新着記事

関羽像(かんうぞう) 青銅製 明時代・15~16世紀 新郷市博物館蔵

「リアル三国志」の世界を最新の発掘成果と共に体感!【日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」】

岡山県産綿布の雪駄|素足に心地よい伝統の綿布を使用。普段着でさくさく歩きたい

黒くて丸いタイヤの選び方、考え方【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

タイヤは消耗品。黒くて丸いタイヤの選び方、考え方【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

【娘のきもち】母親とぶつかった後に襲われる、後悔と罪悪感。実家で過ごした幼少期が思い出せない~その2~

【娘のきもち】母親とぶつかった後に襲われる、後悔と罪悪感。実家で過ごした幼少期が思い出せない~その2~

【娘のきもち】幾つもの困難を経て生まれた8歳下の弟。母親の溺愛は日常の風景だった~その1~

【娘のきもち】母親とぶつかった後に襲われる、後悔と罪悪感。実家で過ごした幼少期が思い出せない~その1~

法律改正でどう変わる?国家資格制度の導入が決まった動物の看護師さん

法律改正でどう変わる?|国家資格制度の導入が決まった動物の看護師さん

チチャロン・サンド全体の味をぴりっと引き締める、オレンジ色のトウガラシソースを添えて

「世界一の朝食」実は〇〇の残りものだった?|ペルーで愛される「チチャロン」

遠州先染織のしじら小あじろ作務衣|涼しい着心地で使うほどに風合いが増す

シューベルト:ピアノ・ソナタ集Vol.2

シューベルトの名作をフォルテピアノ独特の味わいで楽しむ【林田直樹の音盤ナビ】

【最後の恋】オクテ同士のアラカンカップルが、男女の関係になったのは、彼女のリードから~その2~

【最後の恋】妻以外の女性と関係が進んだのは、自分の話を真剣に聞いてくれる“奥ゆかしい昭和の女”だったから~その2~

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

ペルーのコンドル湖で発見されたミイラの謎|219体のミイラと2000体以上の人骨を収容するレイメバンバ博物館

文・写真/原田慶子(海外書き人クラブ/ペルー在住ライター)

チャチャポヤス・レイメバンバ博物館とミイラのお宿カサ・マルキ

ペルー・アマゾナス州南部のチャチャポヤス地方。“チャチャポヤ=雲(または霧)の民”の名の通り、うっそうとした雲霧林が広がる雨の多い地域だ。1996年の秋、その日はいつになく激しい雨が降っていた。雷鳴が轟き、閃光が闇を切り裂く。一条の稲妻が小高い山に囲まれた「コンドル湖」の岸辺にその手を伸ばし、周囲の木々をなぎ倒した。数日後、放牧にやってきた地元の農民が、コンドル湖の対岸に現れた“赤い何か”を偶然見つける。それはチャチャポヤ時代の墳墓「チュルパ」の一部だった……

レイメバンバ村から馬で10時間の距離に位置する「コンドル湖」全景

レイメバンバ村から馬で10時間の距離に位置する「コンドル湖」全景

世界の考古学者を驚かせた、雲霧林でのミイラ発見

紀元800~1470年にかけてアマゾナス州一帯に栄えた「チャチャポヤ文化」。その代表的な遺跡には、“北のマチュピチュ”あるいは“第二のマチュピチュ”として名高い「クエラップ遺跡」が挙げられる。

 “北のマチュピチュ” “第二のマチュピチュ”と称される「クエラップ遺跡」

“北のマチュピチュ” “第二のマチュピチュ”と称される「クエラップ遺跡」

チャチャポヤ文化は、その独自の埋葬方法でも有名だ。断崖のくぼみに漆喰や石材を使って墓を作り、そこに死者を葬ったのである。クエラップ遺跡を中心に、北部では人型をした「サルコファゴ(石棺)」が、南部では「チュルパ」もしくは「マウソレオ(霊廟)」と呼ばれる家型の墳墓が作られた。その多くはスペイン人によって破壊されてしまったが、今も当時の風習を伝える貴重な墓所がいくつか残っている。

人型をした「サルコファゴス・デ・カラヒア(カラヒアの石棺)」

人型をした「サルコファゴス・デ・カラヒア(カラヒアの石棺)」

家形の「マウソレオス・デ・レバッシュ(レバッシュの霊廟)」。コンドル湖で発見されたチュルパはこのタイプだ。

村人からチュルパの中に多数のミイラがあるという報告を受けたものの、考古学者たちは懐疑的だったという。ミイラ作りやその保存に何より欠かせないのは乾燥した気候だ。そしてここは“チャチャポヤの地”である。「こんな湿度の高い地域で、ミイラが保存できるわけがない」というのが、当時の専門家たちの共通認識だった。

しかし、1997年にコンドル湖を訪れた考古学調査隊のメンバーは、破壊されたチュルパ内部に散乱した大量のミイラと人骨、そして考古学遺物を目の当たりにする。これまでの常識を覆す「雲霧林でミイラ発見」のニュースは、瞬く間に世界を駆け巡った。

調査隊が到着した時には、すでに盗掘者によって荒らされていた。

調査隊が到着した時には、すでに盗掘者によって荒らされていた。

500年以上前のミイラが残っていた秘密は、チュルパを取り巻く特殊な局所気候にあった。発見時、石灰岩のくぼみに造られたチュルパの内部が涼しく乾燥していたことから、調査隊はこの場所が天然の保冷庫として機能していた可能性が高いと推論した。だが、盗掘者による無分別な破壊と略奪によって、築造当初の環境は大きく変化してしまっていた。調査隊が到着した時には、すでに腐敗し始めたミイラもあったそうだ。ミイラ研究で実績のあったミイラ研究センター(セントロ・マルキ)が調査に乗り出し、被葬者の回収作業が始まった。レイメバンバ村郊外にある「レイメバンバ博物館」には、これらの貴重なミイラが保存されている。

次ページに続きます。

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. チチャロン・サンド全体の味をぴりっと引き締める、オレンジ色のトウガラシソースを添えて 「世界一の朝食」実は〇〇の残りものだった?|ペルーで愛される「チ…
  2. ボスニア・ヘルツェゴヴィナ サラエヴォ市民の命をつないだ「希望のトンネル」|ボスニア・ヘルツ…
  3. トルコで18件目の世界遺産に登録 ピラミッドよりも古い!世界最古の神殿「ギョベクリ・テペ」の謎(ト…
  4. 空から眺めるウルルの全容 ブリスベンとゴールドコースト、そしてウルルを巡る旅【ウルル編】
  5. オーストリア国鉄のシティジェット 世界で初めて世界遺産に認定された鉄道| センメリング鉄道を満喫す…
PAGE TOP