新着記事

銀製 夫婦箸|江戸の粋な心と技が宿る東京銀器

叩いて生み出す形と輝き。江戸時代から続く優美な東京銀器は、暮らしに安らぎとゆとりをもたらす。…

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|夏野菜の定番!旬のトマトの甘みと旨味を生かして減塩

【管理栄養士が教える減塩レシピ】夏野菜の定番!甘みと旨味を生かした旬のトマトの料理法

写真・文/矢崎海里夏野菜の定番、トマト。真夏の太陽の日差しを浴びて育ったトマトは…

退職金を受け取る前に|セカンドライフで気になるイベントやお金のこと【今からはじめるリタイアメントプランニング】

退職金を受け取る前にやるべきこと、やってはいけないこと【今からはじめるリタイアメントプランニング】

【セカンドライフで気になるイベントやお金のこと】退職金を受け取る前にあらかじめ計画を立て…

「優しいリーダー」が注目される理由

【ビジネスの極意】「優しいリーダー」が注目される理由

リーダーシップとは何か? 多くの人はメンバーを引っ張っていく強い意志、などを持った人間、と思…

牛革天然藍染めの小物|手染め感が味わい深い、阿波藍染の革小物

来る2020年の東京オリンピック・パラリンピックのエンブレムに、日本の伝統色である藍色が採用…

悲しげなクルーズカイーダの像

マイケル・ジャクソンが有名にした観光地サルバドールの光と影|倒れた十字架のレクイエム(ブラジル)

文・写真/マンゲイラ靖子(海外書き人クラブ/ブラジル在住ライター)ブラジルの東北地方、バイー…

バランス栄養食品

朝食のかわり?お菓子のかわり?|バランス栄養食品で人気は「カロリーメイト」と「SOYJOY」

忙しいときや特定の栄養が不足している時に補うことができるバランス栄養食品。今はどの銘柄が人気…

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

文/砂原浩太朗(小説家)「知る人ぞ知る」という表現を時おり耳にする。一般的な知名度は…

前列中央から時計回りに、ご飯、野蕗のきゃらぶき、煎り豆腐(人参)、鶏そぼろ、漬物(胡瓜と人参の糠漬け・壬生菜・刻み沢庵)、焼き海苔、ごんげん蒸し、大根おろし(葱・鰹節・胡麻)、納豆(葱)、絹さやの浸し(鰹節)、味噌汁(豆腐・若布・葱)、中央右は焼き鮭、左は蒲鉾と山葵漬け。今朝は小鉢に盛っているが、常備菜のきゃらぶきや煎り豆腐、鶏そぼろ、加えてごんげん蒸しなどは大皿で登場し、取り分けていただくことが多い。絹さやは昨夜の残りを浸しに。蒲鉾は、山葵漬け(静岡『野桜本店』の激辛口)をつけて食す。焼き海苔は東京・品川の『みの屋海苔店』のものを愛食。焼き海苔とごんげん蒸しの器の模様は、定紋である揚羽蝶。

【朝めし自慢】中村歌六(歌舞伎役者・68歳)「カミさん手製の常備菜以外は僕が作ります」

取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆「“ごんげん蒸し”が上手にできれば、一日気分がいい」という歌…

倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|履き込むほどに味が出る、大人の快適スニーカー

奈良県北部に位置する大和郡山市。戦後より皮革産業が盛んなこの地で、70年にわたり紳士靴づくり…

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康定番・朝めし自慢

  1. 前列中央から時計回りに、ご飯、野蕗のきゃらぶき、煎り豆腐(人参)、鶏そぼろ、漬物(胡瓜と人参の糠漬け・壬生菜・刻み沢庵)、焼き海苔、ごんげん蒸し、大根おろし(葱・鰹節・胡麻)、納豆(葱)、絹さやの浸し(鰹節)、味噌汁(豆腐・若布・葱)、中央右は焼き鮭、左は蒲鉾と山葵漬け。今朝は小鉢に盛っているが、常備菜のきゃらぶきや煎り豆腐、鶏そぼろ、加えてごんげん蒸しなどは大皿で登場し、取り分けていただくことが多い。絹さやは昨夜の残りを浸しに。蒲鉾は、山葵漬け(静岡『野桜本店』の激辛口)をつけて食す。焼き海苔は東京・品川の『みの屋海苔店』のものを愛食。焼き海苔とごんげん蒸しの器の模様は、定紋である揚羽蝶。  

