新着記事

新型コロナウイルスによる「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

新型コロナウイルスの「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

ストレスが原因なのか、便秘になることが増えてきた人の処方箋【不摂生でも病気にならない人の習慣】

ペットの名前ランキング2020、犬1位は「ココ」、猫1位は「レオ」、犬種別、猫種別の1位は?

2020年1月26日。東京・丸の内で行なわれた70歳の「バースディ・ライブ」のステージで。『エーゲ海のテーマ~魅せられて』を優雅に熱唱。1979年に200万枚の大ヒットを記録、日本列島を席巻したジュディさんの代表曲だ。真っ白い衣装に透けるシルエットが美しい。

【インタビュー】ジュディ・オング(歌手、女優、木版画家・70歳)「これからは毎日をお正月にしよう」古稀を迎えて、そう決めたんです

アフターコロナ旅行調査、国内旅行は3か月以内、海外旅行は6か月以内に行きたい人が多数!

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

ジョー・パス『カリフォルニア・ブリーズ』

「驚きの顔合わせ」から見えたフュージョン・ギターの源流【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道55】

アスパラの豆乳レモンクリームスパゲティ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】柔らかくて甘い、旬のアスパラガスを使ったレシピ2品

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態調査

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態

樺細工の三段小ダンス|2種の桜の皮を使い豊かな表情。手練の樺細工職人が丹精込めた

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

ジェンダー ニュートラルとフランス語の行方【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編9】

文/晏生莉衣ジェンダー ニュートラルとフランス語の行方【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編9】ラグビーワールドカップ、東京オリンピック・パラリンピックと、世界中から多くの外国人が日本を訪れる機会が続きます。楽しく有意義な国際交流が行われるよう願いを込めて、英語のトピックスや国際教養のエッセンスを紹介します。

* * *

これまで3回に渡り、ジェンダー ニュートラルな英語について紹介してきました。今回は、来年、東京でオリンピック、パラリンピックが開かれることから、オリンピックの第一公用語のフランス語を取り上げたいと思います。ノートルダム大聖堂の火災関連のニュースでは、現地の人々の話がフランス語のまま伝えられることも多くありました。

フランス語を少しでもかじったことのある方ならご存知だと思いますが、フランス語の名詞は基本的に男性名詞と女性名詞に分けられています。これはヨーロッパ言語に多くみられる特徴ですが、今回のレッスンでは話を広げずにフランス語に焦点を絞ることにします。

名詞が男性、女性に分かれているので、冠詞にも男性形と女性形がありますが、英語にはない部分冠詞というものも存在し、これにもまた男性形と女性形があります。英語はa(不定冠詞。母音の前ではan)かthe(定冠詞)しかないのに対し、フランス語の場合、単数形だけでも男性形が3つ(un、le、du)、女性形が3つ(une、la、de la)と、計6個あります。

フランス語のレッスンではないので詳しい文法の説明は省略しますが、冠詞をつけるルールは国の名前にもおよび、フランスは女性名詞でla France、日本は男性名詞でle Japon(ル・ジャポン)です。さらに、日本人は男性ならjaponais(ジャポネ)、女性は japonaise(ジャポネーズ)と、男性、女性で違う形を使い、それにつく形容詞も男性形、女性形に変化します。

フランス語はこのように、男性形(masculin)と女性形(féminin)という文法上の区別(genre)によってがんじがらめにしばられているような言語なので、これをジェンダー ニュートラルなものに変えるのは大変むずかしい、と言わなくてはなりません。フランスでは、人々は日々こうした言葉を使って生活していますから、家庭でも職場でも教育の場でも、自然と男女二分法が使われているわけで、現代の社会変化に合わせてジェンダーレスな言葉を使いなさいと言われたら、人々は話すことも書くこともできなくなってしまうでしょう。

