新着記事

アルパカミニマフラー|ベビーアルパカの原毛を使用したマフラー。抜群の暖かさ

いまや常識「単数形のthey」をさらに正しく理解しよう|米語辞典から学ぶ新しい英語(1)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編30】

いまや常識「単数形のthey」をより正しく理解しよう|米語辞典から学ぶ新しい英語(1)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編30】

全国のドライバー「2019年あおり運転実態調査」

制限速度で走る、車線変更をした…「あおり運転」をされた理不尽なきっかけ

【ビジネスの極意】欧米式「モチベーション理論」が、なぜ日本社会でうまく機能しないのか?

【ビジネスの極意】欧米式「モチベーション理論」が、なぜ日本社会でうまく機能しないのか?

加重ブランケット『スラウン』|ほどよい圧力で包み込み、快眠に誘う“重たい毛布”

カクシゴトが引き金になる●●離婚とは…|離婚の原因いろいろ

「熟年離婚」「成田離婚」「マザコン離婚」|離婚の原因あれこれ

美意識

美意識が高い40代以上が憧れる女性芸能人TOP3は「天海祐希」「吉永小百合」「北川景子」

進学に関する保護者の意識調査

子供の進学に親はどこまで関与する?|保護者が我が子の進学先を選ぶポイントとは?

8号帆布のデイパックと薄マチショルダーバッグ|シンプルで使いやすい。質実剛健な帆布バッグ

(2)キース・ジャレット『ケルン・コンサート』

「都市」と共演するキース・ジャレットのソロ・ピアノ【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道32】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  2. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  3. 写真手前が「ラム串五本セット」1000円。レバー、ショルダー、ランプ、ネックの炭火串焼き。左上「よだれラム」800円。羊のすね肉をロール状にして麻マー辣ラーのタレに漬ける。“赤の泡”と好相性。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

【私のクルマ遍歴】念願だったローウィンドウの『フェアレディ』を購入! そして、オークションで真っ赤な『ジャガー』と出会う(後編)

取材・文/糸井賢一(いといけんいち)

ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオートバイ。ここでは自動車やオートバイを溺愛することで歩んだ、彩りある軌跡をご紹介します。

フレズノでフェアレディを受け取った際の一場面。赤いボディカラーは再塗装されたさび止めもので、本来はグレーでした。手前のお子さんは純一さんのご子息です。

フレズノでフェアレディを受け取った際の一場面。赤いボディカラーは再塗装されたさび止めもので、本来はグレーでした。手前のお子さんは純一さんのご子息です。

食品会社の現地事務所駐在員として、奥様と共にアメリカで生活する大山純一さん(68歳)。はじめて購入したクルマ、日産(当時のアメリカではダットサン)『フェアレディ2000(SRL311型)』にすっかり魅せられます。現地のフェアレディオーナーと交流を重ね、より深くフェアレディを知ることで、気になる1台があらわれます。

【前編】はこちら

念願だったローウィンドウのフェアレディを購入!

純一さんの気になる1台は、フェアレディの希少モデルでした。生産が開始された当初の『フェアレディ2000』は、アメリカの安全基準に適合しておらず、ちゃんと輸出できるよう半年ほどで手直しが施されます。

「手直し前のモデルを、我々は『前期型』や『ローウィンドウ』と呼んでいます。フロントウィンドウの高さが5センチ低いのが、後期型との一番の違いです。この5センチの差はデザインとしてとても大きく、個人的には前期型の方がまとまりが良く、格好いいと感じました」

前期型のフェアレディを購入すべく、純一さんは情報を集めます。すると前期型は800台しか生産されていないこと。生産終了から20年近くが経過しており、現存する個体はわずかであろうこと。そして希少価値により、フェアレディのファンなら誰もが欲しがるモデルであることが分かり、入手は決して楽ではなく、根気が必要であることを思い知らされます。

その後5年間、前期型のフェアレディを探し求めた純一さんの元に、ついに幸運の女神は微笑みました!

「オーナーズクラブ会報誌の売買コーナーに、『前期型を売りたい』という情報が掲載されていたんです。掲載者の住まいはカリフォルニア州フレズノで、ロサンゼルスからクルマで4~5時間ほどのところでした。誰かに先を越されぬようすぐに連絡を取り、社用車のシボレー『カプリス』で急行しました」

対面したフェアレディはエンジンがかからず、ボディも20年落ち相応の痛み具合。そして提示された価格は、これまでに購入したフェアレディの数倍! けれど本当に欲しいクルマを目の前に出されたら、もう購入意欲は止められません。純一さんは3000ドルちょうどまで価格を値切って購入。レンタカーショップで牽引トレーラーを借りて積載し、その日のうちに帰宅を果たします。

この前期型のフェアレディは、徹底的にレストアすることに決めた純一さん。まずはニューヨークに住まう、レーシングエンジンを手がける友人の元へと連絡を入れ、エンジンのオーバーホールを依頼。エンジンを外したあとのボディは専門の工房へと持ち込んで、修理と再塗装を依頼します。

白く再塗装された前期型のフェアレディ。この色合いは、当時の塗料と技術でなければ出せないそう。

白く再塗装された前期型のフェアレディ。この色合いは、当時の塗料と技術でなければ出せないそう。

購入から2年越しで仕上がった前期型のフェアレディ。オーナーズクラブのミーティングに、フェアレディショーへの参加に、純一さんはフェアレディを所有することでしか得られない経験を心より楽しみます。

そして1994年、純一さんは本社より帰国するよう辞令を受けます。もちろんここまで手をかけたフェアレディを手放すつもりはなく、家財と共に日本へと持ち帰ります(この時、最初に購入した2台のフェアレディは手放しています)。家財を載せるために借りた船便用のコンテナに、フェアレディを3台載せることができると知るや、「せっかくだから」と新たに2台のフェアレディを購入(うち1台は不動車)。家財や荷物、そして3台のフェアレディをコンテナに積んで帰国を果たします。『ハーレーダビッドソン』は気に入ってはいたものの、帰国を機に手放しました。

「日本でクラシックカー、しかも小型オープンカーを維持するのは思っていた以上に大変で、エンジンの動かないフェアレディは早々に売却しました。2台は車検を通して運転できる状態にしたのですが、高温多湿や渋滞の多いシーズンはオーバーヒートしてしまい、思うように乗れなくて……。最終的に前期型を残して売ってしまいました」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. マツダは今年、車名を全面的に変更。世界共通の車名にした。「マツダ3(スリー)」は小型車名。 マツダ/マツダ3 セダン|社名を冠した新生「アクセラ」。成熟した…
  2. 他のプジョー車とは異なり、上級感を演出した車体デザイン。前照灯はLEDライトを使用。左右両端から常時灯が垂直に伸びる。 プジョー/508|“猫足”と称される伝統の乗り心地は健在。実用性…
  3. アクセサリーソケットを活用 車内でアロマテラピーから炊飯までできる、アクセサリーソケット活用…
  4. 縦3灯のヘッドライトはLEDで上段2灯がロービーム。その下がハイビーム。メッキ部分も含めて個性的なデザインが特徴。 三菱/eKクロス|三菱・日産の共同開発で生まれた、日本が誇る大空…
  5. 守る、楽しむドライブレコーダー 「あおり運転」から自分のクルマを守る「ドライブレコーダー」活用法…
PAGE TOP