新着記事

アルパカミニマフラー|ベビーアルパカの原毛を使用したマフラー。抜群の暖かさ

いまや常識「単数形のthey」をさらに正しく理解しよう|米語辞典から学ぶ新しい英語(1)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編30】

いまや常識「単数形のthey」をより正しく理解しよう|米語辞典から学ぶ新しい英語(1)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編30】

全国のドライバー「2019年あおり運転実態調査」

制限速度で走る、車線変更をした…「あおり運転」をされた理不尽なきっかけ

【ビジネスの極意】欧米式「モチベーション理論」が、なぜ日本社会でうまく機能しないのか?

【ビジネスの極意】欧米式「モチベーション理論」が、なぜ日本社会でうまく機能しないのか?

加重ブランケット『スラウン』|ほどよい圧力で包み込み、快眠に誘う“重たい毛布”

カクシゴトが引き金になる●●離婚とは…|離婚の原因いろいろ

「熟年離婚」「成田離婚」「マザコン離婚」|離婚の原因あれこれ

美意識

美意識が高い40代以上が憧れる女性芸能人TOP3は「天海祐希」「吉永小百合」「北川景子」

進学に関する保護者の意識調査

子供の進学に親はどこまで関与する?|保護者が我が子の進学先を選ぶポイントとは?

8号帆布のデイパックと薄マチショルダーバッグ|シンプルで使いやすい。質実剛健な帆布バッグ

(2)キース・ジャレット『ケルン・コンサート』

「都市」と共演するキース・ジャレットのソロ・ピアノ【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道32】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  2. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  3. 写真手前が「ラム串五本セット」1000円。レバー、ショルダー、ランプ、ネックの炭火串焼き。左上「よだれラム」800円。羊のすね肉をロール状にして麻マー辣ラーのタレに漬ける。“赤の泡”と好相性。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

【私のクルマ遍歴】はじめて購入したクルマは、エンジンの動かない『フェアレディ2000』!(前編)

取材・文/糸井賢一(いといけんいち)

ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオートバイ。ここでは自動車やオートバイを溺愛することでオーナーさんの歩んだ、彩りある軌跡をご紹介します。

純一さんの愛車は、懐かしい三角窓を持つ左ハンドルのオープンカー! アメリカで購入した愛車との物語は【後編】にて語ります。

純一さんの愛車は、懐かしい三角窓を持つ左ハンドルのオープンカー! アメリカで購入した愛車との物語は【後編】にて語ります。

今回、お話をうかがったのは、東京都世田谷区にお住まいの大山純一さん(68歳)です。大学を卒業後、食品会社に入社。結婚後、程なくしてアメリカ営業所の駐在員になるよう辞令が出たため、奥様と一緒に渡米します。駐在員としてアメリカで暮らした期間は、合計で22年にもおよびました。6年前に会社を定年退職され、現在に至ります。

お父様のカローラやスカイラインで、阪神高速道路を気ままに走った青春時代

大阪市南区(現在の中央区)にて産声をあげた純一さん。幼い頃はさほどクルマに興味を抱かなかったのですが、地元にあるお寺の境内でジャガーの『Eタイプ』を目にした際、お父様の乗られるオート三輪とのあまりの違いに衝撃を受けます。

16歳で原動機付自転車免許を取得。18歳で軽自動車免許(※)と普通自動車免許を取得。大学に入学後、大型自動二輪免許を取得します。これらの免許は就職に備えて取得したもので、クルマやオートバイへの興味からではありません。それでも時折、お父様の所有するトヨタの初代『カローラ』、次の所有車になる日産の三代目『スカイライン』を借り、開通から間もない阪神高速道路等で運転を楽しんでいました。
※軽自動車免許は1968年に廃止

大学に在学中、純一さんは奥様と出会います。言葉を交わすうち次第に惹かれて交際を開始。大学を卒業し、食品会社へと入社した年に入籍を果たします。

オープンカーに最適な気候を持つアメリカで、フェアレディの魅力に見せられる

仕事に家庭に、順調な日々を送る純一さん。入社から2年を経たところで、ロサンゼルスに開設した現地事務所の駐在員となるよう辞令が出ます。これを受けて奥様と一緒に渡米し、新天地での生活を始めます。

さて、これまでクルマを所有しなかった純一さんですが、転機はアメリカの地で訪れました。個人売買の雑誌を購読中、たまたま売りに出ていた日産(当時のアメリカではダットサン)『フェアレディ2000(SRL311型)』が目にとまります。

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. マツダは今年、車名を全面的に変更。世界共通の車名にした。「マツダ3(スリー)」は小型車名。 マツダ/マツダ3 セダン|社名を冠した新生「アクセラ」。成熟した…
  2. 他のプジョー車とは異なり、上級感を演出した車体デザイン。前照灯はLEDライトを使用。左右両端から常時灯が垂直に伸びる。 プジョー/508|“猫足”と称される伝統の乗り心地は健在。実用性…
  3. アクセサリーソケットを活用 車内でアロマテラピーから炊飯までできる、アクセサリーソケット活用…
  4. 縦3灯のヘッドライトはLEDで上段2灯がロービーム。その下がハイビーム。メッキ部分も含めて個性的なデザインが特徴。 三菱/eKクロス|三菱・日産の共同開発で生まれた、日本が誇る大空…
  5. 守る、楽しむドライブレコーダー 「あおり運転」から自分のクルマを守る「ドライブレコーダー」活用法…
PAGE TOP