新着記事

【夕刊サライ/神取忍】神取流いじめ撲滅運動~思いを声に出す大切さを伝えたい(神取忍の健康・スポーツコラム 第12回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

富士山ぐい呑み|職人技で磨き込まれた富士山シルエットの酒器

金属加工の本場、新潟県燕市から届いた、ぐい呑みセット。錆びにくく熱に強い「18‐8ステンレス…

超合金魂|「超電磁マシーン ボルテスⅤ」「無敵鋼人ダイターン3」「闘将ダイモス」が新シリーズでついに登場!

文/安藤政弘ダイキャスト(亜鉛合金)を使った手にずっしりくる重量感、テレビから抜け出たかのよ…

豊臣秀吉の正室・北政所の謎を追う【にっぽん歴史夜話 7】

 文/砂原浩太朗(小説家)豊臣秀吉の正室・北政所(きたのまんどころ)。戦国女性のなか…

「太宰治記念館 斜陽館」と「太宰治疎開の家」 太宰治ゆかりの2大名所

写真・文/鈴木拓也奥津軽のJR五所川原駅で、1両編成の津軽鉄道に乗り換えて約20分。吉幾三に…

たてスラブ作務衣|肌ざわりよくサラリとした着心地の伝統ウェア

動きやすく体を締め付けず、作業着から部屋着まで万能に使えることから、サライ世代に人気の作務衣…

「糖質制限」は体を壊す?医学的見地から見た効果と副作用

文/中村康宏近年、ダイエットや糖尿病の治療法として「ケトジェニック・ダイエット」が注…

三菱/エクリプス クロス|ブランド復活を狙った、斬新な意匠が評判の高性能な小型SUV【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)荒地などでの走行性能に優れた車づくりに定評のある三菱自動車…

世界最大の陸の孤島!映画「フィツカラルド」誕生の地、ペルー・イキトス

文・写真/原田慶子(海外書き人クラブ/ペルー在住ライター)ドイツの巨匠ヴェルナー・ヘルツ…

かつのう3点セット|シンプルで奥深い木製パズルで脳を刺激

「かつのう」とは、脳へ適度な刺激を与えながら楽しく取り組めるパズルシリーズの名称だ。その中か…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

作家・田中英光が自殺前に遺書を書いた太宰治の本【文士の逸品No.29】

◎No.29:田中英光の本

田中英光の本(撮影/高橋昌嗣)

文/矢島裕紀彦

東京・駒場の日本近代文学館に蔵される多量の図書の中でも、これは異色中の異色だろう。田中英光愛蔵の新潮社版『太宰治集』上巻(昭和24年発行)。朱の表紙には鉛筆書きの文字で、こう書き付けられていた。

「ぼくは太宰さんの弟子の田中英光という小説書きです。どこにも行き場所がないので死にます」

文面はさらに続き、見返し、扉、目次を経て、裏見返しにまで及ぶ。「到頭再生できなかったぼくをお笑い下さい」「覚悟の死です。どうか、ぼくの死体その他恥かしめないように」という一文も読めた。

英光はこの遺書を残し、東京・三鷹の禅林寺にある太宰治の墓前で自ら命を絶った。36歳の晩秋だった。

英光にとって太宰は生涯の師匠。交流の起こりは、同人誌に掲載されたまだ無名の英光の小説を読んで、太宰が励ましの手紙を書き送ったことに依る。以前より私淑していた人からの便りに、英光の心は雀躍。以降、「不肖の弟子」と自嘲しつつ太宰を師と仰ぎ文学とデカダンの道を疾駆した。ボート選手としてオリンピックに参加した思い出を下敷きにした代表作『オリンポスの果実』。この清冽な青春小説の標題も、師匠の命名だった。

180 センチ、80キロの巨漢。遺骨は一個の壺に納まることを拒み、葬儀の祭壇にはふたつの骨壺が並んだ。これが最後の哀しい自己主張だった。

文/矢島裕紀彦
1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。『サライ.jp』で「日めくり漱石」「漱石と明治人のことば」を連載した。

写真/高橋昌嗣
1967年桑沢デザイン研究所 グラフィックデザイン科卒業後、フリーカメラマンとなる。雑誌のグラビア、書籍の表紙などエディトリアルを中心に従事する。

※この記事は、雑誌『文藝春秋』の1997年7月号から2001年9月号に連載され、2001年9月に単行本化された『文士の逸品』を基に、出版元の文藝春秋の了解・協力を得て再掲載したものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 作家・遠藤周作を終生見守った母の形見のマリア像【文士の逸品No.…
  2. 無類の河童好き作家・火野葦平が愛でていた石像【文士の逸品No.3…
  3. 愛の遍歴を重ねた文士・永井荷風自作の偏奇な蚊遣り【文士の逸品No…
  4. クラシック音楽を愛し抜いた文士・野村胡堂が愛用した蓄音機【文士の…
  5. 競輪マニアだった坂口安吾の愛用のストップウォッチ【文士の逸品No…
PAGE TOP