新着記事

【医学部受験経験者1,004人への調査で判明】受験勉強法と必勝ツール

愛犬の終活を迎える時に、準備しておきたい大切なこと

最後の日々を後悔しないために「愛犬の終活」で準備したい大切なこと

親と心を通わせ合うために|『精神科医が教える 親のトリセツ』

親と心を通わせ合うためのヒント|精神科医が教える「親のトリセツ」

室内の「隠れダスト」に要注意! 花粉症患者の約7割がオフィスでも花粉症の影響を体感している

高齢者にとってポリファーマシーのリスクは何か?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第16回】

高齢者にとってポリファーマシーのリスクは何か?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第16回】

『拳銃(コルト)は俺のパスポート』

ニヒルでハードボイルドな宍戸錠=エースのジョー|『拳銃(コルト)は俺のパスポート』【面白すぎる日本映画 第39回】

加齢により減少する唾液の分泌量を増すセルフケア|『ずっと健康でいたいなら唾液力をきたえなさい!』

免疫力の強い身体をつくる「唾液力」の鍛え方

「ミニ水筒」が大ブーム! 愛用者たちが選ぶ人気の「水筒」タイプは?

チャーリー・パーカー『The Complete Dean Benedetti Recordings Of Charlie Parker』

録音技術の進歩はジャズを変えはしなかった【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道42】

江戸・東京の粋を体験・感性を磨く「ものづくりのまち」台東区へ《プレゼントあり》[PR]

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

旅行

ペルーのコンドル湖で発見されたミイラの謎|219体のミイラと2000体以上の人骨を収容するレイメバンバ博物館

文・写真/原田慶子(海外書き人クラブ/ペルー在住ライター)

チャチャポヤス・レイメバンバ博物館とミイラのお宿カサ・マルキ

ペルー・アマゾナス州南部のチャチャポヤス地方。“チャチャポヤ=雲(または霧)の民”の名の通り、うっそうとした雲霧林が広がる雨の多い地域だ。1996年の秋、その日はいつになく激しい雨が降っていた。雷鳴が轟き、閃光が闇を切り裂く。一条の稲妻が小高い山に囲まれた「コンドル湖」の岸辺にその手を伸ばし、周囲の木々をなぎ倒した。数日後、放牧にやってきた地元の農民が、コンドル湖の対岸に現れた“赤い何か”を偶然見つける。それはチャチャポヤ時代の墳墓「チュルパ」の一部だった……

レイメバンバ村から馬で10時間の距離に位置する「コンドル湖」全景

レイメバンバ村から馬で10時間の距離に位置する「コンドル湖」全景

世界の考古学者を驚かせた、雲霧林でのミイラ発見

紀元800~1470年にかけてアマゾナス州一帯に栄えた「チャチャポヤ文化」。その代表的な遺跡には、“北のマチュピチュ”あるいは“第二のマチュピチュ”として名高い「クエラップ遺跡」が挙げられる。

 “北のマチュピチュ” “第二のマチュピチュ”と称される「クエラップ遺跡」

“北のマチュピチュ” “第二のマチュピチュ”と称される「クエラップ遺跡」

チャチャポヤ文化は、その独自の埋葬方法でも有名だ。断崖のくぼみに漆喰や石材を使って墓を作り、そこに死者を葬ったのである。クエラップ遺跡を中心に、北部では人型をした「サルコファゴ(石棺)」が、南部では「チュルパ」もしくは「マウソレオ(霊廟)」と呼ばれる家型の墳墓が作られた。その多くはスペイン人によって破壊されてしまったが、今も当時の風習を伝える貴重な墓所がいくつか残っている。

人型をした「サルコファゴス・デ・カラヒア(カラヒアの石棺)」

人型をした「サルコファゴス・デ・カラヒア(カラヒアの石棺)」

家形の「マウソレオス・デ・レバッシュ(レバッシュの霊廟)」。コンドル湖で発見されたチュルパはこのタイプだ。

村人からチュルパの中に多数のミイラがあるという報告を受けたものの、考古学者たちは懐疑的だったという。ミイラ作りやその保存に何より欠かせないのは乾燥した気候だ。そしてここは“チャチャポヤの地”である。「こんな湿度の高い地域で、ミイラが保存できるわけがない」というのが、当時の専門家たちの共通認識だった。

しかし、1997年にコンドル湖を訪れた考古学調査隊のメンバーは、破壊されたチュルパ内部に散乱した大量のミイラと人骨、そして考古学遺物を目の当たりにする。これまでの常識を覆す「雲霧林でミイラ発見」のニュースは、瞬く間に世界を駆け巡った。

調査隊が到着した時には、すでに盗掘者によって荒らされていた。

調査隊が到着した時には、すでに盗掘者によって荒らされていた。

500年以上前のミイラが残っていた秘密は、チュルパを取り巻く特殊な局所気候にあった。発見時、石灰岩のくぼみに造られたチュルパの内部が涼しく乾燥していたことから、調査隊はこの場所が天然の保冷庫として機能していた可能性が高いと推論した。だが、盗掘者による無分別な破壊と略奪によって、築造当初の環境は大きく変化してしまっていた。調査隊が到着した時には、すでに腐敗し始めたミイラもあったそうだ。ミイラ研究で実績のあったミイラ研究センター(セントロ・マルキ)が調査に乗り出し、被葬者の回収作業が始まった。レイメバンバ村郊外にある「レイメバンバ博物館」には、これらの貴重なミイラが保存されている。

次ページに続きます。

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 映画のロケーションガイドブック 映画「第3の男」の舞台ウィーンでミステリーを追う(オーストリア)…
  2. 地上絵の最高傑作のひとつ“ハチドリ” 2000年前とは思えない高度な土木技術のミステリー|ナスカ文化を…
  3. 2016年に増築改装したヴェルダン戦場記念館 第一次世界大戦:700万人の戦争捕虜たちの信じられない生活
  4. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。 【創刊30周年特別紀行】-編集長が行く-長崎からマカオへ。信仰が…
  5. 詩情あふれる銀細工レリーフ(ワット・ムーンサーン) 息をのむほど美しい「タイ銀細工工芸」のヒミツを探る旅(チェンマイ…
PAGE TOP