新着記事

今年のノーベル賞「低酸素応答」乳癌の検査や治療への応用は?

今年のノーベル賞「低酸素応答」|乳癌の検査や治療への応用は?

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(12/9~12/15)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(12/9~12/15)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(12/9~12/15)牡羊座~蟹座編

【ビジネスの極意】こんなに違う!? 信頼関係がある職場・ない職場

【ビジネスの極意】こんなに違う!? 信頼関係がある職場・ない職場

映画のロケーションガイドブック

映画「第3の男」の舞台ウィーンでミステリーを追う(オーストリア)

【最後の恋】親友の未亡人と遺児を見守り続けた10年目の愛……山が繋げた心の絆~その2~

【最後の恋】親友の未亡人と遺児を見守り続けた10年目の愛……山が繋げた心の絆~その1~

京都慈眼寺蔵の「黒い光秀像」は、『麒麟がくる』放映で人気を集めそう。

【今から待てない『麒麟がくる』!】大河対談第三弾|将軍義昭が策謀した「信長包囲網」と武田信玄の死

20代女性1,058人一斉調査! マスクシーズン到来!! マスク=風邪対策?すっぴん隠し?おしゃれ対策?

マスク=風邪対策だけではない!? 20代女性1,000人のマスク事情

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  2. 鴨鍋
  3. 宝塚歌劇

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

会社員でも要注意! 退職時・退職後に税金の申告が必要になる場合とは?【そのときになって困らないために|リタイア前後の手続き編】

退職時・退職後の税金の申告は?【そのときになって困らないために|リタイア前後の手続き編】
会社員は原則勤務先で年末調整されているので、確定申告の必要はありませんが、退職時・退職後は申告が必要となる場合もあります。

翌年の2月中旬から3月中旬にかけて申告する

個人の所得税は、1月1日から12月31日までの1年間に得た所得とその税額を納税者自身が計算し、翌年の2月16日から3月15日までの間に住所地を管轄する税務署に申告し納税することになっています。この申告のことを「確定申告」といいます。

会社員など給与所得者の場合は、勤務先で「年末調整」により所得税の精算を済ませてしまうので、一般的に確定申告の必要はありませんが、退職してからは場合によっては申告が必要なこともありますので注意しましょう。

確定申告をする必要がある人

所得税の確定申告をする必要があるのは、次のような人です。

1. 給与所得がある人

●給与の年間収入金額が2,000万円を超える人
●給与を1カ所から受けていて、各種の所得金額(給与所得、退職所得を除く)の合計額が20万円を超える人
●給与を2カ所以上から受けていて、年末調整をされなかった給与の収入金額と、各種の所得金額(給与所得、退職所得を除く)との合計額が20万円を超える人など

2. 公的年金等の収入がある人

●公的年金等にかかる雑所得の金額から所得控除を差し引いた結果、残額がある人
※公的年金等の収入金額が400万円以下で、かつ、公的年金等にかかる雑所得以外の各種の所得金額が20万円以下である場合には、確定申告の必要はありません。

退職後の確定申告の手続き(C)2019NPO法人日本FP協会

老後の資金づくりに活用したいNISA

老後の資金づくりに活用を考えたいのが、NISA(少額投資非課税制度)です。通常、預貯金の利子や投資信託の売却益および分配金には20.315%の税金がかかりますが、NISAの口座を使えば毎年の投資額120万円までの株や投資信託などの配当や譲渡益にかかる税金が非課税になります。もし20万円の利益が出た場合、手取りが約4万円増える計算です。

非課税枠は毎年、新規の投資額で120万円を超えない額まで設定でき、非課税になる期間は5年間です。さらに非課税枠に投資できる期間は2023年までになりますので、非課税期間が終了するのは2027年となります(下図参照)。

この非課税枠と期間を利用して、これから老後資金として準備するお金を毎月数万円ずつ投資信託などで積み立てることも可能です。

NISAの概要イメージ(C)2019NPO法人日本FP協会

口座は、銀行や証券会社などで開設できますが、1人1口座に限られます。口座を開設する金融機関の変更は1年単位で可能です(ただし、すでにNISA口座内で買い付けをしている年分は同年中の変更は不可)。また、120万円の枠を使い切らなかったとしても残枠を翌年へ繰り越すことはできず、また、売却によって空いた枠を再利用することもできません。

配当や譲渡益が非課税といっても価格自体が下がることもありますから、投資対象と投資時期の分散および長期運用を心掛け、老後資金づくりに生かしたいものです。

※制度は今後、改定されることがあります。また、2018年1月からは「つみたてNISA」も導入されています。 (毎年の投資上限額 40万円、非課税保有期間20年、現行 NISA との併用不可など)

