新着記事

親と心を通わせ合うために|『精神科医が教える 親のトリセツ』

親と心を通わせ合うためのヒント|精神科医が教える「親のトリセツ」

室内の「隠れダスト」に要注意! 花粉症患者の約7割がオフィスでも花粉症の影響を体感している

高齢者にとってポリファーマシーのリスクは何か?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第16回】

高齢者にとってポリファーマシーのリスクは何か?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第16回】

『拳銃(コルト)は俺のパスポート』

ニヒルでハードボイルドな宍戸錠=エースのジョー|『拳銃(コルト)は俺のパスポート』【面白すぎる日本映画 第39回】

加齢により減少する唾液の分泌量を増すセルフケア|『ずっと健康でいたいなら唾液力をきたえなさい!』

免疫力の強い身体をつくる「唾液力」の鍛え方

「ミニ水筒」が大ブーム! 愛用者たちが選ぶ人気の「水筒」タイプは?

チャーリー・パーカー『The Complete Dean Benedetti Recordings Of Charlie Parker』

録音技術の進歩はジャズを変えはしなかった【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道42】

江戸・東京の粋を体験・感性を磨く「ものづくりのまち」台東区へ《プレゼントあり》[PR]

医師206名に聞いた「新型コロナウイルス」対策と予防法

白菜と春雨の中華炒め

【管理栄養士が教える減塩レシピ】甘みを感じる「旬の白菜」をたっぷり使ったご飯が進むおかず2品

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

【私のクルマ遍歴】スカイラインとカローラレビンを売却し、ついに出会った、BMW『E36』の高性能チューニングカー『M3』(後編)

取材・文/糸井賢一(いといけんいち)

ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオートバイ。ここでは自動車やオートバイを溺愛することで歩んだ、彩りある軌跡をご紹介します。

愛車と愛猫「まなつ」ちゃんとの一枚。猫を飼っているクルマ好きなら、憧れる光景です

愛車と愛猫「まなつ」ちゃんとの一枚。猫を飼っているクルマ好きなら、憧れる光景です

クルマ趣味を楽しみながら、独立開業を目指す金子哲浩さん(57歳)。しかしバブルの崩壊により、独立開業に黄色信号が灯ります……。

【前編】はこちら

はじめてのメカチューン。ちゃんと完成させたことで大きな自信に

1990年代初期に起こったバブル崩壊による景気の後退は、哲浩さんにも暗い影を落とします。印刷業界の低迷を目の当たりにし、それまで目指していた独立開業をためらわせます。

「独立開業のために資金を貯めていたのですが、景気の先行きが読めなくなって……。独立をあきらめ、資金でクルマを買うことに、心が大きく傾きました。実際にBMW『325iハルトゲ仕様』の購入を検討し、(東京都の)青山にあるショールームまで見に行きました。そんな中、勤めていた会社の社長から『独立したいのなら、するべきだ』と、檄を飛ばされたんです。苦労することは分かっていたのですが、『応援してくれる人がいるのなら』と、あらためて独立開業を目指すことにしました」

29歳を迎えた年。哲浩さんは勤めていた会社を円満退職し、写植の個人事務所を開設。『325iハルトゲ仕様』をあきらめ、引き続きトヨタ『チェイサー』に乗り続けます。その一方で、『チェイサー』も古くなってしまったことと、NAエンジンを搭載したクルマが欲しくなったため、トヨタ3代目『カローラレビン(TE71型)』を、友人から購入します。

友人の弟さんが所有していたカローラレビン。事故により長く放置されていたのを買い取ったそう

友人の弟さんが所有していたカローラレビン。事故により長く放置されていたのを買い取ったそう

「レビンは『レビンS』という、競技車のベース用に位置づけられたグレードです。一度、自力でメカチューンをやってみたかったので、実家の倉庫に持ち込んでエンジンをおろし、本を見ながら分解作業を始めました」

半年かけてオーバーホールとメカチューンを完成。排気量は2リッターに拡大し、トルクの太いエンジンに生まれ変わりました。独立直後の忙しさや不安感を紛らわすのにも、地道な作業はうってつけだったようです。また、最後までやりきったことは、哲浩さんにとって「何事もやればできる!」という自信に繋がりました。

エンジンに足回りに、高いバランスを誇るBMWを購入

独立開業から3年が経ち、業務が落ち着いた頃。チェイサーのヤレ(経年劣化)が気になるようになりました。「今度はNAで足回りのしっかりした車が欲しい」との思いから、日産の9代目『スカイライン(R33型)』を新車で購入します。

「購入したのは『GTS25タイプS』というグレードです。足回りやボディ剛性は期待以上に良かったのですが、個体のせいかエンジンがまったく回らず、『本当に(カタログ通りに)200馬力出ているの?』と、疑ってしまうほどでした」

マイナーチェンジ前に駆け込みで購入したため、ボディーカラーを選べなかったそう

マイナーチェンジ前に駆け込みで購入したため、ボディーカラーを選べなかったそう

パワーに不満はあったものの足回りと乗り心地の良さから、哲浩さんはスカイラインに5年ほど乗り続け、2度目の車検を機に乗り替えを決めます。次のクルマには「足回りも大切だけど、パワーの余裕も大切」と、かねてより高いバランスに定評のあるBMWを検討し、情報を集めます。

そしてスカイラインとカローラレビンを売却し、横浜にある輸入車の中古車専門店にて、BMW『E36』セダンモデルをベースとした高性能チューニングカー『M3(M3C型)』を購入。納車後、哲浩さんはあまりの速さに驚き、「ひょっとして、とてもヤバいクルマを買ったのでは?」と、嬉しさ半分、恐さ半分の胸中だったそうです。

ところが程なくして、エンジンのオイル漏れから深刻なトラブルが発覚。修理には半年ほどの入庫期間を要しました。手元に戻ってからも細かい不具合が続出するのですが、カローラレビン時代に培った技術と気の持ちようを発揮し、自力でコツコツと直しながら、『M3』との日々を楽しみます。

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 1966年に初代が発表されてから12代目になる最新型。幅が広くなり、3ナンバー車に。ハイブリッド車とガソリン車を選べる。 トヨタ/カローラ|ドイツのセダンと互角に戦える世界一まじめな車【…
  2. 2018年秋から日本での予約販売を開始したアルピーヌ/A110。車体前部の丸みを帯びたボンネット形状が印象的だ。 アルピーヌ/A110|23年ぶりに復活したアルプス山脈の名を冠し…
  3. 【車検ははなんでこんなに高い…?】半数以上の方が車検の内容をよく理解せずに受けていることが判明!?知らずに損をしている現状を打破するために見極めなければいけない事とは? 車検はなんでこんなに高い!? 知らないと損をする「車検」の中身
  4. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。 “イキモノ”としてクルマを捉えると見えてくる〜マツダのデザイン哲…
  5. マツダは今年、車名を全面的に変更。世界共通の車名にした。「マツダ3(スリー)」は小型車名。 マツダ/マツダ3 セダン|社名を冠した新生「アクセラ」。成熟した…
PAGE TOP