新着記事

40代~50代女性1,015人の第二の人生でしたいこととは…?

40代~50代女性1,015人が考える「第二の人生でしたいこと」

食事を楽しみ健康寿命を延ばす、舌のエクササイズ

食事を楽しみ健康寿命を延ばす「舌のエクササイズ」

人情に厚くスジを通した生き方の役『仁義なき戦い』【面白すぎる日本映画 第38回】

人情に厚くスジを通した生き方の役柄が俳優・梅宮辰夫への信望に『仁義なき戦い』【面白すぎる日本映画 第38回】

家事代行件数20,854件の『家事のプロ』が選ぶ、“本当に使える”商品発表!

家事代行件数20,854件の『家事のプロ』だからわかる! 本当に買うべき「料理」「掃除」「整理収納」アイテム9選

インフルエンザ薬「ゾフルーザ」に早くも耐性ウイルス問題|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第13回】

インフルエンザ薬「ゾフルーザ」に早くも耐性ウイルス問題|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第13回】

ベニー・グッドマン・トリオ『ザ・コンプリート・トリオズ』

ピアノ・トリオは「ジャズの基本形」ではない。トリオ編成の元祖とは?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道40】

タクシー乗車時、運転手と会話する人80.5%

タクシー乗車時、運転手と会話しますか? タクシー利用者のリアルな声

滑舌の低下、食べこぼし、飲食時の“むせ”|口の機能の衰えは「オーラルフレイル」の危険性あり!

切り餅を使った「中華おこわ」

【管理栄養士が教える減塩レシピ】余ったお餅をリメイク!切り餅を使った「餅グラタン」「中華おこわ」

バルミューダ ザ・ライト|明るくくっきりした視界を確保。正確な色が見え、影ができにくい

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

【私のクルマ遍歴】仕事や家庭に翻弄され、『カリーナ』『チェイサー』『ミラージュ』『ギャラン』と、何台も乗り換えた青春時代(前編)

取材・文/糸井賢一(いといけんいち)

ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオートバイ。ここでは自動車やオートバイを溺愛することでオーナーさんの歩んだ、彩りある軌跡をご紹介します。

茂幸さんの愛車は、ブラックのボディカラーが希少なオープンカー。その出会いと物語は【後編】にて語ります。

茂幸さんの愛車は、ブラックのボディカラーが希少なオープンカー。その出会いと物語は【後編】にて語ります。

今回、お話をうかがったのは東京都西多摩郡にお住まいの公務員、堀口茂幸さん(58歳)です。大学を卒業後、大手自動車ディーラーに就職するも、1年で退職。親類の紹介を受けて、今の職場に再就職します。25歳で知りあった奥様と5年の交際期間を経て結婚。2人のお子さんに恵まれ、現在に至ります。

「運転している自分の姿」を想像し、楽しんでいた少年時代

東京都内にあってキャンプ場や温泉の多い、緑が豊かな西多摩郡で産声をあげた茂幸さん。物心がついた時には既にミニカーで遊んでいたという、クルマが大好きな幼少時代を過ごしました。

小中学校を卒業し高校生となっても、茂幸さんのクルマへの興味は薄れません。ディーラーからクルマのカタログをもらっては「クルマを購入した自分」を思い浮かべて、楽しんでいました。そんな折に訪れたスーパーカーブームですが、意外にも茂幸さんは熱中することなく「働くようになっても、とても購入できるクルマじゃない」と、冷めた見方をしていたそうです。

大学へと入学後、教習所に通って普通自動車免許を取得。幼少期からの興味もあって、欲しいクルマは山ほどあった茂幸さん。色々と考えた末、トヨタの初代『セリカ2000GT(リフトバック)』の購入を検討しますが、あまりの価格の高さに断念。最終的に、手の届く価格にあったトヨタの初代『カリーナ1600ST』を購入します。

40年近く前、奥多摩湖周辺での運転を楽しむ茂幸さん。かつての奥多摩湖周辺は今よりもずっと桜の木か多く、春には一面が桜色に染まる景色を見ることができたそう。

40年近く前、奥多摩湖周辺での運転を楽しむ茂幸さん。かつての奥多摩湖周辺は今よりもずっと桜の木か多く、春には一面が桜色に染まる景色を見ることができたそう。

「カリーナも本当は『1600GT』が欲しかったのですが、学生の身には高価すぎて手が出ませんでした。初めて買ったクルマですから、比較できたのは教習車のトヨタ『クラウン』だけですが、とても軽快で、自分の運転が上手くなったかのような錯覚をおこしましたね。今にして思えばグレードがGTじゃなく非力なSTだったからこそ、初心者だった私でも楽しく運転できたのでしょう」

念願だった「自分のクルマ」を手に入れた茂幸さん。教員職に就く事を目的として勉学に励む一方で、時間があればカリーナで奥多摩湖周辺の道を走行し、運転の楽しさを味わいます。

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 1966年に初代が発表されてから12代目になる最新型。幅が広くなり、3ナンバー車に。ハイブリッド車とガソリン車を選べる。 トヨタ/カローラ|ドイツのセダンと互角に戦える世界一まじめな車【…
  2. 2018年秋から日本での予約販売を開始したアルピーヌ/A110。車体前部の丸みを帯びたボンネット形状が印象的だ。 アルピーヌ/A110|23年ぶりに復活したアルプス山脈の名を冠し…
  3. 【車検ははなんでこんなに高い…?】半数以上の方が車検の内容をよく理解せずに受けていることが判明!?知らずに損をしている現状を打破するために見極めなければいけない事とは? 車検はなんでこんなに高い!? 知らないと損をする「車検」の中身
  4. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。 “イキモノ”としてクルマを捉えると見えてくる〜マツダのデザイン哲…
  5. マツダは今年、車名を全面的に変更。世界共通の車名にした。「マツダ3(スリー)」は小型車名。 マツダ/マツダ3 セダン|社名を冠した新生「アクセラ」。成熟した…
PAGE TOP