新着記事

Google カレンダーがちょっと便利になる使い方【スマホ基本のき 第12回】

御城印発祥の松本城

お城めぐりの記念に「御城印」を集める! はじめての「御城印」ガイド

40代~50代女性1,015人の第二の人生でしたいこととは…?

40代~50代女性1,015人が考える「第二の人生でしたいこと」

食事を楽しみ健康寿命を延ばす、舌のエクササイズ

食事を楽しみ健康寿命を延ばす「舌のエクササイズ」

人情に厚くスジを通した生き方の役『仁義なき戦い』【面白すぎる日本映画 第38回】

人情に厚くスジを通した生き方の役柄が俳優・梅宮辰夫への信望に『仁義なき戦い』【面白すぎる日本映画 第38回】

家事代行件数20,854件の『家事のプロ』が選ぶ、“本当に使える”商品発表!

家事代行件数20,854件の『家事のプロ』だからわかる! 本当に買うべき「料理」「掃除」「整理収納」アイテム9選

インフルエンザ薬「ゾフルーザ」に早くも耐性ウイルス問題|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第13回】

インフルエンザ薬「ゾフルーザ」に早くも耐性ウイルス問題|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第13回】

ベニー・グッドマン・トリオ『ザ・コンプリート・トリオズ』

ピアノ・トリオは「ジャズの基本形」ではない。トリオ編成の元祖とは?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道40】

タクシー乗車時、運転手と会話する人80.5%

タクシー乗車時、運転手と会話しますか? タクシー利用者のリアルな声

滑舌の低下、食べこぼし、飲食時の“むせ”|口の機能の衰えは「オーラルフレイル」の危険性あり!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

旅行

ブリスベンとゴールドコースト、そしてウルルを巡る旅【ブリスベン編】

写真・文/石津祐介

ウルル(エアーズロック)への運航が開始

オーストラリアの航空会社ジェットスターが、2018年8月3日からクイーンズランド州のブリスベンと、ノーザンテリトリーのエアーズロック間の直行便の運航を開始。週3回、月・水・金のスケジュールで、ブリスベンとエアーズロックを3時間15分で結んでいる。

これまで、日本からエアーズロックへの空路はシドニーもしくはケアンズを経由していたが、この航路の開設により、ブリスベンを経由するルートでアクセスが可能となった。

このフライトを利用して、ウルル(エアーズロック)とクイーンズランド州のブリスベンとゴールドコーストを巡る旅を紹介していこう。

成田ーブリスベン間は、カンタス航空の直行便で9時間10分のフライト

成田ーブリスベン間は、カンタス航空の直行便で9時間10分のフライト。

ブリスベンを散策

カンタス航空62便は、成田を19:30に出発し、ブリスベンへは翌日の5:40着となる。日本との時差は1時間と少ないので、時差ボケの心配がいらないのがオーストラリアのいいところだ。

クイーンズランド州の州都、ブリスベンは亜熱帯気候に属しており年間を通して過ごしやすい気候だ。中心地のシティは、古い建物と近代的なビルが調和する緑豊かな街だ。

シティを一望するなら、ブリスベン川の対岸の高台に位置するカンガルー・ポイントがおすすめだ。高さ20mの崖の上から眺めるシティはブリスベンを象徴する風景が拝める。崖下の川ぞいにはサイクリングロードや遊歩道があり、市民も散策を楽しんでいる。

シティのビル群が一望できるビュースポット、カンガルー・ポイント。

シティのビル群が一望できるビュースポット、カンガルー・ポイント。

ブリスベン川の南側に広がるサウス・バンクと呼ばれるエリアは、亜熱帯の植物が生い茂る公園があり、市民の憩いの場となっている。川沿いに建ち並ぶ近代的なビル群を眺めながら散策しよう。夜には、ビルがライトアップされ夜景を楽しむことができる。

亜熱帯の植物が生い茂るサウス・バンク。

亜熱帯の植物が生い茂るサウス・バンク。

ブリスベン川沿いに建ち並ぶ近代的なビル群。

ブリスベン川沿いに建ち並ぶ近代的なビル群。

夜にはビルがライトアップされ、夜景が楽しめる。

夜にはビルがライトアップされ、夜景が楽しめる。

ショッピングとグルメを満喫

ブリスベンでショッピングをするなら、ダウンタウンのクイーン・ストリート・モールへ出掛けてみよう。歩行者天国のショッピングストリートには、ショップやカフェなどが軒を連ねており、ウィンドショッピングが楽しめる。

