新着記事

ポータブル蓄電池|自然災害による停電に備える 電気を備蓄する大容量蓄電池

毎年のように、台風や豪雨で大きな被害が発生するようになった。電気や水道などの社会インフラが機…

葛飾応為「吉原格子先之図」太田記念美術館蔵

この世に一枚の肉筆浮世絵の名品が勢ぞろい【肉筆浮世絵名品展 ―歌麿・北斎・応為】

取材・文/池田充枝浮世絵の大部分を占めるのは、絵師が版下絵を描き、彫師、摺師の手を経…

圧巻のコショウコーナー。何とも言えない爽やかな香りがショップ内に立ち込めて居心地がいい。皆ここでしばし足をとめて、真剣な面持ちでボックス内をのぞき込む。

料理好きがふらり集う、ドイツグルメ王監修のスパイスショップ「シューベック」(ミュンヘン)

文・写真/キュンメル斉藤めぐみ(海外書き人クラブ/ドイツ在住ライター)世界的に著名な政治家や実業…

【義家族との間】8歳上の嫁は「出産タイムリミット」数年扱い。悪意のない過度な期待が一番辛い~その2~

取材・文/ふじのあやこ離婚、再婚などで複雑化する家族関係。血縁のない家族(義家族)との関係で生じ…

【義家族との間】8歳上の嫁は「出産タイムリミット」数年扱い。悪意のない過度な期待が一番辛い~その1~

取材・文/ふじのあやこ家族の中には、血縁のない『義(理の)家族』という間柄がある。結婚相手の親族…

吾妻山の定番カット、菜の花と富士山

JR東海道線二宮駅から歩いて行ける!|湘南の絶景、菜の花満開の吾妻山から富士山を見る(神奈川県二宮町)

文・写真/杉﨑行恭東海道線の下り電車は藤沢から相模湾沿岸に出る。そこから辻堂、茅ヶ崎を経て相…

初めて大河ドラマの主人公になる明智光秀(長谷川博己)。脱「信長史観」のドラマの展開が気になってしょうがない。

【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】明智光秀が主役の本格戦国大河 オープンセットに持ち込まれた岩の総量が半端ない

大河ドラマを影で支えるのが美術スタッフの存在。美術は、画面に映るすべてを担当しているといっても過…

堀文子 太神楽柄ショール|孤高の日本画家、堀文子の代表作を描いたストール

サライで15年にわたり「命といふもの」を連載した、日本画家の堀文子さん(1918~2019)…

『太平記』以来の大河登板の池端俊策さん。『麒麟がくる』も早くも「伝説の大河」の再来と期待が高まる。

【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】脚本家・池端俊策氏インタビュー「描きたかったのは、従来のイメージとは異なる光秀と信長」

2020年のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』への期待が高まっている理由のひとつは、名作大河とい…

2020年「開運×絶景スポットランキング」|3位 箱根神社(神奈川県)、2位 高屋神社(香川県)、1位は?

日本には素晴らしい景色に囲まれた場所がたくさんあります。1年の始まりに出かけるという方も多い…

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

海外旅行

  1.  

    ここは日本?ロンドンの不思議な観光スポット「Kyoto Garden」を散策

         

    文/塚田沙羅(海外書き人クラブ/ロンドン在住ライター)ロンドン西部の高級住宅街として名高いケンジントンエリアには、ホランド・パークという公園があり、天気の良い日は多くの人で賑わいます。そのちょうど中心部に、「Kyoto Ga…

  2.  

    知れば知るほど奥が深い。今輝く、神秘の国・ミャンマーを訪ねる【1】ヤンゴン

         

    取材・文/関屋淳子インドシナ半島西部、タイ、ラオス、中国、インド、バングラデシュと国境を接するミ…

  3.  

    住んだ人がみな不幸になる「ルート66」の呪われた町。潜入取材の廃屋で見たものは…

         

    文・写真/大井美紗子(海外書き人クラブ/アメリカ在住ライター)アメリカはアリゾナ州に…

  4.  

    アルプスの渓谷を走る、ノスタルジックな狭軌道鉄道「ヘレンタール鉄道」

         

    文・写真/御影実(オーストリア在住ライター/海外書き人クラブ)アルプスの国、オーストリアには、数…

  5.  

    世界最大の陸の孤島!映画「フィツカラルド」誕生の地、ペルー・イキトス

         

    文・写真/原田慶子(海外書き人クラブ/ペルー在住ライター)ドイツの巨匠ヴェルナー・ヘルツ…

  6.  

    まさに「手付かずの自然」!カムチャツカで優美な「高山植物」と「ヒグマ」の聖地を巡る

         

    文/印南敦史北海道沖の千島列島から北へと連なるカムチャツカ半島(ロシア)といえば、雄大な自然…

  7.  

    ブームを先取り!北部タイ料理の真髄が味わえるチェンマイの名店3軒

         

    文・写真/横山忠道(海外書き人クラブ/タイ在住ライター)日本では今や全国どこででもタイ料理店…

  8.  

    なぜスペインには「日本」という苗字の人々が存在するのか?

         

    文・写真(クレジットのないもの)/田川敬子(スペイン在住)スペイン語で日本を意味する…

  9.  

