新着記事

常滑焼の炭化焼成の急須と湯呑み2客組|コクがあり柔らかな味が楽しめる炭化焼成のセット

急須といえば常滑焼(愛知県常滑市)といわれるくらい、朱色の茶器はお馴染みの日用品だ。ところが…

佐世保鎮守府関連の日本遺産を巡る特別な徒歩ツアー|長崎県佐世保・日本近代化の躍動を体感できる街【1】

構成・文/山津京子 佐世保市内に点在する、迫力満点の遺構27群2019年7月発行の『サライ8…

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする? 両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合【後編】

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする?|両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合【後編】

取材・文/坂口鈴香「親の終の棲家をどう選ぶ? 壊れていく母、追い詰められる父」で紹介…

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする? 両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする?|両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合【前編】

取材・文/坂口鈴香「親の終の棲家をどう選ぶ? 壊れていく母、追い詰められる父」で紹介…

同窓会で気になること第1位は「友人のおばさん化」!?

高校時代、あんなにキレイだったのに……|同窓会で気になったこと第1位は「友人のおばさん化」

学生時代の友人や恩師と会える同窓会。当時の楽しかった出来事や、淡い恋愛の思い出などがプレイバ…

八幡堀に沿って白壁の土蔵や旧家が立ち並び、往時の賑わいが偲ばれる

水運で潤う城下町を全国に残す|三英傑に仕え「全国転勤」した武将とゆかりの城【田中吉政編】

写真・文/藪内成基戦国時代から全国統一へと進んだ織田信長、豊臣秀吉、徳川家康。いわゆる「三英…

関羽像(かんうぞう) 青銅製 明時代・15~16世紀 新郷市博物館蔵

「リアル三国志」の世界を最新の発掘成果と共に体感!【日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」】

取材・文/池田充枝日本が弥生時代といわれた、遥か1800年も昔の中国に起こった「三国志」は、…

岡山県産綿布の雪駄|素足に心地よい伝統の綿布を使用。普段着でさくさく歩きたい

綿布の感触が、素足になんとも心地よい雪駄をご案内。使われる綿布はジーンズ生地などで定評のある…

黒くて丸いタイヤの選び方、考え方【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

タイヤは消耗品。黒くて丸いタイヤの選び方、考え方【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

文/鈴木珠美タイヤは消耗品。車検では1.6mm以上タイヤの溝があれば合格しますが、それはイコ…

【娘のきもち】母親とぶつかった後に襲われる、後悔と罪悪感。実家で過ごした幼少期が思い出せない~その2~

【娘のきもち】母親とぶつかった後に襲われる、後悔と罪悪感。実家で過ごした幼少期が思い出せない~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

ウイスキー

  1.  

    ファン垂涎!『デビルマン』ラベルの特別なスコッチウイスキーがやってくる

         

    永く人間をやっていれば絶望が心を支配することもある。それでも愛する者のために戦い続けたわれわれは、このヒーローの目に深い悲しみを見る。不朽の名作『デビルマン』の連載は、1972年から73年のわずか1年余り。全53話の物語だが、漫画史…

  2.  

    連載40周年『釣りバカ日誌』ラベルの特別なシングルモルトウイスキー

         

    二人の趣味人が集えば、世代や立場を超えた友情も成立する。そう、あのハマちゃんとスーさんのように……。…

  3.  

    わたせせいぞうラベルの超稀少なシングルモルトウイスキーが発売

         

    エッセイスト・バーマンとして活躍する島地勝彦氏が「ウイスキーの師」と仰ぐ山岡秀雄氏は、日本を…

  4.  

    高嶺の花だった懐かしの「舶来ウイスキー」がぐんと身近になった理由

         

    文/編集部1970~80年代、海外旅行のお土産は、もっぱら洋酒と「洋モク」だった。特にスコッ…

  5.  

    ちばてつや氏の名作漫画「のたり松太郎」ラベルの特別なウイスキー

         

    文/編集部サライ・インタビューにもご登場いただいた、漫画界の大御所ちばてつや氏の名作『のたり…

  6.  

    愛するマッカランを個人輸入していた白洲次郎【ウイスキーよもやま話11】

         

    文/矢島裕紀彦吉田茂の懐刀ともいわれた白洲次郎は、ことウイスキーに関しては、吉田をし…

  7.  

    吉田茂から田中角栄に引き継がれたオールドパー【ウイスキーよもやま話10】

         

    文/矢島裕紀彦国産のウイスキーが出来上がっても、すぐに舶来ものと肩を並べられるわけで…

  8.  

    夏目漱石が模造ウイスキーの話を聞いて呟いたこと【ウイスキーよもやま話9】

         

    文/矢島裕紀彦日本にウイスキーが持ち込まれたのは、幕末の嘉永6年(1853)。ペリー…

  9.  

    国産ウイスキーづくりに挑んだ竹鶴と鳥井の功績【ウイスキーよもやま話8】

         

    文/矢島裕紀彦明治維新後、日本人は欧米先進諸国に追いつけとばかり、急激な欧化政策を推進し…

  10.  

    サルトルが「ダルマ」のボトルを愛しすぎて失敗したこと【ウイスキーよもやま話7】

         

    文/矢島裕紀彦実存主義の哲学者ジャン=ポール・サルトルと、そのパートナーで『第二の性…

  11.  

    内田百閒にうまいハイボールを飲ませてやりたかった【ウイスキーよもやま話6】

         

    文/矢島裕紀彦内田百閒の随筆『特別阿房列車』に、こんな話がある。用もないのに…

  12.  

    酒を愛した若山牧水が「ウイスキー」を詠んだ歌【ウイスキーよもやま話5】

         

    文/矢島裕紀彦歌人の若山牧水(わかやまぼくすい、1885-1928)は、こよなく酒を…

  13.  

    落語界の両雄、志ん生と文楽の最後の酒【ウイスキーよもやま話4】

         

    文/矢島裕紀彦落語界の「昭和の名人」といえば、5代目古今亭志ん生と8代目桂文楽である…

  14.  

    ウイスキーを好んだ黒澤明の酒の肴とは【ウイスキーよもやま話3】

         

    文/矢島裕紀彦『七人の侍』で知られる世界的な映画監督・黒澤明も、ウイスキーを好んだ。…

  15.  

    氷嫌いの永井龍男、氷好きの山田風太郎【ウイスキーよもやま話2】

         

    文/矢島裕紀彦当たり前のことだが、ウイスキーの飲み方は人それぞれだし、年齢によっても…

  16.  

    悪しき風習?山口瞳が水割りを嫌った理由【ウイスキーよもやま話1】

         

    文/矢島裕紀彦『礼儀作法入門』で知られる作家の山口瞳は、酒の飲み方にも一家言を持って…

  17.  

    サライ12月号|特集は「ウイスキー」と「水墨画の年賀状」です。

         

    風土と歳月が醸す命の水「ウイスキー」の大特集に、誰でもカンタンにすぐ描ける「水墨画で寿ぐ年賀…

PAGE TOP