では、「世界一美しい言語」と言われるフランス語は、この世の変化とは無縁で変わることがないのでしょうか。答えはOuiであり、Nonでもあります。

「女子10人+男子1人=男子チーム」という法則

フランスでも、社会の状況に適したフランス語を使おうとする動きは起きています。先に説明したような理由により、ジェンダー ニュートラルなものに変えるのは困難なことから、このところ活発化しているのが、できるだけ包括的な書き方を促進しようというムーヴメントです。フランス語では“l’écriture inclusive”と呼ばれています。(gender inclusiveについてはレッスン6で触れていますので、参考にしてください)

この流れをさかのぼると、2012年に発足したオランド政権によって、女性の権利省の復活や男女平等に関する総合的な法律の制定が行われ、2015年には、男女平等を担当する政府の評議会が、性別による差別のないパブリックコミュニケーションの実践ガイドを発表しました。それにもとづいて、2017年に、学習教材の専門出版社が “l’écriture inclusive”を導入した小学生向けの教材を初めて出版したのですが、これについて保守層から大反発が起き、包括的なフランス語への改革を巡って、教育の現場を巻き込む論争が開始されることになりました。

論争の背景には、フランス語が男女二分法による言語だという以外に、男性優先主義の象徴として批判が集中している文法があります。それは、「男女混在のグループの場合、主語は男性形を使う」という法則です。これに従うと、例えば学生10人のグループがあって、全員が女子学生なら、主語は「学生」の女性形の複数形(étudiantes)を使いますが、そのグループに1人でも男子が加われば、男性形の複数形(étudiants)を使うことになるのです。それがたとえ女子100人になっても、男子1人のために、主語は男性形を使います。

教材では、この法則を変えるために、主語は男性形と女性形を「・」(日本語で中黒(なかぐろ)と呼ばれる記号)を使って併記する方法を取り入れています。新しい発想なのでちょっとわかりにくいのですが、上記の「学生」を例にすると、単数形は“étudiant・e”、複数形は “etudiant・e・s” のように書きます。前回紹介した、見慣れない英語のジェンダー ニュートラル人称代名詞の数々の発案を連想させる、ユニークな試みです。

「フランス語の存続の危機」という批判と論争が始まる

これに対して、断固反対の意見をすぐさま表明したのが、フランス語の最高権威であるアカデミー・フランセーズでした。ブルボン朝ルイ13世の時代に設立された国立学術団体で、大半を男性メンバーで占める同アカデミーは、この新しい試みに対して、「フランス語は存続の危機にさらされている」という厳しい批判を行いました。

新たに発足したマクロン政権は女性差別の撤廃を掲げていますが、これについてはアカデミー・フランセーズに同調し、フィリップ首相は、政府文書や官庁での包括的なフランス語の使用を禁止すると発表しています。首相は説明として、「男性形は中性形として女性にも適応される」という趣旨の発言をしたのですが、これは、英語ではすでに使用されなくなった「総称としてのhe」と同様のロジックです(「総称としてのhe」についてはレッスン7参照)。

ジェンダー ニュートラルとフランス語の行方【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編9】

するとその翌月、全国の300名以上の公立小中校の先生たちが、「男性形優先の法則を自分たちは教えない」とするマニフェストを、署名入りで発表するという対抗措置に出ます。この法則は言語学的な理由によるものではなく、男性は女性より優れているとする概念から政治的な目的で17世紀に作られたものだとし、現代の価値観に反する文法を教えることはできない、と訴えたのです。そして、男女が混在する場合に男性形の主語を自動的に使うのではなく、多数を占める性別の形を使うか、当事者たちの合意によって選ぶことを代案として提案し、世界中のフランス語教師やフランス語を話す人々へ連帯を呼びかけて、変化を封じ込めようとする最高権力に真っ向からから挑みました。

「教室で教えていると、男の子たちは得意がり、女の子たちは下を向いてしまう。そんな光景を見たくないのです」── マニフェストには、先生たちのそうした思いが込められていました。

