新着記事

ポータブル蓄電池|自然災害による停電に備える 電気を備蓄する大容量蓄電池

毎年のように、台風や豪雨で大きな被害が発生するようになった。電気や水道などの社会インフラが機…

葛飾応為「吉原格子先之図」太田記念美術館蔵

この世に一枚の肉筆浮世絵の名品が勢ぞろい【肉筆浮世絵名品展 ―歌麿・北斎・応為】

取材・文/池田充枝浮世絵の大部分を占めるのは、絵師が版下絵を描き、彫師、摺師の手を経…

圧巻のコショウコーナー。何とも言えない爽やかな香りがショップ内に立ち込めて居心地がいい。皆ここでしばし足をとめて、真剣な面持ちでボックス内をのぞき込む。

料理好きがふらり集う、ドイツグルメ王監修のスパイスショップ「シューベック」(ミュンヘン)

文・写真/キュンメル斉藤めぐみ(海外書き人クラブ/ドイツ在住ライター)世界的に著名な政治家や実業…

【義家族との間】8歳上の嫁は「出産タイムリミット」数年扱い。悪意のない過度な期待が一番辛い~その2~

取材・文/ふじのあやこ離婚、再婚などで複雑化する家族関係。血縁のない家族(義家族)との関係で生じ…

【義家族との間】8歳上の嫁は「出産タイムリミット」数年扱い。悪意のない過度な期待が一番辛い~その1~

取材・文/ふじのあやこ家族の中には、血縁のない『義(理の)家族』という間柄がある。結婚相手の親族…

吾妻山の定番カット、菜の花と富士山

JR東海道線二宮駅から歩いて行ける!|湘南の絶景、菜の花満開の吾妻山から富士山を見る(神奈川県二宮町)

文・写真/杉﨑行恭東海道線の下り電車は藤沢から相模湾沿岸に出る。そこから辻堂、茅ヶ崎を経て相…

初めて大河ドラマの主人公になる明智光秀(長谷川博己)。脱「信長史観」のドラマの展開が気になってしょうがない。

【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】明智光秀が主役の本格戦国大河 オープンセットに持ち込まれた岩の総量が半端ない

大河ドラマを影で支えるのが美術スタッフの存在。美術は、画面に映るすべてを担当しているといっても過…

堀文子 太神楽柄ショール|孤高の日本画家、堀文子の代表作を描いたストール

サライで15年にわたり「命といふもの」を連載した、日本画家の堀文子さん(1918~2019)…

『太平記』以来の大河登板の池端俊策さん。『麒麟がくる』も早くも「伝説の大河」の再来と期待が高まる。

【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】脚本家・池端俊策氏インタビュー「描きたかったのは、従来のイメージとは異なる光秀と信長」

2020年のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』への期待が高まっている理由のひとつは、名作大河とい…

2020年「開運×絶景スポットランキング」|3位 箱根神社(神奈川県)、2位 高屋神社(香川県)、1位は?

日本には素晴らしい景色に囲まれた場所がたくさんあります。1年の始まりに出かけるという方も多い…

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

海外旅行

  1.  

    南フランス「オクシタニー地方」訪ねてみたい8つの美しい街

         

    2016年1月に行われたフランスの地方再編により、それ以前に22あった地域が13に統合された。その結果、かつてのミディ・ピレネー地方とラングドック地方が合併して誕生したのが、南仏のオクシタニー地方だ。ポン・デュ・ガールやカル…

  2.  

    ペルー北部の「クエラップ遺跡」は第2のマチュピチュになるか

         

    ペルー北部にある前インカ時代の巨大遺跡「クエラップ遺跡」をご存じだろうか。標高約30…

  3.  

    シャンパーニュ地方の知られざる実力派シャンパン生産者を巡る

         

    写真・文/yOU(河﨑夕子)シャンパンの酔い方と言うのは実に不思議だ。飲むとすぐにふ…

  4.  

    意外と行きやすい!絶海の孤島イースター島にモアイ像を見に行く[PR]

         

    モアイ像が佇ずむイースター島。ポリネシアの東の果てにある絶海の孤島は、日本から訪れるにはあまりに遠い…

  5.  

    世界遺産にも登録!楽園タヒチにポリネシア最大の宗教遺跡を訪ねる[PR]

         

    今年7月、南太平洋に新たな世界文化遺産が登録された。フランス領ポリネシア、ライアテア島の宗教…

  6.  

    世界遺産に登録!インド「アーメダバード」の見どころ4つ

         

    2017年7月、ポーランドのクラコフで行われていた世界遺産委員会において、日本の宗像・沖ノ島…

  7.  

    一度は泊まってみたい!アジアの名門ホテル4軒

         

    文/印南敦史過去に栄えた文明の跡を訪ねるもよし、街角で生きる人々のパワフルかつダイナミックな…

  8.  

    シャンパーニュ地方の中心ランス周辺のシャンパンメゾンを巡る

         

    写真・文/yOU(河﨑夕子)シャンパンの酔い方と言うのは実に不思議だ。飲むとすぐにふわりと高…

  9.  

    エジプトを旅するなら巡ってみたいナイル河沿岸の5つの町

         

    ナイル河には、古代から人々の暮らしを潤し、類稀なる文明を育んできた歴史がある。クルーズをして…

  10.  

