新着記事

ザルツブルクの町

門をくぐれば巡礼の道。モーツァルト生誕の地「ザルツブルク」の知られざる絶景ポイントを歩く(オーストリア)

お子さんが自立したこともあり、ロードスターを購入してからは奥様と2人で出かける機会が増えたそう。

【私のクルマ遍歴】事故でフロントが破損した『NCロードスター』。奥様の理解と後押しでより魅力的なフォルムに生まれ変わる(後編)

茂幸さんの愛車は、ブラックのボディカラーが希少なオープンカー。その出会いと物語は【後編】にて語ります。

【私のクルマ遍歴】仕事や家庭に翻弄され、『カリーナ』『チェイサー』『ミラージュ』『ギャラン』と、何台も乗り換えた青春時代(前編)

横瀬浦公園(長崎県西海市)にあるルイス・フロイス像。

なぜイエズス会は長崎で多くの信者を獲得できたのか?【半島をゆく 歴史解説編 西彼杵・島原半島3】

拾った猫の扱いや地域猫活動は法律的にどうなのか?|『ねこの法律とお金』

拾った猫をそのまま飼ったらどうなる?|『ねこの法律とお金』

ものぐさでもOK!後ろからでも前からでも履ける画期的スリッパ

死絵展・八代目市川団十郎安政元年(1854)頃①

有名人の訃報を知らせる錦絵|もっとも多く死絵の題材となったのは八代目市川団十郎【企画展「死絵 ~明るく笑ってさようなら~」】

【家族のかたち】姉が離婚後に独身を貫く理由。子供の頃の記憶は大人になっても忘れることはない~その2~

【家族のかたち】姉が離婚後に独身を貫く理由。子供の頃の記憶は大人になっても忘れることはない~その2~

【家族のかたち】異父姉弟の事実を知ったのは小学生の頃。前後で家族の仲に変化はないように見えていた~その1~

【家族のかたち】異父姉弟の事実を知ったのは小学生の頃。家族の仲に変化はないように見えていた~その1~

アメリカ訪問時の一葉(前列左からふたり目が小栗上野介・東善寺蔵)

明治政府が最も恐れた男・小栗上野介が罪なくして抹殺された理由【検証 「徳川近代」 原田伊織氏インタビュー 3】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

シニア住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

文豪・夏目漱石が愛用していた英国製の万年筆【文士の逸品No.23】

◎No.23:夏目漱石の万年筆

夏目漱石の万年筆(撮影/高橋昌嗣)

文/矢島裕紀彦

明治33年(1900)9月8日、夏目漱石を乗せた汽船プロイセン号が横浜港を後に欧州へ向かった。

長い航海の気鬱(きうつ)を晴らし運動不足を解消するため、漱石は学生時代から得意だった器械体操を、船内で敢行した。ところが、ある日、鉄棒をやっていて、ポケットに入れていた万年筆を折ってしまった。妻・鏡子の妹の時子が贈ってくれた、大切な品であった。漱石は悲嘆し、航海途上の10月8日付、鏡子宛の手紙にこうしたためた。

「時さんの呉れた万年筆は船中にて鉄棒へツカマツて器械体操をなしたる為め打ち壊し申候。洵(まこと)に申訳無之(これなく)御序(ついで)の節よろしく御伝(おつたえ)可被下(くださるべく)候」

ロンドンの漱石は研究書物購入のため、食費も切り詰める毎日。高価な万年筆など買えるはずもなく、つけペンで通した。再び万年筆を使い始めるのは、作家として脂がのってきた明治40年過ぎ。当初、英国ドゥ・ラ・リュー社製の「ペリカン」を選んだのは、かつての留学先という親近感が働いたためもあっただろう。インクは、ブルーブラックを嫌いセピア色を好んだ。

神奈川県横浜市の神奈川近代文学館に現存する漱石愛用の万年筆は、同じドゥ・ラ・リュー社製の「オノト」。漏出防止装置つき。インクのボタ落ちを気にする漱石のため、評論家で丸善顧問の内田魯庵が進呈したものだった。ペン先が喪失しているのは、漱石病没時、副葬品として鏡子が埋葬したためという。

漱石が留学時に使った英文字の名刺は、3×7・2センチの小型。刷色は黒。

文/矢島裕紀彦
1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。『サライ.jp』で「日めくり漱石」「漱石と明治人のことば」を連載した。

写真/高橋昌嗣
1967年桑沢デザイン研究所 グラフィックデザイン科卒業後、フリーカメラマンとなる。雑誌のグラビア、書籍の表紙などエディトリアルを中心に従事する。

※この記事は、雑誌『文藝春秋』の1997年7月号から2001年9月号に連載され、2001年9月に単行本化された『文士の逸品』を基に、出版元の文藝春秋の了解・協力を得て再掲載したものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 森茉莉が可愛がっていた犬のぬいぐるみ【文士の逸品No.39】
  2. 中勘助が幼少期に使っていた銀の匙【文士の逸品No.38】
  3. 林芙美子が出版記念品として配った灰皿【文士の逸品No.37】
  4. 音楽好きの宮澤賢治が奏でたチェロ【文士の逸品No.36】
  5. 文士・尾崎士郎が履いていた奇妙な下駄【文士の逸品No.35】
PAGE TOP