新着記事

酒倉染とコルクの3WAYバッグ|味わいのある帆布とコルクで作った、使い勝手のいいバッグ

使用場面に合わせてショルダー、手提げ、クラッチと3通りに使える、便利な薄型のバッグをご紹介。…

【京都人のお墨付き】「京料理 貴与次郎」店主・堀井哲也さんおすすめの鮮魚卸「ふじわら」

取材・文/末原美裕京都で長年活躍している目の肥えた方々が足繁く通うお店は、間違いなく感動と出…

医学部受験合格者1,031人に聞きました! 勉強法から精神面、身体面まで受験直前対策を一挙紹介!!

勉強法から精神面まで、医学部受験合格者に聞いた「受験直前対策」 

医学部合格へ向けて直前対策できていますか?センター試験も終わりいよいよ医学部受験がスタートし…

【義家族との間】新居資金のための同居のはずが兄夫婦は実家をリフォーム。義姉の自由さが母親を追いつめる~その2~

取材・文/ふじのあやこ離婚、再婚などで複雑化する家族関係。血縁のない家族(義家族)との関係で生じ…

【義家族との間】新居資金のための同居のはずが兄夫婦は実家をリフォーム。義姉の自由さが母親を追いつめる~その1~

取材・文/ふじのあやこ家族の中には、血縁のない『義(理の)家族』という間柄がある。結婚相手の親族…

金ヶ崎城全景 現在は周囲が埋め立てられているが往時は海に突き出た岬だった。

信長・秀吉・家康・光秀 四武将そろい踏みの「金ヶ崎の退き口」。舞台となった金ヶ崎城に秘められた歴史があった

明智光秀が初めて主人公となる大河ドラマ『麒麟がくる』の放映で、光秀ゆかりの地が注目を集めている。その…

太公望(たいこうぼう)~元祖・軍師の実像をさぐる【中国歴史夜話 8】

太公望(たいこうぼう)~元祖・軍師の実像をさぐる【中国歴史夜話 8】

文/砂原浩太朗(小説家)軍師――「軍機をつかさどり謀略をめぐらす人」というのが広辞苑…

病気もなく、美しい形状の収穫直前の洗馬のぶどう。

【日本ワイン生産者の肖像8】小山田幸紀さん(ドメーヌ・オヤマダ)|自分の人生や思想をワインに表現、その高い到達点を目指して~その2~

取材・文/鳥海美奈子【その1はこちらです】小山田さんが志向するのは、日本の風土を表現…

「自分なりの栽培法をみつけるまではチャレンジの連続でした」と語る。

【日本ワイン生産者の肖像8】小山田幸紀さん(ドメーヌ・オヤマダ)|自分の人生や思想をワインに表現、その高い到達点を目指して~その1~

取材・文/鳥海美奈子「ワイン造りは、農業としての芸術表現だ」山梨県にあるドメ…

ふとした瞬間に気づく「オバ見え」! 8割以上の女性が「見た目年齢」が気になる!

30代を過ぎると、10代・20代の頃には無縁だった肌トラブルや悩みが出てきます。何歳になって…

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

東京

  1. オリンピックイヤーの前に東京をより深く知る|『東京のナゾ研究所』  

    なぜ東京から「ビルヂング」が消えるのか?|『東京のナゾ研究所』

         

    文/印南敦史五輪まであと一年ということで、東京ではあちこちで工事が進められている。ここにきて再び街が変わろうとしており、我々はまさにその瞬間を見届けているのだ。そこでこの機会に読んでおきたいのが、今回ご紹介する『東京のナゾ研…

  2. 行ってみたい! 東京のホテルのアフタヌーンティー  

    自分へのご褒美! 東京で人気の「ホテルのアフタヌーンティー」4選

         

    ホテルのラウンジでちょっと優雅にスイーツや軽食が楽しめると、今、ホテルのアフタヌーンティーの…

  3. Culture NIPPON シンポジウム2018  

    文化庁主催「Culture NIPPON シンポジウム2018」東京大会が行なわれました

         

    来年に迫った東京オリンピック・パラリンピック東京大会。この大会は、今年日本で開催されるラグビ…

  4. 秘蔵カラー写真で味わう60年前の東京・日本  

    元祖「撮り鉄」がフィルムに収めてきた昭和の記録|『秘蔵カラー写真で味わう60年前の東京・日本』

         

    文/印南敦史『秘蔵カラー写真で味わう60年前の東京・日本』(J・ウォーリー・ヒギンズ…

  5.  

