新着記事

専門家と歩く江戸城特別ツアー、江戸時代の幻の菓子に参加者驚く!

家康が作った江戸城をCGで完全再現したサライ・ムック『サライの江戸 江戸城と大奥』の発売にあ…

ほとんどの日本人が知らない「老眼」最新治療トレーニング

文/鈴木拓也多くの人が40~50代にかけて老眼にかかる。そして、大半の人は「年だから…

シチリア料理の定番中の定番!本格「イワシのパスタ」の作り方

取材・文/わたなべあやイタリア南部、地中海に囲まれたシチリア島。オリーブオイルやワイ…

ダイナミックすぎる『オメガパーク』で体重約1トンの巨大野生動物に出会う

文・写真/藤木 香(カナダ在住ライター)いつかこの目で本物のカリブー(トナカイ)を見…

キリシタン大名・高山右近と加賀前田家との意外な深イイ関係とは【にっぽん歴史夜話5】

 文/砂原浩太朗(小説家)キリシタン大名として著名な高山右近(たかやま・うこん、1552~1…

【夕刊サライ/福澤朗】カレーに合う日本酒!? 知る人ぞ知る「貴醸酒」に脱帽(福澤朗の美味・料理コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

軽症うつ病の治療にも効果的な「不眠解消」の具体的方法【名医に聞く健康の秘訣】

取材・文/わたなべあや人生、どうしても壁にぶち当たることがあります。離婚や介護、過労…

白洲次郎夫妻の旧邸「武相荘」を味わい尽くす写真イベント《Art of Life(日常の美)》

終戦直後、GHQとの折衝を担った実業家・白洲次郎と、日本の美意識を探究しつづけた稀代の随筆家…

【夕刊サライ/パラダイス山元】突き抜けた、極端なことだらけの生まれ故郷への旅(パラダイス山元の旅行コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

レストランでちょうどいいワインを頼める“魔法の言葉”とは?【食いしん坊の作法 第5回】

文/山本益博「フランス料理が苦手です」という方に、その理由を聞くと、一昔前は、食事の…

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

文士の逸品

  1. 夏目漱石があのヒゲを整えるのに使っていた剃刀【文士の逸品No.25】

    ◎No.25:夏目漱石の剃刀文/矢島裕紀彦ロンドンの夏目漱石は、計5回の宿替えをした。だが、どこに住んでも、一日が朝の身づくろいから始まるのに変わりはない。次のような手紙文からも、ひとり苦闘しながら支度を整える漱石の…

  2. 文豪・夏目漱石が書き残した2冊の日記帳【文士の逸品No.24】

    ◎No.24:夏目漱石の日記帳文/矢島裕紀彦宮城県仙台市の東北大学附属図書館…

  3. 文豪・夏目漱石が愛用していた英国製の万年筆【文士の逸品No.23】

    ◎No.23:夏目漱石の万年筆文/矢島裕紀彦明治33年(1900)9月8日、…

  4. 画才もあった文学者・佐藤春夫が愛用した絵の具箱【文士の逸品No.22】

    ◎No.22:佐藤春夫の絵の具箱文/矢島裕紀彦中学在籍中から『明星』や『スバ…

  5. 谷崎潤一郎がまとっていた絢爛豪華な長襦袢【文士の逸品No.21】

    ◎No.21:谷崎潤一郎の長襦袢文/矢島裕紀彦長襦袢と呼ぶには、余りにも絢爛…

  6. 野球好きだった詩人サトウハチロー愛用のキャッチャーマスク【文士の逸品No.20】

  7. 作家・川端康成が愛蔵していた縄文時代の土偶【文士の逸品No.19】

  8. 文壇屈指の将棋愛好家だった菊池寛の将棋駒【文士の逸品No.18】

  9. 酒豪作家・梅崎春生が愛用した二眼ヤシカフレックス【文士の逸品No.17】

  10. 泉鏡花が憑かれたように集めた兎の置物【文士の逸品No.16】

  11. 田山花袋がマイ原稿用紙を刷っていた版木【文士の逸品No.15】

  12. 豪放なる文士・海音寺潮五郎が愛した日本刀【文士の逸品No.14】

  13. 岡本かの子が自らの美貌を愛でていたロケット【文士の逸品No.13】

  14. 中原中也が愛用した空気銃の銃弾ケース【文士の逸品No.12】

  15. 正岡子規が颯爽とかぶっていた帝大の学帽【文士の逸品No.11】

  16. 久生十蘭が愛用した蠱惑的なる麻雀牌【文士の逸品No.10】

  17. 『二十四の瞳』壺井栄が愛用していた小さな鏡台【文士の逸品No.09】

  18. 高村光太郎が雪深い山暮らしで愛用した長靴【文士の逸品No.08】

  19. 太宰治が颯爽と纏って歩いた黒マント【文士の逸品No.07】

  20. ギターの名手だった萩原朔太郎の愛用ギター【文士の逸品No.06】

  21. 寺山修司が愛蔵していた妖しすぎる人形【文士の逸品No.05】

  22. 石川啄木が子供らと遊んだ手書きのカルタ【文士の逸品No.04】

  23. 向田邦子が原稿執筆時に着ていた勝負服【文士の逸品No.03】

  24. 江戸川乱歩が愛用した古い映写機【文士の逸品No.02】

  25. 瀕死の文豪・夏目漱石を見守った小さな硯【文士の逸品No.01】

PAGE TOP