新着記事

教育専門家が教える「スマホデビュー」する我が子とのルールの決め方

郷里に住む親の介護で自滅しないための「遠距離介護」という選択

大半の高齢の親は子との同居は望んでいない!? 遠距離介護で自滅しない選択

「宦官(かんがん)」とは何か~中国史をいろどる異形の群像【中国歴史夜話 10】

「宦官(かんがん)」とは何か~中国史をいろどる異形の群像【中国歴史夜話 10】

ルーペ付きヘッドが360度回転する爪切り|回転機構で見やすく、力を入れずに楽にカット

斎藤道三親子の対立を煽った美濃守護・土岐頼芸

美濃守護・土岐頼芸が最後に拠った大桑城跡に立つ。14㎞先に望む斎藤道三・稲葉山城に戦国の悲哀を想う【麒麟がくる 満喫リポート】

【義家族との間】夫婦生活10年目。うまく回るためには「頑張るしかない」という関係は家族なのか~その2~

【義家族との間】夫婦生活10年目。うまく回るためには「頑張るしかない」という関係は家族なのか~その1~

生前・遺品整理|しっかり話合いできていますか? 後回しにすると大変な目に…!?

心配な親の孤独死。生前・遺品整理を相談していないと大変なことに…⁉

腰椎疾患のプロが教える、脊柱管狭窄症を自分で治すセルフケア

人気整体師・白井天道が教える「脊柱管狭窄症を自分で治す」ストレッチ

masa2さんによる写真ACからの写真

親の終の棲家をどう選ぶ?|超遠距離介護を続けるシングル一人娘の今――三たび扉は開いた

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 荒川豊蔵資料館蔵の志野筍絵茶碗 銘「随縁」(荒川豊蔵、1961年)。豊蔵が「再発見」した「美濃桃山陶」の陶片である「筍」と文様が共通する。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

50代から準備する、定年後をお金の心配なく生きる方法|人生100年時代のライフプランニングの考え方

お金の心配なく生きる|人生100年時代のライフプランニングの考え方
これまでは現在の生活を基にして10~20年くらい先までのライフプランを作成する方法が主流でしたが、人生100年時代にはそれでは不十分。100歳までの生活を思い描いて長期的なプランを立てることが重要です。

60歳で定年、65歳からリタイアでは老後が長すぎる

今は、定年後も年金が受け取れる65歳までは働く人が多いのですが、それでも60代半ばからセカンドライフに移行すると、働いた期間と同じくらい長い老後の生活を過ごさなければなりません。健康寿命も延び、高齢者の身体機能もひと昔前に比べ若返っている現在、将来のお金の不安を軽くするには、できるだけ長く働き続けることも考えてみましょう。

65歳以降は年金を受け取りつつ、無理のない範囲で働いて月数万円でも収入が増えれば、趣味や旅行などの思い描いたライフイベントを実現しやすくなります。貯蓄の取り崩しも抑えられ、80代、90代で貯蓄が底をつくといったリスクも回避しやすくなります。

大きく変わるのはこの部分(C)2019NPO法人日本FP協会

長く働くための準備は50代から始めよう

会社員が定年後、継続雇用後も働き続けるためには、どんな働き方があるのか、どういう仕事が求められているか、といったことを早めに調べ、自分が望む働き方や仕事に合わせて50代から準備を始めることが重要です。50代から始めれば、自分の専門分野に磨きをかけられるほか、新たな分野の仕事にチャレンジすることもでき、可能性は広がります。

自営業の人も今の仕事を続けていくのか、事業の範囲を広げたり転換したりする必要はないか、50代から検討し、少しずつ実行していきましょう。そのために必要な情報収集のための活動や学び直しの期間・費用なども、今後のライフプランに織り込んで作成していくことがポイントの一つになります。

50代からのキャリアプランの立て方(C)2019NPO法人日本FP協会

老後資金は長期的な資産形成と資産運用で準備する

人生80年の時代には、60歳までに蓄えた預貯金と退職金を老後資金に充て、それをもとに老後の生活設計を立てるのが一般的でした。しかし、人生100年時代に近づき、経済環境も厳しくなる今後は、老後資金の貯め方や活かし方も、これまでとは少しずつ違っていきます。老後に向かって資産形成をするとき、それを維持するとき、高齢期に取り崩していくときにも「運用」の有無が大きな差を生み出すことを知っておきましょう。
たとえば、老後資金をつくる際は、長期・分散・積立を利用した運用で効率的に資産を増やしていくことが重要です。定年後に働き続けている間やリタイア後も、すぐに使う予定のないお金は資産を維持し、少しでも増やすために運用を続けることを考えましょう。さらに将来、引き出して使う際にも運用しながら取り崩せば、資産を長持ちさせ、底を突く時期を遅らせることができます(下図を参照)。
50代では投資信託などによる運用で資産を増やし、60代以降も老後資金の一部は運用に回して、資産寿命を延ばすことが重要です。

毎月6万円ずつ取り崩したときの資産寿命(万円)(C)2019NPO法人日本FP協会

公的年金の繰り下げ受給で年金額を増やすことも検討

現在50代の人は、公的年金の受給開始は65歳からです。しかし、繰り上げ受給や繰り下げ受給によって、60~70歳の間は1カ月単位で受給開始時期をずらすこともできます。

早く受け取る繰り上げ受給は、1カ月早めるごとに年金額が0.5%ずつ減額になり、遅く受け取る繰り下げ受給では、1カ月遅くするごとに年金額が0.7%ずつ増えます。12カ月遅くして66歳から受給すれば、本来の年金額が8.4%増え、5年間遅らせて70歳から受け取れば、42%も増えることになります。

