新着記事

40代から70代男女6,511名の運動意識に対する実態調査結果|梅雨明けにおすすめのスポーツは“ウオーキング

「ロコモティブシンドローム」対策していますか?|100歳まで楽しく歩くためにすべきこと

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリストの美学」がわかる宿

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリズム」なライフスタイルを体験できる宿

エラ・フィッツジェラルド『シングス・ザ・アイラ・アンド・ジョージ・ガーシュウィン・ソング・ブック』

ジョージ・ガーシュウィンが残した「メロディ」よりも大切なもの【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道12】

人生100年時代、ボーッと生きてたら老後はピンチ!?|50代会社員夫婦の定年対策

今から準備しないと年金生活はピンチ!?|50代会社員夫婦1000人が考える定年退職後

毛もないが、前臼歯もない不思議な犬種

身体にあてると痛みが止まった! 犬の特殊な能力を信じた人々

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|香ばしいくるみを生かして上手に減塩!

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|良質な脂質で健康に良い「クルミ」料理2品

ポストカード

ボロボロの野良猫から人気者に!「おぷうのきょうだい」が明かす今後の構想|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その3】

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【京都人のお墨付き】綴織職人 伝統工芸士・平野喜久夫さんおすすめ|24時間営業でいつでもくつろげる「ハーバーカフェ北野白梅町店」

二巻-俺、つしま

「猫ってかわいいよね!」それだけでこの物語が生まれた!|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その2】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

【私のクルマ遍歴】バイクにはまった青春時代。『GAG』『GF250S』と乗り継ぐうちに先進性と遊び心のあるスズキが大好きに……(前編)

取材・文/糸井賢一(いといけんいち)

ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオートバイ。ここでは自動車やオートバイを溺愛することでオーナーさんの歩んだ、彩りある軌跡をご紹介します。

哲也さんの愛車は「元気の良いコンパクトハッチバック」として高い評価と人気を博す国産車。その出会いと物語は【後編】で語ります。

哲也さんの愛車は「元気の良いコンパクトハッチバック」として高い評価と人気を博す国産車。その出会いと物語は【後編】で語ります。

今回、お話をうかがったのは神奈川県にお住まいのマンガ家、田代哲也さん(49歳)です。高校生の頃から本格的にマンガを描きはじめ、少年誌に投稿した作品が受賞。現在はマンガ家として活動する傍ら、高等専修学校にてマンガ学科の講師も務められています。

小型オートバイ(ミニバイク)ブームが到来! クルマよりもオートバイに興味を抱いた少年時代

神奈川県南足柄市で産声をあげた哲也さん。クルマに興味を持った切っ掛けは、幼い頃に読んだ人気マンガ『サーキットの狼』からでした。一番、印象に残ったのは主役級のスーパーカーではなく、第二巻にて小さく描かれていたホンダの『シビック』。日東科学より発売されていた『サーキットの狼』シリーズのプラモデルを購入するなど「マンガに登場するクルマ」は好きだったものの、実車への興味はそれほど抱かなかったそうです。

哲也さんが中学校へと進学した頃、巷では小型オートバイ(ミニバイク)ブームが起こります。各メーカーはこぞって小型オートバイを発売。ブームは小型スクーターにまで広がり、老若男女問わず様々な人が小型オートバイやスクーターを購入し、乗り回していた時代でした。オートバイをテーマにしたコミック作品が連載され、またオートバイを扱ったテレビ番組も頻繁に放映される中にあって、哲也さんも自然とオートバイに興味を抱き、16歳で原動機付き自転車(原付)免許を取得します。

「免許を取っても、すぐに原付を買えるほどのお金はありませんでした。けれど兄がどこからかボロボロなホンダの『ラクーン』を探してくれ、5000円で売ってくれたんです。はじめての自分のバイクに乗った時はひとつの山を越えたような達成感があって、嬉しかったですね。当時の原付はヘルメット装着の義務がなかったので、風よけにサングラスをかけて乗っていました。今考えると悪目立ちしていましたね」

哲也さんの手で自家塗装されたラクーン。変速ギヤが付いていたため、ギヤを思いのまま操る楽しさや、変速の仕組みを知ることができました。

哲也さんの手で自家塗装されたラクーン。変速ギヤが付いていたため、ギヤを思いのまま操る楽しさや、変速の仕組みを知ることができました。

その後、ラクーンはお兄さんが買い戻し、事故でオートバイを失った友人に譲渡。しばらくの間、お兄さんの所有するホンダのスクーター『DJ・1』を共用で使用します。

高等学校に入学後、本格的にマンガを描きはじめる哲也さん。描き上がった作品を少年誌に投稿するや「新人賞部門」の佳作を受賞し、担当編集者がつきます。担当編集者がつくのは編集部より期待されている証。手応えをつかんだ哲也さんは「将来はマンガ家になるのだ」という気持ちを固めます。

マンガ研究会に入会したことが、スズキ好きの出発点

大学へ入学後、マンガ研究会に入会。使い勝手のいい原付を探していた哲也さんは、マンガ研究会に所属するスズキ好きの先輩より『GAG(ギャグ)』を購入します。GAGは最初にフルカウルを装着した原付であるところや、なにより遊び心のあるコンセプトと名称が気に入り、大学を卒業してからも乗り続けます。

スズキ好きの原点になったGAG。その名称は「ギャグマンガ」のギャグと同じもの。ギャグマンガ家を目指していた哲也さんにふさわしい一台でした。

スズキ好きの原点になったGAG。その名称は「ギャグマンガ」のギャグと同じもの。ギャグマンガ家を目指していた哲也さんにふさわしい一台でした。

学業とマンガの執筆活動の傍ら、哲也さんはアルバイトにも精を出します。18歳も半ばを過ぎた頃、目標だった普通自動車免許と普通自動二輪の免許を取得するだけの蓄えができたため、教習所に通います。

「引き続きバイトをしながら教習所に通ったので、取得までに半年かかってしまいました。欲しかったのは普通自動二輪免許ですが、先にクルマの免許を取っておけばバイク免許の教習料金を安くできますからね。まずは自動車免許、その後に普通自動二輪免許を取得しました」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。 「MAZDA3(マツダ・スリー)発表会」から見えてきた「ヒトとク…
  2. 約5年ぶりに日本市場に復活したインサイト。車体は大型化し、全幅は1.8mを超える。低重心設計で、走行安定性は極めて高い。 ホンダ インサイト|走り、燃費、デザインを高次元で調和させたスポ…
  3. 車の会話、パッシング【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】 車の会話、相手への思いやりの「パッシング」【彩りカーライフ~自分…
  4. 全てが純正を維持している300ZX50thアニバーサリーは、とても希少だそう。 【私のクルマ遍歴】『300ZX50thアニバーサリー』と『GT-…
  5. 左ハンドル仕様の和年さんの愛車。日本のスポーツカーとして、海外で高い評価を受けました。その出会いと物語は【後編】にて語ります。 【私のクルマ遍歴】本当は『300ZX』が欲しかったものの高すぎて…
PAGE TOP