これらの教員たちの抗議活動は、賛成する学生や学者を始め、メディアや出版界も巻き込んで、包括的なフランス語への改革を求める多くの人たちの間にも広がっていきました。このマニフェストへの賛同を呼びかける嘆願書が推進派のフランス文学の教授によってインターネットに出されると、著名な執筆家や文化人、政治家を含む約3万3千人の署名が集まりました。

変化の兆しは英語、日本語と同じく、職業の名称から

それから1年以上が過ぎ――。アカデミー・フランセーズが、つい最近になって、ようやく譲歩の姿勢を見せました。現代の女性の役割と社会の変化を認めた上で、伝統を損なうとしてこれまで反対し続けてきた、職業の名称に女性形を加えることに「原則として支障はない」とする見解を、今年3月に出したのです。

フランス語では、「医師」(docteur、 médecin)、「作家」(écrivain)、「エンジニア」(ingénieur)など、男性形しかない職業の名称があります。日本語でもおなじみの「シェフ」(chef) は、料理長という意味だけでなく、組織のトップや指導者的なポジションを指すものですが、これにも男性形しかありません。

こうしたことは、以前のレッスンでも触れた、英語圏や日本の状況と似ているのですが、これらの職業や役職は伝統的に男性が就くものとされていたという時代背景がフランスにもあって、フランス語の番人として君臨するアカデミー・フランセーズは、過去に一部の職業の女性形を容認したことはあるものの、これらの職業については頑ななまでに男性形の使用しか認めていなかったのです。

伝統文化を重んじるフランスならではとも言えますが、これはさすがに旧態依然としているとされ、実際の社会では、男性形のみとする名称にeを付けて女性形にしたものが通称的に使われるケースも多々見られるようになっています。包括的なフランス語の推進派は、こうした職業名称の女性形についても正式に受け入れるように訴えていましたが、同アカデミーが、これについて、とうとう、ゴーサインを出したのです。

社会的変化に伴う英語や日本語での職業の改称と同様の取り組みが、フランス語でも始まったと言えます。ただ、英語がpolicemanからpolice officerに、日本語では「看護婦」が「看護師」へと、ジェンダー ニュートラルな名称に変えられたのに比べると(レッスン6参照)、フランスの場合は、男性形に加えて女性形の使用が容認されるという変更ですから、異質ではあります。男女二分法で成り立っているフランス語の性質上、こういう方法とならざるを得ないのでしょう。

小さな前進のようにも見えますが、アンシャン レジームを倒した市民の力が、再び、時代の変化を巡って勝利を勝ち取ったと、現代フランス語の歴史的な転換として注目を浴びることになりました。

包括的な方法として提案された「・」を使う男女形並列の新しい書き方や、男性形優先の法則の廃止については、同アカデミーも政府も反対姿勢を変えていないようですので、フランス社会では議論はこれからも続くことになります。フランス語の平等化についてはまだまだ様々な問題が指摘されていますが、それはまた別の機会に譲りたいと思います。

文・晏生莉衣(あんじょうまりい)
東京生まれ。コロンビア大学博士課程修了。教育学博士。二十年以上にわたり、海外で研究調査や国際協力活動に従事後、現在は日本人の国際コンピテンシー向上に関するアドバイザリーや平和構築・紛争解決の研究を行っている。

