新着記事

【夕刊サライ/パラダイス山元】メキシコ:片道7000マイル、半径100メートルの極端にピンポイントの旅(パラダイス山元の旅行コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

べっ甲の耳かき|職人が丹精込めて作った至高の耳かき

伝統工芸のべっ甲細工で作り上げた、耳かきの逸品。べっ甲細工に使われる「タイマイ」(海亀の一種…

まさに「手付かずの自然」!カムチャツカで優美な「高山植物」と「ヒグマ」の聖地を巡る

文/印南敦史北海道沖の千島列島から北へと連なるカムチャツカ半島(ロシア)といえば、雄大な自然…

写真家エバレット・ブラウンが撮り続ける「失われゆく日本」のかたち

幕末に来航したペリー提督の随行写真家の一族で、日本をテーマに写真を撮り続けている写真家のエバレット・…

作家・遠藤周作を終生見守った母の形見のマリア像【文士の逸品No.34】

◎No.34:遠藤周作のマリア像(撮影/高橋昌嗣)文/矢島裕紀彦いくつもの顔…

【夕刊サライ/横山剣】「フォード・コルチナ・ロータスMk1」“クルマは見た目じゃ分からない?!”(横山剣のクルマコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

プリマロフトの軽量ケット|通気性に優れ蒸れにくい夏の快眠肌掛け

寝苦しい熱帯夜にエアコンをつけて眠ると、薄い肌掛け1枚では寒く感じることがある。そんなときは…

「ローマの休日」が田んぼに! 奥深き「田んぼアート」の世界

取材・文/鈴木拓也白や赤の葉の稲や、赤褐色や紫の穂の稲などを組み合わせて水田に植え、高い所か…

大人も楽しめる「字のない絵本」92歳にして現役の絵本作家、安野光雅の世界

取材・文/池田充枝国内外に多くのファンをもつ安野光雅(あんの・み…

【夕刊サライ/川合俊一】川合流「出来高」チェックの投資術に必要なのは根気と早起き(川合俊一の暮らし・家計コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

画才もあった文学者・佐藤春夫が愛用した絵の具箱【文士の逸品No.22】

◎No.22:佐藤春夫の絵の具箱

佐藤春夫の絵の具箱(撮影/高橋昌嗣)

文/矢島裕紀彦

中学在籍中から『明星』や『スバル』に短歌を発表し、文学的早熟ぶりを発揮。ついには門弟三千人と言われる文壇の重鎮的存在となった佐藤春夫。そんな彼が選び得たかもしれないもうひとつの職業は、画家であった。『白雲去来』に春夫はこう綴る。

「自分は子供心に何となく文章を好み、中学校の半ば(十四、五)ごろから、やつとはじめて文才の自覚と自分なりに文学といふものの理解をもちはじめたが、それと同時に画を描くことに興味を感じて、二十ころの希望は文学と美術の二つに分れてゐた」

単なる希望ではない。大正4年(1915)から、3年連続で二科展入選の腕前。文学を生業(なりわい)と定めてのちも、絵筆はいつも傍らにあった。

和歌山県新宮市の佐藤春夫記念館に、春夫が愛用した絵の具箱がある。材は桐。把手は革製で、鍵がかかるしっかりしたつくり。そして何より愛着ぶりを示すのは、蓋裏に自ら描いた赤い椿の花。一見、無造作なタッチの中に、抒情的、耽美的な雰囲気を醸すのは、代表作『田園の憂鬱』や『殉情詩集』にも通じる春夫の真骨頂なのだろう。

文/矢島裕紀彦
1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。『サライ.jp』で「日めくり漱石」「漱石と明治人のことば」を連載した。

写真/高橋昌嗣
1967年桑沢デザイン研究所 グラフィックデザイン科卒業後、フリーカメラマンとなる。雑誌のグラビア、書籍の表紙などエディトリアルを中心に従事する。

※この記事は、雑誌『文藝春秋』の1997年7月号から2001年9月号に連載され、2001年9月に単行本化された『文士の逸品』を基に、出版元の文藝春秋の了解・協力を得て再掲載したものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 作家・遠藤周作を終生見守った母の形見のマリア像【文士の逸品No.…
  2. 無類の河童好き作家・火野葦平が愛でていた石像【文士の逸品No.3…
  3. 愛の遍歴を重ねた文士・永井荷風自作の偏奇な蚊遣り【文士の逸品No…
  4. クラシック音楽を愛し抜いた文士・野村胡堂が愛用した蓄音機【文士の…
  5. 作家・田中英光が自殺前に遺書を書いた太宰治の本【文士の逸品No.…
PAGE TOP