新着記事

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

『Norman Granz' Jazz At The Philharmonic Vol.6』

「好き勝手」を楽しむ ジャム・セッションの聴き方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道56】

“ながら視聴”でBGM化したテレビ。2人に1人が“聞き逃し”でストレス

新型コロナウイルスの影響で進路が変わる受験生多数!?|受験生への新型コロナウイルスの影響に関する調査

新型コロナの影響で進路が変わる? 入試を控える高校3年生の不安

ポークソテーシャリアピンソース

【管理栄養士が教える減塩レシピ】みじん切り、すりおろしで活性化! 旬のにんにくの栄養を逃さない調理法

サンブロックアンブレラ|遮光、遮熱に優れたアウトドア仕様の日傘

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(6/1~6/7)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(6/1~6/7)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(6/1~6/7)牡羊座~蟹座編

【ビジネスの極意】IQが高い人が必ずしも成功するわけではない

【ビジネスの極意】IQが高い人が必ずしも成功するわけではない

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

ジェンダー ニュートラルで進化する英文法(後編)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編8】

文/晏生莉衣

ジェンダー ニュートラルで進化する英文法(後編)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編8】

ラグビーワールドカップ、東京オリンピック・パラリンピックと、世界中から多くの外国人が日本を訪れる機会が続きます。楽しく有意義な国際交流が行われるよう願いを込めて、英語のトピックスや国際教養のエッセンスを紹介します。

* * *

heあるいはsheという男女二分法で呼んでほしくないという人々がオープンな主張を始めた、という社会的変化から、ジェンダー ニュートラルな人称代名詞として「単数形のthey」を使う動きが広がっていることを前回、取り上げました。今回は「単数形のthey」以外のさまざまなジェンダー ニュートラル人称代名詞についてです。

復習すると、「単数形のthey」とは、性別にかかわらず、すべての人に使える三人称の代名詞の単数形が英語にはないことから、theyを単数形で使おうという試みです。この用法では、例えば、“his name”や “her name”となるところが “their name”となります。theyを単数形とみなし、男性に関してでも女性に関してでも共通に使うわけです。

この「単数形のthey」は、従来のhe, she, theyという人称代名詞を使いながら文法を変えるという方法ですが、それに対し、まったく別な形のジェンダー ニュートラル人称代名詞を作ってしまおうという動きが2000年代前後から高まっています。

“ey”, “E”, “ze, “xe ”……

その先駆者的なもののひとつに、theyからthを落とした“ey”という形の代名詞があります。これは1975年にクリスティーン・エルヴァーソンという女性が考案したものですが、その変形のような、“E”というよりシンプルな代名詞を、マイケル・スピヴァックという数学者が1983年に考案しました。そのいくつかのヴァリエーションも含めて、実際にコンピュータゲームや一部のジェンダークィア(genderqueer: LGBTQQにあたる性的マイノリティの総称)の間で使われていると言われています。そしてその後、現在まで数々のジェンダー ニュートラル代名詞が提案されてブームのようになっています。

ただし、ブームといっても、「単数形のthey」の試みに古い歴史があるように(前回レッスン7参照)、まったく別な形のジェンダー ニュートラル人称代名詞の考案も、18世紀終わり頃にさかのぼって、 “ou”という形の記録があることがわかっています。下の表にあるのは主なジェンダー ニュートラル人称代名詞の例で、年代はこれまでの研究からわかっているだいたいの年代です。こうした古いものから最新のものまで、これまでに100以上の形が提案されているといいます。

ジェンダー ニュートラル人称代名詞の数々

ジェンダー ニュートラル人称代名詞の数々

馴染みのないものがいろいろとありますね。英語圏の人々にもどう発音するのかわからないものが多いので、発音記号つきで解説がされているような状況です。例えば “ze” “zee”のように発音します。その活用の “hir” は「ここ」という意味の“here”と同じ発音です。

