新着記事

世界最大の陸の孤島!映画「フィツカラルド」誕生の地、ペルー・イキトス

文・写真/原田慶子(海外書き人クラブ/ペルー在住ライター)ドイツの巨匠ヴェルナー・ヘルツ…

かつのう3点セット|シンプルで奥深い木製パズルで脳を刺激

「かつのう」とは、脳へ適度な刺激を与えながら楽しく取り組めるパズルシリーズの名称だ。その中か…

【インタビュー】渡辺京二(思想史家・87歳)「イデオロギーは矛盾だらけ。だから歴史を学び直し人間の真実を追究するのです」

【サライ・インタビュー】渡辺京二さん(わたなべ・きょうじ、思想史家)――日本の近代論や思…

没後50年、藤田嗣治の足跡を辿る史上最大級の回顧展

取材・文/池田充枝没後50年の節目に、藤田嗣治の史上最大級の大回顧展が開かれています…

【夕刊サライ/福澤朗】楽しく飲むためのマイルール(福澤朗の美味・料理コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

ホースレザーのスリムショルダーバッグ|上質な馬革を使った軽くしなやかな2ウェイ鞄

軽くて丈夫な馬革を使った、新型のショルダーバッグが届いた。縦型のスリムな形状に、サライ世代の…

ブームの行方は?2020年のアナログ予想【オーディオ小僧のアナログ日誌 最終回】

文・絵/牧野良幸今回でこの連載も最終回となった。そこで最後は将来のオーディオ小僧のア…

4日目《新得から根室へ・その2》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

4日目《新得から根室へ・その1》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

【夕刊サライ/パラダイス山元】メキシコ:片道7000マイル、半径100メートルの極端にピンポイントの旅(パラダイス山元の旅行コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

文豪・夏目漱石が書き残した2冊の日記帳【文士の逸品No.24】

◎No.24:夏目漱石の日記帳

夏目漱石の日記帳(撮影/高橋昌嗣)

文/矢島裕紀彦

宮城県仙台市の東北大学附属図書館漱石文庫に、夏目漱石留学時の2冊の日記--いわゆる「渡航日記」と「滞英日記」が保管されている。

どちらも、留学生・漱石の足跡を知る上での貴重な原資料。とくに、茶色の革表紙の渡航日記の冒頭、出発前の身支度について記したメモ書きに目を引かれた。衣類や手拭い、傘、薬、名刺、剃刀(髪ソリ)など、必需品が列挙されたメモの中ほどに「一 梅ボシ、福神漬」の一行が読めるのである。

慣れない海外生活に際して、誰もが気にかける「味覚」の問題を、のちの文豪もはっきりと意識していた。学生時代は、親友の正岡子規と本郷近辺の西洋料理屋に颯爽と繰り出したりしていた漱石も、2年間の留学となると、つい梅干しを持参したくなったらしい。

英国滞在1年半を経過した明治35年(1902)4月17日には、漱石は鏡子夫人宛書簡でこう訴えた。

「日本に帰りての第一の楽しみは蕎麦を食ひ日本米を食ひ日本服をきて日のあたる縁側に寝ころんで庭でも見る、是が願に候」

母国での素朴な日常が、郷愁とともに輝きを帯び、胸にこみ上げていた。

文/矢島裕紀彦
1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。『サライ.jp』で「日めくり漱石」「漱石と明治人のことば」を連載した。

写真/高橋昌嗣
1967年桑沢デザイン研究所 グラフィックデザイン科卒業後、フリーカメラマンとなる。雑誌のグラビア、書籍の表紙などエディトリアルを中心に従事する。

※この記事は、雑誌『文藝春秋』の1997年7月号から2001年9月号に連載され、2001年9月に単行本化された『文士の逸品』を基に、出版元の文藝春秋の了解・協力を得て再掲載したものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 作家・遠藤周作を終生見守った母の形見のマリア像【文士の逸品No.…
  2. 無類の河童好き作家・火野葦平が愛でていた石像【文士の逸品No.3…
  3. 愛の遍歴を重ねた文士・永井荷風自作の偏奇な蚊遣り【文士の逸品No…
  4. クラシック音楽を愛し抜いた文士・野村胡堂が愛用した蓄音機【文士の…
  5. 作家・田中英光が自殺前に遺書を書いた太宰治の本【文士の逸品No.…
PAGE TOP