新着記事

高血圧の効果的な対処法は?気づかないうちに進行する「サイレントキラー」の恐怖

取材・文/わたなべあや高血圧は、サイレントキラーの異名を持つ通り、これといった症状が…

【夕刊サライ/神取忍】自分の体で効果検証中! 最近はまった特製ドリンクとラドンガス吸入器(神取忍の健康・スポーツコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

国宝3点が結集!刺繍や綴織で表現された「糸のみほとけ」たちの展覧会

取材・文/池田充枝平面に表された仏の像といえば、絵画を思い浮かべると思いますが、日本では刺繍…

タイ料理の新スター「カオソーイ」を現地チェンマイで味わい尽くす!オススメ店3軒

文・写真/横山忠道(タイ在住ライター)日本ではマッサマンカレーやパクチー料理など、毎年のよう…

奄美を愛した孤高の画家・田中一村の画業を回顧する特別な展覧会

取材・文/池田充枝孤高の画家として知られる田中一村(たなか・いっそん、1908-1977)は…

頭がない剥製標本は何のため?あなたが知らない鳥標本の世界

文/柿川鮎子今年は夏鳥が大変少なく、多くの野鳥観察愛好人をやきもきさせています。鳥を…

日産 スカイライン|誕生から60年を経て進化を続ける国産スポーツセダンの雄【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)かつて4ドアセダンは人気車種だった。SUV全盛の時代になっ…

知る人ぞ知るパンの名店!沖縄・宗像堂の天然酵母パン10選

文/編集部沖縄本島中部の宜野湾市にある『酵母パン 宗像堂』は、天然酵母パンづくりの先駆けとし…

【夕刊サライ/福澤朗】武夷岩茶を訪ねて(福澤朗の美味・料理コラム 第6回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

知られざる人気スポット!香港の離島「ラマ島」で過ごすのんびり休日

文・写真/りんみゆき(香港在住)香港(ホンコン)と聞くと、高層ビルが建ち並ぶ光景、またはショ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

夏目漱石があのヒゲを整えるのに使っていた剃刀【文士の逸品No.25】

◎No.25:夏目漱石の剃刀

夏目漱石の剃刀(撮影/高橋昌嗣)

文/矢島裕紀彦

ロンドンの夏目漱石は、計5回の宿替えをした。だが、どこに住んでも、一日が朝の身づくろいから始まるのに変わりはない。次のような手紙文からも、ひとり苦闘しながら支度を整える漱石の姿が浮かんでくる。

「他国にて独り居る事は日本にても不自由に候。況(いわ)んや風俗習慣の異なる英国にては随分厄介に候。朝起きて冷水にて身を拭ひ髯をけづるのみにても中々時間のとれるものに候。況んや白シヤツを着換へボタンをはづし抔(など)する。実にいやになり申候」(明治34年1月22日付、鏡子夫人宛)

帰朝後、小泉八雲の後任として東京帝国大学の講師となった漱石は、だが、一味違っていた。自ら好んで身につけるは、ハイカラ(高襟)のシャツと体にぴったりしたフロックコート、ぴかぴかの革靴。髪は綺麗になでわけ、左右の先端をぴんとはね上げコスメチックで固めたカイゼル髭を、純白のハンカチを使ってさっさと磨く。いかにも洋行帰りの紳士だった。

はね上げた髭の先を少しばかり切り落とし、現今の千円札でもお馴染みの表情に落ち着いたのは、明治43年(1910)の胃潰瘍入院治療の前後らしい。

漱石が長年使い込んだ剃刀(神奈川近代文学館蔵)は、折り畳み式、革ケース付という形態からして、英国へも携行した可能性が高い。剃刀の刃を自ら革砥で研ぐ、毎朝の日課は、ロンドンでも続けられていたに違いない。

文/矢島裕紀彦
1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。『サライ.jp』で「日めくり漱石」「漱石と明治人のことば」を連載した。

写真/高橋昌嗣
1967年桑沢デザイン研究所 グラフィックデザイン科卒業後、フリーカメラマンとなる。雑誌のグラビア、書籍の表紙などエディトリアルを中心に従事する。

※この記事は、雑誌『文藝春秋』の1997年7月号から2001年9月号に連載され、2001年9月に単行本化された『文士の逸品』を基に、出版元の文藝春秋の了解・協力を得て再掲載したものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 競輪マニアだった坂口安吾の愛用のストップウォッチ【文士の逸品No…
  2. 作家・三浦綾子が病床で愛用していた手鏡【文士の逸品No.27】
  3. 夏目漱石が英国留学中に使っていた旅行ガイドブック【文士の逸品No…
  4. 文豪・夏目漱石が書き残した2冊の日記帳【文士の逸品No.24】
  5. 文豪・夏目漱石が愛用していた英国製の万年筆【文士の逸品No.23…
PAGE TOP