新着記事

被災時に預貯金などを引き出すには【被災したときに役立つ生活再建のための知識】 被災時に預貯金などを引き出すには【被災したときに役立つ生活再建のための知識】

■預金通帳やキャッシュカードを焼失した場合の取扱い災害に遭い、急いで避難しなければならない場合、…

出雲黒柿の香筒|柿の古木が生む超希少な材を使った伝統の逸品

柿の古木のなかで黒い紋様が現れた材を「黒柿」と呼ぶ。黒柿はどの木にも出てくるものではなく、貴…

今もっともアツい動物行動学者、入交眞巳先生の新刊は愛猫家必読のバイブル【にゃんこサライ特別編】

動物行動学者で動物の心療内科医・入交眞巳先生が、満を持して初となる著書『猫が幸せならばそれでいい』(…

レクサス車の顔として定着した、台形をふたつ合わせたようなスピンドルグリルが印象的。ヘッドライトは小型LED3眼を採用。 レクサスES|12年ぶりに国内販売を再開した上級4ドアセダンの革新性【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家) 北米市場などでは30年も販売され続けるESの新型が、12…

【ビジネスの極意】なぜ、有望な新人を適材適所に配置できないのか? 【ビジネスの極意】なぜ、有望な新人を適材適所に配置できないのか?

組織において「適材適所」の人事配置は重要な案件だ。だが、何をもってしてその「人材」が「適所」…

鉄瓶 観月アラレ|まろやかな湯が沸く使い勝手のよいサイズの鉄瓶

鉄瓶といえば、このアラレ模様の姿をイメージする。アラレとは、表面に付けられた丸い凸部を指し、…

野菜たっぷり干し貝柱の中華丼 【管理栄養士が教える減塩レシピ】野菜たっぷり干し貝柱の中華丼|干し貝柱でだしを取ろう

写真・文/矢崎海里前回、野菜くずを使った野菜だしのレシピをご紹介しました。今…

長く運転を続けたいシニアなら読んでおくべき1冊|『運転をあきらめないシニアの本音と新・対策』 「歩行者や自転車に気づかない」「ブレーキのつもりがアクセル」「ウインカーの出し忘れ」|シニアの運転傾向と安全運転を続けるコツ

文/鈴木拓也運転者の交通死亡事故件数は、年齢層別に見ると75歳から急増し、ハンドルや…

2019年版!好きな韓国人俳優ランキング|3位 はキム・ジェジュン 、2位は イ・ミンホ 、1位は? 2019年版!好きな韓国人俳優ランキング|3位 はキム・ジェジュン 、2位は イ・ミンホ 、1位は?

斎藤工、高橋一生、ディーン・フジオカ…、日本のイケメン俳優人気は相変わらずだが、お隣の韓国の俳優…

朝めし自慢 フラワーデザイナー・今野政代さんの朝めし自慢「普段は洋風、時間に追われない朝は和風です」

取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆その8割はヨーグルトを欠かさない洋風、休日は日本の伝統的な和…

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

美味

  1. 作家・石牟礼道子さんが遺した「食べごしらえ」の思いを受け継ぐ人々

    文・撮影/大沼聡子今年2月、作家の石牟礼道子(いしむれ・みちこ)さんが、90歳で天に旅立ちました。熊本県天草に生まれ、後に水俣に暮らした石牟礼さんが注目されるきっかけとなったのは、1969年に刊行されたノンフィクショ…

  2. 博多・中洲『BEVU』で食らう「極厚鉄板」仕立ての熱々極上ステーキ

    取材・文/編集部西日本最大の歓楽街といわれる福岡県博多市の中洲エリア。ここの商店街の一画に店…

  3. 「世代へ受け継ぐ味」郷土色溢れるお雑煮は、伝えていきたい究極の和食(コウケンテツの料理コラム 最終回)

    夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

  4. 【名門校の青春食堂 第6回】早稲田高等学校×メルシーのラーメン(東京・早稲田)

    文/鈴木隆祐早稲田生に愛されてきたワセメシの代表選手『メルシー』のラーメン早…

  5. 【名門校の青春食堂 第5回】駒場東邦高等学校×三島のたこ焼き(東京・駒場)

    文/鈴木隆祐食べ応えある『三島』の関東風たこ焼きには生徒への想いが込められていた…

  6. 無理なく続けられる、週末料理のすすめ(コウケンテツの料理コラム 第11回)

  7. ラオスのお母さんのご飯が伝える、息子への想い(コウケンテツの料理コラム 第10回)

  8. 【名門校の青春食堂 第4回】筑波大学付属駒場高等学校×井上のポークピカタ(東京・駒場)

  9. 明治屋「おいしい缶詰」は酒のアテとしてどうか?日本酒好き編集長が食べて検証《プレゼントあり》

  10. 毎日食べたい!自宅でつくる簡単もち麦料理レシピ6選

  11. 2000年も受け継がれてきた、フィリピンの棚田(後編)(コウケンテツの料理コラム 第9回)

  12. 大阪・住之江の老舗洋食店『源ちゃん』名物「やまいものグラタン」【大阪旨いもん巡り】

  13. 2000年も受け継がれてきた、フィリピンの棚田(前編)(コウケンテツの料理コラム 第8回)

  14. シャンパーニュ・オーギュスタン|「ビオディナミ」シャンパーニュ最先端の作り手

  15. 国循直伝の「マインド食+かるしおレシピ」で認知症を予防【名医に聞く健康の秘訣】

  16. 【名門校の青春食堂 第3回】武蔵高等学校×好々亭と砂時計(東京・江古田)

  17. 一人前になるために、つくり続けたナムル(コウケンテツの料理コラム 第7回)

  18. 手でつまむか、箸で食べるか?握り寿司の上手な食べ方【食いしん坊の作法 第3回】 

  19. 【名門校の青春食堂 第2回】麻布高等学校×那須飯店の肉定食(東京・広尾)

  20. 料理家コウケンテツ、思い出の初レシピ(コウケンテツの料理コラム 第6回)

  21. 【名門校の青春食堂 第1回】開成高等学校×フィレンツェの喫茶洋食(東京・西日暮里)

  22. 挫折の20代、料理が切り開いてくれた道(コウケンテツの料理コラム 第5回)

  23. 【日本ワイン生産者の肖像3】ブルース・ガットラヴさん(10Rワイナリー)|北海道・空知でつむぐ理想のワイン造り

  24. 花見の日には気合いの入った鮨屋の卵焼きを味わいたい

  25. 故郷の記憶を蘇らせた済州島のスープ(コウケンテツの料理コラム 第4回)

  26. 花見で食べる美味しいものといえば昔も今も「すし」が人気

  27. 鮨屋のカウンターに秘められた絶妙な間合いとは【食いしん坊の作法 第2回】 

  28. 料理家になる息子へ、母がくれた言葉(コウケンテツの料理コラム 第3回)

  29. おいしい減塩食が簡単に作れる!国循「かるしおレシピ」の極意

  30. 作家・町田康さんと歩いた北九州市・小倉の「旨いもの」巡り

PAGE TOP