新着記事

越後亀田縞ハンチング|伝統織物で仕立てた小粋な木綿ハンチング帽

失敗を恐れずに進むことが特効薬|『「感情の老化」を防ぐ本』

40代から始まる「感情の老化」を食い止める方法|『「感情の老化」を防ぐ本』

春の体調管理の鍵を握るのは免疫力を上げる「たんぱく質」!

春の体調管理の鍵を握るのは免疫力を上げる「たんぱく質」!

「褒められると伸びるタイプなんです」と言う部下への接し方

【ビジネスの極意】「褒められると伸びるタイプなんです」と言う部下への接し方

ペーパーグラス|眼鏡作りの聖地が生んだ驚異の薄型軽量読書眼鏡

仏像曼荼羅イメージ 東寺蔵

空海発案の立体曼荼羅21体のうち、15体が集合【特別展「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅」】

災害時に愛猫がPTSDに陥ったら!|知っておきたい「猫のPTSD」治療法

竹製のスタンドにヤシの葉のうちわを常備。和室はエアコンを設置せずに、うちわや扇風機で涼をとります。網戸がなく、窓を開けっ放しにしているため、家中のいたるところに置いている蚊取り線香入れは、バリ島でつくられたもの。

春過ぎて夏を待つ日に葉山の家へ【桐島かれん『KAREN’s』】

50代夫婦1000名に聞いた定年対策 実態調査!|「定年退職後も夫には外で働いてほしい」は9割近く!!

妻の9割は「定年退職後も夫には外で働いてほしい」|50代夫婦1000名に聞いた「定年後のライフスタイル」

SIWA長財布|障子紙の里から生まれた優しい手触りの軽量財布

サライ本誌最新号

住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。
  2. アウトサイド・ジャパン展

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

【私のクルマ遍歴】バイクにはまった青春時代。『GAG』『GF250S』と乗り継ぐうちに先進性と遊び心のあるスズキが大好きに……(前編)

取材・文/糸井賢一(いといけんいち)

ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオートバイ。ここでは自動車やオートバイを溺愛することでオーナーさんの歩んだ、彩りある軌跡をご紹介します。

哲也さんの愛車は「元気の良いコンパクトハッチバック」として高い評価と人気を博す国産車。その出会いと物語は【後編】で語ります。

哲也さんの愛車は「元気の良いコンパクトハッチバック」として高い評価と人気を博す国産車。その出会いと物語は【後編】で語ります。

今回、お話をうかがったのは神奈川県にお住まいのマンガ家、田代哲也さん(49歳)です。高校生の頃から本格的にマンガを描きはじめ、少年誌に投稿した作品が受賞。現在はマンガ家として活動する傍ら、高等専修学校にてマンガ学科の講師も務められています。

小型オートバイ(ミニバイク)ブームが到来! クルマよりもオートバイに興味を抱いた少年時代

神奈川県南足柄市で産声をあげた哲也さん。クルマに興味を持った切っ掛けは、幼い頃に読んだ人気マンガ『サーキットの狼』からでした。一番、印象に残ったのは主役級のスーパーカーではなく、第二巻にて小さく描かれていたホンダの『シビック』。日東科学より発売されていた『サーキットの狼』シリーズのプラモデルを購入するなど「マンガに登場するクルマ」は好きだったものの、実車への興味はそれほど抱かなかったそうです。

哲也さんが中学校へと進学した頃、巷では小型オートバイ(ミニバイク)ブームが起こります。各メーカーはこぞって小型オートバイを発売。ブームは小型スクーターにまで広がり、老若男女問わず様々な人が小型オートバイやスクーターを購入し、乗り回していた時代でした。オートバイをテーマにしたコミック作品が連載され、またオートバイを扱ったテレビ番組も頻繁に放映される中にあって、哲也さんも自然とオートバイに興味を抱き、16歳で原動機付き自転車(原付)免許を取得します。

「免許を取っても、すぐに原付を買えるほどのお金はありませんでした。けれど兄がどこからかボロボロなホンダの『ラクーン』を探してくれ、5000円で売ってくれたんです。はじめての自分のバイクに乗った時はひとつの山を越えたような達成感があって、嬉しかったですね。当時の原付はヘルメット装着の義務がなかったので、風よけにサングラスをかけて乗っていました。今考えると悪目立ちしていましたね」

哲也さんの手で自家塗装されたラクーン。変速ギヤが付いていたため、ギヤを思いのまま操る楽しさや、変速の仕組みを知ることができました。

哲也さんの手で自家塗装されたラクーン。変速ギヤが付いていたため、ギヤを思いのまま操る楽しさや、変速の仕組みを知ることができました。

その後、ラクーンはお兄さんが買い戻し、事故でオートバイを失った友人に譲渡。しばらくの間、お兄さんの所有するホンダのスクーター『DJ・1』を共用で使用します。

高等学校に入学後、本格的にマンガを描きはじめる哲也さん。描き上がった作品を少年誌に投稿するや「新人賞部門」の佳作を受賞し、担当編集者がつきます。担当編集者がつくのは編集部より期待されている証。手応えをつかんだ哲也さんは「将来はマンガ家になるのだ」という気持ちを固めます。

マンガ研究会に入会したことが、スズキ好きの出発点

大学へ入学後、マンガ研究会に入会。使い勝手のいい原付を探していた哲也さんは、マンガ研究会に所属するスズキ好きの先輩より『GAG(ギャグ)』を購入します。GAGは最初にフルカウルを装着した原付であるところや、なにより遊び心のあるコンセプトと名称が気に入り、大学を卒業してからも乗り続けます。

スズキ好きの原点になったGAG。その名称は「ギャグマンガ」のギャグと同じもの。ギャグマンガ家を目指していた哲也さんにふさわしい一台でした。

スズキ好きの原点になったGAG。その名称は「ギャグマンガ」のギャグと同じもの。ギャグマンガ家を目指していた哲也さんにふさわしい一台でした。

学業とマンガの執筆活動の傍ら、哲也さんはアルバイトにも精を出します。18歳も半ばを過ぎた頃、目標だった普通自動車免許と普通自動二輪の免許を取得するだけの蓄えができたため、教習所に通います。

「引き続きバイトをしながら教習所に通ったので、取得までに半年かかってしまいました。欲しかったのは普通自動二輪免許ですが、先にクルマの免許を取っておけばバイク免許の教習料金を安くできますからね。まずは自動車免許、その後に普通自動二輪免許を取得しました」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 免許返納。娘は母にどう伝えたらいいのか?【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】 免許返納。娘は母にどう伝えたらいいのか?【彩りカーライフ~自分の…
  2. 新しいスイフトスポーツでも、ボディカラーにチャンピオンイエローを選択します。 【私のクルマ遍歴】初めて買った『ジムニー SJ30』は12年落ち…
  3. 廃校の小学校をリノベーション 道の駅でクルマ女子会【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろ…
  4. ボルボ V60|美しさ・機能性・安全性の三拍子揃った理想のファミ…
  5. 心の老いは自由を奪う【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】 思いつきドライブに行こう。心の老いは自由を奪う【彩りカーライフ~…
PAGE TOP