新着記事

親と心を通わせ合うために|『精神科医が教える 親のトリセツ』

親と心を通わせ合うためのヒント|精神科医が教える「親のトリセツ」

室内の「隠れダスト」に要注意! 花粉症患者の約7割がオフィスでも花粉症の影響を体感している

高齢者にとってポリファーマシーのリスクは何か?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第16回】

高齢者にとってポリファーマシーのリスクは何か?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第16回】

『拳銃(コルト)は俺のパスポート』

ニヒルでハードボイルドな宍戸錠=エースのジョー|『拳銃(コルト)は俺のパスポート』【面白すぎる日本映画 第39回】

加齢により減少する唾液の分泌量を増すセルフケア|『ずっと健康でいたいなら唾液力をきたえなさい!』

免疫力の強い身体をつくる「唾液力」の鍛え方

「ミニ水筒」が大ブーム! 愛用者たちが選ぶ人気の「水筒」タイプは?

チャーリー・パーカー『The Complete Dean Benedetti Recordings Of Charlie Parker』

録音技術の進歩はジャズを変えはしなかった【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道42】

江戸・東京の粋を体験・感性を磨く「ものづくりのまち」台東区へ《プレゼントあり》[PR]

医師206名に聞いた「新型コロナウイルス」対策と予防法

白菜と春雨の中華炒め

【管理栄養士が教える減塩レシピ】甘みを感じる「旬の白菜」をたっぷり使ったご飯が進むおかず2品

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

【私のクルマ遍歴】“ダルマセリカ”から始まり、カローラレビンにチェイサー。トヨタエンジンの気持ちよさにこだわった青年期(前編)

取材・文/糸井賢一(いといけんいち)

ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオートバイ。ここでは自動車やオートバイを溺愛することでオーナーさんの歩んだ、彩りある軌跡をご紹介します。

哲浩さんの愛車は、シルキー6を心臓に持つ、高い次元で乗り心地と走行性能を両立した輸入車。その出会いと物語は【後編】にて語ります。

哲浩さんの愛車は、シルキー6を心臓に持つ、高い次元で乗り心地と走行性能を両立した輸入車。その出会いと物語は【後編】にて語ります。

今回、お話をうかがったのは、神奈川県相模原市にお住まいの金子哲浩さん(57歳)です。高校を卒業後、印刷会社に就職。29歳で写植の個人事務所を開設し、現在に至ります。

青春時代はトレイルモデルのオートバイに夢中

神奈川県相模原市で産声をあげた哲浩さん。よく家族でドライブに出かけたこともあり、乗り物全般に好意を持った少年時代を過ごします。ところが1970年代半ばに巻き起こったスーパーカーブームを目の当たりにし、あまりの過熱ぶりに逆に醒めた思いを抱いてしまい、クルマへの興味を失ってしまったそうです。

中学校に入ると、友人との会話もオートバイに関わる内容が多くなり、自然とオートバイへの熱意が高まります。そして高校へと入学後、原動機付自転車の免許を取得。程なくしてヤマハの『MR50』を中古で購入します。

「『MR50』はトレイル(未舗装)での走行を想定した原付です。場所を選ばず、よく走ってくれました。雪の降った次の日は、丹沢(神奈川県)の林道とかに遊びに行きましたね。当時は林道も不整地もあちこちにあって、走る場所には事欠きませんでした」

17歳で普通自動二輪免許を取得し、『MR50』からホンダの『XL125』に乗り替え。その後、友人とあわせる形で、ホンダの高性能ロードレーサー『RS250R』へと乗り替えます。同じオートバイでもトレイルとはまったく異なった走行性能は、とても衝撃的だったそうです。街乗りに、友人とのツーリングに活躍した『RS250R』ですが、就職とクルマの購入を機に手放します。

はじめてのクルマは、ガタガタのダルマセリカ

高校を卒業後、印刷会社に就職した哲浩さん。お金が貯まるのを待ってから教習所へと通い、19歳の半ばで普通自動車免許を取得します。そして最初に購入したクルマは、トヨタの初代『セリカ1600ST(TA22型)』、通称“ダルマセリカ”でした。

程度の悪さのおかげで、遠慮することなく未舗装路も走れたそう

程度の悪さのおかげで、遠慮することなく未舗装路も走れたそう

「セリカは先輩が乗っていて、その格好良さにずっと憧れていました。もちろん本当はツインカムエンジンの2000GTが欲しかったのですが、知り合いが働いていた中古車店で格安の1600STを見かけ、「運転に慣れるため」と割り切って購入しました。買った当初からガタガタで、よく分からない車種のドアミラーが木ネジで止められていました。このドアミラーは走っている最中に脱落してしまい、落ちた瞬間は大笑いをしてしまいました」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 1966年に初代が発表されてから12代目になる最新型。幅が広くなり、3ナンバー車に。ハイブリッド車とガソリン車を選べる。 トヨタ/カローラ|ドイツのセダンと互角に戦える世界一まじめな車【…
  2. 2018年秋から日本での予約販売を開始したアルピーヌ/A110。車体前部の丸みを帯びたボンネット形状が印象的だ。 アルピーヌ/A110|23年ぶりに復活したアルプス山脈の名を冠し…
  3. 【車検ははなんでこんなに高い…?】半数以上の方が車検の内容をよく理解せずに受けていることが判明!?知らずに損をしている現状を打破するために見極めなければいけない事とは? 車検はなんでこんなに高い!? 知らないと損をする「車検」の中身
  4. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。 “イキモノ”としてクルマを捉えると見えてくる〜マツダのデザイン哲…
  5. マツダは今年、車名を全面的に変更。世界共通の車名にした。「マツダ3(スリー)」は小型車名。 マツダ/マツダ3 セダン|社名を冠した新生「アクセラ」。成熟した…
PAGE TOP