新着記事

生活のリズムが乳癌発症に影響する? スマートフォンの光も要注意?

不規則な生活が乳がんの発症に影響する!?| サーカディアンリズムと 乳がんの関係

2019年夏休みの都市別海外旅行ランキング|予約急上昇の都市は?

夏休み海外旅行「予約急上昇ランキング」|3位ヤンゴン、2位ウラジオストク、1位は?

幕末から明治維新へ、激動の日本に暮らした「ドクトル・ヘボン」が聞いて綴った日本語

幕末から明治維新へ、激動の日本に暮らした「ドクトル・ヘボン」が聞いて綴った日本語【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編18】

男性管理職のメンタル不調は深刻化か? メンタル不調の悩みの約4分の1は40代男性から!

男性40代のメンタル不調が急増!? 悩みの原因は「職場の問題」と「自分自身のこと」

【ビジネスの極意】新リーダーのための「リーダーシップ」理論

【ビジネスの極意】新リーダーのための「リーダーシップ」理論

油麻地

懐かしく怪しき香り漂うディープな街 「油麻地」裏通りを行く(香港)

『定年後に泣かないために、今から家計と暮らしを見直すコツってありますか?』

老後資金、結局いくら必要?|『定年後に泣かないために、今から家計と暮らしを見直すコツってありますか?』

令和初のボーナスの使い途|使う金額、用途、支払い方法は?

令和初のボーナスの使い途|将来のために貯金をする人が約7割!

『サラ・ヴォーン・シングス・ジョージ・ガーシュウィン』

テンポもムードも自由自在。悲しくて、そして楽しいガーシュウィンの大人気曲【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道15】

小宮悦子×中野信子スペシャルトークイベント ~いい記憶をつくる考え方~[PR]

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

【私のクルマ遍歴】はじめて購入したクルマは、エンジンの動かない『フェアレディ2000』!(前編)

取材・文/糸井賢一(いといけんいち)

ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオートバイ。ここでは自動車やオートバイを溺愛することでオーナーさんの歩んだ、彩りある軌跡をご紹介します。

純一さんの愛車は、懐かしい三角窓を持つ左ハンドルのオープンカー! アメリカで購入した愛車との物語は【後編】にて語ります。

純一さんの愛車は、懐かしい三角窓を持つ左ハンドルのオープンカー! アメリカで購入した愛車との物語は【後編】にて語ります。

今回、お話をうかがったのは、東京都世田谷区にお住まいの大山純一さん(68歳)です。大学を卒業後、食品会社に入社。結婚後、程なくしてアメリカ営業所の駐在員になるよう辞令が出たため、奥様と一緒に渡米します。駐在員としてアメリカで暮らした期間は、合計で22年にもおよびました。6年前に会社を定年退職され、現在に至ります。

お父様のカローラやスカイラインで、阪神高速道路を気ままに走った青春時代

大阪市南区(現在の中央区)にて産声をあげた純一さん。幼い頃はさほどクルマに興味を抱かなかったのですが、地元にあるお寺の境内でジャガーの『Eタイプ』を目にした際、お父様の乗られるオート三輪とのあまりの違いに衝撃を受けます。

16歳で原動機付自転車免許を取得。18歳で軽自動車免許(※)と普通自動車免許を取得。大学に入学後、大型自動二輪免許を取得します。これらの免許は就職に備えて取得したもので、クルマやオートバイへの興味からではありません。それでも時折、お父様の所有するトヨタの初代『カローラ』、次の所有車になる日産の三代目『スカイライン』を借り、開通から間もない阪神高速道路等で運転を楽しんでいました。
※軽自動車免許は1968年に廃止

大学に在学中、純一さんは奥様と出会います。言葉を交わすうち次第に惹かれて交際を開始。大学を卒業し、食品会社へと入社した年に入籍を果たします。

オープンカーに最適な気候を持つアメリカで、フェアレディの魅力に見せられる

仕事に家庭に、順調な日々を送る純一さん。入社から2年を経たところで、ロサンゼルスに開設した現地事務所の駐在員となるよう辞令が出ます。これを受けて奥様と一緒に渡米し、新天地での生活を始めます。

さて、これまでクルマを所有しなかった純一さんですが、転機はアメリカの地で訪れました。個人売買の雑誌を購読中、たまたま売りに出ていた日産(当時のアメリカではダットサン)『フェアレディ2000(SRL311型)』が目にとまります。

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 上質な呼吸で自律神経を整える【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】 ドライブ疲れを感じたら、上質な呼吸で自律神経を整える【彩りカーラ…
  2. 酒田市にある土門拳記念館の前で。XC90の車体色は7色から選べる(写真は漆黒のオニキスブラックメタリック)。全車種が4輪駆動で2輪駆動車はない。 ボルボ/XC90|高い静粛性と燃費性能。先進安全装備も充実のディ…
  3. フェアレディの衝動買いには慣れた奥様ですが、自宅に運ばれたジャガーを目にした時は、さすがに唖然としたそうです。 【私のクルマ遍歴】念願だったローウィンドウの『フェアレディ』を購…
  4. 夏のドライブの儀式と持ち物【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】 夏のドライブの暑さ対策|車内の熱気を素早く逃す方法【彩りカーライ…
  5. 無作法は事故のモト【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】 ジグザク運転、ヘッドライトを点けない、ドアミラーを格納したまま|…
PAGE TOP