新着記事

高血圧の効果的な対処法は?気づかないうちに進行する「サイレントキラー」の恐怖

取材・文/わたなべあや高血圧は、サイレントキラーの異名を持つ通り、これといった症状が…

【夕刊サライ/神取忍】自分の体で効果検証中! 最近はまった特製ドリンクとラドンガス吸入器(神取忍の健康・スポーツコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

国宝3点が結集!刺繍や綴織で表現された「糸のみほとけ」たちの展覧会

取材・文/池田充枝平面に表された仏の像といえば、絵画を思い浮かべると思いますが、日本では刺繍…

タイ料理の新スター「カオソーイ」を現地チェンマイで味わい尽くす!オススメ店3軒

文・写真/横山忠道(タイ在住ライター)日本ではマッサマンカレーやパクチー料理など、毎年のよう…

奄美を愛した孤高の画家・田中一村の画業を回顧する特別な展覧会

取材・文/池田充枝孤高の画家として知られる田中一村(たなか・いっそん、1908-1977)は…

頭がない剥製標本は何のため?あなたが知らない鳥標本の世界

文/柿川鮎子今年は夏鳥が大変少なく、多くの野鳥観察愛好人をやきもきさせています。鳥を…

日産 スカイライン|誕生から60年を経て進化を続ける国産スポーツセダンの雄【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)かつて4ドアセダンは人気車種だった。SUV全盛の時代になっ…

知る人ぞ知るパンの名店!沖縄・宗像堂の天然酵母パン10選

文/編集部沖縄本島中部の宜野湾市にある『酵母パン 宗像堂』は、天然酵母パンづくりの先駆けとし…

【夕刊サライ/福澤朗】武夷岩茶を訪ねて(福澤朗の美味・料理コラム 第6回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

知られざる人気スポット!香港の離島「ラマ島」で過ごすのんびり休日

文・写真/りんみゆき(香港在住)香港(ホンコン)と聞くと、高層ビルが建ち並ぶ光景、またはショ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

作家・三浦綾子が病床で愛用していた手鏡【文士の逸品No.27】

◎No.27:三浦綾子の手鏡

三浦綾子の手鏡(撮影/高橋昌嗣)

文/矢島裕紀彦

へその緒が首に巻きつき仮死状態で生まれ、体の奥に蒲柳(ほりゅう)の質を抱え込んだ。

24歳で肺結核に罹患し、以降13年に及ぶ療養生活。とくに後半の6年余は、結核菌が背骨まで蝕む脊椎カリエスを発症。ギプスベッドに寝たきりで、首を動かすことさえ禁じられていた。

どうにか結核が癒えると、癌が身を苛(さいな)んだ。さらに最晩年は、徐々に手足の動きが鈍くなるパーキンソン病を患った。

これだけの病と闘いつつ、三浦綾子の作家としての歩みが撓(たわ)むことはなかった。一大ブームを巻き起こした『氷点』を出発点に、『塩狩峠』『天北原野』『銃口』など人間の生き方を問う佳作を次々と世に送り出す。綾子を支えたのは、キリスト教信仰と夫・光世の深い愛であった。

北海道旭川市郊外、静かな林の中に建つ三浦綾子記念文学館で、若き日の綾子愛用の手鏡と邂逅した。長さ21センチ。柄や背面部は木製。茶色。嵌め込み式で、もうひとつの手鏡がすっぽり収まる方式。脊椎カリエスで身動きできない時期、綾子はこの手鏡を使って食事をし、庭の風景を眺め、自らを慰め励ましていたのだという。

亡き人の、試練を踏み越える強靱な精神を映し出す、可憐にして凛々しい遺品であった。

文/矢島裕紀彦
1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。『サライ.jp』で「日めくり漱石」「漱石と明治人のことば」を連載した。

写真/高橋昌嗣
1967年桑沢デザイン研究所 グラフィックデザイン科卒業後、フリーカメラマンとなる。雑誌のグラビア、書籍の表紙などエディトリアルを中心に従事する。

※この記事は、雑誌『文藝春秋』の1997年7月号から2001年9月号に連載され、2001年9月に単行本化された『文士の逸品』を基に、出版元の文藝春秋の了解・協力を得て再掲載したものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 競輪マニアだった坂口安吾の愛用のストップウォッチ【文士の逸品No…
  2. 夏目漱石が英国留学中に使っていた旅行ガイドブック【文士の逸品No…
  3. 夏目漱石があのヒゲを整えるのに使っていた剃刀【文士の逸品No.2…
  4. 文豪・夏目漱石が書き残した2冊の日記帳【文士の逸品No.24】
  5. 文豪・夏目漱石が愛用していた英国製の万年筆【文士の逸品No.23…
PAGE TOP