新着記事

衝動的に東海道新幹線に飛び乗ってでかけたくなる、ニッチな一冊|『名古屋の酒場』

飲み屋が少ない、そもそも酒に弱い、知られざる「名古屋の酒場」事情

文/印南敦史きわめてニッチな一冊であると言えよう。なにしろ『名古屋の酒場』(大竹敏之…

毎日出勤しても仕事が無い…「社内失業者」にならないために必要なこと

毎日、出勤していても仕事が無いというケースがあります。就労していながらの「社内失業」の実態と…

【ビジネスの極意】名門会社を失った、40代で働き盛りだった三代目の失敗から学ぶこと

【ビジネスの極意】名門会社を失った、40代で働き盛りだった三代目の失敗から学ぶこと

オーナー社長の後継者は世襲制となっている会社も多いだろう。だが、その社長にリーダーシップがな…

年収1000万円以上の保護者が子どもにしている「マネー教育」の中身

生きていく上で欠かせないもののひとつが「お金」です。もちろん、お金がすべてではありませんが、…

PTA活動はみんなやりたくない? 年齢別にみると明らかな結果が。生の声をそのまま公開します!

ボスママ、マウント、利権争い、「PTA活動」参加したくない意外な理由

近年、共働き世帯の増加によりPTA活動が大きな負担となり、PTAの必要性の議論やPTA廃止の…

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

陽光眩しい季節になりました。今年は新型コロナの影響で外出時間は減るかもしれません。それでも日焼けした…

『Norman Granz' Jazz At The Philharmonic Vol.6』

「好き勝手」を楽しむ ジャム・セッションの聴き方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道56】

文/池上信次「顔合わせ」の2回目です(前回はこちら)。ジャズは、誰とでも共演できるというのが…

“ながら視聴”でBGM化したテレビ。2人に1人が“聞き逃し”でストレス

テレビを見ていて、音がちゃんと聞き取れず、“聞き逃し”をしてストレスを感じた経験はありません…

新型コロナウイルスの影響で進路が変わる受験生多数!?|受験生への新型コロナウイルスの影響に関する調査

新型コロナの影響で進路が変わる? 入試を控える高校3年生の不安

休校期間が長かった学校は不利? 入試時期は変わる? 受験生の9割以上「受験に不安」、約8割受験勉…

ポークソテーシャリアピンソース

【管理栄養士が教える減塩レシピ】みじん切り、すりおろしで活性化! 旬のにんにくの栄養を逃さない調理法

写真・文/矢崎海里外国産も多く出回っているにんにくですが、5月~7月に旬を迎える野菜です。…

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

東京

  1. オリンピックイヤーの前に東京をより深く知る|『東京のナゾ研究所』  

    なぜ東京から「ビルヂング」が消えるのか?|『東京のナゾ研究所』

         

    文/印南敦史五輪まであと一年ということで、東京ではあちこちで工事が進められている。ここにきて再び街が変わろうとしており、我々はまさにその瞬間を見届けているのだ。そこでこの機会に読んでおきたいのが、今回ご紹介する『東京のナゾ研…

  2. 行ってみたい! 東京のホテルのアフタヌーンティー  

    自分へのご褒美! 東京で人気の「ホテルのアフタヌーンティー」4選

         

    ホテルのラウンジでちょっと優雅にスイーツや軽食が楽しめると、今、ホテルのアフタヌーンティーの…

  3. Culture NIPPON シンポジウム2018  

    文化庁主催「Culture NIPPON シンポジウム2018」東京大会が行なわれました

         

    来年に迫った東京オリンピック・パラリンピック東京大会。この大会は、今年日本で開催されるラグビ…

  4. 秘蔵カラー写真で味わう60年前の東京・日本  

    元祖「撮り鉄」がフィルムに収めてきた昭和の記録|『秘蔵カラー写真で味わう60年前の東京・日本』

         

    文/印南敦史『秘蔵カラー写真で味わう60年前の東京・日本』(J・ウォーリー・ヒギンズ…

  5.  

    都心の隠れ家「ホテル ザ セレスティン東京芝」に夫婦で泊まってみたら[PR]

         

    思いがけず急に2日間の休暇が取れたら、どうするだろう? 家にいるのも面白くないし、せっかくな…

  6.  

    進化する美食の街「銀座」を徹底取材『美味サライTOKYO』発売中

         

    文/編集部食にフォーカスしたサライの別冊ムック『美味サライTOKYO』を発売しました…

  7.  

    日本独自の「洋食」を味わうならココへ!東京の「老舗洋食店」9軒の名物料理

         

    明治天皇が肉食を解禁したのが明治5年。明治という新しい時代に食文化も大きく変わっていきました。近代化…

  8.  

    地上150メートルから日の出を観賞!東京タワーを貸し切って「都会の御来光」を拝む

         

    1958年(昭和33年)に開業して以来、国内外の観光客から愛され続けている東京タワーは、誰も…

  9.  

    高級レストランでワインを選ぶコツとは?銀座「ロオジエ」のワインリスト【ひと皿の歳時記144】

         

    銀座のフランス料理の名店『ロオジエ』のワインリストは、シャンパーニュからはじまり、ブルゴーニュ、ボル…

  10.  

    九州で味わえる正真正銘の「江戸前すし」!延岡「鮨たけ」の握り【ひと皿の歳時記143】

         

    「江戸前」とは東京湾で獲れた活きの良い魚介を握ったすしを言うだけではありません。まぐろは漬け…

  11.  

    心にしみる最高のかけそば!ひばりが丘『たなか』の「かけ」【ひと皿の歳時記142】

         

    今から20年ほど前、練馬区豊玉の環状七号線沿いに『田中屋』という高級そば屋がありました。お客…

  12.  

    新感覚の東京フレンチ!駒形『Nabeno-Ism』の「鮑と胡瓜と西瓜」【ひと皿の歳時記141】

         

    長らく、恵比寿の『シャトーレストラン ジョエル・ロブション』でシェフをつとめていた渡辺雄一郎…

  13.  

    次郎仕込みの美しき鮨!銀座『青空(はるたか)』の夏の握り【ひと皿の歳時記140】

         

    銀座の鮨の名店『青空(はるたか)』が7月に移転しました。と言っても、同じ銀座8丁目。カウンター席…

  14.  

    アリえないほど独創的な驚きの料理!神保町『傳』の「畑の様子」【ひと皿の歳時記139】

         

    東京・神保町にある和食店『傳』(でん)を訪ねました。真っ当な「すっぽんのスープ」が出…

  15.  

    うどんの美味しさを突き詰めるとこうなる!根津『釜竹』の細ざる【ひと皿の歳時記138】

         

    私を「うどん好き」にした店があります。かつて大阪・羽曳野市にあった『釜竹』です。初めてこちら…

  16.  

    純白の一品!御殿山「カンテサンス」の山羊乳のバヴァロワ【ひと皿の歳時記137】

         

    フランス料理店「カンテサンス」は、「ミシュラン」ガイドで9年間三つ星を維持している素晴らしい…

  17.  

    これぞ海老の王様!麻布台「SUGALABO」のオマールブルー料理【ひと皿の歳時記136】

         

    「オマールブルー」とは、ブルターニュ産の黒褐色のオマール海老のことを指します。黒褐色の殻が光…

PAGE TOP