この “ze”に関連する最新の話題に、スクラブル(Scrabble)というボードゲームがあります。スクラブルはクロスワードのようにアルファベットを並べて単語を作るゲームですが、点数を競いながら楽しく英単語を覚えられるので人気が高く、各国からの参加者で得点を競う世界大会もあります。その世界大会を管理する連合組織WESPA (the World English Language Scrabble Players Association) は、今年5月にアップデートする単語リストに“ze”を追加すると発表しています。ジェンダー ニュートラル代名詞として初めて加えられるもので、ゲームでは一般的な単語として使われることになります。様々な国で子どもから大人まで幅広い年齢層の愛好家がいるこのゲームで“ze”の使用がOKとなればインパクトはあるので、「単数形のthey」以外のジェンダー ニュートラル人称代名詞が受け入れられやすくなることにつながっていくのではないでしょうか。日本でも友達や家族とスクラブルゲームを楽しむ方々がいると思いますが、“ze”を覚えておけば、これからは得点のチャンスが一つ増えることになります。

“ou” 、“ne” 、“thon”という古い形が根づかなかったように、こうした新たな発案のものがどれだけ普及していくかは不明ですが、ハーヴァード大学をはじめとする多くの大学がこうしたジェンダー ニュートラルな人称代名詞に関するポリシーを発表し、学生に選択の自由を与えています。

こうしたジェンダー ニュートラルな人称代名詞が導入されても、heや sheという従来のものが廃止されるわけではありません。heも sheもこれまでどおり使用することに変わりはなく、ジェンダー ニュートラルのほうを使いたい人は、どうぞそちらをお使いください、ということです。英語圏では人称代名詞の選択肢が広がったとポジティブに受け止める声が多く聞かれますが、とまどいや異なる見解もあり、これからも議論が続く模様です。

言語は変わりゆくもの

英語を含めて言語は長い歴史の中で変化を続けてきました。その時代とともに人々の話す言葉も表現も変われば、言語の骨格である文法が変わることもあります。ここ数年来、世界中で押し寄せているジェンダーによる意識改革の波を受けて、英語は今、この三人称の人称代名詞の課題に再び直面しています。

実際のところ、ジェンダー ニュートラルな人称代名詞は、日本人にとっても利用価値は高いのではないかという印象があります。英語を書くのに慣れていない人が、ある対象となる職業や人物について、自分の中のジェンダーバイアスによって“he”あるいは“she”というように決めつけて書いてしまうというミスを避けられますし、ビジネスで英文レポートやメールを書くことがある中級・上級者にもメリットは大きいでしょう。実際に書いてみるとわかりますが、現在のルールに従って、文中にhe or she、his or her、him or her、あるいは s/he、his/her、him/herというように書く頻度はかなり高いのです。しかし、前者を繰り返すと文章が間延びする感じがし、後者を繰り返すとなにか機械的な感じがすると、私自身、書いていて気になることがよくあります。又、ディスカッションやプレゼンテーションをする際に、“he or she”を繰り返すのは時間がかかる上、言葉がスムーズに流れにくくなるのでけっこうな負担となります。きっと、こうした不便さや不自然さを、英語圏の人々は古くからずっと感じてきたのでしょう。

さらに、ジェンダー平等だけではなくLGBTQへの配慮も含める時流の中では、he or sheの二分法でいいのかという疑問も生まれてきます。こうしたジェンダー ニュートラル人称代名詞のいずれかが定着すれば、意図せずに誰かを排除してしまうようなことを避けられますし、より自然な英語を書いたり話したりできるようになることが期待できます。それが近い将来のことになるのか、遠い将来なのか、それともまったく定着せずに終わるのか、今後の展開が注目されます。ジェンダー ニュートラルな言葉遣いについて、英語以外の言語に関しても次回以降で取り上げていく予定です。

文・晏生莉衣(あんじょうまりい)
東京生まれ。コロンビア大学博士課程修了。教育学博士。二十年以上にわたり、海外で研究調査や国際協力活動に従事後、現在は日本人の国際コンピテンシー向上に関するアドバイザリーや平和構築・紛争解決の研究を行っている。

