サライ.jp

取材・文/糸井賢一(いといけんいち)

ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオートバイ。ここでは自動車やオートバイを溺愛することでオーナーさんの歩んだ、彩りある軌跡をご紹介します。

左ハンドル仕様の和年さんの愛車。日本のスポーツカーとして、海外で高い評価を受けました。その出会いと物語は【後編】にて語ります。

左ハンドル仕様の和年さんの愛車。日本のスポーツカーとして、海外で高い評価を受けました。その出会いと物語は【後編】にて語ります。

今回、お話をうかがったのは東京都青梅市にお住まいの会社員、小林和年さん(50歳)です。家業を継ぐべく建設業に勤めるも、自身にあわないと退職。製造業をはじめ、いくつかの企業に勤めた後、今の職場に就職します。42歳の時、友人の紹介により今の奥様と出会い、1年の交際を経て結婚。現在に至ります。

クルマに興味のなかった少年時代。フェアレディZを見かけ、心を奪われる

東京都の西側に位置する、緑の多い青梅市内にて産声をあげた和年さん。子どもの頃は戦車や『宇宙戦艦ヤマト』、『機動戦士ガンダム』といった、ミリタリー色の強いプラモデル作りに熱をあげていました。さほどクルマに興味を抱くことはなく、多くの子どもたちを熱狂させたスーパーカーブームにも、『サーキットの狼』のプラモデルや、ボールペンのノック機能を用い、机の上から互いを落とし合う「スーパーカー消しゴム遊び」で、間接的に触れる程度でした。

そんな和年さんに転機が訪れたのは、中学生になってから。1983年にデビューした日産の三代目『フェアレディZ(Z31型)』を一目見るや視線が釘付けとなり、翌年に追加されたTバールーフ仕様で、すっかり心を奪われます。

「理想のグレードは『300ZX』。理想の仕様はマニュアル(トランスミッション)の2シーター、Tバールーフでした。ディーラーに行ってカタログをもらい、『Zを買ったら、あのエアロを付けよう』とか、一人で想像していました。今にして思えば、よくあのセールスは中学生にカタログをくれたと感心します」

ご実家は建設に関わる事務所を経営され、和年さんは家業に興味はなかったものの、早く親御さんを支えるべく商業高校に進学します。ところが卒業間近になってから、親御さんより「家業に関わる前に、色々な職に就いて修行してこい」と入社を拒否される事態が発生。卒業後は建設業に関わる企業でアルバイトを始めます。

高校在学中に普通自動車免許を取得した和年さん。卒業後、収入を得るようになったこともあってクルマの購入を検討します。

「もちろん一番欲しいのは300ZXですが、やはり高価すぎて、アルバイトの若造にはとても手が出せませんでした。Z31には排気量が2リッターのグレードもありましたが、同じ2リッターなら七代目『スカイライン(R31型)』の方が、ずっとスポーツカーとして先進的で魅力的でした。ほぼ同じ時期に施されたマイナーチェンジにより、その差がますます広がったこともあって、R31のスポーツクーペ『GTS-X』を購入しました」

一定の速度を超えると作動する「GTオートスポイラー」に、高速走行時の安定性を高めるため後輪が操舵する「ハイキャス」。マイナーチェンジ後のモデルには「プロジェクターヘッドランプ」など、R31には数々の最新装備が奢られました。

一定の速度を超えると作動する「GTオートスポイラー」に、高速走行時の安定性を高めるため後輪が操舵する「ハイキャス」。マイナーチェンジ後のモデルには「プロジェクターヘッドランプ」など、R31には数々の最新装備が搭載されました。

20歳を迎えるころ。自身が建設や経営には向いていないことを悟った和年さんは、家業に関わることをあきらめ、大手家電企業に正社員として就職。パーソナルコンピューターを製作する部署へと配属されます。

そして就職から1年を過ぎたある日。ちょっとした気の緩みから単独事故を起こしてしまいます。幸い、和年さんに大きな怪我はなく、また誰も巻き込むことはなかったのですが、ガードレールにぶつかったGTS-Xの修復は難しく、廃車を余儀なくされます。

【次ページに続きます】

1 2

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
7月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア