新着記事

ペントミノパズル|シンプルで奥深い立体組み合わせパズル

蓋を開けると、きれいに並んだ市松模様が見える。だが、市松模様を作るだけのパズルではない。…

「周りが介護度の高い入居者ばかりで、毎日が楽しくない……」有料老人ホームやサ高住でのミスマッチはなぜ起こる?

取材・文/坂口鈴香先日、新聞に70代の男性による次のような趣旨の投稿が掲載された。…

村松誠氏が描くウイスキーキャットラベルの特別なウイスキー

その昔、ウイスキーの蒸留所には、原材料である大麦を守る役目を与えられ、また職人たちにマスコットのよう…

遭難を防ぐ!山歩きを始めるあなたに伝えたい3つのこと

文/鈴木拓也息の長い「山歩き・登山」ブーム。『レジャー白書』によれば、2016年にお…

微笑みの国タイの原点!世界遺産スコータイの歴史探訪

文・写真/横山忠道(海外書き人クラブ/タイ在住ライター)タイの世界遺産というと「古都アユタヤ…

本柿渋染頭陀袋|金具も化学染料も排した柿渋染めの“和サコッシュ”

修行僧が旅をするときに、経文や食器や托鉢の恵みなど納め、首からかける袋が「頭陀袋」。そこから…

ペットの死、その時あなたは? 獣医さんが提案する幸せな旅立ち

文/柿川鮎子ペットと暮らす幸せは何にも代えがたいものがあります。ある人は「犬や猫や小鳥がいな…

5年連続1位!知る人ぞ知る、顧客大満足の車買取会社は?

CMでよく見かける「車買取会社」。ほんとうに高く買い取ってくれるのだろうか?実際にサービ…

魔の山ブロッケンをのぼる、東ドイツ製の蒸気列車に乗る

文・写真/杉﨑行恭ブロッケンの妖怪という言葉を聞いたことがあるだろうか、ごくまれに霧の中に現…

綿紬作務衣|ざっくりとした着心地の素朴なベーシック作務衣

綿紬は、緯糸に節糸を使って織ることで、表面に細かなラインが浮き上がり、それが心地よい肌ざわり…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

趣味・教養

森茉莉が可愛がっていた犬のぬいぐるみ【文士の逸品No.39】

◎No.39:森茉莉のぬいぐるみ(撮影/高橋昌嗣)

森茉莉のぬいぐるみ(撮影/高橋昌嗣)

文/矢島裕紀彦

文豪・森鴎外の娘。箸や茶碗より重いものを持たぬお嬢様育ち。それが、二度の結婚と離婚を経た後、特異な美意識に裏付けられた精神的贅沢を追い求める独身生活に入った。

住まいは、東京・下北沢の倉運荘。六畳一間の古びた部屋を、「アパルトマン」という、ちょっと優雅な香りのするフランス語に包み込む暮らし。

部屋の中の調度品も、けして高価なものではない。目を引くのは、進駐軍の払い下げの薄汚れたベッド、美術館にある古びた銅版画のような色をした金属製のスタンド。だが、これらは正しくこれらでなければならず、さらに食器類は言うに及ばず、空壜ひとつ、鉛筆一本も、自分の気に入りのものを選び抜いた。

「自分の好きな食事を造ること、自分の体につけるものを清潔(きれい)にしておくこと、下手なお洒落をすること、自分のいる部屋を、厳密に選んだもので飾ること、楽しい空想の為に歩くこと、何かを観ること」

『贅沢貧乏』に記されたこれら6つのことが、彼女、森茉莉の生活のほとんどすべてだった。

そんな茉莉が身辺に置いて可愛がっていた犬のぬいぐるみ(世田谷文学館蔵)。背丈37センチ。薄茶色。ほぼ二頭身。女優の赤木春恵から贈られたものだという。父譲りの西欧趣味を頑(かたくな)なほどに磨き上げた老婦人の中の、少女のような一面を覗く思い。

文/矢島裕紀彦
1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。『サライ.jp』で「日めくり漱石」「漱石と明治人のことば」を連載した。

写真/高橋昌嗣
1967年桑沢デザイン研究所 グラフィックデザイン科卒業後、フリーカメラマンとなる。雑誌のグラビア、書籍の表紙などエディトリアルを中心に従事する。

※この記事は、雑誌『文藝春秋』の1997年7月号から2001年9月号に連載され、2001年9月に単行本化された『文士の逸品』を基に、出版元の文藝春秋の了解・協力を得て再掲載したものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 中勘助が幼少期に使っていた銀の匙【文士の逸品No.38】
  2. 林芙美子が出版記念品として配った灰皿【文士の逸品No.37】
  3. 音楽好きの宮澤賢治が奏でたチェロ【文士の逸品No.36】
  4. 文士・尾崎士郎が履いていた奇妙な下駄【文士の逸品No.35】
  5. 『風立ちぬ』作者・堀辰雄の心を癒した蓄音機【文士の逸品No.35…
PAGE TOP