新着記事

人情に厚くスジを通した生き方の役『仁義なき戦い』【面白すぎる日本映画 第38回】

人情に厚くスジを通した生き方の役柄が俳優・梅宮辰夫への信望に『仁義なき戦い』【面白すぎる日本映画 第38回】

家事代行件数20,854件の『家事のプロ』が選ぶ、“本当に使える”商品発表!

家事代行件数20,854件の『家事のプロ』だからわかる! 本当に買うべき「料理」「掃除」「整理収納」アイテム9選

インフルエンザ薬「ゾフルーザ」に早くも耐性ウイルス問題|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第13回】

インフルエンザ薬「ゾフルーザ」に早くも耐性ウイルス問題|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第13回】

ベニー・グッドマン・トリオ『ザ・コンプリート・トリオズ』

ピアノ・トリオは「ジャズの基本形」ではない。トリオ編成の元祖とは?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道40】

タクシー乗車時、運転手と会話する人80.5%

タクシー乗車時、運転手と会話しますか? タクシー利用者のリアルな声

滑舌の低下、食べこぼし、飲食時の“むせ”|口の機能の衰えは「オーラルフレイル」の危険性あり!

切り餅を使った「中華おこわ」

【管理栄養士が教える減塩レシピ】余ったお餅をリメイク!切り餅を使った「餅グラタン」「中華おこわ」

バルミューダ ザ・ライト|明るくくっきりした視界を確保。正確な色が見え、影ができにくい

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/20~1/26)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/20~1/26)獅子座~蠍座編

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

【私のクルマ遍歴】はじめて購入したクルマは、エンジンの動かない『フェアレディ2000』!(前編)

取材・文/糸井賢一(いといけんいち)

ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオートバイ。ここでは自動車やオートバイを溺愛することでオーナーさんの歩んだ、彩りある軌跡をご紹介します。

純一さんの愛車は、懐かしい三角窓を持つ左ハンドルのオープンカー! アメリカで購入した愛車との物語は【後編】にて語ります。

純一さんの愛車は、懐かしい三角窓を持つ左ハンドルのオープンカー! アメリカで購入した愛車との物語は【後編】にて語ります。

今回、お話をうかがったのは、東京都世田谷区にお住まいの大山純一さん(68歳)です。大学を卒業後、食品会社に入社。結婚後、程なくしてアメリカ営業所の駐在員になるよう辞令が出たため、奥様と一緒に渡米します。駐在員としてアメリカで暮らした期間は、合計で22年にもおよびました。6年前に会社を定年退職され、現在に至ります。

お父様のカローラやスカイラインで、阪神高速道路を気ままに走った青春時代

大阪市南区(現在の中央区)にて産声をあげた純一さん。幼い頃はさほどクルマに興味を抱かなかったのですが、地元にあるお寺の境内でジャガーの『Eタイプ』を目にした際、お父様の乗られるオート三輪とのあまりの違いに衝撃を受けます。

16歳で原動機付自転車免許を取得。18歳で軽自動車免許(※)と普通自動車免許を取得。大学に入学後、大型自動二輪免許を取得します。これらの免許は就職に備えて取得したもので、クルマやオートバイへの興味からではありません。それでも時折、お父様の所有するトヨタの初代『カローラ』、次の所有車になる日産の三代目『スカイライン』を借り、開通から間もない阪神高速道路等で運転を楽しんでいました。
※軽自動車免許は1968年に廃止

大学に在学中、純一さんは奥様と出会います。言葉を交わすうち次第に惹かれて交際を開始。大学を卒業し、食品会社へと入社した年に入籍を果たします。

オープンカーに最適な気候を持つアメリカで、フェアレディの魅力に見せられる

仕事に家庭に、順調な日々を送る純一さん。入社から2年を経たところで、ロサンゼルスに開設した現地事務所の駐在員となるよう辞令が出ます。これを受けて奥様と一緒に渡米し、新天地での生活を始めます。

さて、これまでクルマを所有しなかった純一さんですが、転機はアメリカの地で訪れました。個人売買の雑誌を購読中、たまたま売りに出ていた日産(当時のアメリカではダットサン)『フェアレディ2000(SRL311型)』が目にとまります。

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 1966年に初代が発表されてから12代目になる最新型。幅が広くなり、3ナンバー車に。ハイブリッド車とガソリン車を選べる。 トヨタ/カローラ|ドイツのセダンと互角に戦える世界一まじめな車【…
  2. 2018年秋から日本での予約販売を開始したアルピーヌ/A110。車体前部の丸みを帯びたボンネット形状が印象的だ。 アルピーヌ/A110|23年ぶりに復活したアルプス山脈の名を冠し…
  3. 【車検ははなんでこんなに高い…?】半数以上の方が車検の内容をよく理解せずに受けていることが判明!?知らずに損をしている現状を打破するために見極めなければいけない事とは? 車検はなんでこんなに高い!? 知らないと損をする「車検」の中身
  4. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。 “イキモノ”としてクルマを捉えると見えてくる〜マツダのデザイン哲…
  5. マツダは今年、車名を全面的に変更。世界共通の車名にした。「マツダ3(スリー)」は小型車名。 マツダ/マツダ3 セダン|社名を冠した新生「アクセラ」。成熟した…
PAGE TOP