新着記事

酒倉染とコルクの3WAYバッグ|味わいのある帆布とコルクで作った、使い勝手のいいバッグ

使用場面に合わせてショルダー、手提げ、クラッチと3通りに使える、便利な薄型のバッグをご紹介。…

【京都人のお墨付き】「京料理 貴与次郎」店主・堀井哲也さんおすすめの鮮魚卸「ふじわら」

取材・文/末原美裕京都で長年活躍している目の肥えた方々が足繁く通うお店は、間違いなく感動と出…

医学部受験合格者1,031人に聞きました! 勉強法から精神面、身体面まで受験直前対策を一挙紹介!!

勉強法から精神面まで、医学部受験合格者に聞いた「受験直前対策」 

医学部合格へ向けて直前対策できていますか?センター試験も終わりいよいよ医学部受験がスタートし…

【義家族との間】新居資金のための同居のはずが兄夫婦は実家をリフォーム。義姉の自由さが母親を追いつめる~その2~

取材・文/ふじのあやこ離婚、再婚などで複雑化する家族関係。血縁のない家族(義家族)との関係で生じ…

【義家族との間】新居資金のための同居のはずが兄夫婦は実家をリフォーム。義姉の自由さが母親を追いつめる~その1~

取材・文/ふじのあやこ家族の中には、血縁のない『義(理の)家族』という間柄がある。結婚相手の親族…

金ヶ崎城全景 現在は周囲が埋め立てられているが往時は海に突き出た岬だった。

信長・秀吉・家康・光秀 四武将そろい踏みの「金ヶ崎の退き口」。舞台となった金ヶ崎城に秘められた歴史があった

明智光秀が初めて主人公となる大河ドラマ『麒麟がくる』の放映で、光秀ゆかりの地が注目を集めている。その…

太公望(たいこうぼう)~元祖・軍師の実像をさぐる【中国歴史夜話 8】

太公望(たいこうぼう)~元祖・軍師の実像をさぐる【中国歴史夜話 8】

文/砂原浩太朗(小説家)軍師――「軍機をつかさどり謀略をめぐらす人」というのが広辞苑…

病気もなく、美しい形状の収穫直前の洗馬のぶどう。

【日本ワイン生産者の肖像8】小山田幸紀さん(ドメーヌ・オヤマダ)|自分の人生や思想をワインに表現、その高い到達点を目指して~その2~

取材・文/鳥海美奈子【その1はこちらです】小山田さんが志向するのは、日本の風土を表現…

「自分なりの栽培法をみつけるまではチャレンジの連続でした」と語る。

【日本ワイン生産者の肖像8】小山田幸紀さん(ドメーヌ・オヤマダ)|自分の人生や思想をワインに表現、その高い到達点を目指して~その1~

取材・文/鳥海美奈子「ワイン造りは、農業としての芸術表現だ」山梨県にあるドメ…

ふとした瞬間に気づく「オバ見え」! 8割以上の女性が「見た目年齢」が気になる!

30代を過ぎると、10代・20代の頃には無縁だった肌トラブルや悩みが出てきます。何歳になって…

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

ウイスキー

  1. ジャック・ダニエル蒸留所  

    アメリカ・テネシー州の蒸留所ツアーで知る、「ジャック・ダニエル」を形づくる5つの要素とは?

         

    文・写真/大井美紗子(海外書き人クラブ/アメリカ在住ライター)アメリカンウイスキーの代表格である「ジャック・ダニエル」。1866年にアメリカ初の認可蒸留所として操業開始して以来、圧倒的な人気と歴史を誇るウイスキーブランドであ…

  2.  

    ファン垂涎!『デビルマン』ラベルの特別なスコッチウイスキーがやってくる

         

    永く人間をやっていれば絶望が心を支配することもある。それでも愛する者のために戦い続けたわれわ…

  3.  

