新着記事

吾妻山の定番カット、菜の花と富士山

JR東海道線二宮駅から歩いて行ける!|湘南の絶景、菜の花満開の吾妻山から富士山を見る(神奈川県二宮町)

初めて大河ドラマの主人公になる明智光秀(長谷川博己)。脱「信長史観」のドラマの展開が気になってしょうがない。

【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】明智光秀が主役の本格戦国大河 オープンセットに持ち込まれた岩の総量が半端ない

堀文子 太神楽柄ショール|孤高の日本画家、堀文子の代表作を描いたストール

『太平記』以来の大河登板の池端俊策さん。『麒麟がくる』も早くも「伝説の大河」の再来と期待が高まる。

【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】脚本家・池端俊策氏インタビュー「描きたかったのは、従来のイメージとは異なる光秀と信長」

2020年「開運×絶景スポットランキング」|3位 箱根神社(神奈川県)、2位 高屋神社(香川県)、1位は?

Google カレンダーの超基本的な使い方(2)|予定を削除や変更する方法【スマホ基本のき 第11回】

プロが教える、正月太り解消法|働く女性の8割が正月太りしている!?

【ビジネスの極意】ネガティブに考えることは、それほど悪いことではない

【ビジネスの極意】ネガティブに考えることは、それほど悪いことではない

美容ミネラル「マグネシウム」が大注目

生活習慣病対策に効果がある、現代美容ミネラル「マグネシウム」のスゴイ実力

テッケン(Tekken)網にかかったCRB Photo courtesy of Aubrey Moore, PhD, University of Guamurtesy of Aubrey Moore, PhD, University of Guam

常夏の島のココナッツが絶滅の危機! 最強の害虫・カブトムシ(CRB)の恐怖(グアム)

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

元祖「撮り鉄」がフィルムに収めてきた昭和の記録|『秘蔵カラー写真で味わう60年前の東京・日本』

文/印南敦史

秘蔵カラー写真で味わう60年前の東京・日本

『秘蔵カラー写真で味わう60年前の東京・日本』(J・ウォーリー・ヒギンズ著、光文社新書)の著者は、アメリカ東部のニュージャージー州生まれ。1927年生まれとのことなので、現在91歳である。

父は、ニューヨークとバッファロー(ニューヨーク州西部)を結ぶリーハイバレー鉄道で営業やサービスの仕事をしていた。母がベビーバギーに私を乗せて線路のそばに連れて行き、赤ん坊の頃から、見るとはなしにSLを見ながら育った。両方の祖父も鉄道関係者と、代々鉄道に縁があったことは、現在私がこうして鉄道写真を撮り、その写真集を何冊か出していることと無関係ではないと思う。(本書「はじめにーー自己紹介」より引用)

この記述からも推測できるように、つまり現在の言葉を使うならば、根っからの「鉄オタ」ということになるのだろう。そして幼いころから、日本とも間接的な縁を持ってもいた。祖父の兄弟が米海軍の軍医として従軍していた関係上、祖父の家には日本の装飾品などがあったというのだ。

その程度のことかと思われるかもしれないが、なにしろ日本に対する情報など圧倒的に少なかった時代のことだ。そんななか、自国のそれとは違う装飾品が、日本に対する印象を強めることになったとしても、まったく不思議なことではない。

だから当時から、著者は日本を特別な遠い国としてではなく、“精神的に近い位置にある国”と感じていたのだろうと推測される。事実、著者はコルゲート大学を卒業したのち、ミシガン大学で修士課程を修了。まずは1956年に初来日することになる。

日本とも鉄道とも早くから縁のあった私が、駐留米軍の軍属として日本の土を踏んだのは、1956年3月31日だった。羽田についたのは午前2時頃で、軍用バスで横須賀まで移動した。入国前に、すでに広島の呉に配属された友人から日本の鉄道システムについてあれこれ聞いていた私は、入国前から、日本国内での電車での旅の仕方を考えていた。そんなこともあって、バスの車窓から見える京急の線路にワクワクしたものだ。深夜のことで、電車は走っていなかったが、それでも道路と並行して走る線路が見えたのを覚えている。(本書「はじめにーー自己紹介」より引用)

どうだろう、まさに鉄オタそのものというべき文章ではないだろうか? 読んでいるだけで、初めて目にする日本の鉄道に対するワクワク感が伝わってくるようだ。

しかも注目に値するのは、このときの体験がきっかけとなって、著者が日本の鉄道にはまってしまったという事実である。そのため帰国後も、なんとか日本に戻りたいと思っていたのだという。

