サライ.jp

取材・文/糸井賢一(いといけんいち)

ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオートバイ。ここでは自動車やオートバイを溺愛することでオーナーさんの歩んだ、彩りある軌跡をご紹介します。

サライ.jp世代ならば、すれ違ったら振り返ってしまう健一さんの愛車。その出会いと物語は【後編】で語ります。

サライ.jp世代ならば、すれ違ったら振り返ってしまう健一さんの愛車。その出会いと物語は【後編】で語ります。

今回、お話をうかがったのは、神奈川県にお住まいの会社員、鹿野健一さん(50歳)です。23歳の時、とある芸能人のファンクラブイベントで奥様と出会い、翌年に結婚。授かった2人のお子さんも無事に成人され、現在に至っています。

テレビドラマが切っ掛けで、クルマ好きになった少年時代

神奈川県川崎市で産声をあげた健一さん。幼い頃は車よりも鉄道に興味を持ち、親御さんと一緒に交通公園へと赴いては足こぎグルマや遊具にまたがり、近くを通る列車を眺めていました。

70年代半ばに起こり、多くの子供たちを虜にしたスーパーカーブーム。けれど健一さんの興味をクルマに向けたのは、スーパーカーブームと同時期に放映が始まったテレビドラマ『大都会』にて、派手なカーアクションを繰り広げた国産車でした。『大都会』シリーズの放映終了後、同じく石原プロモーションが制作し、大ヒット作となった『西部警察』。健一さんの熱意もまた『西部警察』に引き継がれ、登場する国産車に心を奪われる少年時代を過ごしました。

18歳を迎えて自動車の運転免許を取得した健一さんは、かねてより憧れていた西部警察に登場するクルマ、『マシンX(エックス)』のベースモデルである、日産の5代目『スカイライン』、通称“ジャパン”の購入を試みます。 

「何件もの中古車店を回ったのですが、ジャパンは見つかりませんでした。とある中古車店の店主に『探してくれ』って頼んだ際、裏手にあった解体所に案内されたんです。高く積まれたクルマの中に数台、ジャパンがありました。当時は登録から6年を越えて手放されたクルマは軒並み処分される時代で、程度の良いジャパンの入手は困難だと教わりました」

健一さんはジャパンをあきらめ、あらためて『マシンRS』のベースモデルとなった、6代目スカイラインを探します。程なくして顔見知りの中古車店から「(6代目)スカイラインが入った」との連絡を受け、心を躍らせながら駆け付けます。

はじめて高速道路を走行した時、一般道との速度の違いに驚いた健一さん。あらためて「自分でスカイラインを運転しているんだ」と感動したそう。

はじめて高速道路を走行した時、一般道との速度の違いに驚いた健一さん。あらためて「自分でスカイラインを運転しているんだ」と感動したそう。

「本当はマシンRSと同じグレードの『2000RSターボ(通称“DR30”)』が欲しかったのですが、見つからなくて。見せてもらった『2000GTターボ(通称“HR30”)』はとても程度が良く、運転席に座ったら一瞬で西部警察の俳優気分になりました。舞い上がり、その場で契約しちゃいましたよ」

納車後、時間があればHR30で出かける日々を送る健一さん。しかし購入から2年後。交差点で停車中に、後ろからトラックが追突。健一さんはむち打ちを負い、HR30は後ろ半分が潰されてしまいます。その後、HR30が持ち込まれた自動車修理工場より「被害が大きすぎて修理はできない」と、廃車を告げられました……。

【次ページに続きます】

1 2

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
11月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア