新着記事

メリノンの半纏|裏地に羊毛をふんだんに使い暖かさを逃さない 奇跡の階段 「なぜ立っているのかわからない」世界中の建築家が首をかしげるサンタフェ「奇跡の階段」 中之町出土資料 京都市蔵 日本陶磁史のターニングポイント、桃山時代のやきものをめぐる展覧会【特別展 新・桃山の茶陶】 西郷隆盛と3人の妻たち 西郷隆盛と3人の妻たち【にっぽん歴史夜話10】 「アゴ難民」増加中|顎関節症を引き起こす原因 アゴの疲れを取る方法|3つの原因が顎関節症を引き起こす 男の牛革ベルトポーチ|小さな革鞄で街歩きを軽やかに楽しむべし 幕府の近代化に心血を注いだ小栗忠順|軍港・横須賀に残る「鉄とレンガの近代」の曙光【半島をゆく 歴史解説編 三浦半島3】 娘のきもち・その2 【娘のきもち】口に出すと泣いてしまう。父の思い出を話せるようになるまで、3年が必要だった~その2~ 娘のきもち・その1 【娘のきもち】24歳のときにガンで亡くなった父。思い出すのは幼少期の厳格な姿だった~その1~ 山口蓬春《新宮殿杉戸楓4分の1下絵》 山﨑種二と皇室ゆかりの美術【特別展 皇室ゆかりの美術 ―宮殿を彩った日本画家―】

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

趣味・教養

作家・遠藤周作を終生見守った母の形見のマリア像【文士の逸品No.34】

◎No.34:遠藤周作のマリア像(撮影/高橋昌嗣)

遠藤周作のマリア像(撮影/高橋昌嗣)

文/矢島裕紀彦

いくつもの顔を有していた。シリアスな題材を扱う純文学作家・遠藤周作。「ぐうたら」シリーズなど、肩の凝らないエッセイの名手としての狐狸庵先生。素人劇団「樹座」の座長もつとめた。

悪戯心たっぷりの冗談好き。息子の女友達からの電話を受けると、

「ああ、先週、息子と箱根に泊まりに行かれたお嬢さんですな」

などと、根も葉もない話をこしらえて若いカップルを翻弄した。

ポールという名前の持ち主でもあった。クリスチャンの洗礼名。だが、12歳での受洗は、自らが望んだものではなかった。母親から無理に着せかけられた、いわば「吊るしの洋服」のようなもの。それを、自分の身に合う着物につくり直すのが、結局は生涯のテーマとなった。『沈黙』『深い河』などの代表作も、そんな葛藤の中から生み出された。

長崎県外海町の遠藤周作文学館を訪れると、作家の愛したマリア像があった。高さ21センチ。木製の台を背に、すっと立つ聖母マリア。本体の材は白磁だろうか。天上の空気を身にまとうかのような不思議な透明感を漂わせる。自ら「病気のデパート」と称するほど、病と縁の切れなかった周作。病床に伏す彼の枕元には、慈愛の目でわが子を見守る如き、この母の形見のマリア像が、いつも置かれていたという。

文/矢島裕紀彦
1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。『サライ.jp』で「日めくり漱石」「漱石と明治人のことば」を連載した。

写真/高橋昌嗣
1967年桑沢デザイン研究所 グラフィックデザイン科卒業後、フリーカメラマンとなる。雑誌のグラビア、書籍の表紙などエディトリアルを中心に従事する。

※この記事は、雑誌『文藝春秋』の1997年7月号から2001年9月号に連載され、2001年9月に単行本化された『文士の逸品』を基に、出版元の文藝春秋の了解・協力を得て再掲載したものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 森茉莉が可愛がっていた犬のぬいぐるみ【文士の逸品No.39】
  2. 中勘助が幼少期に使っていた銀の匙【文士の逸品No.38】
  3. 林芙美子が出版記念品として配った灰皿【文士の逸品No.37】
  4. 音楽好きの宮澤賢治が奏でたチェロ【文士の逸品No.36】
  5. 文士・尾崎士郎が履いていた奇妙な下駄【文士の逸品No.35】
PAGE TOP