新着記事

国宝3点が結集!刺繍や綴織で表現された「糸のみほとけ」たちの展覧会

取材・文/池田充枝平面に表された仏の像といえば、絵画を思い浮かべると思いますが、日本では刺繍…

タイ料理の新スター「カオソーイ」を現地チェンマイで味わい尽くす!オススメ店3軒

文・写真/横山忠道(タイ在住ライター)日本ではマッサマンカレーやパクチー料理など、毎年のよう…

奄美を愛した孤高の画家・田中一村の画業を回顧する特別な展覧会

取材・文/池田充枝孤高の画家として知られる田中一村(たなか・いっそん、1908-1977)は…

頭がない剥製標本は何のため?あなたが知らない鳥標本の世界

文/柿川鮎子今年は夏鳥が大変少なく、多くの野鳥観察愛好人をやきもきさせています。鳥を…

日産 スカイライン|誕生から60年を経て進化を続ける国産スポーツセダンの雄【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)かつて4ドアセダンは人気車種だった。SUV全盛の時代になっ…

知る人ぞ知るパンの名店!沖縄・宗像堂の天然酵母パン10選

文/編集部沖縄本島中部の宜野湾市にある『酵母パン 宗像堂』は、天然酵母パンづくりの先駆けとし…

【夕刊サライ/福澤朗】武夷岩茶を訪ねて(福澤朗の美味・料理コラム 第6回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

知られざる人気スポット!香港の離島「ラマ島」で過ごすのんびり休日

文・写真/りんみゆき(香港在住)香港(ホンコン)と聞くと、高層ビルが建ち並ぶ光景、またはショ…

あなたの猫は大丈夫?高齢シニア猫の「老い支度」に欠かせないこと

文/鈴木拓也日本人の平均寿命の伸びがしばしば話題となるが、飼い猫の寿命も伸びている。…

【夕刊サライ/パラダイス山元】ドイツ・ガッゲナウ:男のマロンを掻きむしられるほど極端なクルマに乗りに行く旅(パラダイス山元の旅行コラム 第6回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

野球好きだった詩人サトウハチロー愛用のキャッチャーマスク【文士の逸品No.20】

◎No.20:サトウハチローのキャッチャーマスク

サトウハチローのキャッチャーマスク(撮影/高橋昌嗣)

文/矢島裕紀彦

詩人で作詞家のサトウハチローは「野球狂」だった。腕に覚えもあり「プロの元祖」と自慢げに語った。日本に職業野球が誕生する以前、いくつかのチームから要請を受け、謝礼をもらい助っ人にかけつけた体験があるのだった。

ポジションは捕手。小学3年の折に、伯父からミットをプレゼントされたのが始まり。少年小説の大家だった父・佐藤紅緑も、ハチローに劣らぬ野球好き。自らコーチ役を買って出てノックバットを振り、声をかけたポジションとまったく違う方向に打球を飛ばしてしまい、

「実戦ではどこに打球がいくかわからない。それにそなえているのだ」

と嘯(うそぶ)く場面もあった。

が、こんな微笑ましい父子交流のひとこまは、幼い日の野球場のみ。父への激しい反発心から、ハチローの履歴には、落第3回、転向8回、勘当17回の不名誉な記録が刻まれた。小笠原の感化院に送られそうになったこともあった。

ハチロー愛用のキャッチャーマスク(岩手県北上市・サトウハチロー記念館所蔵)。革と布でできたドーナツ型の枠に、交差した鉄棒を紐で括(くく)った素朴なつくり。記念館脇の原っぱで矯(た)めつ眇(すが)めつするうち、その額部分に小さく手書きした「ユートピア」の文字を見つけた。ああ。ハチロー少年の歓声が青空に谺(こだま)する一瞬。

文/矢島裕紀彦
1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。『サライ.jp』で「日めくり漱石」「漱石と明治人のことば」を連載した。

写真/高橋昌嗣
1967年桑沢デザイン研究所 グラフィックデザイン科卒業後、フリーカメラマンとなる。雑誌のグラビア、書籍の表紙などエディトリアルを中心に従事する。

※この記事は、雑誌『文藝春秋』の1997年7月号から2001年9月号に連載され、2001年9月に単行本化された『文士の逸品』を基に、出版元の文藝春秋の了解・協力を得て再掲載したものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 競輪マニアだった坂口安吾の愛用のストップウォッチ【文士の逸品No…
  2. 作家・三浦綾子が病床で愛用していた手鏡【文士の逸品No.27】
  3. 夏目漱石が英国留学中に使っていた旅行ガイドブック【文士の逸品No…
  4. 夏目漱石があのヒゲを整えるのに使っていた剃刀【文士の逸品No.2…
  5. 文豪・夏目漱石が書き残した2冊の日記帳【文士の逸品No.24】
PAGE TOP