    音楽と芸術の都ウィーンにある小さなユニーク博物館3つ

         

    文・写真/御影実(オーストリア在住ライター)音楽と芸術の都ウィーンは、50以上のミュージアムがあ…

  10.  

    あのドレッシング発祥の地!カナダのサウザンアイランド紀行【カナダ・オンタリオ州の旅1】キングストン市内とサウザンアイランドクルーズ

         

    写真・文/石津祐介カナダの中東部に位置し、トロントやオタワといった主要都市を要するオンタリオ…

  11.  

    タイ料理の新スター「カオソーイ」を現地チェンマイで味わい尽くす!オススメ店3軒

         

    文・写真/横山忠道(タイ在住ライター)日本ではマッサマンカレーやパクチー料理など、毎年のよう…

  12.  

    知られざる人気スポット!香港の離島「ラマ島」で過ごすのんびり休日

         

    文・写真/りんみゆき(香港在住)香港(ホンコン)と聞くと、高層ビルが建ち並ぶ光景、またはショ…

  13.  

    南米ペルーの知られざる蒸留酒「ピスコ」を知っていますか?

         

    文・写真/原田慶子(ペルー在住ライター)コメや麦、芋、サトウキビなど、あらゆるものから作…

  14.  

    ベネチア発の地中海クルーズ、寄港する街々の特徴と楽しみ方

         

    文・写真/バレンタ愛(元オーストリア在住、現カナダ在住ライター)「地中海」と聞くと、フランス…

  15.  

    貝殻で埋め尽くされた英国の謎すぎる地下洞窟「シェル・グロット」の異様と幻想

         

    文/塚田沙羅(ロンドン在住ライター)イングランドの東端に、約180年前に発見されたという貝殻…

  16.  

    まるで天国!壮麗なるボロブドゥール遺跡で俗世からの解脱を体感する

         

    文・写真/さいとうかずみ(インドネシア在住)過去世からの融合点我々は生涯に幾度もの夜…

  17.  

    現地ライターが推薦!巡ってみたいオーストリアの名城6選

         

    文・写真/御影実(オーストリア在住ライター)ハプスブルク帝国の都ウィーンを首都に持つアルプス…

  18.  

    ダイナミックすぎる『オメガパーク』で体重約1トンの巨大野生動物に出会う

         

    文・写真/藤木 香(カナダ在住ライター)いつかこの目で本物のカリブー(トナカイ)を見…

  19.  

    インカ帝国悲劇の舞台!ペルーの古都「カハマルカ」を歴史散歩する

         

    文・写真/原田慶子(ペルー在住ライター)米CNNが「2018年に訪れるべき18の場所」の1つに選…

  20.  

    ボルガ河クルーズ、ロシアの原風景を堪能する魅惑の船旅

         

    文/印南敦史古くからヨーロッパ諸国と肩を並べ、日本の45倍もの国土を持つ「北の大国」として君…

  21.  

    タイ・チェンマイにある幻の都「ウィアン・クム・カーム」遺跡を訪ねる

         

    文・写真/横山忠道(タイ在住ライター)山紫水明の美しさと風雅な伝統文化を満喫できるタイ第…

  22.  

    スタインベックの傑作『怒りの葡萄』の舞台を辿るルート66の旅

         

    文・写真/大井美紗子(アメリカ在住ライター)貧しいオクラホマを離れ、豊かなカリフォルニア…

  23.  

    この世のものとは思えない!トルクメニスタンで「地獄の門」を覗いたら

         

    文/ギュルソユ慈(トルクメニスタン在住ライター)「地上の楽園」「天国のような」と形容…

  24.  

    フィレンツェからウィーンへ!ヨーロッパの古都をつなぐ寝台列車の旅

         

    文・写真/千夏英二(欧州在住ライター)最後の夜行列車飛行機や新幹線が発達し、日本で夜行列…

  25.  

    アルプスの古都「インスブルック」夏に長期滞在したくなる理由とは?

         

    文/印南敦史もうすぐ、ジメジメとした日本の暑い夏がやってくる。最高気温が更新されるた…

  26.  

    アルプスの美峰シュネーベルク山を登山鉄道で行く小さな旅(オーストリア)

         

    文・写真/ひょろ(オーストリア在住ライター)音楽と芸術の都ウィーンを首都とする、アルプスの小…

  27.  

    天空の列車「アンデス中央鉄道」で南米大陸の屋根を行く(ペルー)

         

    文・写真/原田慶子(ペルー在住ライター)世界文化遺産の街リマ旧市街と、ペルー有数の穀…

  28.  

    英国ドラマの傑作『ダウントン・アビー』の舞台を訪ねる優雅な旅

         

    文/印南敦史エミー賞、ゴールデングローブ賞など数々の受賞実績を持つ『ダウントン・アビー』とい…

  29.  

    小型船「バルジ」で行くブルゴーニュ地方の運河クルーズ

         

    文/印南敦史フランスでは18〜19世紀にかけ、生活物資を運ぶための河川交通網として、…

  30.  

    プチトラン・ジョーヌ|ピレネー山脈の麓を走る黄色い絶景列車

         

    南フランスのさらに南端、スペインとの国境にそびえるピレネー山脈。その麓を、小さな山岳列車がこ…

PAGE TOP