新着記事

専門家と歩く江戸城特別ツアー、江戸時代の幻の菓子に参加者驚く!

家康が作った江戸城をCGで完全再現したサライ・ムック『サライの江戸 江戸城と大奥』の発売にあ…

ほとんどの日本人が知らない「老眼」最新治療トレーニング

文/鈴木拓也多くの人が40~50代にかけて老眼にかかる。そして、大半の人は「年だから…

シチリア料理の定番中の定番!本格「イワシのパスタ」の作り方

取材・文/わたなべあやイタリア南部、地中海に囲まれたシチリア島。オリーブオイルやワイ…

ダイナミックすぎる『オメガパーク』で体重約1トンの巨大野生動物に出会う

文・写真/藤木 香(カナダ在住ライター)いつかこの目で本物のカリブー(トナカイ)を見…

キリシタン大名・高山右近と加賀前田家との意外な深イイ関係とは【にっぽん歴史夜話5】

 文/砂原浩太朗(小説家)キリシタン大名として著名な高山右近(たかやま・うこん、1552~1…

【夕刊サライ/福澤朗】カレーに合う日本酒!? 知る人ぞ知る「貴醸酒」に脱帽(福澤朗の美味・料理コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

軽症うつ病の治療にも効果的な「不眠解消」の具体的方法【名医に聞く健康の秘訣】

取材・文/わたなべあや人生、どうしても壁にぶち当たることがあります。離婚や介護、過労…

白洲次郎夫妻の旧邸「武相荘」を味わい尽くす写真イベント《Art of Life(日常の美)》

終戦直後、GHQとの折衝を担った実業家・白洲次郎と、日本の美意識を探究しつづけた稀代の随筆家…

【夕刊サライ/パラダイス山元】突き抜けた、極端なことだらけの生まれ故郷への旅(パラダイス山元の旅行コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

レストランでちょうどいいワインを頼める“魔法の言葉”とは?【食いしん坊の作法 第5回】

文/山本益博「フランス料理が苦手です」という方に、その理由を聞くと、一昔前は、食事の…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

谷崎潤一郎がまとっていた絢爛豪華な長襦袢【文士の逸品No.21】

◎No.21:谷崎潤一郎の長襦袢

谷崎潤一郎の長襦袢(撮影/高橋昌嗣)

文/矢島裕紀彦

長襦袢と呼ぶには、余りにも絢爛豪華な姿であった。兵庫県芦屋市の谷崎潤一郎記念館の一隅に再現された潤一郎の書斎、中央に据えた衣桁に掛けると、その背に染め抜かれた雲上の雷神がいまにも叫びを上げて動き出さんばかりの迫力が伝わってくる。

反自然主義の旗手として、耽美的な物語の数々を紡ぎ出す一方で、日本の伝統文化や古典文学への回帰を示した潤一郎は、もちろん、自らが身に纏(まと)う着物にも、雅びやかな趣味を貫いていた。結城の袷に唐桟(とうざん)の羽織で芝居見物に出かけるなんぞは、その最たるもの。ついには、人目にはけっしてさらされることのない羽織の裏地や長襦袢にまで、凝りに凝ったのである。

実は、背に雷神が踊るこの羽二重地の長襦袢には、さらなる曰(いわ)く因縁がある。潤一郎の3人目の妻となる松子の父から譲り受けたものであった、というのである。

潤一郎といえば、佐藤春夫とのいわゆる細君譲渡事件でも物議を醸したが、松子への思慕の度合いもなんとも並外れたものであった。

「どんな難題でも御出し下さいまし、きつときつと御気に入りますやうに御奉公」云々とは、潤一郎がまだ結婚前の松子へ出した手紙の一節。

こんな手紙を想起すると、『痴人の愛』や『鍵』にも通ずる倒錯したエロティシズムの世界までもが、眼前の雷神の背後に垣間見えてくる。

文/矢島裕紀彦
1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。『サライ.jp』で「日めくり漱石」「漱石と明治人のことば」を連載した。

写真/高橋昌嗣
1967年桑沢デザイン研究所 グラフィックデザイン科卒業後、フリーカメラマンとなる。雑誌のグラビア、書籍の表紙などエディトリアルを中心に従事する。

※この記事は、雑誌『文藝春秋』の1997年7月号から2001年9月号に連載され、2001年9月に単行本化された『文士の逸品』を基に、出版元の文藝春秋の了解・協力を得て再掲載したものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 夏目漱石があのヒゲを整えるのに使っていた剃刀【文士の逸品No.2…
  2. 文豪・夏目漱石が書き残した2冊の日記帳【文士の逸品No.24】
  3. 文豪・夏目漱石が愛用していた英国製の万年筆【文士の逸品No.23…
  4. 画才もあった文学者・佐藤春夫が愛用した絵の具箱【文士の逸品No.…
  5. 野球好きだった詩人サトウハチロー愛用のキャッチャーマスク【文士の…
PAGE TOP