新着記事

ザルツブルクの町

門をくぐれば巡礼の道。モーツァルト生誕の地「ザルツブルク」の知られざる絶景ポイントを歩く(オーストリア)

お子さんが自立したこともあり、ロードスターを購入してからは奥様と2人で出かける機会が増えたそう。

【私のクルマ遍歴】事故でフロントが破損した『NCロードスター』。奥様の理解と後押しでより魅力的なフォルムに生まれ変わる(後編)

茂幸さんの愛車は、ブラックのボディカラーが希少なオープンカー。その出会いと物語は【後編】にて語ります。

【私のクルマ遍歴】仕事や家庭に翻弄され、『カリーナ』『チェイサー』『ミラージュ』『ギャラン』と、何台も乗り換えた青春時代(前編)

横瀬浦公園(長崎県西海市)にあるルイス・フロイス像。

なぜイエズス会は長崎で多くの信者を獲得できたのか?【半島をゆく 歴史解説編 西彼杵・島原半島3】

拾った猫の扱いや地域猫活動は法律的にどうなのか?|『ねこの法律とお金』

拾った猫をそのまま飼ったらどうなる?|『ねこの法律とお金』

ものぐさでもOK!後ろからでも前からでも履ける画期的スリッパ

死絵展・八代目市川団十郎安政元年(1854)頃①

有名人の訃報を知らせる錦絵|もっとも多く死絵の題材となったのは八代目市川団十郎【企画展「死絵 ~明るく笑ってさようなら~」】

【家族のかたち】姉が離婚後に独身を貫く理由。子供の頃の記憶は大人になっても忘れることはない~その2~

【家族のかたち】姉が離婚後に独身を貫く理由。子供の頃の記憶は大人になっても忘れることはない~その2~

【家族のかたち】異父姉弟の事実を知ったのは小学生の頃。前後で家族の仲に変化はないように見えていた~その1~

【家族のかたち】異父姉弟の事実を知ったのは小学生の頃。家族の仲に変化はないように見えていた~その1~

アメリカ訪問時の一葉(前列左からふたり目が小栗上野介・東善寺蔵)

明治政府が最も恐れた男・小栗上野介が罪なくして抹殺された理由【検証 「徳川近代」 原田伊織氏インタビュー 3】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

シニア住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

中勘助が幼少期に使っていた銀の匙【文士の逸品No.38】

◎No.38:中勘助の匙

中勘助の匙(撮影/高橋昌嗣)

文/矢島裕紀彦

中勘助は、子どものころ、虚弱体質だった。生まれて間もなく、全身に吹き出物ができ、漢方医の処方した薬を飲まなければならなかった。その際、赤ん坊の勘助の口へ薬をすくい入れるのに、小さく平べったい銀の匙が使われた。

そんなエピソードから始めて、自らの幼少年期の思い出と、少年の目でとらえた美的世界を綴ったのが、いまに読み継がれる佳作『銀の匙』だった。勘助がその稿を起こしたのは、明治45年(1912)夏、満27歳の折。彼はまだ、一介の文学青年に過ぎなかった。

そんな勘助の作品が、翌年4月から6月にかけて、東京朝日新聞に連載された。夏目漱石の推挙によるものだった。漱石は、朝日の学芸部長の山本松之助に宛てた書簡(大正2年2月26日付)の中で、『銀の匙』の掲載を薦め、出来ばえについてこう讃美している。

「珍しさと品格の具(そな)はりたる文章と夫(それ)から純粋な書き振とにて優に朝日で紹介してやる価値ありと信じ候」

静岡市の中勘助文学記念館を訪れると、その銀の匙があった。全長、約8センチ。渋みのある銀色。

背丈180 センチ余りにまで成長した勘助が、この小さな匙を宝物のように愛蔵し、時々取り出しては眺めていた光景を思い浮かべると、なんとも微笑ましい気分になる。

文/矢島裕紀彦
1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。『サライ.jp』で「日めくり漱石」「漱石と明治人のことば」を連載した。

写真/高橋昌嗣
1967年桑沢デザイン研究所 グラフィックデザイン科卒業後、フリーカメラマンとなる。雑誌のグラビア、書籍の表紙などエディトリアルを中心に従事する。

※この記事は、雑誌『文藝春秋』の1997年7月号から2001年9月号に連載され、2001年9月に単行本化された『文士の逸品』を基に、出版元の文藝春秋の了解・協力を得て再掲載したものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 森茉莉が可愛がっていた犬のぬいぐるみ【文士の逸品No.39】
  2. 林芙美子が出版記念品として配った灰皿【文士の逸品No.37】
  3. 音楽好きの宮澤賢治が奏でたチェロ【文士の逸品No.36】
  4. 文士・尾崎士郎が履いていた奇妙な下駄【文士の逸品No.35】
  5. 『風立ちぬ』作者・堀辰雄の心を癒した蓄音機【文士の逸品No.35…
PAGE TOP