    都心の隠れ家「ホテル ザ セレスティン東京芝」に夫婦で泊まってみたら[PR]

         

    思いがけず急に2日間の休暇が取れたら、どうするだろう? 家にいるのも面白くないし、せっかくな…

  6.  

    進化する美食の街「銀座」を徹底取材『美味サライTOKYO』発売中

         

    文/編集部食にフォーカスしたサライの別冊ムック『美味サライTOKYO』を発売しました…

  7.  

    日本独自の「洋食」を味わうならココへ!東京の「老舗洋食店」9軒の名物料理

         

    明治天皇が肉食を解禁したのが明治5年。明治という新しい時代に食文化も大きく変わっていきました。近代化…

  8.  

    地上150メートルから日の出を観賞!東京タワーを貸し切って「都会の御来光」を拝む

         

    1958年(昭和33年)に開業して以来、国内外の観光客から愛され続けている東京タワーは、誰も…

  9.  

    高級レストランでワインを選ぶコツとは?銀座「ロオジエ」のワインリスト【ひと皿の歳時記144】

         

    銀座のフランス料理の名店『ロオジエ』のワインリストは、シャンパーニュからはじまり、ブルゴーニュ、ボル…

  10.  

    九州で味わえる正真正銘の「江戸前すし」!延岡「鮨たけ」の握り【ひと皿の歳時記143】

         

    「江戸前」とは東京湾で獲れた活きの良い魚介を握ったすしを言うだけではありません。まぐろは漬け…

  11.  

    心にしみる最高のかけそば!ひばりが丘『たなか』の「かけ」【ひと皿の歳時記142】

         

    今から20年ほど前、練馬区豊玉の環状七号線沿いに『田中屋』という高級そば屋がありました。お客…

  12.  

    新感覚の東京フレンチ!駒形『Nabeno-Ism』の「鮑と胡瓜と西瓜」【ひと皿の歳時記141】

         

    長らく、恵比寿の『シャトーレストラン ジョエル・ロブション』でシェフをつとめていた渡辺雄一郎…

  13.  

    次郎仕込みの美しき鮨!銀座『青空(はるたか)』の夏の握り【ひと皿の歳時記140】

         

    銀座の鮨の名店『青空(はるたか)』が7月に移転しました。と言っても、同じ銀座8丁目。カウンター席…

  14.  

    アリえないほど独創的な驚きの料理!神保町『傳』の「畑の様子」【ひと皿の歳時記139】

         

    東京・神保町にある和食店『傳』(でん)を訪ねました。真っ当な「すっぽんのスープ」が出…

  15.  

    うどんの美味しさを突き詰めるとこうなる!根津『釜竹』の細ざる【ひと皿の歳時記138】

         

    私を「うどん好き」にした店があります。かつて大阪・羽曳野市にあった『釜竹』です。初めてこちら…

  16.  

    純白の一品!御殿山「カンテサンス」の山羊乳のバヴァロワ【ひと皿の歳時記137】

         

    フランス料理店「カンテサンス」は、「ミシュラン」ガイドで9年間三つ星を維持している素晴らしい…

  17.  

    これぞ海老の王様!麻布台「SUGALABO」のオマールブルー料理【ひと皿の歳時記136】

         

    「オマールブルー」とは、ブルターニュ産の黒褐色のオマール海老のことを指します。黒褐色の殻が光…

PAGE TOP