新着記事

2016年10月29日、「樹木希林の遺言」の演題で静岡市にて開催された講演の模様をDVDで初公開。希林さんが講演を引き受けることは滅多になく、講演自体が貴重な記録だ。講演では、希林さん独特の人生観、死生観が、時折笑いを交えながら、淡々と語られた。

女優・樹木希林が明かした“幸せの極意”|全身がん公表後の講演会がDVDブックで初公開

昨年9月に75歳で亡くなった女優・樹木希林さんの講演会の貴重な記録が、DVDつき書籍『樹木希林 ある…

ジェンダー ニュートラルで進化する英文法(後編)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編8】

ジェンダー ニュートラルで進化する英文法(後編)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編8】

文/晏生莉衣ラグビーワールドカップ、東京オリンピック・パラリンピックと、世界中から多…

好きな40代女優ランキング|3位 は木村佳乃 、2位は内田有紀 、1位は?

好きな40代女優ランキング|3位 は木村佳乃 、2位は内田有紀 、1位は?

ティーンやアラサーだけではない。最近は40代の魅力的な女性に人気が集まっている。 株式会社CMサ…

【ビジネスの極意】「ガバナンス」と「コンプライアンス」の違い、わかりますか?

【ビジネスの極意】「ガバナンス」と「コンプライアンス」の違い、わかりますか?

仕事でもよく聞く「ガバナンス」と「コンプライアンス」だが、その違い、本当にわかっているだろう…

東京歯科大学口腔健康科学講座スポーツ歯学研究室 武田友孝教授(左)。右は筆者。

【キーパーソンに聞く|東京歯科大学 武田友孝教授】「正しく噛むことが怪我予防につながる」

文/藤原邦康これまでアゴとスポーツの知られざる関係性について述べてきましたが、その締めくくり…

傷だらけの天使

さえない場面でも、ブザマな状況でも全部カッコよかったショーケン『傷だらけの天使』【面白すぎる日本映画 第29回・特別編】

文・絵/牧野良幸ショーケンこと萩原健一さんが3月に亡くなった。ご本人は2011年から…

サライ読者に聞いた「最近始めた趣味/やめた趣味」ランキング

文/編集部春は新しいことに挑戦したくなる季節。健康増進のため、感性や教養を磨くため、…

サライのマカオ紀行記事がマカオ政府観光局主催「メディア・アワーズ2018」を受賞!

文/小坂眞吾(サライ編集長)『サライ』2019年1月号に掲載された特別企画「美食紀行 マカオ…

「イズント・シー・ラヴリー」のオリジナルが収録されたスティーヴィー・ワンダー『キー・オブ・ライフ』(モータウン)。

スティーヴィー・ワンダーの「イズント・シー・ラヴリー」がどうして「ジャズ・スタンダード」となったのか?|【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道2】

ジャズ・スタンダード必聴名曲(1)「イズント・シー・ラヴリー」文/池上信次「イズント・シー・…

史上初のゴールデンウィーク10連休! どこに行く? 今から行ける旅先は?

ゴールデンウィーク10連休、旅行の予定ありますか?| 海外旅行先、人気ナンバー1はやっぱり「ハワイ」!

取材・文/末原美裕間もなく史上初の10連休という長いゴールデンウィーク(以下GW)が…

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。
  2. アウトサイド・ジャパン展

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

ウイスキー

  1.  

    連載40周年『釣りバカ日誌』ラベルの特別なシングルモルトウイスキー

         

    二人の趣味人が集えば、世代や立場を超えた友情も成立する。そう、あのハマちゃんとスーさんのように……。今年『ビッグコミックオリジナル』で連載40周年をむかえ、ますます加速する国民的サラリーマン漫画『釣りバカ日誌』。そのオリジナルラベル…

  2.  

    わたせせいぞうラベルの超稀少なシングルモルトウイスキーが発売

         

    エッセイスト・バーマンとして活躍する島地勝彦氏が「ウイスキーの師」と仰ぐ山岡秀雄氏は、日本を…

  3.  

    高嶺の花だった懐かしの「舶来ウイスキー」がぐんと身近になった理由

         

    文/編集部1970~80年代、海外旅行のお土産は、もっぱら洋酒と「洋モク」だった。特にスコッ…

  4.  

    ちばてつや氏の名作漫画「のたり松太郎」ラベルの特別なウイスキー

         

    文/編集部サライ・インタビューにもご登場いただいた、漫画界の大御所ちばてつや氏の名作『のたり…

  5.  

    愛するマッカランを個人輸入していた白洲次郎【ウイスキーよもやま話11】

         

    文/矢島裕紀彦吉田茂の懐刀ともいわれた白洲次郎は、ことウイスキーに関しては、吉田をし…

  6.  

    吉田茂から田中角栄に引き継がれたオールドパー【ウイスキーよもやま話10】

         

    文/矢島裕紀彦国産のウイスキーが出来上がっても、すぐに舶来ものと肩を並べられるわけで…

  7.  

    夏目漱石が模造ウイスキーの話を聞いて呟いたこと【ウイスキーよもやま話9】

         

    文/矢島裕紀彦日本にウイスキーが持ち込まれたのは、幕末の嘉永6年(1853)。ペリー…

  8.  

    国産ウイスキーづくりに挑んだ竹鶴と鳥井の功績【ウイスキーよもやま話8】

         

    文/矢島裕紀彦明治維新後、日本人は欧米先進諸国に追いつけとばかり、急激な欧化政策を推進し…

  9.  

    サルトルが「ダルマ」のボトルを愛しすぎて失敗したこと【ウイスキーよもやま話7】

         

    文/矢島裕紀彦実存主義の哲学者ジャン=ポール・サルトルと、そのパートナーで『第二の性…

  10.  

    内田百閒にうまいハイボールを飲ませてやりたかった【ウイスキーよもやま話6】

         

    文/矢島裕紀彦内田百閒の随筆『特別阿房列車』に、こんな話がある。用もないのに…

  11.  

    酒を愛した若山牧水が「ウイスキー」を詠んだ歌【ウイスキーよもやま話5】

         

    文/矢島裕紀彦歌人の若山牧水(わかやまぼくすい、1885-1928)は、こよなく酒を…

  12.  

    落語界の両雄、志ん生と文楽の最後の酒【ウイスキーよもやま話4】

         

    文/矢島裕紀彦落語界の「昭和の名人」といえば、5代目古今亭志ん生と8代目桂文楽である…

  13.  

    ウイスキーを好んだ黒澤明の酒の肴とは【ウイスキーよもやま話3】

         

    文/矢島裕紀彦『七人の侍』で知られる世界的な映画監督・黒澤明も、ウイスキーを好んだ。…

  14.  

    氷嫌いの永井龍男、氷好きの山田風太郎【ウイスキーよもやま話2】

         

    文/矢島裕紀彦当たり前のことだが、ウイスキーの飲み方は人それぞれだし、年齢によっても…

  15.  

    悪しき風習?山口瞳が水割りを嫌った理由【ウイスキーよもやま話1】

         

    文/矢島裕紀彦『礼儀作法入門』で知られる作家の山口瞳は、酒の飲み方にも一家言を持って…

  16.  

    サライ12月号|特集は「ウイスキー」と「水墨画の年賀状」です。

         

    風土と歳月が醸す命の水「ウイスキー」の大特集に、誰でもカンタンにすぐ描ける「水墨画で寿ぐ年賀…

PAGE TOP