新着記事

アイコンタクトを大切に|相手の目を見て話すのは礼儀です アイコンタクトを大切に|相手の目を見て話すのは礼儀です【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編 4】 定年後「給与が下がっても働きたい」約7割 定年前活動「定活」をするかが、定年後の人生を決める|定年後のキャリア対策「十分できている」人はわずか1% 欅のこぶ付き指圧棒|絶妙な具合でツボを刺激する天然木の指圧棒 最終的に色付けをしてできあがり ユネスコの無形文化遺産、スペイン・バレンシアの「火祭り」|火祭りアーティストとはいったい何? クラシックなデザインに足を止める人が多く、常にギャラリーが絶えない初代クラウン(1955年~) 初代から最新まで、歴代クラウン15台がショッピングストリートの石畳スペースに一挙集結! 元町商店街とクラウンがコラボした「クラウンDay at Motomachi」![PR] 【ビジネスの極意】ホリエモンの宇宙事業に学ぶ、仕事のモチベーションの高め方 【ビジネスの極意】ホリエモンの宇宙事業に学ぶ、仕事のモチベーションの高め方 膝や腰の痛み、原因は足の形かも 甲高や扁平だと、なぜひざや腰に負担がかかるのか?|「足の形」が原因の膝や腰の痛み メイドイン京都の小さなおりん|澄んだ音色が心地よい手のひらサイズのおりんセット 黒澤明『用心棒』 観るたびに面白く、見飽きない。どんなハリウッド映画も吹き飛ばすほどの痛快さ|黒澤明『用心棒』【面白すぎる日本映画 第28回】 日本リメイク版『24』ジャック・バウアー役を演じてほしい俳優ランキング|3位 は 岡田准一 、2位は ディーン・フジオカ 、1位は? 日本リメイク版『24』ジャック・バウアーを演じてほしい俳優ランキング|3位 は 岡田准一 、2位は ディーン・フジオカ 、1位は?

サライ本誌最新号

住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. クラシックなデザインに足を止める人が多く、常にギャラリーが絶えない初代クラウン(1955年~)

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

病気で食欲ゼロの愛猫が飛びついてきたご飯は、まさに「おふくろの味」だった!?【猫のふしぎ第3回】

アメリカ生まれの保護猫・小太郎とフライドポテト

空前の猫ブームといわれる昨今。でも、猫の生活や行動パターンについては、意外と知られていないことが多いようです。人間や犬の行動に当てはめて考えて、まったく違う解釈をしてしまっていることも少なくありません。昔から猫を飼っているから猫の性格や習性を熟知していると思っていても、じつは勘違いしていたということが結構あるようです。

そこで、動物行動学の専門医・入交眞巳先生(日本獣医師生命科学大学)にお話を伺いながら、猫との暮らしで目の当たりにする行動や習性について、専門的な研究に基づいた猫の真相を解明していきたいと思います。

 

元気だった頃の、入交先生の愛猫・小太郎くん。

元気だった頃の、入交先生の愛猫・小太郎くん。

 

前回は、猫にも“おふくろの味”があるということと、好き嫌いについてお話ししました(記事を読む)。 猫の食べ物の話というと、私にも以前飼っていた愛猫との間に、ちょっと切ない思い出があります。

私がアメリカに住んでいた頃に飼い始めたキジトラの小太郎は、もともと野良猫でした。生後1歳~2歳くらいの時に、交通事故に遭って大けがをしているところを、私の友人が保護。病院で治療を受けてからしばらくの間、友人の実家でお世話をしていましたが、長くは飼えないということで、私が引き取ることになりました。うちに来た時の小太郎は、傷こそ癒えていましたが、右耳が少し潰れて、左手の先も少しなくなっていました。でも、まだ子猫のあどけなさを残すやんちゃな猫で、元気いっぱい。瀕死のところを助けられて一命をとりとめ、生を満喫しているようでした。私が帰国する際、小太郎も日本に連れ帰ってきました。

小さい頃はアメリカの街でお母さんからハンティングを教わった小太郎くん。最後まで“おふくろの味”は忘れられなかったようです。

小さい頃はアメリカの街でお母さんからハンティングを教わった小太郎くん。最後まで“おふくろの味”は忘れられなかったようです。

■小太郎の好物は鶏肉

小太郎の好物は、鶏肉でした。といっても、私がそれに気づいたのは、ずいぶん後になってからのこと。もともと野良猫なので基本的になんでも食べた小太郎でしたが、晩年に病気を患ってから、小太郎がどれだけ鶏肉好きだったかを改めて知ることになったできごとがあったのです。

病気になった小太郎は、次第に食欲が落ちていきました。小太郎が今まで好きったペットフードはもちろん、猫用のおやつや、いつもより高価なフードをあげたりしましたが、食はほとんど進みませんでした。以前はあんなに食いしん坊だったのに。何か食べてくれないと体力がどんどん落ちてしまうのではと、心配の日々でした。

ある日の晩、私の母が鶏肉の酒蒸しを作っていました。夕食の一品だったのですが、なんとなく思いついて、鶏肉の酒蒸しをひと切れ、小太郎に与えてみました。すると、食欲がなくなっていた小太郎が、大喜びで食べ始めたのです。それ以来、私は毎日、小太郎のために鶏肉の酒蒸しを作ることになりました。私も獣医です。小太郎の命はもう長くはないとわかっていましたから、少しでもいいから好きなものを食べて、少しでも元気を取り戻して欲しかったのです。

しばらくの間は鶏肉の酒蒸しでなんとかしのいでいたのですが、そのうち、それさえもあまり食べてくれなくなってきました。日に日に体力は衰え、つらそうに寝てばかりいた小太郎でした。

すやすや眠る小太郎くん。お母さんの夢を見ていたのでしょうか。耳や鼻の頭、手の先には、野良猫時代に遭遇した交通事故の傷跡がありました。

すやすや眠る小太郎くん。お母さんの夢を見ていたのでしょうか。耳や鼻の頭、手の先には、野良猫時代に遭遇した交通事故の傷跡がありました。

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 人気の高い猫の種類は?|3位はアメリカンショートヘアー、2位は 日本猫 、1位は? 【猫の国勢調査2019】結果発表! 【猫の国勢調査2019】人気の高い猫の種類は?|3位はアメリカン…
  2. 「ヤフオク!」で検索された「猫」を含むキーワードランキング 夏目漱石の小説「吾輩は猫である」初版本(明治40年発行)は12万…
  3. 甘えん坊の猫さんに試してみてくださいね 猫の運動不足&ストレス解消には「キャットアジリティー」が効果的【…
  4. 猫と人は家族や友人のように親しくなれるのか 猫と人は友達になれるの?|猫と「楽しい時間」を過ごす方法
  5. 飼い主さんの想像以上に多い 誤飲事故は寒い今が危険 「うちの子〇〇を食べちゃったんです!」犬・猫の誤飲事故は冬が危険…
PAGE TOP