新着記事

ビル・エヴァンス&ジム・ホール『アンダーカレント』

音楽のキャッチボール「デュオ」演奏の楽しみ方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道36】

文/池上信次第30回から紹介している「編成で聴くジャズ」の続きです。「ソロ(独奏)」に続いて…

人間関係が幸せの道すじ【人生のおさらいをするために――児童精神科医・佐々木正美さんからのメッセージ】

人間は人間関係の中でしか、自分の存在や価値を見出せない【人生のおさらいをするために――児童精神科医・佐々木正美さんからのメッセージ】

日本の児童精神科医学のパイオニア・佐々木正美先生。半世紀以上にわたり、子どもの育ちを見続けながら子育…

429人にアンケート調査!|子どもが医学部受験をしたことのある母親へ質問しました! 当時お子様のために何をしていましたか? 医学部受験のコツとは…!?

子どもが医学部受験をしたことのある母親429人に聞いた「医学部合格のコツ」

もう今年も終わりに近づいてきました。受験生のお子さんをお持ちのご両親も多いかと思いますが、そろそ…

海苔の佃煮

【管理栄養士が教える減塩レシピ】新海苔の季節!旨味たっぷり海苔を使った佃煮&おかずレシピ

写真・文/矢崎海里伝統的な日本料理、寿司に欠かせない海苔。一年中手に入る焼き海苔です…

今年のノーベル賞「低酸素応答」乳癌の検査や治療への応用は?

今年のノーベル賞「低酸素応答」|乳癌の検査や治療への応用は?

文/松村むつみ10月にノーベル医学生理学賞の発表があり、「低酸素応答」(細胞が低酸素を感…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(12/9~12/15)射手座~魚座編

ニャンコ先生の開運星占い気まぐれで毒舌、でも人を癒してくれる占い師・ニャンコ先生が、星占いをする…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(12/9~12/15)獅子座~蠍座編

ニャンコ先生の開運星占い気まぐれで毒舌、でも人を癒してくれる占い師・ニャンコ先生が、星占いをする…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(12/9~12/15)牡羊座~蟹座編

ニャンコ先生の開運星占い気まぐれで毒舌、でも人を癒してくれる占い師・ニャンコ先生が、星占いをする…

【ビジネスの極意】こんなに違う!? 信頼関係がある職場・ない職場

【ビジネスの極意】こんなに違う!? 信頼関係がある職場・ない職場

職場では信頼関係が重要、というのは誰もが思うことだろう。だが、信頼関係のある・なしでどのくら…

映画のロケーションガイドブック

映画「第3の男」の舞台ウィーンでミステリーを追う(オーストリア)

文・写真/バレンタ愛(海外書き人クラブ/元オーストリア在住、現カナダ在住ライター)オ…

ピックアップ記事

  1. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  2. 鴨鍋
  3. 宝塚歌劇

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

ウイスキー

  1. ジャック・ダニエル蒸留所  

    アメリカ・テネシー州の蒸留所ツアーで知る、「ジャック・ダニエル」を形づくる5つの要素とは?

         

    文・写真/大井美紗子(海外書き人クラブ/アメリカ在住ライター)アメリカンウイスキーの代表格である「ジャック・ダニエル」。1866年にアメリカ初の認可蒸留所として操業開始して以来、圧倒的な人気と歴史を誇るウイスキーブランドであ…

  2.  

    ファン垂涎!『デビルマン』ラベルの特別なスコッチウイスキーがやってくる

         

    永く人間をやっていれば絶望が心を支配することもある。それでも愛する者のために戦い続けたわれわ…

  3.  

    連載40周年『釣りバカ日誌』ラベルの特別なシングルモルトウイスキー

         

    二人の趣味人が集えば、世代や立場を超えた友情も成立する。そう、あのハマちゃんとスーさんのように……。…

  4.  

    わたせせいぞうラベルの超稀少なシングルモルトウイスキーが発売

         

    エッセイスト・バーマンとして活躍する島地勝彦氏が「ウイスキーの師」と仰ぐ山岡秀雄氏は、日本を…

  5.  

    高嶺の花だった懐かしの「舶来ウイスキー」がぐんと身近になった理由

         

    文/編集部1970~80年代、海外旅行のお土産は、もっぱら洋酒と「洋モク」だった。特にスコッ…

  6.  

    ちばてつや氏の名作漫画「のたり松太郎」ラベルの特別なウイスキー

         

    文/編集部サライ・インタビューにもご登場いただいた、漫画界の大御所ちばてつや氏の名作『のたり…

  7.  

    愛するマッカランを個人輸入していた白洲次郎【ウイスキーよもやま話11】

         

    文/矢島裕紀彦吉田茂の懐刀ともいわれた白洲次郎は、ことウイスキーに関しては、吉田をし…

  8.  

    吉田茂から田中角栄に引き継がれたオールドパー【ウイスキーよもやま話10】

         

    文/矢島裕紀彦国産のウイスキーが出来上がっても、すぐに舶来ものと肩を並べられるわけで…

  9.  

    夏目漱石が模造ウイスキーの話を聞いて呟いたこと【ウイスキーよもやま話9】

         

    文/矢島裕紀彦日本にウイスキーが持ち込まれたのは、幕末の嘉永6年(1853)。ペリー…

  10.  

    国産ウイスキーづくりに挑んだ竹鶴と鳥井の功績【ウイスキーよもやま話8】

         

    文/矢島裕紀彦明治維新後、日本人は欧米先進諸国に追いつけとばかり、急激な欧化政策を推進し…

  11.  

    サルトルが「ダルマ」のボトルを愛しすぎて失敗したこと【ウイスキーよもやま話7】

         

    文/矢島裕紀彦実存主義の哲学者ジャン=ポール・サルトルと、そのパートナーで『第二の性…

  12.  

    内田百閒にうまいハイボールを飲ませてやりたかった【ウイスキーよもやま話6】

         

    文/矢島裕紀彦内田百閒の随筆『特別阿房列車』に、こんな話がある。用もないのに…

  13.  

    酒を愛した若山牧水が「ウイスキー」を詠んだ歌【ウイスキーよもやま話5】

         

    文/矢島裕紀彦歌人の若山牧水(わかやまぼくすい、1885-1928)は、こよなく酒を…

  14.  

    落語界の両雄、志ん生と文楽の最後の酒【ウイスキーよもやま話4】

         

    文/矢島裕紀彦落語界の「昭和の名人」といえば、5代目古今亭志ん生と8代目桂文楽である…

  15.  

    ウイスキーを好んだ黒澤明の酒の肴とは【ウイスキーよもやま話3】

         

    文/矢島裕紀彦『七人の侍』で知られる世界的な映画監督・黒澤明も、ウイスキーを好んだ。…

  16.  

    氷嫌いの永井龍男、氷好きの山田風太郎【ウイスキーよもやま話2】

         

    文/矢島裕紀彦当たり前のことだが、ウイスキーの飲み方は人それぞれだし、年齢によっても…

  17.  

    悪しき風習?山口瞳が水割りを嫌った理由【ウイスキーよもやま話1】

         

    文/矢島裕紀彦『礼儀作法入門』で知られる作家の山口瞳は、酒の飲み方にも一家言を持って…

  18.  

    サライ12月号|特集は「ウイスキー」と「水墨画の年賀状」です。

         

    風土と歳月が醸す命の水「ウイスキー」の大特集に、誰でもカンタンにすぐ描ける「水墨画で寿ぐ年賀…

PAGE TOP