  1. 新型コロナウイルスによる「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

    新型コロナウイルスの「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

  2. 「今日コレできた!」新型ウイルス自粛でも子どもの生活を充実させる方法【異文化リテラシー レッスン8】

  3. 「エッセンシャルワーカーズへの感謝」が子どもの共感力を育てる|新型コロナウイルスのストレス対策(続)【異文化リテラシー レッスン7】

    「エッセンシャルワーカーズへの感謝」が子どもの共感力を育てる|新型コロナウイルス生活のストレス対策(続)【異文化リテラシー レッスン7】

  4. 新型コロナウイルス非常事態生活のいろいろなストレスを減らす「思考のヒント」【異文化リテラシー レッスン6】

    新型コロナウイルスでたまるストレスを上手に減らす「思考のヒント」【異文化リテラシー レッスン6】

  5. https://serai.jp/wp-admin/post.php?post=391052&action=edit

    新型コロナウイルス感染爆発が現実化する欧米で注目される「共感力」と、日本で懸念される「スティグマ行為」【異文化リテラシー レッスン5】

  6. 新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大(オーバーシュート)対策を阻む「困った人たち」について(後編) 対応編【異文化リテラシー レッスン4】

    新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大(オーバーシュート)対策を阻む「困った人たち」について(後編) 対応編【異文化リテラシー レッスン4】

  7. 新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大(オーバーシュート)対策を阻む「困った人たち」について(前編)【異文化リテラシー レッスン3】

    新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大(オーバーシュート)対策を阻む「困った人たち」について(前編)【異文化リテラシー レッスン3】

  8. ライフスタイルからみる世界の新型コロナウイルス感染の拡大状況 【<異文化リテラシー>レッスン2】

    ライフスタイルからみる世界の新型コロナウイルス感染の拡大状況 【<異文化リテラシー>レッスン2】

  9. the Pleiades star cluster

    新型コロナウイルスの「クラスター」。「感染者集団」とは別の意味がたくさんあるのをご存知ですか? 【<異文化リテラシー>レッスン1 英語編】

  10. 「今年のアメリカ流行語トップ10」どれだけわかりますか? 米語辞典から学ぶ新しい英語(5)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編36】

    「今年のアメリカ流行語トップ10」どれだけわかりますか? 米語辞典から学ぶ新しい英語(5)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編36】

  11. 「クリスマスは12月25日から始まる」という本当の暦と伝統【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編35】

    「クリスマスは12月25日から始まる」という本当の暦と伝統【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編35】

  12. 日本の「クリスマス」のおかしな常識【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編34】

    日本の「クリスマス」のおかしな常識とは?【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編34】

  13. 「アメリカ英語」の生みの親は誰? 米語辞典から学ぶ新しい英語(4)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編33】

    「アメリカ英語」の生みの親は誰? 米語辞典から学ぶ新しい英語(4)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編33】

  14. ペインポイント、ディープステート、スティンガー? 米語辞典から学ぶ新しい英語(3)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編32】

    ペインポイント、ディープステート、スティンガー? 米語辞典から学ぶ新しい英語(3)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編32】

  15. 英語圏で広がる「プロナウンスティッカー」とは?|米語辞典から学ぶ新しい英語(2)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編31】

    英語圏で広がる「プロナウンスティッカー」とは?|米語辞典から学ぶ新しい英語(2)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編31】

  16. いまや常識「単数形のthey」をさらに正しく理解しよう|米語辞典から学ぶ新しい英語(1)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編30】

    いまや常識「単数形のthey」をより正しく理解しよう|米語辞典から学ぶ新しい英語(1)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編30】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 新型コロナウイルスによる「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】 新型コロナウイルスの「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと…
  2. 「今日コレできた!」新型ウイルス自粛でも子どもの生活を充実させる…
  3. 「エッセンシャルワーカーズへの感謝」が子どもの共感力を育てる|新型コロナウイルスのストレス対策(続)【異文化リテラシー レッスン7】 「エッセンシャルワーカーズへの感謝」が子どもの共感力を育てる|新…
  4. 新型コロナウイルス非常事態生活のいろいろなストレスを減らす「思考のヒント」【異文化リテラシー レッスン6】 新型コロナウイルスでたまるストレスを上手に減らす「思考のヒント」…
  5. https://serai.jp/wp-admin/post.php?post=391052&action=edit 新型コロナウイルス感染爆発が現実化する欧米で注目される「共感力」…
PAGE TOP