトランペットやサックス類に比べ相対的に音色が地味で、音量も小さいこと。またピアノは「平均律」というヨーロッパ音楽の基準で調律されているので、普通に演奏するとどうしても「クラシックぽく」聴こえてしまうのですね。

そしてある意味で「機械」でもあるピアノは、トランペットやサックス類に比べ音色コントロールの幅が狭く、結果として個性的表現が難しいのです。

こうした「弱点」があるにもかかわらず、ピアノをジャズの主役の位置にまで引き上げたのがバド・パウエルだったのですが、彼の業績は「ピアノだってジャズができるんだぞ」と言い換えられると思います。しかしパウエルの奏法は、本来両手を駆使して豊かな和音を響かせたり、複雑な旋律を表現したりできるピアノの機能をあえて制限し、「右手のみ」に特化した、ピアノの使い方としては若干特殊なスタイルだったともいえるのです。

それに対し、エヴァンスの演奏はもう少しピアノの音楽らしく、いわば「ピアノ音楽としてのジャズ」を確立させたといえるのですね。そしてこのことが一般音楽ファンの「入りやすさ」に繫がっているのです。普通の方々にとって、どちらかというとジャズより「聴き慣れて」いるショパンやドビュッシーといったクラシックのピアノ音楽と、エヴァンスの演奏は「地続き的」なところがあるのです。

■ジャズ・ピアノの変革期

こうした「傾向」は、前出のキース・ジャレットや現代のトップ・ピアニスト、ブラッド・メルドーといったエヴァンス以降のすべてのジャズ・ピアニストに大なり小なり当てはまり、そのことが結果としてジャズにおけるピアノの位置を大きく変えたのです。

現代では、1940年代後半から’50年代にかけての「モダン・ジャズ勃興期」では考えられないほど、ジャズの中でピアノという楽器が占める位置が大きくなりました。その過渡期的現象として特筆すべきなのが、’70年代に爆発的ブームとなった「ソロ・ピアノ」という演奏スタイルです。

ジャズ史の中で「ソロ・ピアノ」というフォーマットを試みたのは、スイング時代のアート・テイタムなどごく限られたピアニストだけで、先駆的試みとしてエヴァンスが’60年代末にソロ・アルバムを出しましたが、時期尚早だったのかあまり話題にはなりませんでした。それが’70年代を迎えるとキース・ジャレットはじめ、チック・コリアやマッコイ・タイナーといった当時のトップ・ピアニストたちが、競うようにしてソロ・ピアノ・アルバムを吹き込むという、特異な現象が起こったのです。

とりわけキースの連続ソロ・コンサートは大人気で、特にジャズに関心のなかった層にまでキース・ファンは広がったのです。思うに、キースのファン層は従来クラシック音楽を聴いていた人に多かったようです。そして、こうした状況と並行するようにして、ピアノ、キーボード奏者がジャズ・シーンの前景に躍り出るという時代を迎えたのです。

顔ぶれは前出のキース、チック、マッコイの他、マイルス・デイヴィス・グループから独立し、エレクトリック・キーボードを駆使するハービー・ハンコックや、「ウェザー・リポート」というグループをテナー奏者ウェイン・ショーターと組んだ、オーストリア出身のジョー・ザヴィヌルなど、それ以前のジャズ・シーンではみられないほど多士済々です。

彼らはエレクトリック楽器を使用したり、のちに「フュージョン」と呼ばれるスタイルをとったりとじつに多彩な動きで、従来の「ジャズ・ピアノ」の概念を乗り越えていきました。

■根っからのピアニスト

しかし、こうした状況を迎えたにもかかわらず、エヴァンスの動きにはじつに興味深いものがあります。彼は’70年代の初頭こそ、時代の波に乗るようにしてエレクトリック・ピアノを演奏したりもしましたが、その動きは長続きせず、しだいにもとのオーソドックスな方向へと回帰し、亡くなる直前まで基本的に’60年代のころと大きく変わることのないスタイルを貫き通したのです。

これはエヴァンスが根っからの「ピアニスト体質」だったことを表しているのです。ジャズ・ピアニストには二通りのタイプがあって、ハービー・ハンコックやジョー・ザヴィヌルのように、ホーン奏者を含んだグループ・サウンドで自己表現するタイプと、バド・パウエルを筆頭に、エヴァンスやオスカー・ピーターソンのように、自分のピアニストとしての資質で勝負するタイプです。両者の中間に位置するのがキースやチック、あるいはマッコイで、どちらのタイプの演奏も行なっています。

話をエヴァンスに戻すと、結局彼はピアノという楽器の可能性を極めることによって、「ジャズ的な自己表現」を行なう方向に向かったのだと考えてよいでしょう。近年のキース・ジャレットの演奏も、突き詰めれば同じ方向を向いているといえると思います。エヴァンスとキースの音楽は表面的には特に似ているわけではありませんが、「楽器としてのピアノ」「音楽ジャンルとしてのジャズ」、そして「自己表現」といった3者の兼ね合い・関係性において、同形といえます。そしてそれこそが「ピアノ音楽としてのジャズ」ということなのですね。

こうした枠組みで語ることができるピアニストはじつに多く、’80年代から注目されだしたフランスのミシェル・ペトルチアーニやイタリアのエンリコ・ピエラヌンツィといった、ヨーロッパ発の新人ピアニストの大半が、結局エヴァンス的発想でジャズを演奏しているのです。これは凄いことではないでしょうか。まさしく’50年代のジャズ・シーンにおけるバド・パウエルの影響に匹敵するといえるものです。