※2019年6月1日現在の法令・制度等に基づいて作成しています。
※本記事はNPO法人日本FP協会発行のハンドブック「今からはじめるリタイアメントプランニング~50代から考えるセカンドライフ~」から転載したものです。ハンドブックに記載の書き込み表は、上記リンクよりダウンロードできます。

協力:NPO法人日本FP協会 https://www.jafp.or.jp/

  1. 100歳までの家計をキャッシュフロー表でチェック|人生100年時代のライフプランニングの考え方

    100歳までの家計をキャッシュフロー表でチェック|人生100年時代のライフプランニングの考え方

  2. お金の心配なく生きる|人生100年時代のライフプランニングの考え方

    50代から準備する、定年後をお金の心配なく生きる方法|人生100年時代のライフプランニングの考え方

  3. 退職時・退職後の税金の申告は?【そのときになって困らないために|リタイア前後の手続き編】

    会社員でも要注意! 退職時・退職後に税金の申告が必要になる場合とは?【そのときになって困らないために|リタイア前後の手続き編】

  4. 雇用保険、健康保険について【そのときになって困らないために|リタイア前後の手続き編】

    定年後の「雇用保険」「健康保険」、どうしたらいい?【そのときになって困らないために|リタイア前後の手続き編】

  5. 年金を受け取るための手続き【そのときになって困らないために|リタイア前後の手続き編】

    「年金を受け取るための手続き」でしなければならないこと【そのときになって困らないために|リタイア前後の手続き編】

  6. 相続と贈与【今からはじめるリタイアメントプランニング】

    50代から知っておきたい! 「相続税」と「贈与税」の基本【今からはじめるリタイアメントプランニング】

  7. 成年後見制度と遺言・エンディングノート

    「お金の終活」成年後見制度・遺言・エンディングノートを考える【今からはじめるリタイアメントプランニング】

  8. 介護施設の種類と費用は【今からはじめるリタイアメントプランニング】

    要介護認定の有無で利用できるかどうかが決まる|介護施設の種類と費用【今からはじめるリタイアメントプランニング】

  9. リタイア後の住まいは【今からはじめるリタイアメントプランニング】

    リタイア後の住まいをどうするか?さまざまな選択肢から考える【今からはじめるリタイアメントプランニング】

  10. なるべく長く働くには|リタイア後の健康保険は【今からはじめるリタイアメントプランニング】

    退職後も支払いが続く「健康保険」3つの選択肢【今からはじめるリタイアメントプランニング】

  11. 退職金を受け取る前に|セカンドライフで気になるイベントやお金のこと【今からはじめるリタイアメントプランニング】

    退職金を受け取る前にやるべきこと、やってはいけないこと【今からはじめるリタイアメントプランニング】

  12. 今のうちに足元を固め、できることを始めよう|資産を運用する【今からはじめるリタイアメントプランニング】

    老後の資金を増やす!|リスクを考えながら資産を運用するポイント【今からはじめるリタイアメントプランニング】

  13. https://serai.jp/wp-admin/post.php?post=375631&action=edit

    財形貯蓄、確定拠出年金、投資信託、あなたに合うのはどれ?|目標額と期間から考える貯蓄計画【今からはじめるリタイアメントプランニング】

  14. 今のうちに足元を固め、できることを始めよう|支出を減らす【今からはじめるリタイアメントプランニング】

    保険、住宅ローンの見直しは50代のうちに!|効果が大きい固定費を減らす方法【今からはじめるリタイアメントプランニング】

  15. 今のうちに足元を固め、できることを始めよう|収入を増やす【今からはじめるリタイアメントプランニング】

    50代から始める老後資金対策|収入を増やしてゆとりある定年後にする方法【今からはじめるリタイアメントプランニング】

  16. 退職金・企業年金・私的年金も忘れずに。セカンドライフの収支もチェック【今からはじめるリタイアメントプランニング】

    老後にもらえるお金はいくら!?|年金だけでなく、退職金・企業年金・私的年金の受け取れる総額を知る【今からはじめるリタイアメントプランニング】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 100歳までの家計をキャッシュフロー表でチェック|人生100年時代のライフプランニングの考え方 100歳までの家計をキャッシュフロー表でチェック|人生100年時…
  2. お金の心配なく生きる|人生100年時代のライフプランニングの考え方 50代から準備する、定年後をお金の心配なく生きる方法|人生100…
  3. 雇用保険、健康保険について【そのときになって困らないために|リタイア前後の手続き編】 定年後の「雇用保険」「健康保険」、どうしたらいい?【そのときにな…
  4. 年金を受け取るための手続き【そのときになって困らないために|リタイア前後の手続き編】 「年金を受け取るための手続き」でしなければならないこと【そのとき…
  5. 相続と贈与【今からはじめるリタイアメントプランニング】 50代から知っておきたい! 「相続税」と「贈与税」の基本【今から…
PAGE TOP