チャンスは、本人の予想以上に早く巡ってきた。1958年6月に、府中の空軍の軍属として再来日することになったのである。そして1960年に日本人女性と結婚し、日本に在住する。ここから本格的に、日本との長いつきあいがスタートするのだ。

1962年に、帰国する友人の仕事を引き継ぐ形で、国鉄の国際部の仕事を手伝うようになった。当時の勤務先だった米軍や多くのアメリカ企業では、すでに週休2日で土日休みが定着していたが、日本の企業はまだ土曜日は仕事だった。それを利用して、土曜日に国鉄本社のある丸の内に行って仕事をするようになった。英文関係の仕事が主だったが、そこから、さまざまな国鉄関係の同僚、友人たちとの交流も生まれたことを考えると、趣味と実益を兼ねた素晴らしい仕事だった。(本書「はじめにーー自己紹介」より引用)

当時をこのように振り返る著者は、国鉄の顧問を務め国鉄が民営化されてからはJR東日本に属することになった。現在も東京に住み、国際事業本部顧問を務めているのだという。

そして、そんなプロセスと並行しながら、当時は貴重だったカラーフィルムを使用し、60年にわたって写真を撮り続けてきた。本書はいわばその足跡を振り返った貴重な一冊なのだ。

撮りためてきた最上質のコダクロームの6000枚のなかから厳選された、382枚におよぶ貴重な写真が収められている。それだけでも貴重なのだが、さらに重要なポイントは、これが単なる鉄道写真集ではなく、“元祖「撮り鉄」がフィルムに収めてきた昭和の記録”にもなっていることだ。

山手線、中央線、地下鉄、私鉄沿線、東京東部・島部からなる「東京編」、北海道、東北、北陸、関東、中部・東海、近畿、中国、四国、九州をめぐった「各地方編」、そして働く人や看板などに着目した「テーマ別写真集」による構成。

鉄道写真が中心ではあるが、東京やさまざまな地方都市、山々などに暮らす人々の姿もしっかりと切り取られているのである。

写真はどれも時の経過を意識させないほど美しく、それらに添えられた著者のコメントもわかりやすい。だからいつの間にか、ぐいぐい引き込まれていってしまう。

筆者は1962年の東京に生まれたのだが、細部に目を凝らしているうち、数々の写真のどこかに自分が写っているかのような錯覚を覚えもした。そのくらいリアルで、どこかで見たことがあるような光景であふれているのだ。

だから写真を眺めることによって、当時の暮らしを疑似体験できた。ページをめくっているだけで、懐かしいような、不思議な気分になれたのだ。

でもそれは、筆者だけにあてはまることではないに違いない。いわばサライ世代のすべての人が、本書を通じて同様の感覚を意識できるはずなのである。

『秘蔵カラー写真で味わう60年前の東京・日本』

J・ウォーリー・ヒギンズ/著

光文社新書

 定価:1500円+税

2018年10月発売
秘蔵カラー写真で味わう60年前の東京

文/印南敦史
作家、書評家、編集者。株式会社アンビエンス代表取締役。1962年東京生まれ。音楽雑誌の編集長を経て独立。複数のウェブ媒体で書評欄を担当。著書に『遅読家のための読書術』(ダイヤモンド社)、『プロ書評家が教える 伝わる文章を書く技術』(KADOKAWA)、『世界一やさしい読書習慣定着メソッド』(大和書房)、『人と会っても疲れない コミュ障のための聴き方・話し方』などがある。新刊は『読んでも読んでも忘れてしまう人のための読書術』(星海社新書)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. オリンピックイヤーの前に東京をより深く知る|『東京のナゾ研究所』 なぜ東京から「ビルヂング」が消えるのか?|『東京のナゾ研究所』
  2. 行ってみたい! 東京のホテルのアフタヌーンティー 自分へのご褒美! 東京で人気の「ホテルのアフタヌーンティー」4選…
  3. Culture NIPPON シンポジウム2018 文化庁主催「Culture NIPPON シンポジウム2018」…
  4. 都心の隠れ家「ホテル ザ セレスティン東京芝」に夫婦で泊まってみ…
  5. 進化する美食の街「銀座」を徹底取材『美味サライTOKYO』発売中…
PAGE TOP