    連載40周年『釣りバカ日誌』ラベルの特別なシングルモルトウイスキー

         

    二人の趣味人が集えば、世代や立場を超えた友情も成立する。そう、あのハマちゃんとスーさんのように……。…

  4.  

    わたせせいぞうラベルの超稀少なシングルモルトウイスキーが発売

         

    エッセイスト・バーマンとして活躍する島地勝彦氏が「ウイスキーの師」と仰ぐ山岡秀雄氏は、日本を…

  5.  

    高嶺の花だった懐かしの「舶来ウイスキー」がぐんと身近になった理由

         

    文/編集部1970~80年代、海外旅行のお土産は、もっぱら洋酒と「洋モク」だった。特にスコッ…

  6.  

    ちばてつや氏の名作漫画「のたり松太郎」ラベルの特別なウイスキー

         

    文/編集部サライ・インタビューにもご登場いただいた、漫画界の大御所ちばてつや氏の名作『のたり…

  7.  

    愛するマッカランを個人輸入していた白洲次郎【ウイスキーよもやま話11】

         

    文/矢島裕紀彦吉田茂の懐刀ともいわれた白洲次郎は、ことウイスキーに関しては、吉田をし…

  8.  

    吉田茂から田中角栄に引き継がれたオールドパー【ウイスキーよもやま話10】

         

    文/矢島裕紀彦国産のウイスキーが出来上がっても、すぐに舶来ものと肩を並べられるわけで…

  9.  

    夏目漱石が模造ウイスキーの話を聞いて呟いたこと【ウイスキーよもやま話9】

         

    文/矢島裕紀彦日本にウイスキーが持ち込まれたのは、幕末の嘉永6年(1853)。ペリー…

  10.  

    国産ウイスキーづくりに挑んだ竹鶴と鳥井の功績【ウイスキーよもやま話8】

         

    文/矢島裕紀彦明治維新後、日本人は欧米先進諸国に追いつけとばかり、急激な欧化政策を推進し…

  11.  

    サルトルが「ダルマ」のボトルを愛しすぎて失敗したこと【ウイスキーよもやま話7】

         

    文/矢島裕紀彦実存主義の哲学者ジャン=ポール・サルトルと、そのパートナーで『第二の性…

  12.  

    内田百閒にうまいハイボールを飲ませてやりたかった【ウイスキーよもやま話6】

         

    文/矢島裕紀彦内田百閒の随筆『特別阿房列車』に、こんな話がある。用もないのに…

  13.  

    酒を愛した若山牧水が「ウイスキー」を詠んだ歌【ウイスキーよもやま話5】

         

    文/矢島裕紀彦歌人の若山牧水(わかやまぼくすい、1885-1928)は、こよなく酒を…

  14.  

    落語界の両雄、志ん生と文楽の最後の酒【ウイスキーよもやま話4】

         

    文/矢島裕紀彦落語界の「昭和の名人」といえば、5代目古今亭志ん生と8代目桂文楽である…

  15.  

    ウイスキーを好んだ黒澤明の酒の肴とは【ウイスキーよもやま話3】

         

    文/矢島裕紀彦『七人の侍』で知られる世界的な映画監督・黒澤明も、ウイスキーを好んだ。…

  16.  

    氷嫌いの永井龍男、氷好きの山田風太郎【ウイスキーよもやま話2】

         

    文/矢島裕紀彦当たり前のことだが、ウイスキーの飲み方は人それぞれだし、年齢によっても…

  17.  

    悪しき風習?山口瞳が水割りを嫌った理由【ウイスキーよもやま話1】

         

    文/矢島裕紀彦『礼儀作法入門』で知られる作家の山口瞳は、酒の飲み方にも一家言を持って…

  18.  

    サライ12月号|特集は「ウイスキー」と「水墨画の年賀状」です。

         

    風土と歳月が醸す命の水「ウイスキー」の大特集に、誰でもカンタンにすぐ描ける「水墨画で寿ぐ年賀…

PAGE TOP