  1. 新型コロナウイルスによる「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

    新型コロナウイルスの「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

  2. 「今日コレできた!」新型ウイルス自粛でも子どもの生活を充実させる方法【異文化リテラシー レッスン8】

  3. 「エッセンシャルワーカーズへの感謝」が子どもの共感力を育てる|新型コロナウイルスのストレス対策(続)【異文化リテラシー レッスン7】

    「エッセンシャルワーカーズへの感謝」が子どもの共感力を育てる|新型コロナウイルス生活のストレス対策(続)【異文化リテラシー レッスン7】

  4. 新型コロナウイルス非常事態生活のいろいろなストレスを減らす「思考のヒント」【異文化リテラシー レッスン6】

    新型コロナウイルスでたまるストレスを上手に減らす「思考のヒント」【異文化リテラシー レッスン6】

  5. https://serai.jp/wp-admin/post.php?post=391052&action=edit

    新型コロナウイルス感染爆発が現実化する欧米で注目される「共感力」と、日本で懸念される「スティグマ行為」【異文化リテラシー レッスン5】

  6. 新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大(オーバーシュート)対策を阻む「困った人たち」について(後編) 対応編【異文化リテラシー レッスン4】

    新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大(オーバーシュート)対策を阻む「困った人たち」について(後編) 対応編【異文化リテラシー レッスン4】

  7. 新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大(オーバーシュート)対策を阻む「困った人たち」について(前編)【異文化リテラシー レッスン3】

    新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大(オーバーシュート)対策を阻む「困った人たち」について(前編)【異文化リテラシー レッスン3】

  8. ライフスタイルからみる世界の新型コロナウイルス感染の拡大状況 【<異文化リテラシー>レッスン2】

    ライフスタイルからみる世界の新型コロナウイルス感染の拡大状況 【<異文化リテラシー>レッスン2】

  9. the Pleiades star cluster

    新型コロナウイルスの「クラスター」。「感染者集団」とは別の意味がたくさんあるのをご存知ですか? 【<異文化リテラシー>レッスン1 英語編】

  10. 「今年のアメリカ流行語トップ10」どれだけわかりますか? 米語辞典から学ぶ新しい英語(5)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編36】

    「今年のアメリカ流行語トップ10」どれだけわかりますか? 米語辞典から学ぶ新しい英語(5)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編36】

  11. 「クリスマスは12月25日から始まる」という本当の暦と伝統【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編35】

    「クリスマスは12月25日から始まる」という本当の暦と伝統【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編35】

  12. 日本の「クリスマス」のおかしな常識【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編34】

    日本の「クリスマス」のおかしな常識とは?【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編34】

  13. 「アメリカ英語」の生みの親は誰? 米語辞典から学ぶ新しい英語(4)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編33】

    「アメリカ英語」の生みの親は誰? 米語辞典から学ぶ新しい英語(4)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編33】

  14. ペインポイント、ディープステート、スティンガー? 米語辞典から学ぶ新しい英語(3)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編32】

    ペインポイント、ディープステート、スティンガー? 米語辞典から学ぶ新しい英語(3)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編32】

  15. 英語圏で広がる「プロナウンスティッカー」とは?|米語辞典から学ぶ新しい英語(2)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編31】

    英語圏で広がる「プロナウンスティッカー」とは?|米語辞典から学ぶ新しい英語(2)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編31】

  16. いまや常識「単数形のthey」をさらに正しく理解しよう|米語辞典から学ぶ新しい英語(1)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編30】

    いまや常識「単数形のthey」をより正しく理解しよう|米語辞典から学ぶ新しい英語(1)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編30】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 新型コロナウイルスによる「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】 新型コロナウイルスの「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと…
  2. 「今日コレできた!」新型ウイルス自粛でも子どもの生活を充実させる…
  3. 「エッセンシャルワーカーズへの感謝」が子どもの共感力を育てる|新型コロナウイルスのストレス対策(続)【異文化リテラシー レッスン7】 「エッセンシャルワーカーズへの感謝」が子どもの共感力を育てる|新…
  4. 新型コロナウイルス非常事態生活のいろいろなストレスを減らす「思考のヒント」【異文化リテラシー レッスン6】 新型コロナウイルスでたまるストレスを上手に減らす「思考のヒント」…
  5. https://serai.jp/wp-admin/post.php?post=391052&action=edit 新型コロナウイルス感染爆発が現実化する欧米で注目される「共感力」…
PAGE TOP