    【朝めし自慢】中村歌六(歌舞伎役者・68歳)「カミさん手製の常備菜以外は僕が作ります」

         

    取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆「“ごんげん蒸し”が上手にできれば、一日気分がいい」という歌舞伎役者の健康は、自らが腕を振るう朝食が支えている。【中村歌六さんの定番・朝めし自慢】物心つくかつかない頃か…

  2. 前列左から時計回りに、発芽玄米ご飯(小豆・日本酒)、納豆(大根おろし)、キムチ、梅干し、沢庵、野菜サラダ(キャベツミックス・胡瓜・トマト・貝割れ大根・豆腐)、昆布水、味噌汁(キャベツ・麩・青葱)。お手拭きの上は番茶。発芽玄米ご飯に入れる小豆は、仏さまのお下がりを利用。昆布水は上質の昆布を24時間水に浸けたもので、朝食前に飲む。野菜サラダは市販の胡麻ドレッシングで食す。  

    【朝めし自慢】堀澤祖門(三千院門跡門主・90歳)「発芽玄米ご飯の精進料理です」

         

    取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆三千院門跡門主となって6年。堀澤祖門老師の健康は、梅干しの種…

  3. 前列中央から時計回りに、ご飯、納豆、沢庵、生卵、ふりかけ(緑黄色野菜・のりたま・小魚の原料ふりかけ)、日本茶、味噌汁(キャベツ・油揚げ)。ふりかけは5~6種類を常備し、そのうち好みの2~3種が食卓に。  

    【朝めし自慢】小川三夫(宮大工・71歳)「炊事当番が作り、みんなで食卓を囲みます」

         

    取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆食事は3食とも炊事当番が作り、弟子たちと一緒に摂る。寝食を共…

  4. 「夜は打ち合わせを兼ねて外で摂ることが多いので、カミさんが栄養バランスを考えて作ってくれるブランチが僕の健康を支えています」と生島さん。午後からはテレビ番組の収録などが入ることが多い。  

    【朝めし自慢】生島ヒロシ(フリーアナウンサー・68歳)「料理好きなカミさんが無添加食材でバランスよく調えてくれます」

         

    取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆早朝のラジオ番組を担って20年。この間、一日も休まなかったそ…

  5. 前列中央から時計回りに、ご飯、梅干し、沢たく庵あん、青菜ちりめん、牛の佃煮、辛子明太子 、茹で卵とサラダ(ブロッコリー・プチトマ ト)、味噌汁(蜆)。ご飯は茶碗に1膳、明太子はひと切れ、沢庵は2~3切れが朝の定番だ。牛の佃煮は濃い味付けなので、ほんのひと箸をご飯に混ぜる。  

    【朝めし自慢】石塚昭一郎(裁ち鋏鍛冶・84歳)「卵と明太子、ふりかけや佃煮を欠かしません」

         

    取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆“ 羅紗裁ち鋏”ひと筋に70年。今日も、力強い槌音を響かせる…

  6. 盆上の前列中央から時計回りに、ご飯、大根の柚子漬け(近 電話:075・461・4072)、大根の皮と人参のきんぴら(白胡麻)、茎昆布(五辻の昆布 電話:075・431・0719)、金ごまおかか(たきものゑびす 電話:075・464・0110)、だし巻き卵(三つ葉)、味噌汁(大根・長芋・百合根・よもぎ麩・粟麩・豆腐・三つ葉)、中央は鶏胸肉の芥子酢味噌和え(生ゆば・人参・胡瓜)。盆外の下から、白和え(油揚げ・蒟蒻・人参・椎茸・菜の花)、サラダ(ブロッコリー・蓮根・三色トマト・チーズ・梅肉)、果物(デコポン・林檎)。味噌汁は京都特産の白味噌(石野味噌 電話:075・361・2336)に少量の酒粕を加えるのが長艸家流。よもぎ麩や粟麩、豆腐、生ゆば、白和えの油揚げは『京とうふ藤野』の製品。鶏胸肉は塩麹に漬けてから蒸してハムの代わりに。サラダは梅肉とオリーブ油のドレッシングで食す。  

    【朝めし自慢】長艸敏明(京繍伝統工芸士、京繍作家・70歳)「出汁をきかせた減塩献立です」

         

    取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆平安時代から脈々と続く京繍(きようぬい)。それを受け継ぐ京繍…

  7. 朝めし自慢  

    フラワーデザイナー・今野政代さんの朝めし自慢「普段は洋風、時間に追われない朝は和風です」

         

    取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆その8割はヨーグルトを欠かさない洋風、休日は日本の伝統的な和…

  8.  

