新着記事

銀製 夫婦箸|江戸の粋な心と技が宿る東京銀器

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|夏野菜の定番!旬のトマトの甘みと旨味を生かして減塩

【管理栄養士が教える減塩レシピ】夏野菜の定番!甘みと旨味を生かした旬のトマトの料理法

退職金を受け取る前に|セカンドライフで気になるイベントやお金のこと【今からはじめるリタイアメントプランニング】

退職金を受け取る前にやるべきこと、やってはいけないこと【今からはじめるリタイアメントプランニング】

「優しいリーダー」が注目される理由

【ビジネスの極意】「優しいリーダー」が注目される理由

牛革天然藍染めの小物|手染め感が味わい深い、阿波藍染の革小物

悲しげなクルーズカイーダの像

マイケル・ジャクソンが有名にした観光地サルバドールの光と影|倒れた十字架のレクイエム(ブラジル)

バランス栄養食品

朝食のかわり?お菓子のかわり?|バランス栄養食品で人気は「カロリーメイト」と「SOYJOY」

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

前列中央から時計回りに、ご飯、野蕗のきゃらぶき、煎り豆腐(人参)、鶏そぼろ、漬物(胡瓜と人参の糠漬け・壬生菜・刻み沢庵)、焼き海苔、ごんげん蒸し、大根おろし(葱・鰹節・胡麻)、納豆(葱)、絹さやの浸し(鰹節)、味噌汁(豆腐・若布・葱)、中央右は焼き鮭、左は蒲鉾と山葵漬け。今朝は小鉢に盛っているが、常備菜のきゃらぶきや煎り豆腐、鶏そぼろ、加えてごんげん蒸しなどは大皿で登場し、取り分けていただくことが多い。絹さやは昨夜の残りを浸しに。蒲鉾は、山葵漬け(静岡『野桜本店』の激辛口)をつけて食す。焼き海苔は東京・品川の『みの屋海苔店』のものを愛食。焼き海苔とごんげん蒸しの器の模様は、定紋である揚羽蝶。

【朝めし自慢】中村歌六(歌舞伎役者・68歳)「カミさん手製の常備菜以外は僕が作ります」

倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|履き込むほどに味が出る、大人の快適スニーカー

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

【私のクルマ遍歴】初めて買った『ジムニー SJ30』は12年落ち。ついに出会えた『スイフトスポーツ』は探し求めていた理想のクルマ!(後編)

取材・文/糸井賢一(いといけんいち)

ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオートバイ。ここでは自動車やオートバイを溺愛することで歩んだ、彩りある軌跡をご紹介します。

17年前、在りし日の愛犬と愛車を写した思い出の1枚。クルマの思い出は、哲也さんの送った半生の思い出と深く結びついています。

17年前、在りし日の愛犬と愛車を写した思い出の1枚。クルマの思い出は、哲也さんの送った半生の思い出と深く結びついています。

こつこつと積み重ねた努力が実を結び、大きなマンガの賞を獲得した田代哲也さん(49歳)。その賞金で長く憧れていた“とあるクルマ”の購入に踏み切ります。

【前編】はこちら

賞金を全部つぎ込んで購入したのは、愛らしくもタフネスなジムニー

哲也さんが高校生の頃より憧れていたのは、スズキのオフロード軽自動車『ジムニー』でした。デフォルメされた玩具のように愛らしいフォルムと、どの様な悪路でも走破するタフネスさを持つジムニーに、哲也さんの“男の子心”がわしづかみにされます。取り寄せたパンフレットを眺めては「いつかは購入したい」と、思い焦がれていました。

「これまで収入はアルバイトが中心だったので、生活はカツカツ。とてもクルマを購入し、維持することなんてできませんでした。頂いた賞金は蓄え、生活の足しにするのが賢い使い方なのでしょうが……。そこは色々な経験があってのマンガ家です。全額使って、ジムニーを買うことにしました。欲しいのはEpi(電子制御燃料噴射機構)インタークーラーターボを持つ、(当時)最新モデルのJA71ですが、中古でも手の出せる価格ではなかったんです。そこでSJ30という、ひとつ古いモデルを狙いました」

中古車情報雑誌にSJ30を掲載していた店に出向き、いざ対面した実車は……。シートは破れ、ボディのあちこちにサビの浮いた、とても程度の悪い12年落ちの車両でした。

良好とは言い難い居住性は若さでカバー。SJ30と共に日本の各地に出向き、楽しい思い出を重ねました。

良好とは言い難い居住性は若さでカバー。SJ30と共に日本の各地に出向き、楽しい思い出を重ねました。

「思わず引いてしまうほど、程度の悪いSJ30でした。今でも値崩れしないジムニーです。当時は程度が悪くても高値がついているのが当たり前でした。予算内で買えるのは目の前の車両だけ。この機会を逃したら、もう手の出せるジムニーは現れないかもしれない……。そんな思いが購入に踏み切らせました」

それでも初めて買ったクルマ、しかも念願だったジムニーです。手続きを済ませて車両を受け取るや、その足で大学へ直行。友人を強引に誘って、そのままドライブへと出かける喜びようでした。

大学を卒業後、マンガ家として活動をはじめた哲也さん。多忙の中、時間の許す限りひとりで、あるいは友人と一緒に、SJ30で出かけます。昭和のクルマで12年落ちともなれば、何があってもおかしくはありません。出た先で軽微なものから深刻なものまで、度々、トラブルに見舞われます。けれど、どの様な事態も笑い事にできる若さとSJ30への愛情により、充実したジムニーライフを送ります。

一方、めっきりと乗る機会の少なくなったヤマハの『FZ250フェーザー』とスズキの『GAG(ギャグ)』。オートバイ仲間も皆、大学卒業を機に乗らなくなったこともあって、この先、乗る機会が増えることは見込めず、「このまま乗らないのも可哀想」と売却します。

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 画像では見えませんが、ブレーキにはポルシェ用のブレーキポッドとローターが奢られています 【私のクルマ遍歴】スカイラインとカローラレビンを売却し、ついに出…
  2. 程度の悪さのおかげで、遠慮することなく未舗装路も走れたそう 【私のクルマ遍歴】“ダルマセリカ”から始まり、カローラレビンにチ…
  3. コリン・フェルナンド、世話好きの配管工の彼の愛車は、1929年生まれのFORDだ 1929年生まれのFORDが愛車!|ニュージーランドはクラッシッ…
  4. モーニングクルーズ 「モーニングクルーズ」知ってますか?|車好きの聖地、「代官山蔦屋…
  5. 家族での長距離ドライブに関する調査 2019|長距離ドライブでも行く価値があると思う温泉地 1位は「草津」 長距離ドライブ中、家族から聞きたくないセリフ1位は「まだ着かない…
PAGE TOP