■叙情性という個性

とはいえ、具体的なエヴァンスのピアノ・スタイルの影響はというと、パウエルと同じように、表面的な部分は受け継がれていても、音楽の本質的な要素はなかなか継承が難しいようです。これは考えてみれば当然のことで、ジャズという音楽のもっとも重要な特徴が「個性的表現」なのですから、パウエルやエヴァンスといった突出した才能をもったジャズマンの「個性」を継承できるわけがないのですね。

しかしながらその部分こそが彼の音楽の「聴きどころ」なのですから、できる限りエヴァンスならではの個性を説明していこうと思います。

力強いピアノのタッチや、リズムへの独特の乗り方がエヴァンスの個性であるという話は以前しましたが、やはり彼のいちばんの特徴は「リリシズム=叙情性」という言葉で語られる部分ではないでしょうか。これはなかなか説明が難しい。というのも、「リリシズム」は「リズム」や「タッチ」といった「音楽の言葉」にしづらい、「気分・雰囲気」に属する要素だからです。

ヒントはやはりエヴァンスの気質にあるように思います。天衣無縫のアルト・サックス奏者チャーリー・パーカーや、ユーモラスな奇行で知られたピアニスト、セロニアス・モンクのようなエピーソードが、エヴァンスにはあまりないのです。音楽に対するきわめて真摯な態度や、クラシック音楽に対する知識・関心の高さこそ広く知られていますが、一個人としてのエヴァンス像は、鍵盤にのめり込むようにして演奏する一種「自己耽溺型」のジャズマンといったイメージしか浮かんできません。

それを裏付けるような彼自身の証言を紹介してみましょう。

「音楽は私の人生でいちばん重要な意味のあることであり、私の生活の何よりも私自身を占有している」

彼にとって音楽さえあればあとは何も要らないのですね。女性関係はじめ、俗な欲求がかえってジャズマンらしさを彩ることが多いジャズ界において、これはかなりストイックな態度といえるものです。

エヴァンスのリリシズムは、こうした彼の気質をキーワードとして読み解くことができると思います。それは、「感情表現」と「音楽的構築性」のバランスが取れているということです。感情の発露のあまり、音楽的に過剰だったり逸脱したりすることなく、また、音楽的完成度にこだわるあまり無機質な印象を与えることもない叙情性です。

しかし、これはけっこう難しく、たいがいのジャズマンはどちらかに偏りがち。というか、大方のジャズマンは情緒的表現で自己主張する方向で個性を表しているのですね。もちろんそれでまったく問題はなく、どちらかというとジャズはそうした音楽として親しまれているといってよいでしょう。

ただ、こうしたスタンスの音楽は当然聴き手の嗜好に左右され、必ずしも万人向けとはいいがたい。しかし、エヴァンスの音楽的探究心はそこにとどまらず、ピアノ・ミュージックとして欠けるところなく、同時に自分の美意識をも十全に表現しうる演奏を追求していったのですね。

その結果として、さほど聴き手の好みに左右されず、しかも音楽的に質の高い演奏を続けてこられたのです。

文/後藤雅洋
ごとう・まさひろ 1947年、東京生まれ。67年に東京・四谷にジャズ喫茶『いーぐる』を開店。店主として店に立ち続ける一方、ジャズ評論家として著作、講演など幅広く活動。

「隔週刊CDつきマガジン JAZZの巨人」のページを見る

マイルス・デイヴィス|ジャズを創り、ジャズを超えた「帝王」

ビル・エヴァンス|繊細で大胆なピアノ・トリオの改革者

ジョン・コルトレーン|ジャズの究極にフォーカスし続けた求道者

ソニー・ロリンズ|豪放磊落なアドリブ・ジャイアント

マイルス・デイヴィス|次代のジャズを奏でる革命家

アート・ブレイキー |燃えるドラムで世界を熱狂させたジャズの“親分”

バド・パウエル|内なる炎が燃えるピアノ・トリオの開祖

チャーリー・パーカー|アドリブに命をかけたモダンジャズの創造主

オスカー・ピーターソン|圧倒的な演奏技術でジャズの魅力を伝えたピアニスト

ビル・エヴァンス|「ピアノ音楽としてのジャズ」を確立した鍵盤の詩人

モダン・ジャズ・カルテット(MJQ)|クラシックの香り漂う典雅な〝室内楽ジャズ〟

ジョン・コルトレーン|情念をも音楽の一部にして孤高の道を驀進した改革者

クリフォード・ブラウン|完璧なテクニックと最高の歌心で音楽を表現した努力の天才

セロニアス・モンク|「ジャズは個性の音楽」を体現した唯一無二のスタイルと存在感

ハービー・ハンコック|「時代の感受性」と並走しジャズを拡大した変容するピアニスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「イズント・シー・ラヴリー」のオリジナルが収録されたスティーヴィー・ワンダー『キー・オブ・ライフ』(モータウン)。 スティーヴィー・ワンダーの「イズント・シー・ラヴリー」がどうして…
  2. ジャズを聴く技術〜ジャズ「プロ・リスナー」への道《第1回》 ジャズマンはなぜみんな同じ曲を演奏するのか?|【ジャズを聴く技術…
  3. マーカス・ミラー マイルス・デイヴィスなどのトップ・アーティストに愛されてきたスー…
  4. JAZZ界の重鎮・後藤雅洋さんがポール・マッカートニーの東京ドー…
  5. 来日中のポール・マッカートニーに「JAZZ専念アルバム」があった…
PAGE TOP