新着記事

遠州5層ガーゼのパジャマ|風合い豊かなガーゼ生地を5層に重ね極上の着心地を実現

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|みずみずしい梨を食卓にも!「豚肉の梨生姜ソース」「梨とトマトのカプレーゼ風」

【管理栄養士が教える減塩レシピ】みずみずしい梨を食卓にも!「豚肉の梨生姜ソース」「梨とトマトのカプレーゼ風」

ダーティ・メリー/クレイジー・ラリー

「アメリカン・ニューシネマの洗礼を受けた」映画|『ダーティ・メリー/クレイジー・ラリー』【面白すぎる日本映画 第34回・特別編】

資産形成

ビジネスパーソンの預貯金平均額は20代452万円、30代682万円、40代952万円!|老後資金の資産運用、何してる?

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(9/23~9/29)

生活は口のなかに表れる|『口がきれいだと、健康で長生きできる』

唾液が少ない人は要注意!口がきれいでない人は、長生きできない

招福 健康パートナー|健康と幸福を願って握る福の神のツボ押し

起業

定年後の起業が増加傾向!?|シニア層の4人に1人が「起業に関心あり」

【最後の恋】「うちでお昼はいかが?」高級マンションでひとり暮らしをする4歳年下の未亡人の誘惑~その2~

【最後の恋】偶然入った昼間のカラオケスナック。「いい声ね」と言われ、人生初のモテ期が始まり……~その1~

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

イギリスのブレグジット問題|あるスコットランド女性の憂いとチャレンジ

文・写真/石橋貴子(海外書き人クラブ/スコットランド在住ライター)

イギリス政治の中心地ロンドン・ウェストミンスター

イギリス政治の中心地ロンドン・ウェストミンスター

今、イギリスが揺れている―。

2019年3月末にEU<欧州連合>からイギリスが離脱(ブレグジット)することが、2016年に実施された国民投票の結果により決定しているのだが、離脱する合意内容が離脱直前になっても決定せず、ゴタゴタが続いている。

イギリス連邦国の一部であるスコットランドに住む人たちの感情は複雑だ。なぜなら、先の国民投票において、スコットランド人の62%がブレグジットに反対したのだから。そんな先の見えない問題に揺れながらも、果敢に挑戦する、スコットランド女性の言葉をお伝えしたい。

ブレグジット問題|あるスコットランド女性の憂いとチャレンジ

“Can you imagine after BREXIT?(ブレグジット後のことをあなたは想像できる?)”

これは、筆者の知り合いであるスコットランド女性の言葉。ブレグジット後の世界を想像できないイギリス人が余りにも多い。この事に憂いを感じている彼女の言葉だ。

たとえばということで彼女が出したのが欧州に多くの拠点を持つ航空機会社エアバスの例。

“エアバスのオペレーションがイギリスで2分止まったとしたら、何が起こると思う?

エアバスは、イギリスを含む欧州各地で航空機の部品を生産し、フランスで部品を組み合わせて、生産をしている。もしイギリスで遅れが生じたら、その遅れがたった2分間であったとしても、欧州エアバスに大きな障害となる。もし合意なきブレグジットになったら、その恐れはまさに現実のものになる。実際にエアバスは、イギリスでの事業見直しの可能性について表明しているわ”

あらゆることがもの凄いスピードで、緊密に動く現代で、具体的にどうなるか想像してみることの大切さを、彼女は説く。

彼女のもう1つの憂い。それは、ブレグジットに関する国民投票が再び行われること。

“「国民投票をやり直して、EU残留すればいいじゃないか」と言う人がいるけれど、EU残留に決まる保証はない。もし仮にEU残留が再び拒絶されたら? イギリスは、今以上に手のつけられない、バラバラの状態になる”

 Language Hub設立者ミッシェル(左)とビジネスパートナーのアンドレア

Language Hub設立者ミッシェル(左)とビジネスパートナーのアンドレア

彼女の名前はミッシェル。スコットランド人の父とドイツ人の母の間に生まれ、ドイツで育ったバイリンガル。スコットランドで結婚し、その後2人の子供が誕生。受付の仕事をしながら、再び教師としてのトレーニングを始めようとした時に、自分が住むスコットランド・グラスゴーに、子供がバイリンガル教育を受ける場所がほとんどないことに気づき、そのギャップを埋めようと、語学を学ぶ拠点「Language Hub」を作った女性だ。

設立当初、英語とドイツ語のみの提供だったが、クラスが評判を呼ぶとともに規模を拡大。その後、スイス出身の女性アンドレア(ドイツ語、イタリア語、英語を話すことができる!)という強力なビジネスパートナーを手に入れ、現在Language Hubは、英語、フランス語、ゲーリック語、ドイツ語、スペイン語、イタリア語、ポルトガル語、アラビア語、ロシア語、日本語、中国語等、多言語のクラスを持つ。子供は歌いながら学び、大人はコーヒーを飲みながらリラックスして学ぶスタイルを取り、子供を預ける場所がない大人のために無料で預かるシステムも備えている。そして昨年末からはカフェ「Cafe Hub」をスタート。居心地の良い空間で飲み物、そして小さな子供にも安心安全な食べ物を提供している。

Cafe Hub

Language Hubのビジネス自体は順調だが、ブレグジットの影響を免れることはできないし、大きなリスクを含んでいる。スタッフ17名のうち、イギリスの永住権を持つのは、ミッシェル1人だけだ。

ミッシェルは言う。“スコットランドの労働力は、外国からの移民への依存度が非常に高い。ブレグジットが行われれば、国内が混乱し、移民がスコットランドから国外へ移る可能性は非常に高い。スコットランドは労働力が足らず、経済は大きな打撃を受けるだろう。”

“でも、泣いていても仕方ない。泣いて終わるか? それともチャレンジするか? 2択だ”

ブレグジットが予定される3月以降、ミッシェルはLanguage Hubに大きな計画を入れることができないでいる。なぜなら彼女のビジネスパートナーやスタッフが、今後どうなるか分からないからだ。それでも、彼女は言う。“2019年3月のブレグジット後にやってくる、チャレンジ、笑い、興奮、すべて受け止めてやる”

文・写真/石橋貴子(海外書き人クラブ/スコットランド在住ライター)
イギリス連邦国の一部である、スコットランドの最大都市グラスゴー在住。コピーライター・編集者としての25年以上の職歴と、ジャーナリスム専攻ならではの視点を活かし、日々アンテナを張り巡らせて、スコットランドの隠れた魅力をお伝えしている。海外書き人クラブ所属。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。 【創刊30周年特別紀行】-編集長が行く-長崎からマカオへ。信仰が…
  2. 詩情あふれる銀細工レリーフ(ワット・ムーンサーン) 息をのむほど美しい「タイ銀細工工芸」のヒミツを探る旅(チェンマイ…
  3. ハウスボート オランダ人の憧れ「ハウスボート」|水上のタワマン?究極の水上豪邸…
  4. 悲しげなクルーズカイーダの像 マイケル・ジャクソンが有名にした観光地サルバドールの光と影|倒れ…
  5. Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1) 想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「…
PAGE TOP