新着記事

森茉莉が可愛がっていた犬のぬいぐるみ【文士の逸品No.39】

◎No.39:森茉莉のぬいぐるみ(撮影/高橋昌嗣)文/矢島裕紀彦文豪・森鴎外…

カナリア諸島の真っ白な砂浜、真っ青な空……|地球のエネルギーを感じる火山の島ランサローテ

文・写真/バレンタ愛(海外書き人クラブ/元オーストリア在住、現カナダ在住ライター)7つの島か…

人生の楽園探し|地方移住を考えたら、まず最初にすること

主人公は人事異動を機に早期退職・転職しての地方移住を検討し始めた東京の51歳会社員。情報収集…

【まんがでわかる地方移住2】地方移住をするために最初にすること

主人公は人事異動を機に早期退職・転職しての地方移住を検討し始めた東京の51歳会社員。情報収集…

定年世代に注目の新しいキャリア 「顧問」という働き方

文/鈴木拓也企業の「顧問」と聞いて、どんなイメージが思い浮かぶだろうか?多く…

中古品買取で最も人気なのは、やはりあのブランド!?

最近では、整理するための断捨離の一つの手段として、使わないものを単に捨てるのではなく現金化する!…

【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・2|アポロが見せた月生活の夢

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる…

喜ばれるお持たせは高級デパ地下で!「GINZA SIX」 秋の「手土産スイーツ」10選

実りの秋がやってきた。デパ地下には、旬の食材をふんだんに使ったフードやスイーツが勢ぞろいだ。…

見るものを惹きつけて離さない圧巻の瀧、崖!国際的日本画家・千住博展

取材・文/池田充枝新しい日本画を世界に認知させ、真に国際性をもった芸術にすべく幅広い…

もし「がん」の宣告を受けたら? まず、これだけはしておこう

文/鈴木拓也日本では、2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんで死亡する。これは、…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

夏目漱石があのヒゲを整えるのに使っていた剃刀【文士の逸品No.25】

◎No.25:夏目漱石の剃刀

夏目漱石の剃刀(撮影/高橋昌嗣)

文/矢島裕紀彦

ロンドンの夏目漱石は、計5回の宿替えをした。だが、どこに住んでも、一日が朝の身づくろいから始まるのに変わりはない。次のような手紙文からも、ひとり苦闘しながら支度を整える漱石の姿が浮かんでくる。

「他国にて独り居る事は日本にても不自由に候。況(いわ)んや風俗習慣の異なる英国にては随分厄介に候。朝起きて冷水にて身を拭ひ髯をけづるのみにても中々時間のとれるものに候。況んや白シヤツを着換へボタンをはづし抔(など)する。実にいやになり申候」(明治34年1月22日付、鏡子夫人宛)

帰朝後、小泉八雲の後任として東京帝国大学の講師となった漱石は、だが、一味違っていた。自ら好んで身につけるは、ハイカラ(高襟)のシャツと体にぴったりしたフロックコート、ぴかぴかの革靴。髪は綺麗になでわけ、左右の先端をぴんとはね上げコスメチックで固めたカイゼル髭を、純白のハンカチを使ってさっさと磨く。いかにも洋行帰りの紳士だった。

はね上げた髭の先を少しばかり切り落とし、現今の千円札でもお馴染みの表情に落ち着いたのは、明治43年(1910)の胃潰瘍入院治療の前後らしい。

漱石が長年使い込んだ剃刀(神奈川近代文学館蔵)は、折り畳み式、革ケース付という形態からして、英国へも携行した可能性が高い。剃刀の刃を自ら革砥で研ぐ、毎朝の日課は、ロンドンでも続けられていたに違いない。

文/矢島裕紀彦
1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。『サライ.jp』で「日めくり漱石」「漱石と明治人のことば」を連載した。

写真/高橋昌嗣
1967年桑沢デザイン研究所 グラフィックデザイン科卒業後、フリーカメラマンとなる。雑誌のグラビア、書籍の表紙などエディトリアルを中心に従事する。

※この記事は、雑誌『文藝春秋』の1997年7月号から2001年9月号に連載され、2001年9月に単行本化された『文士の逸品』を基に、出版元の文藝春秋の了解・協力を得て再掲載したものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 森茉莉が可愛がっていた犬のぬいぐるみ【文士の逸品No.39】
  2. 中勘助が幼少期に使っていた銀の匙【文士の逸品No.38】
  3. 林芙美子が出版記念品として配った灰皿【文士の逸品No.37】
  4. 音楽好きの宮澤賢治が奏でたチェロ【文士の逸品No.36】
  5. 文士・尾崎士郎が履いていた奇妙な下駄【文士の逸品No.35】
PAGE TOP