新着記事

江戸城・松の大廊下跡

「吉良上野介」は悪人だったのか~「忠臣蔵」敵役の真実【にっぽん歴史夜話23】【にっぽん歴史夜話23】

明智光秀が葬られたとされる桔梗塚。今も荒深一族が管理している。

光秀ゆかりの地・岐阜県山県市発 明智光秀生存伝説|関ケ原合戦参陣で溺死した老光秀と墓地を守り続ける光秀の末裔

古今亭志ん輔

【第88回人形町らくだ亭】2月25日開催/古今亭志ん輔が『居残り佐平次』を演じます

シニアに聞いた「祖父母と孫の関係」|孫へ想いや言葉を伝えたいシニアは約8割

約8割のシニアが、お盆や年末年始以外も、孫と会うためのきっかけ作りを行なっている

20代〜50代女性の憧れの芸能人は北川景子、石田ゆり子、鈴木京香|9割の女性が上品さに憧れる

『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局

日本の文化の豊かさを知る催し「日本博」をご存じですか?[PR]

2018年秋から日本での予約販売を開始したアルピーヌ/A110。車体前部の丸みを帯びたボンネット形状が印象的だ。

アルピーヌ/A110|23年ぶりに復活したアルプス山脈の名を冠したフランスの軽快なスポーツカー【石川真禧照の名車を利く】

日本の「クリスマス」のおかしな常識【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編34】

日本の「クリスマス」のおかしな常識とは?【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編34】

ゴルフで仕事がうまくいった人は6割! 会社員500名のゴルフ事情

【ビジネスの極意】「ライバル企業に転職する」と言った部長の話からわかること

【ビジネスの極意】「ライバル企業に転職する」と言った部長の話からわかること

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

【私のクルマ遍歴】事故でフロントが破損した『NCロードスター』。奥様の理解と後押しでより魅力的なフォルムに生まれ変わる(後編)

取材・文/糸井賢一(いといけんいち)

ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオートバイ。ここでは自動車やオートバイを溺愛することで歩んだ、彩りある軌跡をご紹介します。

お子さんが自立したこともあり、ロードスターを購入してからは奥様と2人で出かける機会が増えたそう。

お子さんが自立したこともあり、ロードスターを購入してからは奥様と2人で出かける機会が増えたそう。

2人のお子さんが大きくなり、また足腰の弱ったご両親を送り迎えすることが増えたため、それまで乗っていた三菱の八代目『ギャランVR-4』は使い勝手が合わなくなってしまいました。スポーツ指向のセダンが好きな堀口茂幸(58歳)さんですが、今の家庭環境に沿ったクルマへの乗り換えを決めます。

【前編】はこちら

実用車として文句のなかったMPV。けれど運転の楽しいクルマが欲しくなり、自分だけのクルマを買うことに

新たなクルマに求める要素は「広い車内スペース」と「乗り降りのしやすさ」。茂幸さんは色々と情報を集めて検討した結果、マツダの二代目『MPV』を選び、購入します。

家族を乗せ、ご近所からレジャー施設のある遠方まで、MPVは道を選ばず走ってくれました。

家族を乗せ、ご近所からレジャー施設のある遠方まで、MPVは道を選ばず走ってくれました。

車内スペースも十分にあり、荷物もたくさん乗せられるMPVは、お子さんとのレジャーやご両親の送迎と、大いに活躍します。MPVの性能や使い勝手には満足していた茂幸さんですが、お気に入りの奥多摩湖周辺を走るにはボディサイズが大きく、また重いこともあって「もっと運転を楽しめるクルマも欲しい」との思いが強くなります。この頃の茂幸さんは、通勤用にスズキの(二代目)『ワゴンR』に乗っていたのですが、ダメ元で奥様に乗り換えを申し出たところ、しぶしぶではあったものの了解を獲得。さっそく、検討を始めます。