    トルコを旅するなら訪ねたいエーゲ海沿岸の美しい街と島

         

    トルコと聞いてまず頭に思い浮かぶのは、ヨーロッパとアジアの架け橋であるイスタンブールではないだろうか…

  11.  

    古都ウィーン周辺に芳醇なる美酒の作り手を巡る【旨し美しウィーンの食文化3】

         

    取材・文/関屋淳子オーストリアの首都・ウィーンは芸術の都、音楽の都と称されます。サライ世代に…

  12.  

    ウィーンのエスカルゴは美味なる“未来のフード”【旨し美しウィーンの食文化2】

         

    取材・文/関屋淳子オーストリアの首都・ウィーンは芸術の都、音楽の都と称されます。サライ世代に…

  13.  

    お土産に欲しい!古都ウィーンの伝統スイーツ5選【旨し美しウィーンの食文化1】

         

    取材・文/関屋淳子オーストリアの首都・ウィーンは芸術の都、音楽の都と称されます。サライ世代に…

  14.  

    ランス|シャンパーニュの有名メゾンが軒を連ねる美しい街を訪ねる

         

    取材・文/鳥海美奈子フランスの新幹線TGVで、パリからわずか45分で到着するシャンパーニュの…

  15.  

    映画『ハイジ』の世界へ!スイス・ユングフラウ地方の絶景スポット

         

    取材・文/関屋淳子映画『ハイジ アルプスの物語』が、8月26日から東京・恵比寿の「Y…

  16.  

    バーデン・バイ・ウィーン|ベートーヴェンも癒されたウィーン郊外の温泉地【魅惑の温泉案内vol.105】

         

    取材・文/関屋淳子オーストリアの首都ウィーン。ここから遠足気分で出かけられる温泉地があります…

  17.  

    トロントから足を伸ばしてナイアガラの滝とワイナリーをめぐる【魅惑のトロント3】

         

    取材・文/関屋淳子今年、建国150周年を迎えて何かと話題になっているカナダ。今回ご紹介するト…

  18.  

    移民の街トロントならではの多様な食の魅力まとめ【魅惑のトロント2】

         

    取材・文/関屋淳子今年、建国150周年を迎えて何かと話題になっているカナダ。今回ご紹介するト…

  19.  

    カナダ最大の都市!知られざるトロントの観光スポットまとめ【魅惑のトロント1】

         

    取材・文/関屋淳子今年、建国150周年を迎えて何かと話題になっているカナダ。今回ご紹…

  20.  

    イングランドで最も美しい村「バイブリー村」石造りの美景

         

    文・写真/音生ざくろイギリス、ロンドンからバスで北へ約2時間ほどのところにある丘陵地…

  21.  

    ブルゴーニュ地方の古都「ボーヌ」でワイン尽くしの旅を楽しむ

         

    取材・文/鳥海美奈子ブルゴーニュワインの生産地の中心はコート・ドール、「黄金の丘」という美し…

  22.  

    コルマール|アルザスの美しき花の街に白ワインと美味を訪ねる

         

    取材・文/鳥海美奈子フランスの北東部、ライン川をはさんでドイツとの国境近くに位置する…

  23.  

    絵葉書のように美しい!ノルウェー「ロフォーテン諸島」の見どころ

         

    ノルウェーといえば、切り立つフィヨルドや氷河が織りなす海の絶景をまず思い出すことだろう。ご存…

  24.  

    訪ねてみたい!中欧ブルガリアの知られざる美しい村3選

         

    ブルガリアと聞くと、私たち日本人はつい「ヨーグルト」を連想してしまうかもしれない。しかし実際のブルガ…

  25.  

    訪ねてみたい!ヨーロッパの知られざる穴場町3つ《ヴァンヌ、アオスタ、ザンクト・ガレン》

         

    歴史や伝統を実感できるだけあって、訪れるたび新たな発見があるヨーロッパ旅行。しかし現実的に、多くの人…

  26.  

    訪ねてみたい!知られざるスペイン「アラゴン州」美しき3つの街

         

    スペインの旅と聞いてイメージするのは、紹介される機会の多いマドリッドやアンダルシアかもしれない。が、…

  27.  

    人生の節目に旅を!リタイア後に海外旅行に出かけるべき理由6つ

         

    人生の節目に旅をすることは、記念になるだけでなく、これまでの人生に区切りをつけ、新しい人生を…

  28.  

    この道を自分の足でどこまでも!憧れの「スペイン・サンティアゴ巡礼」基本のき

         

    写真・文/溝口シュテルツ真帆(在ミュンヘン)どこまでも続く異国の風景のなか、聖地に向…

  29.  

    至極のビーチと料理!ランカウイ島で必ず訪れたい絶景スポット3つ【マレーシアの楽園ランカウイ島紀行 後編】

         

    マレーシアのランカウイ島は、首都クアラルンプールから飛行機で約1時間。自然に囲まれる別天地です。その…

  30.  

    どっちに泊まりたい?別天地ランカウイ島にある趣の異なる2つのホテル【マレーシアの楽園ランカウイ島紀行 前編】

         

    写真・文/yOU(河﨑夕子)マレーシアのランカウイ島は、首都クアラルンプールから飛行機で約1…

PAGE TOP