新着記事

Google カレンダーがちょっと便利になる使い方【スマホ基本のき 第12回】

御城印発祥の松本城

お城めぐりの記念に「御城印」を集める! はじめての「御城印」ガイド

40代~50代女性1,015人の第二の人生でしたいこととは…?

40代~50代女性1,015人が考える「第二の人生でしたいこと」

食事を楽しみ健康寿命を延ばす、舌のエクササイズ

食事を楽しみ健康寿命を延ばす「舌のエクササイズ」

人情に厚くスジを通した生き方の役『仁義なき戦い』【面白すぎる日本映画 第38回】

人情に厚くスジを通した生き方の役柄が俳優・梅宮辰夫への信望に『仁義なき戦い』【面白すぎる日本映画 第38回】

家事代行件数20,854件の『家事のプロ』が選ぶ、“本当に使える”商品発表!

家事代行件数20,854件の『家事のプロ』だからわかる! 本当に買うべき「料理」「掃除」「整理収納」アイテム9選

インフルエンザ薬「ゾフルーザ」に早くも耐性ウイルス問題|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第13回】

インフルエンザ薬「ゾフルーザ」に早くも耐性ウイルス問題|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第13回】

ベニー・グッドマン・トリオ『ザ・コンプリート・トリオズ』

ピアノ・トリオは「ジャズの基本形」ではない。トリオ編成の元祖とは?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道40】

タクシー乗車時、運転手と会話する人80.5%

タクシー乗車時、運転手と会話しますか? タクシー利用者のリアルな声

滑舌の低下、食べこぼし、飲食時の“むせ”|口の機能の衰えは「オーラルフレイル」の危険性あり!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

旅行

「なぜ立っているのかわからない」世界中の建築家が首をかしげるサンタフェ「奇跡の階段」

文・写真/大井美紗子(海外書き人クラブ/アメリカ在住ライター)

サンタフェは、キリスト教の町だ。町の名前はスペイン語・ポルトガル語で「聖なる信仰(Holy Faith)」を意味し、アメリカ最古の教会が今もミサを行っているような場所である。

この地に、140年にわたってキリスト教徒に尊ばれてきた「奇跡の階段」と呼ばれるらせん階段がある。何が「奇跡」なのか? まずは階段の写真を見ていただきたい。

奇跡の階段

一般的ならせん階段とはどこかが違わないだろうか?

――そう、真ん中の支柱がないのだ。

 

奇跡の階段

これが全体像である。

「奇跡の階段」は、サンタフェの中心部に位置するロレット・チャペル(https://www.lorettochapel.com/)にある。高さ22フィート(6.7メートル)の聖歌隊席と1階をつなぐ計33段の階段には、鉄くぎや接着剤が一切使われていない。全重量はすべて床で支えられている。現在は保護のため使用されることはないが、かつては聖歌隊が1階と桟敷を行き来するため頻繁に使われていた。支柱のないらせん階段が140年もの間どうやって持ちこたえてきたのか? 各地から多くの建築家や建築業者が訪れたが、今までその謎を解けた人は1人もいない。

使用されている木材はアメリカ中西部では見られないものであり、どこで入手されたかは不明だ。この不思議な階段を建てたのは誰かも、明らかにされていない。「どのように」「何を使って」「誰が」という3つの点が謎に包まれているため、このらせん階段は「奇跡」と呼ばれている。「キリストの養父、聖ヨセフが現代に現れて作ってくださったのだ」とまで言われている。

確かに支柱のないらせん階段は珍しい。だが、世界中の建築家が検分しても謎が解けないということがあるだろうか? 果たして階段は本当に、奇跡によって建てられたのだろうか?

チャペル完成間際、建築家が急死

今でこそ「アメリカ最古の都市」「アートと歴史の町」と謳われ、観光客で賑わうサンタフェだが、当初はネイティブアメリカンとメキシコ人だけが住む非常に小さな町だった。そこへ1852年、ケンタッキー州からカトリックの修道女たちが信仰を伝えようと移り住んできた。彼女らのために学校を作ろうという計画が持ち上がり、着工が進められたのがロレット・アカデミー修道院であった。学校は順調にできあがり、1873年にはチャペル(礼拝堂)も建設することになった。

ロレット・チャペルの外観。フランス・パリにある「サント・シャペル」を模したゴシック建築である。

ロレット・チャペルの外観。フランス・パリにある「サント・シャペル」を模したゴシック建築である。

着工開始から5年後の1878年、完成を目前にして、大変な問題が起こる。建設を指揮していたフランスの建築家P.モーリーが急死したのだ。一同は困ってしまった。なぜなら、聖歌隊席へ上がるための階段がまだできていなかったからである。

ほぼ完成しているチャペルに階段を付け足すのは、不可能に近かった。聖歌隊席が高すぎて、普通の直階段を取り付けたのではスペースを取りすぎてしまうのだ。見た目も美しくなくなる。多くの大工や建築業者が招かれ試行錯誤を続けたが、もはやはしごを使うか、聖歌隊席を低く作り直すしかないという話になった。

修道女たちはひどく落胆した。しかし、落ち込むだけでは何も解決しない。そこで――こういう手段を取るのが非常にカトリック教徒らしいと思うのだが――彼女たちは、祈ることにした。9日間にわたって祈り続ける「ノベナ」を行い、神が救ってくれるのを待ったのである。

次ページに続きます。

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 映画のロケーションガイドブック 映画「第3の男」の舞台ウィーンでミステリーを追う(オーストリア)…
  2. 2016年に増築改装したヴェルダン戦場記念館 第一次世界大戦:700万人の戦争捕虜たちの信じられない生活
  3. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。 【創刊30周年特別紀行】-編集長が行く-長崎からマカオへ。信仰が…
  4. 詩情あふれる銀細工レリーフ(ワット・ムーンサーン) 息をのむほど美しい「タイ銀細工工芸」のヒミツを探る旅(チェンマイ…
  5. ハウスボート オランダ人の憧れ「ハウスボート」|水上のタワマン?究極の水上豪邸…
PAGE TOP