新着記事

ココロとカラダの健康のために! 意識すべき3つの「ホルモン」

ココロとカラダの健康のために! 意識すべき3つの「ホルモン」

越後亀田縞ハンチング|伝統織物で仕立てた小粋な木綿ハンチング帽

失敗を恐れずに進むことが特効薬|『「感情の老化」を防ぐ本』

40代から始まる「感情の老化」を食い止める方法|『「感情の老化」を防ぐ本』

春の体調管理の鍵を握るのは免疫力を上げる「たんぱく質」!

春の体調管理の鍵を握るのは免疫力を上げる「たんぱく質」!

「褒められると伸びるタイプなんです」と言う部下への接し方

【ビジネスの極意】「褒められると伸びるタイプなんです」と言う部下への接し方

ペーパーグラス|眼鏡作りの聖地が生んだ驚異の薄型軽量読書眼鏡

仏像曼荼羅イメージ 東寺蔵

空海発案の立体曼荼羅21体のうち、15体が集合【特別展「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅」】

災害時に愛猫がPTSDに陥ったら!|知っておきたい「猫のPTSD」治療法

竹製のスタンドにヤシの葉のうちわを常備。和室はエアコンを設置せずに、うちわや扇風機で涼をとります。網戸がなく、窓を開けっ放しにしているため、家中のいたるところに置いている蚊取り線香入れは、バリ島でつくられたもの。

春過ぎて夏を待つ日に葉山の家へ【桐島かれん『KAREN’s』】

50代夫婦1000名に聞いた定年対策 実態調査!|「定年退職後も夫には外で働いてほしい」は9割近く!!

妻の9割は「定年退職後も夫には外で働いてほしい」|50代夫婦1000名に聞いた「定年後のライフスタイル」

サライ本誌最新号

住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。
  2. アウトサイド・ジャパン展

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

ペルーのコンドル湖で発見されたミイラの謎|219体のミイラと2000体以上の人骨を収容するレイメバンバ博物館

文・写真/原田慶子(海外書き人クラブ/ペルー在住ライター)

チャチャポヤス・レイメバンバ博物館とミイラのお宿カサ・マルキ

ペルー・アマゾナス州南部のチャチャポヤス地方。“チャチャポヤ=雲(または霧)の民”の名の通り、うっそうとした雲霧林が広がる雨の多い地域だ。1996年の秋、その日はいつになく激しい雨が降っていた。雷鳴が轟き、閃光が闇を切り裂く。一条の稲妻が小高い山に囲まれた「コンドル湖」の岸辺にその手を伸ばし、周囲の木々をなぎ倒した。数日後、放牧にやってきた地元の農民が、コンドル湖の対岸に現れた“赤い何か”を偶然見つける。それはチャチャポヤ時代の墳墓「チュルパ」の一部だった……

レイメバンバ村から馬で10時間の距離に位置する「コンドル湖」全景

レイメバンバ村から馬で10時間の距離に位置する「コンドル湖」全景

世界の考古学者を驚かせた、雲霧林でのミイラ発見

紀元800~1470年にかけてアマゾナス州一帯に栄えた「チャチャポヤ文化」。その代表的な遺跡には、“北のマチュピチュ”あるいは“第二のマチュピチュ”として名高い「クエラップ遺跡」が挙げられる。

 “北のマチュピチュ” “第二のマチュピチュ”と称される「クエラップ遺跡」

“北のマチュピチュ” “第二のマチュピチュ”と称される「クエラップ遺跡」

チャチャポヤ文化は、その独自の埋葬方法でも有名だ。断崖のくぼみに漆喰や石材を使って墓を作り、そこに死者を葬ったのである。クエラップ遺跡を中心に、北部では人型をした「サルコファゴ(石棺)」が、南部では「チュルパ」もしくは「マウソレオ(霊廟)」と呼ばれる家型の墳墓が作られた。その多くはスペイン人によって破壊されてしまったが、今も当時の風習を伝える貴重な墓所がいくつか残っている。

人型をした「サルコファゴス・デ・カラヒア(カラヒアの石棺)」

人型をした「サルコファゴス・デ・カラヒア(カラヒアの石棺)」

家形の「マウソレオス・デ・レバッシュ(レバッシュの霊廟)」。コンドル湖で発見されたチュルパはこのタイプだ。

村人からチュルパの中に多数のミイラがあるという報告を受けたものの、考古学者たちは懐疑的だったという。ミイラ作りやその保存に何より欠かせないのは乾燥した気候だ。そしてここは“チャチャポヤの地”である。「こんな湿度の高い地域で、ミイラが保存できるわけがない」というのが、当時の専門家たちの共通認識だった。

しかし、1997年にコンドル湖を訪れた考古学調査隊のメンバーは、破壊されたチュルパ内部に散乱した大量のミイラと人骨、そして考古学遺物を目の当たりにする。これまでの常識を覆す「雲霧林でミイラ発見」のニュースは、瞬く間に世界を駆け巡った。

調査隊が到着した時には、すでに盗掘者によって荒らされていた。

調査隊が到着した時には、すでに盗掘者によって荒らされていた。

500年以上前のミイラが残っていた秘密は、チュルパを取り巻く特殊な局所気候にあった。発見時、石灰岩のくぼみに造られたチュルパの内部が涼しく乾燥していたことから、調査隊はこの場所が天然の保冷庫として機能していた可能性が高いと推論した。だが、盗掘者による無分別な破壊と略奪によって、築造当初の環境は大きく変化してしまっていた。調査隊が到着した時には、すでに腐敗し始めたミイラもあったそうだ。ミイラ研究で実績のあったミイラ研究センター(セントロ・マルキ)が調査に乗り出し、被葬者の回収作業が始まった。レイメバンバ村郊外にある「レイメバンバ博物館」には、これらの貴重なミイラが保存されている。

次ページに続きます。

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 空から眺めるウルルの全容 ブリスベンとゴールドコースト、そしてウルルを巡る旅【ウルル編】
  2. オーストリア国鉄のシティジェット 世界で初めて世界遺産に認定された鉄道| センメリング鉄道を満喫す…
  3. メープルシロップ カナダの名産品「メープルシロップ」はどうやってできる?| 首都オ…
  4. 最終的に色付けをしてできあがり ユネスコの無形文化遺産、スペイン・バレンシアの「火祭り」|火祭り…
  5. 見た目のインパクトが大きい子豚の丸焼き・レチョン 世界中の美食家がフィリピンに注目!|「マニラガストロノミー」を体…
PAGE TOP