新着記事

ファミリーレッグシェイカー|高速の振動が心地よく血行を促進、リラックスできる

数あるフットマッサージ機の中で、ユニークな仕掛けを持つのが本機である。その仕掛けとは「貧乏ゆ…

【義家族との間】離婚後も娘のように接してくれる義両親。その深い愛に救われた~その2~

取材・文/ふじのあやこ離婚、再婚などで複雑化する家族関係。血縁のない家族(義家族)との関係で生じ…

【義家族との間】離婚後も娘のように接してくれる義両親。その深い愛に救われた~その1~

取材・文/ふじのあやこ家族の中には、血縁のない『義(理の)家族』という間柄がある。結婚相手の親族…

まだ荒れた都時代の本能寺門前で。

将軍足利義輝、松永久秀、細川藤孝・・・・・。やがて来る過酷な戦国、それぞれの運命【麒麟がくる 満喫リポート】

ライターI(以下I):『麒麟がくる』って鉄砲の場面が多いですね。第5話では光秀が道三に鉄砲を…

認知症の親との日々のコミュニケーションで疲れ果てないためのコツ|『認知症の親へのイラッとする気持ちがスーッと消える本』

認知症の親へのイラッとする気持ちが消える3つの処方箋

文/鈴木拓也日本国内の認知症の患者数はいまや約500万人。社会の高齢化によって、その…

皇帝専用駅ヒーツィング

謎の地下礼拝堂から皇帝専用駅舎まで、ウィーンのユニークな地下鉄の駅と路線(オーストリア)

文・写真/御影実(オーストリア在住ライター/海外書き人クラブ)120年の歴史を誇る、ウィーンの地…

【医学部受験経験者1,004人への調査で判明】受験勉強法と必勝ツール

受験生の皆さんは、入試に向けて、毎日必死に勉強していることでしょう。しかしながら、医学部合格…

愛犬の終活を迎える時に、準備しておきたい大切なこと

最後の日々を後悔しないために「愛犬の終活」で準備したい大切なこと

取材・文/柿川鮎子お散歩友達の8歳のゴールデン・レトリーバーが、がんを宣告されてしまいました…

親と心を通わせ合うために|『精神科医が教える 親のトリセツ』

親と心を通わせ合うためのヒント|精神科医が教える「親のトリセツ」

高齢の親に対してはつい、「頑固・わがまま・融通が効かない」などというようなイメージを持ってし…

室内の「隠れダスト」に要注意! 花粉症患者の約7割がオフィスでも花粉症の影響を体感している

春が近づいてくると、花粉症の方々は憂鬱な気分になるのかもしれません。ソフトバンクロボティ…

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

私のクルマ遍歴

  1. 画像では見えませんが、ブレーキにはポルシェ用のブレーキポッドとローターが奢られています  

    【私のクルマ遍歴】スカイラインとカローラレビンを売却し、ついに出会った、BMW『E36』の高性能チューニングカー『M3』(後編)

         

    取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオートバイ。ここでは自動車やオートバイを溺愛することで歩んだ、彩りある軌跡をご紹介します。クルマ趣味を楽しみながら、独立開業を目指す…

  2. 程度の悪さのおかげで、遠慮することなく未舗装路も走れたそう  

    【私のクルマ遍歴】“ダルマセリカ”から始まり、カローラレビンにチェイサー。トヨタエンジンの気持ちよさにこだわった青年期(前編)

         

    取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオー…

  3. フェアレディの衝動買いには慣れた奥様ですが、自宅に運ばれたジャガーを目にした時は、さすがに唖然としたそうです。  

    【私のクルマ遍歴】念願だったローウィンドウの『フェアレディ』を購入! そして、オークションで真っ赤な『ジャガー』と出会う(後編)

         

    取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオートバ…

  4. 画像はのちに購入したフェアレディ。アメリカで補修用パーツの入手するためのノウハウは、日本に戻ってからも大いに役立っています。  

    【私のクルマ遍歴】はじめて購入したクルマは、エンジンの動かない『フェアレディ2000』!(前編)

         

    取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオー…

  5. 全てが純正を維持している300ZX50thアニバーサリーは、とても希少だそう。  

    【私のクルマ遍歴】『300ZX50thアニバーサリー』と『GT-R(R35型)』が並ぶ、夢のような駐車場(後編)

         

    取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオートバ…

  6. 左ハンドル仕様の和年さんの愛車。日本のスポーツカーとして、海外で高い評価を受けました。その出会いと物語は【後編】にて語ります。  

    【私のクルマ遍歴】本当は『300ZX』が欲しかったものの高すぎて手が出せず、マイナーチェンジしたばかりの『GTS-X』を購入(前編)

         

    取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオー…

  7. お子さんが自立したこともあり、ロードスターを購入してからは奥様と2人で出かける機会が増えたそう。  

    【私のクルマ遍歴】事故でフロントが破損した『NCロードスター』。奥様の理解と後押しでより魅力的なフォルムに生まれ変わる(後編)

         

    取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオートバ…

  8. 茂幸さんの愛車は、ブラックのボディカラーが希少なオープンカー。その出会いと物語は【後編】にて語ります。  

    【私のクルマ遍歴】仕事や家庭に翻弄され、『カリーナ』『チェイサー』『ミラージュ』『ギャラン』と、何台も乗り換えた青春時代(前編)

         