繰り上げ・繰り下げともに、減額・増額した年金が一生続くことになるため、慎重に検討することが大切ですが、当面の生活に支障がないなら、繰り下げ受給で将来の年金を増やすのも一つの方法です。繰り下げ受給は何歳から受け取り始めても、12年弱受け取れば、65歳から受給したときより受給総額は多くなり、長く生きれば生きるほど有利になります。

老齢厚生年金と老齢基礎年金のどちらか、または夫婦いずれか一方の年金だけ繰り下げ受給をする、といった選択もできます。

繰り下げ受給による年金の増え方(C)2019NPO法人日本FP協会

※2019年6月1日現在の法令・制度等に基づいて作成しています。
※本記事はNPO法人日本FP協会発行のハンドブック「今からはじめるリタイアメントプランニング~50代から考えるセカンドライフ~」から転載したものです。ハンドブックに記載の書き込み表は、上記リンクよりダウンロードできます。

協力:NPO法人日本FP協会 https://www.jafp.or.jp/

  1. 100歳までの家計をキャッシュフロー表でチェック|人生100年時代のライフプランニングの考え方

    100歳までの家計をキャッシュフロー表でチェック|人生100年時代のライフプランニングの考え方

  2. お金の心配なく生きる|人生100年時代のライフプランニングの考え方

    50代から準備する、定年後をお金の心配なく生きる方法|人生100年時代のライフプランニングの考え方

  3. 退職時・退職後の税金の申告は?【そのときになって困らないために|リタイア前後の手続き編】

    会社員でも要注意! 退職時・退職後に税金の申告が必要になる場合とは?【そのときになって困らないために|リタイア前後の手続き編】

  4. 雇用保険、健康保険について【そのときになって困らないために|リタイア前後の手続き編】

    定年後の「雇用保険」「健康保険」、どうしたらいい?【そのときになって困らないために|リタイア前後の手続き編】

  5. 年金を受け取るための手続き【そのときになって困らないために|リタイア前後の手続き編】

    「年金を受け取るための手続き」でしなければならないこと【そのときになって困らないために|リタイア前後の手続き編】

  6. 相続と贈与【今からはじめるリタイアメントプランニング】

    50代から知っておきたい! 「相続税」と「贈与税」の基本【今からはじめるリタイアメントプランニング】

  7. 成年後見制度と遺言・エンディングノート

    「お金の終活」成年後見制度・遺言・エンディングノートを考える【今からはじめるリタイアメントプランニング】

  8. 介護施設の種類と費用は【今からはじめるリタイアメントプランニング】

    要介護認定の有無で利用できるかどうかが決まる|介護施設の種類と費用【今からはじめるリタイアメントプランニング】

  9. リタイア後の住まいは【今からはじめるリタイアメントプランニング】

    リタイア後の住まいをどうするか?さまざまな選択肢から考える【今からはじめるリタイアメントプランニング】

  10. なるべく長く働くには|リタイア後の健康保険は【今からはじめるリタイアメントプランニング】

    退職後も支払いが続く「健康保険」3つの選択肢【今からはじめるリタイアメントプランニング】

  11. 退職金を受け取る前に|セカンドライフで気になるイベントやお金のこと【今からはじめるリタイアメントプランニング】

    退職金を受け取る前にやるべきこと、やってはいけないこと【今からはじめるリタイアメントプランニング】

  12. 今のうちに足元を固め、できることを始めよう|資産を運用する【今からはじめるリタイアメントプランニング】

    老後の資金を増やす!|リスクを考えながら資産を運用するポイント【今からはじめるリタイアメントプランニング】

  13. https://serai.jp/wp-admin/post.php?post=375631&action=edit

    財形貯蓄、確定拠出年金、投資信託、あなたに合うのはどれ?|目標額と期間から考える貯蓄計画【今からはじめるリタイアメントプランニング】

  14. 今のうちに足元を固め、できることを始めよう|支出を減らす【今からはじめるリタイアメントプランニング】

    保険、住宅ローンの見直しは50代のうちに!|効果が大きい固定費を減らす方法【今からはじめるリタイアメントプランニング】

  15. 今のうちに足元を固め、できることを始めよう|収入を増やす【今からはじめるリタイアメントプランニング】

    50代から始める老後資金対策|収入を増やしてゆとりある定年後にする方法【今からはじめるリタイアメントプランニング】

  16. 退職金・企業年金・私的年金も忘れずに。セカンドライフの収支もチェック【今からはじめるリタイアメントプランニング】

    老後にもらえるお金はいくら!?|年金だけでなく、退職金・企業年金・私的年金の受け取れる総額を知る【今からはじめるリタイアメントプランニング】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 100歳までの家計をキャッシュフロー表でチェック|人生100年時代のライフプランニングの考え方 100歳までの家計をキャッシュフロー表でチェック|人生100年時…
  2. 退職時・退職後の税金の申告は?【そのときになって困らないために|リタイア前後の手続き編】 会社員でも要注意! 退職時・退職後に税金の申告が必要になる場合と…
  3. 雇用保険、健康保険について【そのときになって困らないために|リタイア前後の手続き編】 定年後の「雇用保険」「健康保険」、どうしたらいい?【そのときにな…
  4. 年金を受け取るための手続き【そのときになって困らないために|リタイア前後の手続き編】 「年金を受け取るための手続き」でしなければならないこと【そのとき…
  5. 相続と贈与【今からはじめるリタイアメントプランニング】 50代から知っておきたい! 「相続税」と「贈与税」の基本【今から…
PAGE TOP