まずはトヨタの四代目『スープラ』エアロトップモデルが思い浮かびますが、もはや旧車の域にあり、維持の難しさを考えて却下。次に思い浮かんだホンダの初代『NSX』を候補に挙げるのですが、奥様から「寝言は寝ていえ」と、これっぽっちの脈も感じることのできない返答を突きつけられます。さすがに「NSXは現実的ではなかった」と反省した茂幸さん。今回のクルマ選びでホンダ車に興味をもったこともあり、あらためて『S2000』を持ちかけます。それでも価格の高さがネックとなって、奥様からの許可は下りませんでした。

発売時から人気が高く、中古価格の落ちないS2000。茂幸さんは掘り出し物を見つけるべく、日々、インターネットオークションや中古車店をチェックし続けます。そんな茂幸さんに、奥様は「オープンカーがいいのなら、マツダの『ロードスター』はどうか?」と提案します。 

「当時はNC(三代目ロードスターの形式)がデビューして間もない頃ですね。実はオープンカーに偏見を持っていました。乗っている人はスカしているというか、『自分に酔っている人なんじゃないの?』って。S2000はホンダのエンジンだから欲しいのであって、オープンカーだからではありません。そんな理由から『ロードスターは自分には向かない』って決めつけていました」

それでもせっかくの奥様の勧めとあって、一度、実車を見に行くことにした茂幸さん。インターネットの情報で、好みの仕様とボディカラーを持ったNCロードスターが近場の中古車店に展示されているのを知ると、さっそく足を運びます。

「妻と中古車店に向かう途中、マツダのディーラーに展示されていた(ボディカラーが)ブラックのNCが目にとまりました。ブラックを綺麗に維持することの大変さを知っていたので、買うことはないと思っていたのですが……。これがNCにとてもよく似合い、目が離せなくなったんです。聞けば妻もこのNCに好感を持ったそうなので、ディーラーに立ち寄りました」

ブラックのボディカラーにより、引き締まった印象を受けるNC。軽快な操作性と、どっしりと安定感のある乗り心地がお気に入りだそう。

ブラックのボディカラーにより、引き締まった印象を受けるNC。軽快な操作性と、どっしりと安定感のある乗り心地がお気に入りだそう。

偶然、目にとまった黒いNC。ディーラーにて「試乗ができる」と聞き、さっそく申し込みます。それまでオープンカーはサンルーフ装備車の延長上にあると考えていた茂幸さんですが、走り出した直後、それは大きな間違いだったと気付かされます。

「風の匂いとか、全部がダイレクトに伝わってくるのもそうですが、サンルーフ装備車とは見える景色が全然、違うんです。視界の全部で景色が流れるのは本当に衝撃で、『これがオープンカーなんだ!』と、目から鱗が落ちました。気になっていた人の目なんてどうでもよくなり、偏見を抱いていた自分が恥ずかしくなりましたよ」

盗難やイタズラといったセキュリティの面から「もしNCを購入するなら、しっかりしたリトラクタブルハードトップ(RHT)車かな」と考えますが、ディーラーの工場長より「NCはソフトトップ(幌の屋根)が基本。収納した時のデザインもスッキリしている」という助言をもらい、その認識もあらためます。

奥様も購入に賛成してくれたため、茂幸さんはその場でブラックのNCを契約しました。

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 2018年秋から日本での予約販売を開始したアルピーヌ/A110。車体前部の丸みを帯びたボンネット形状が印象的だ。 アルピーヌ/A110|23年ぶりに復活したアルプス山脈の名を冠し…
  2. 【車検ははなんでこんなに高い…?】半数以上の方が車検の内容をよく理解せずに受けていることが判明!?知らずに損をしている現状を打破するために見極めなければいけない事とは? 車検はなんでこんなに高い!? 知らないと損をする「車検」の中身
  3. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。 “イキモノ”としてクルマを捉えると見えてくる〜マツダのデザイン哲…
  4. マツダは今年、車名を全面的に変更。世界共通の車名にした。「マツダ3(スリー)」は小型車名。 マツダ/マツダ3 セダン|社名を冠した新生「アクセラ」。成熟した…
  5. 他のプジョー車とは異なり、上級感を演出した車体デザイン。前照灯はLEDライトを使用。左右両端から常時灯が垂直に伸びる。 プジョー/508|“猫足”と称される伝統の乗り心地は健在。実用性…
PAGE TOP