新着記事

幹が太い、マスカット・ベーリーAの見事な古木。「父が小学生の時の写真にすでに写っているから、樹齢は少なくとも80年以上」。その前に佇む岸平典子さん。 【日本ワイン生産者の肖像6】岸平典子さん(タケダワイナリー)|創業100年の歴史を持つ老舗で、日本ワインの王道を突き進む女性醸造家。 【娘のきもち】「医者になったことが一番の親孝行」稼げるようになった今もお金を一切受け取ってくれず……~その2~ 【娘のきもち】「医者になったことが一番の親孝行」稼げるようになった今も両親はお金を一切受け取ってくれず……~その2~ 【娘のきもち】お酒の力を借りて勉強の邪魔をしてくる父親。その姿が苦手だった~その1~ 【娘のきもち】中高一貫校に入ったことで勉強が好きに。お酒の力を借りて勉強の邪魔をしてくる父親が苦手だった~その1~ 履きやすい靴は健康に悪い靴⁉  ロコモを防ぐ靴の選び方 履きやすい靴は足に悪い靴!?| 健康寿命を延ばす靴の選び方 本多忠勝像 「徳川四天王」家の幕末~そのとき、名将たちの子孫はどう動いたか【にっぽん歴史夜話13】 江戸切子のぐい呑み|珍しい琥珀色のクリスタルガラスに東西の刻みの技が共演 一生仕事を続ける時代、73歳女性も活躍するユーチューバーという職業[PR] 「ヤフオク!」で検索された「猫」を含むキーワードランキング 夏目漱石の小説「吾輩は猫である」初版本(明治40年発行)は12万円超で落札!|「ヤフオク!」で取引された意外な「猫」グッズ 高所恐怖症の人はクラクラしてしまいそうな天井座敷。 ベストな席は天井桟敷?|ベルリン・フィルハーモニーを現地で鑑賞する方法 健康オイルブーム! 摂り方を間違えるとシワやくすみの原因にも⁉ 健康オイルブーム! 摂り方を間違えるとシワやくすみの原因にも!?

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 角野栄子さん

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

もっと知りたい猫のこと「にゃんこサライ」人気記事TOP20

neko

今年の「にゃんこサライ」に登場してくれた、わさびちゃんファミリーの猫さんたち。

文/編集部

毎回、猫をめぐる様々なトピックをご紹介している『サライ.jp』の好評シリーズ企画「にゃんこサライ」。今年も猫にまつわる多くの記事を、ほぼ毎週お届けしてきました。

そこで今回は、2016年の年間人気記事ランキングTOP20を発表します。見逃している記事はありませんか? 愛猫家の方も、そうでないかたも、あらためてチェックしてみてくださいね!

まずは1位~10位の発表です。

■1位:新入り子猫がやってきた!44匹の子猫を救った「わさびちゃん母さん」の現在

■2位:猫の「のどゴロゴロ」には飼い主に伝えたい思いが詰まっている

■3位:愛猫は飼い主の言葉をどこまでわかっている?

■4位:「猫=夜行性」は大誤解。猫本来の活動時間は夕暮れと明け方だった

■5位:命名に込められた泣けるエピソード!命を救われた「保護猫」たちの肖像2

■6位:効果てきめん!愛猫のしつけに取り入れたい2つのトレーニング法

■7位:服を着せたら猫は嫌がるのか?を猫の気持ちになって考えてみる

■8位:ボクを捨てないで!ペット猫が野良猫として生きていけない理由

■9位:猫だって暑いのはイヤ!猛暑の夏だから知っておきたい「猫の暑さ対策」

■10位:猫にだって相性がある!先住猫と新入り猫を仲良くさせる方法

つづけて、11位~20位の記事をご紹介します。にゃんこ好きにとっての必読記事が目白押しです! 11位以下は、次のような記事がランクインしました。

■11位:かわいいけど困ってしまう愛猫の「かまってポーズ」にうまく付き合う方法は?

■12位:「足元すりすり」と「マーキング」行動から愛猫の気持ちを読み取る

■13位:猫によって性格が違うのはなぜ?愛猫の性格を決定づける「脳」の謎

■14位:子猫の「社会デビュー」は生後●週間後までにさせるとよい

■15位:自由気ままで自分勝手に見えても、じつは猫にも社会性はある

■16位:猫にも認知症がある!高齢猫の行動が心配なとき飼い主がやるべきこと

■17位:猫に学習させるには●●の直前に教えるのが最も効果的

■18位:病気で食欲ゼロの愛猫が飛びついてきたご飯は、まさに「おふくろの味」だった!?

■19位:猫にも「別腹」がある!? 注意すべき愛猫へのご飯の与え方

■20位:猫は本当に「笑う」のか?猫の感情表現は顔よりも●●に出る

以上、『サライ.jp』の好評シリーズ企画「にゃんこサライ」2016年の年間人気記事ランキングTOP20の発表でした!

猫を飼ってらっしゃる方には、ぜひ読んでいただきたい記事ばかりです。新しい年、愛猫とのよりいっそう幸せな関係を築くためにも、ぜひお目通しください!

文/編集部

51U7MzYdo0L__SY494_BO1,204,203,200_

累計21万部を突破した「わさびちゃんシリーズ」の 第1弾『ありがとう! わさびちゃん』(小学館刊)。

■わさびちゃんファミリー(わさびちゃんち)
カラスに襲われて瀕死の子猫「わさびちゃん」を救助した北海道在住の若い夫妻。ふたりの献身的な介護と深い愛情で次第に元気になっていったわさびちゃんの姿は、ネット界で話題に。その後、突然その短い生涯を終えた子猫わさびちゃんの感動の実話をつづった『ありがとう!わさびちゃん』(小学館刊)と、わさびちゃん亡き後、夫妻が保護した子猫の「一味ちゃん」の物語『わさびちゃんちの一味ちゃん』(小学館刊)は、日本中の愛猫家の心を震わせ、これまでにも多くの不幸な猫の保護活動に大きく貢献している。

猫のふしぎがいっぱい!「にゃんこサライ」の記事一覧

nyankoserai-3

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「ヤフオク!」で検索された「猫」を含むキーワードランキング 夏目漱石の小説「吾輩は猫である」初版本(明治40年発行)は12万…
  2. 甘えん坊の猫さんに試してみてくださいね 猫の運動不足&ストレス解消には「キャットアジリティー」が効果的【…
  3. 猫と人は家族や友人のように親しくなれるのか 猫と人は友達になれるの?|猫と「楽しい時間」を過ごす方法
  4. 飼い主さんの想像以上に多い 誤飲事故は寒い今が危険 「うちの子〇〇を食べちゃったんです!」犬・猫の誤飲事故は冬が危険…
  5. 猫の避妊・去勢手術ってしたほうがいい? 猫の避妊・去勢手術ってしたほうがいい?
PAGE TOP