新着記事

メリノンの半纏|裏地に羊毛をふんだんに使い暖かさを逃さない 奇跡の階段 「なぜ立っているのかわからない」世界中の建築家が首をかしげるサンタフェ「奇跡の階段」 中之町出土資料 京都市蔵 日本陶磁史のターニングポイント、桃山時代のやきものをめぐる展覧会【特別展 新・桃山の茶陶】 西郷隆盛と3人の妻たち 西郷隆盛と3人の妻たち【にっぽん歴史夜話10】 「アゴ難民」増加中|顎関節症を引き起こす原因 アゴの疲れを取る方法|3つの原因が顎関節症を引き起こす 男の牛革ベルトポーチ|小さな革鞄で街歩きを軽やかに楽しむべし 幕府の近代化に心血を注いだ小栗忠順|軍港・横須賀に残る「鉄とレンガの近代」の曙光【半島をゆく 歴史解説編 三浦半島3】 娘のきもち・その2 【娘のきもち】口に出すと泣いてしまう。父の思い出を話せるようになるまで、3年が必要だった~その2~ 娘のきもち・その1 【娘のきもち】24歳のときにガンで亡くなった父。思い出すのは幼少期の厳格な姿だった~その1~ 山口蓬春《新宮殿杉戸楓4分の1下絵》 山﨑種二と皇室ゆかりの美術【特別展 皇室ゆかりの美術 ―宮殿を彩った日本画家―】

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

趣味・教養

林芙美子が出版記念品として配った灰皿【文士の逸品No.37】

◎No.37:林芙美子の灰皿(撮影/高橋昌嗣)

林芙美子の灰皿(撮影/高橋昌嗣)

文/矢島裕紀彦

告別式における川端康成の言葉が、常とは趣を異にしていた。曰く。

「故人は自分の文学的生命を保つため、他に対して、時にはひどいこともしたのでありますが(略)どうかこの際、故人を許してもらいたいと思います」

故人、即ち林芙美子。同性作家に対する彼女の度を越した競争意識が、しばしば露骨な排他的態度となって現れ、周囲に不評を買っていたのである。

家というものを知らぬ放浪育ち。あちこちの出版社に持ち込んで一顧だにされず埋もれていた『放浪記』が世に出た時も、飢える一歩手前であった。それが大ベストセラーとなり、一躍文壇の寵児。長い底辺生活で貪欲に逞しく生き抜く姿勢を体の隅々にまでしみつけた芙美子にとって、競争相手を排斥するくらいは朝飯前であったのか。

昭和14年(1939)、朝日新聞に連載した小説『波濤』の出版記念として芙美子がつくり、配った灰皿(東京・新宿区立新宿歴史博物館所蔵)。のちに人間国宝として陶芸界の頂点に立つ富本憲吉の意匠。きりっとした八角形。中央、花の図柄は品のよい藍色で。

男勝りの競争意識と背中合わせの、芙美子の女らしい気遣いが仄見えて哀切。

文/矢島裕紀彦
1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。『サライ.jp』で「日めくり漱石」「漱石と明治人のことば」を連載した。

写真/高橋昌嗣
1967年桑沢デザイン研究所 グラフィックデザイン科卒業後、フリーカメラマンとなる。雑誌のグラビア、書籍の表紙などエディトリアルを中心に従事する。

※この記事は、雑誌『文藝春秋』の1997年7月号から2001年9月号に連載され、2001年9月に単行本化された『文士の逸品』を基に、出版元の文藝春秋の了解・協力を得て再掲載したものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 森茉莉が可愛がっていた犬のぬいぐるみ【文士の逸品No.39】
  2. 中勘助が幼少期に使っていた銀の匙【文士の逸品No.38】
  3. 音楽好きの宮澤賢治が奏でたチェロ【文士の逸品No.36】
  4. 文士・尾崎士郎が履いていた奇妙な下駄【文士の逸品No.35】
  5. 『風立ちぬ』作者・堀辰雄の心を癒した蓄音機【文士の逸品No.35…
PAGE TOP