    造園家・小杉左岐さん(72歳)の朝めし自慢「60代に入ってから塩分と油分を控えた献立です」

         

    取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆現場を退いた60歳から、血圧と腎臓に配慮した食生活を実践。醤…

  9. 春風亭昇太さんの定番・朝めし自慢  

    落語家・春風亭昇太さんの朝めし自慢「週2〜3回は自分で調える純和風の献立です」

         

    取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆人気落語家は超多忙。だが、趣味のひとつが料理。楽しみながら腕…

  10. 手塚雄二・朝めし自慢1  

    【朝めし自慢】手塚雄二さん(日本画家・65歳)「糖質を抑えた献立で、20年来、体型は変わりません」

         

    取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆主食はバナナかパンのいずれかを選択。現代日本画壇を牽引する作…

  11.  

    林業家・柴原薫さん(58歳)の朝めし自慢「母が作る野菜中心の常備菜が並びます」

         

    取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆国産の木材を求めて、日本中を東奔西走する林業家。その元気の源…

  12.  

    椅子張り職人・宮本茂紀さんの朝めし自慢「人参と林檎のジュースを欠かしません」

         

    取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆天皇陛下の玉座から自動車シートまで手掛ける椅子作り名人。その…

  13.  

    料理学院長・江上栄子さんの朝めし自慢「カフェオレは“グランタース”(大きな碗)に限ります」

         

    取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆料理学院2代目の健康は、もちろん“食”が基本。大きな器でたっ…

  14.  

    建築家・杉浦伝宗さんの朝めし自慢「豚カツや天ぷらなどの揚げ物料理も登場します」

         

    取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆“ちっちゃな家”で定評のある建築家は、今、16時間断食を実践…

  15.  

    名指揮者・飯守泰次郎さんの朝めし自慢「パンなら全粒粉100%、ご飯なら発芽玄米です」

         

    取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆ワーグナーのオペラ演奏で右に出る者はいないマエストロ。血…

  16.  

    【朝めし自慢】大江英樹さん(経済コラムニスト)「週末は洋風献立。それ以外は“おかいさん”です」

         

    取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆定年後の人生の過ごし方は、人それぞれである。趣味やボ…

  17.  

    【朝めし自慢】山口香代子さん(画家)「料理好きな夫が調える白粥が主食の献立です」

         

    取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆本格的に絵を描き始めたのは5年前。にもかかわらず、わずか2年…

  18.  

    【朝めし自慢】宇田左近さん(ビジネス・ブレークスルー大学副学長)「知人から届く季節の恵みを時間をかけ味わいます」

         

    取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆これからは“人生100年”時代だという。“人生50年”といわ…

  19.  

    【朝めし自慢】西 高志(ジャズシンガー)「朝のヴィシソワーズは僕の得意料理です」

         

    取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆40余年、二足の草鞋を履いて走り続けてきた西高志(にし・たか…

  20.  

    【朝めし自慢】眞賀里文子さん(人形アニメーション作家)「20数年来、朝食はコーヒーとチョコレートです」

         

    取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆昨2017年、日本に国産アニメーション映画が誕生して100年…

  21.  

    【朝めし自慢】齋藤勝裕さん(名古屋工業大学名誉教授)「故郷・新潟の味とブルーベリーを欠かしません」

         

    取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆手許に『料理の科学』という新書がある。洗浄、切断、加熱、調味…

  22.  

    【朝めし自慢】澤田隆治さん(メディアプロデューサー)「野菜たっぷりの朝食と散歩で健康を取り戻しました」

         

    取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆昭和30年代~40年代、“視聴率100%男”と呼ばれ…

  23.  

    【朝めし自慢】木村治美さん( エッセイスト)「チーズとコーヒーが決まり、手をかけないのが木村流です」

         

    取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆■チーズとコーヒーが決まり、手をかけないのが木村流です『…

  24.  

    【朝めし自慢】今井聖さん(俳人)「3年前から痛風予防の献立です」

         

    取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆■3年前から痛風予防の献立です今年4月から、『NHK俳句…

  25.  

    【朝めし自慢】中川圭一さん(ニッカウヰスキー常勤顧問)「朝の贅沢は自分で焼いたバターロール」

         

    取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆■休日明けの朝の贅沢は自分で焼いたバターロール平成2…

PAGE TOP