    取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオー…

  9. カラーリングはアメリカ海軍ブルーエンジェルス機を参考にしたとのこと。シートにまでこだわって仕上げました。  

    【私のクルマ遍歴】三菱『FTO』を手放し、出会ったシボレーの『コルベット』。アメ車の楽しさと、維持することの難しさを知る(後編)

         

    取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオートバ…

  10. 鳴海さんの愛車は、顔つきやスタイルの愛らしさで評判となったオープンカー。その出会いと物語は【後編】で語ります。  

    【私のクルマ遍歴】「大衆車のボールより、性能の良いガンダムを!」後輩の助言で選んだのはホンダの2代目プレリュード(前編)

         

    取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオー…

  11. 新しいスイフトスポーツでも、ボディカラーにチャンピオンイエローを選択します。  

    【私のクルマ遍歴】初めて買った『ジムニー SJ30』は12年落ち。ついに出会えた『スイフトスポーツ』は探し求めていた理想のクルマ!(後編)

         

    取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオートバ…

  12. 哲也さんの愛車は「元気の良いコンパクトハッチバック」として高い評価と人気を博す国産車。その出会いと物語は【後編】で語ります。  

    【私のクルマ遍歴】バイクにはまった青春時代。『GAG』『GF250S』と乗り継ぐうちに先進性と遊び心のあるスズキが大好きに……(前編)

         

    取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオー…

  13. 6代目スカイライン風のヘッドライトウォッシャーは、実際には水は出ないとのこと。6代目スカイラインに装備されていたアンテナも装備したいと考え、現在も必要なパーツを探しています。  

    【私のクルマ遍歴】「スカイライン」と「西部警察」は一生の憧れ。ついに『ER34』を『マシンRS』風の赤黒ツートンカラーに再塗装!(後編)

         

    取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオートバ…

  14. サライ.jp世代ならば、すれ違ったら振り返ってしまう健一さんの愛車。その出会いと物語は【後編】で語ります。  

    【私のクルマ遍歴】『スカイライン2000GTターボ』を事故で失った後、本当に欲しかった『スカイライン2000RSターボ』を必死に探す(前編)

         

    取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオー…

  15. 今年(2019年)で18回目の開催となる『ラリー北海道』。同大会で、彰さんは様々なプライベートチームのナビゲーターを務めてきました。 2002年にギャランVR-4は生産を終了します。しかし280馬力とフルタイム4輪駆動が生み出す走行性能は、最新のスポーツカーにひけを取りません。  

    【私のクルマ遍歴】最新のクルマは馴染めない。2002年に生産を終了した三菱の『ギャランVR-4』を「あがりの一台」と誓う(後編)

         

    取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオートバ…

  16. ジャンパーからも見てとれるよう、三菱と縁の深い彰さん。現在の愛車との出会いは【後編】で語ります。  

    【私のクルマ遍歴】ラリー人生の出発点は雑誌の読者参加企画にマツダの3代目『ファミリアプレスト』で参加したこと(前編)

         

    取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオー…

  17. 147GTAは、その性能と排気音から“芸術作品”とまで称されるアルファロメオ伝統のV6エンジンを搭載する。  

    【私のクルマ遍歴】クルマは自分の年表であり、人生の一部。今は、かつて高嶺の花だったアルファロメオ『147GTA』が愛車に!(後編)

         

    取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオートバ…

  18. 鮮やかなボディカラーが印象的な、友之さんの現在の愛車。その出会いと物語は【後編】で語ります。  

    【私のクルマ遍歴】シルキー6に衝撃を受け、BMW『320i』を購入!その後、『デルタ』『バルケッタ』と乗り継いでいくが……(前編)

         

    取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオー…

  19. サライ.jp世代にとって印象深いスーパーカーのヨーロッパ。  

    【私のクルマ遍歴】好奇心と巡り合わせで、買えないと思っていたスーパーカー・ロータス『ヨーロッパ』を手に入れることに(後編)

         

    取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオー…

  20. 日本では特に有名なスーパーカーを愛車にする秋葉さん。その出会いと物語は、【後編】で語ります。  

    【私のクルマ遍歴】バイクに夢中になるきっかけはスズキの『ハスラー』。大型免許がないのに『RZV500R』を買ってしまい……(前編)

         

    取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオー…

  21. ベルエアーがたたずんでいる場は、まるでアメリカにいるよう錯覚させる。  

    【私のクルマ遍歴】自分のしたい仕事とクラシックカー『ベルエア』を追いかけて、走り回った50代(後編)

         

    取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオー…

  22. 幾度ものレース中のクラッシュを乗り越え、スカイラインは走り続けました。  

    【私のクルマ遍歴】『ハコスカ』と共に目指したが、叶わなかったレースドライバーの夢(前編)

         

    取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオー…

  23. 自動車とオートバイの6輪生活は、敏郎さんが何歳になろうと続けるそう。  

    【私のクルマ遍歴】心の穴を埋めてくれた赤いオープンカー『ユーノス・ロードスター』との出会い(後編)

         

    取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオー…

  24.  

    【私のクルマ遍歴】突然訪れた愛車『スカイラインGT-R』との理不尽な別れ(前編)

         

    取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオー…

  25.  

    夫婦から息子へと受け継がれた「マツダ ロードスター」ある家族の物語

         

    高知県南国市。田畑が広がる緑豊かな住宅地に松村一亀(かつき)・倫子(のりこ)さん夫妻の自宅はある。ガ…

PAGE TOP