また、通りにあるブリスベン観光案内所は元劇場で、こちらも観光名所となっている。

歩行者天国のクイーン・ストリート・モール。

歩行者天国のクイーン・ストリート・モール。

元劇場というブリスベン観光案内所。

元劇場というブリスベン観光案内所。

そして、中でもおすすめしたいのが「ヌーサチョコレートファクトリー」と「パーフェクトポーション」だ。共にクイーンズランド州を代表する人気のショップで、お土産にも喜ばれるだろう。

カフェを併設した人気のチョコレートショップ。

カフェを併設した人気のチョコレートショップ。

自社製のカカオを使用し、チョコは50種類以上の品揃え。<Noosa Chocolate Factory>144 Adelaide St, Brisbane City QLD 4000

自社製のカカオを使用し、チョコは50種類以上の品揃え。

【Noosa Chocolate Factory】
住所:144 Adelaide St, Brisbane City QLD 4000
URL:http://www.noosachocolatefactory.com.au/
 
 
 
日本にも展開しているオーストラリア発祥のパーフェクトポーション。

日本にも展開しているオーストラリア発祥のパーフェクトポーション。

スキンケアやヘアケアなどの製品が数多く揃う。<Perfect Potion>230 Albert St, Brisbane City QLD 4000

スキンケアやヘアケアなどの製品が数多く揃う。

【Perfect Potion】
住所:230 Albert St, Brisbane City QLD 4000
URL:https://www.perfectpotion.com.au/

 

ブリスベンには多くのレストランがあり、オーストラリアの食材を活かした様々な料理が楽しめる。海に近いブリスベンは海産物が豊富で、シーフードが楽しめるが、とくにオススメしたいのが「モートン・ベイ・バグ」というエビだ。ブリスベンに面したモートン湾に由来した名で、和名だと「ウチワエビモドキ」と呼ばれるセミエビの仲間。ロブスターのような味わいで、しかも値段はロブスターよりも安いので、ぜひ試してほしい。

今回は、宿泊したホテル「Wブリスベン」のレストラン「スリーブルーダックス」で味わった。

ホテル「Wブリスベン」にあるレストラン「スリーブルーダックス」

ホテル「Wブリスベン」にあるレストラン「スリーブルーダックス」

モートン・ベイ・バグと黒キャベツのXOバターグリル。

モートン・ベイ・バグと黒キャベツのXOバターグリル。

ブリスベンの景色が一望できるホテル「Wブリスベン」<W Brisbane> 81 N Quay, Brisbane City QLD 4000

ブリスベンの景色が一望できるホテル「Wブリスベン」

【W Brisbane】

住所:81 N Quay, Brisbane City QLD 4000

URL:https://www.marriott.com/hotels/travel/bnewh-w-brisbane

 

メルボルン、シドニーに続くオーストラリア第3の都市、ブリスベン。エアーズロックへの航路が開設されたことで、日本からこの街に立ち寄る旅行者も増えるだろう。ショッピングもグルメも楽しめるので、ぜひ旅行の計画に加えてみてはどうだろうか。

写真・文/石津祐介
カメラマン・ライター。旅行、アウトドア、野鳥、航空機などを中心に撮影、取材、執筆を行う。現在、埼玉県飯能市で田舎暮らし中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 映画のロケーションガイドブック 映画「第3の男」の舞台ウィーンでミステリーを追う(オーストリア)…
  2. 2016年に増築改装したヴェルダン戦場記念館 第一次世界大戦:700万人の戦争捕虜たちの信じられない生活
  3. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。 【創刊30周年特別紀行】-編集長が行く-長崎からマカオへ。信仰が…
  4. 詩情あふれる銀細工レリーフ(ワット・ムーンサーン) 息をのむほど美しい「タイ銀細工工芸」のヒミツを探る旅(チェンマイ…
  5. ハウスボート オランダ人の憧れ「ハウスボート」|水上のタワマン?究極の水上豪邸…
PAGE TOP