新着記事

新型コロナウイルスによる「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

新型コロナウイルスの「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

ストレスが原因なのか、便秘になることが増えてきた人の処方箋【不摂生でも病気にならない人の習慣】

ペットの名前ランキング2020、犬1位は「ココ」、猫1位は「レオ」、犬種別、猫種別の1位は?

2020年1月26日。東京・丸の内で行なわれた70歳の「バースディ・ライブ」のステージで。『エーゲ海のテーマ~魅せられて』を優雅に熱唱。1979年に200万枚の大ヒットを記録、日本列島を席巻したジュディさんの代表曲だ。真っ白い衣装に透けるシルエットが美しい。

【インタビュー】ジュディ・オング(歌手、女優、木版画家・70歳)「これからは毎日をお正月にしよう」古稀を迎えて、そう決めたんです

アフターコロナ旅行調査、国内旅行は3か月以内、海外旅行は6か月以内に行きたい人が多数!

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

ジョー・パス『カリフォルニア・ブリーズ』

「驚きの顔合わせ」から見えたフュージョン・ギターの源流【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道55】

アスパラの豆乳レモンクリームスパゲティ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】柔らかくて甘い、旬のアスパラガスを使ったレシピ2品

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態調査

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態

樺細工の三段小ダンス|2種の桜の皮を使い豊かな表情。手練の樺細工職人が丹精込めた

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

林芙美子が出版記念品として配った灰皿【文士の逸品No.37】

◎No.37:林芙美子の灰皿(撮影/高橋昌嗣)

林芙美子の灰皿(撮影/高橋昌嗣)

文/矢島裕紀彦

告別式における川端康成の言葉が、常とは趣を異にしていた。曰く。

「故人は自分の文学的生命を保つため、他に対して、時にはひどいこともしたのでありますが(略)どうかこの際、故人を許してもらいたいと思います」

故人、即ち林芙美子。同性作家に対する彼女の度を越した競争意識が、しばしば露骨な排他的態度となって現れ、周囲に不評を買っていたのである。

家というものを知らぬ放浪育ち。あちこちの出版社に持ち込んで一顧だにされず埋もれていた『放浪記』が世に出た時も、飢える一歩手前であった。それが大ベストセラーとなり、一躍文壇の寵児。長い底辺生活で貪欲に逞しく生き抜く姿勢を体の隅々にまでしみつけた芙美子にとって、競争相手を排斥するくらいは朝飯前であったのか。

昭和14年(1939)、朝日新聞に連載した小説『波濤』の出版記念として芙美子がつくり、配った灰皿(東京・新宿区立新宿歴史博物館所蔵)。のちに人間国宝として陶芸界の頂点に立つ富本憲吉の意匠。きりっとした八角形。中央、花の図柄は品のよい藍色で。

男勝りの競争意識と背中合わせの、芙美子の女らしい気遣いが仄見えて哀切。

文/矢島裕紀彦
1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。『サライ.jp』で「日めくり漱石」「漱石と明治人のことば」を連載した。

写真/高橋昌嗣
1967年桑沢デザイン研究所 グラフィックデザイン科卒業後、フリーカメラマンとなる。雑誌のグラビア、書籍の表紙などエディトリアルを中心に従事する。

※この記事は、雑誌『文藝春秋』の1997年7月号から2001年9月号に連載され、2001年9月に単行本化された『文士の逸品』を基に、出版元の文藝春秋の了解・協力を得て再掲載したものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 森茉莉が可愛がっていた犬のぬいぐるみ【文士の逸品No.39】
  2. 中勘助が幼少期に使っていた銀の匙【文士の逸品No.38】
  3. 音楽好きの宮澤賢治が奏でたチェロ【文士の逸品No.36】
  4. 文士・尾崎士郎が履いていた奇妙な下駄【文士の逸品No.35】
  5. 『風立ちぬ』作者・堀辰雄の心を癒した蓄音機【文士の逸品No.35…
PAGE TOP