新着記事

リードが外れた!いざという時のために今しておくこと

ペットのリードが外れた!いざという時のために今しておくこと

特製おせち三段重

「サライ・オリジナル 特製おせち」試食会で大好評!|お酒とともに味わう大人の味覚が満載 ご注文受付中

【インタビュー】保科正(家具会社顧問、デザイナー・77歳)「一日一日を思いっ切り生きてきたのでいつ最期を迎えても悔いはありません」

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

【義家族との間】情は一切なし。息子に向けられた敵意を敵意で返してきた義母~その2~

【義家族との間】情は一切なし。息子に向けられた敵意を敵意で返してきた義母~その1~

江戸城・松の大廊下跡

「吉良上野介」は悪人だったのか~「忠臣蔵」敵役の真実【にっぽん歴史夜話23】【にっぽん歴史夜話23】

明智光秀が葬られたとされる桔梗塚。今も荒深一族が管理している。

光秀ゆかりの地・岐阜県山県市発 明智光秀生存伝説|関ケ原合戦参陣で溺死した老光秀と墓地を守り続ける光秀の末裔

古今亭志ん輔

【第88回人形町らくだ亭】2月25日開催/古今亭志ん輔が『居残り佐平次』を演じます

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

【私のクルマ遍歴】初めて買った『ジムニー SJ30』は12年落ち。ついに出会えた『スイフトスポーツ』は探し求めていた理想のクルマ!(後編)

取材・文/糸井賢一(いといけんいち)

ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオートバイ。ここでは自動車やオートバイを溺愛することで歩んだ、彩りある軌跡をご紹介します。

17年前、在りし日の愛犬と愛車を写した思い出の1枚。クルマの思い出は、哲也さんの送った半生の思い出と深く結びついています。

17年前、在りし日の愛犬と愛車を写した思い出の1枚。クルマの思い出は、哲也さんの送った半生の思い出と深く結びついています。

こつこつと積み重ねた努力が実を結び、大きなマンガの賞を獲得した田代哲也さん(49歳)。その賞金で長く憧れていた“とあるクルマ”の購入に踏み切ります。

【前編】はこちら

賞金を全部つぎ込んで購入したのは、愛らしくもタフネスなジムニー

哲也さんが高校生の頃より憧れていたのは、スズキのオフロード軽自動車『ジムニー』でした。デフォルメされた玩具のように愛らしいフォルムと、どの様な悪路でも走破するタフネスさを持つジムニーに、哲也さんの“男の子心”がわしづかみにされます。取り寄せたパンフレットを眺めては「いつかは購入したい」と、思い焦がれていました。

「これまで収入はアルバイトが中心だったので、生活はカツカツ。とてもクルマを購入し、維持することなんてできませんでした。頂いた賞金は蓄え、生活の足しにするのが賢い使い方なのでしょうが……。そこは色々な経験があってのマンガ家です。全額使って、ジムニーを買うことにしました。欲しいのはEpi(電子制御燃料噴射機構)インタークーラーターボを持つ、(当時)最新モデルのJA71ですが、中古でも手の出せる価格ではなかったんです。そこでSJ30という、ひとつ古いモデルを狙いました」

中古車情報雑誌にSJ30を掲載していた店に出向き、いざ対面した実車は……。シートは破れ、ボディのあちこちにサビの浮いた、とても程度の悪い12年落ちの車両でした。

良好とは言い難い居住性は若さでカバー。SJ30と共に日本の各地に出向き、楽しい思い出を重ねました。

良好とは言い難い居住性は若さでカバー。SJ30と共に日本の各地に出向き、楽しい思い出を重ねました。

「思わず引いてしまうほど、程度の悪いSJ30でした。今でも値崩れしないジムニーです。当時は程度が悪くても高値がついているのが当たり前でした。予算内で買えるのは目の前の車両だけ。この機会を逃したら、もう手の出せるジムニーは現れないかもしれない……。そんな思いが購入に踏み切らせました」

それでも初めて買ったクルマ、しかも念願だったジムニーです。手続きを済ませて車両を受け取るや、その足で大学へ直行。友人を強引に誘って、そのままドライブへと出かける喜びようでした。

大学を卒業後、マンガ家として活動をはじめた哲也さん。多忙の中、時間の許す限りひとりで、あるいは友人と一緒に、SJ30で出かけます。昭和のクルマで12年落ちともなれば、何があってもおかしくはありません。出た先で軽微なものから深刻なものまで、度々、トラブルに見舞われます。けれど、どの様な事態も笑い事にできる若さとSJ30への愛情により、充実したジムニーライフを送ります。

一方、めっきりと乗る機会の少なくなったヤマハの『FZ250フェーザー』とスズキの『GAG(ギャグ)』。オートバイ仲間も皆、大学卒業を機に乗らなくなったこともあって、この先、乗る機会が増えることは見込めず、「このまま乗らないのも可哀想」と売却します。

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 2018年秋から日本での予約販売を開始したアルピーヌ/A110。車体前部の丸みを帯びたボンネット形状が印象的だ。 アルピーヌ/A110|23年ぶりに復活したアルプス山脈の名を冠し…
  2. 【車検ははなんでこんなに高い…?】半数以上の方が車検の内容をよく理解せずに受けていることが判明!?知らずに損をしている現状を打破するために見極めなければいけない事とは? 車検はなんでこんなに高い!? 知らないと損をする「車検」の中身
  3. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。 “イキモノ”としてクルマを捉えると見えてくる〜マツダのデザイン哲…
  4. マツダは今年、車名を全面的に変更。世界共通の車名にした。「マツダ3(スリー)」は小型車名。 マツダ/マツダ3 セダン|社名を冠した新生「アクセラ」。成熟した…
  5. 他のプジョー車とは異なり、上級感を演出した車体デザイン。前照灯はLEDライトを使用。左右両端から常時灯が垂直に伸びる。 プジョー/508|“猫足”と称される伝統の乗り心地は健在。実用性…
PAGE TOP