新着記事

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(9/23~9/29)

生活は口のなかに表れる|『口がきれいだと、健康で長生きできる』

唾液が少ない人は要注意!口がきれいでない人は、長生きできない

招福 健康パートナー|健康と幸福を願って握る福の神のツボ押し

起業

定年後の起業が増加傾向!?|シニア層の4人に1人が「起業に関心あり」

【最後の恋】「うちでお昼はいかが?」高級マンションでひとり暮らしをする4歳年下の未亡人の誘惑~その2~

【最後の恋】偶然入った昼間のカラオケスナック。「いい声ね」と言われ、人生初のモテ期が始まり……~その1~

認知症になるのを予防して“もの忘れ”程度に留める方法とは

認知症になるのを予防して“もの忘れ”程度に留める方法とは?

秋の長雨シーズン到来。あなたの知らない、部屋干しの新事実

秋の長雨シーズン到来。あなたの知らない「部屋干し」の新事実

オーギュスト・ルノワール《ピアノを弾く少女たち》1892年頃 Photo (c) RMN-Grand Palais(musée de l' Oangerie) / Franck Raux / distributed by AMF

ヨーロッパ屈指の絵画作品が21年振りに日本で公開【オランジュリー美術館コレクション ルノワールとパリに恋した12人の画家たち】

江戸切子 蓋ちょこ|伝統と現代の趣向を合わせたモダンな切子グラス

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

病気で食欲ゼロの愛猫が飛びついてきたご飯は、まさに「おふくろの味」だった!?【猫のふしぎ第3回】

アメリカ生まれの保護猫・小太郎とフライドポテト

空前の猫ブームといわれる昨今。でも、猫の生活や行動パターンについては、意外と知られていないことが多いようです。人間や犬の行動に当てはめて考えて、まったく違う解釈をしてしまっていることも少なくありません。昔から猫を飼っているから猫の性格や習性を熟知していると思っていても、じつは勘違いしていたということが結構あるようです。

そこで、動物行動学の専門医・入交眞巳先生(日本獣医師生命科学大学)にお話を伺いながら、猫との暮らしで目の当たりにする行動や習性について、専門的な研究に基づいた猫の真相を解明していきたいと思います。

 

元気だった頃の、入交先生の愛猫・小太郎くん。

元気だった頃の、入交先生の愛猫・小太郎くん。

 

前回は、猫にも“おふくろの味”があるということと、好き嫌いについてお話ししました(記事を読む)。 猫の食べ物の話というと、私にも以前飼っていた愛猫との間に、ちょっと切ない思い出があります。

私がアメリカに住んでいた頃に飼い始めたキジトラの小太郎は、もともと野良猫でした。生後1歳~2歳くらいの時に、交通事故に遭って大けがをしているところを、私の友人が保護。病院で治療を受けてからしばらくの間、友人の実家でお世話をしていましたが、長くは飼えないということで、私が引き取ることになりました。うちに来た時の小太郎は、傷こそ癒えていましたが、右耳が少し潰れて、左手の先も少しなくなっていました。でも、まだ子猫のあどけなさを残すやんちゃな猫で、元気いっぱい。瀕死のところを助けられて一命をとりとめ、生を満喫しているようでした。私が帰国する際、小太郎も日本に連れ帰ってきました。

小さい頃はアメリカの街でお母さんからハンティングを教わった小太郎くん。最後まで“おふくろの味”は忘れられなかったようです。

小さい頃はアメリカの街でお母さんからハンティングを教わった小太郎くん。最後まで“おふくろの味”は忘れられなかったようです。

■小太郎の好物は鶏肉

小太郎の好物は、鶏肉でした。といっても、私がそれに気づいたのは、ずいぶん後になってからのこと。もともと野良猫なので基本的になんでも食べた小太郎でしたが、晩年に病気を患ってから、小太郎がどれだけ鶏肉好きだったかを改めて知ることになったできごとがあったのです。

病気になった小太郎は、次第に食欲が落ちていきました。小太郎が今まで好きったペットフードはもちろん、猫用のおやつや、いつもより高価なフードをあげたりしましたが、食はほとんど進みませんでした。以前はあんなに食いしん坊だったのに。何か食べてくれないと体力がどんどん落ちてしまうのではと、心配の日々でした。

ある日の晩、私の母が鶏肉の酒蒸しを作っていました。夕食の一品だったのですが、なんとなく思いついて、鶏肉の酒蒸しをひと切れ、小太郎に与えてみました。すると、食欲がなくなっていた小太郎が、大喜びで食べ始めたのです。それ以来、私は毎日、小太郎のために鶏肉の酒蒸しを作ることになりました。私も獣医です。小太郎の命はもう長くはないとわかっていましたから、少しでもいいから好きなものを食べて、少しでも元気を取り戻して欲しかったのです。

しばらくの間は鶏肉の酒蒸しでなんとかしのいでいたのですが、そのうち、それさえもあまり食べてくれなくなってきました。日に日に体力は衰え、つらそうに寝てばかりいた小太郎でした。

すやすや眠る小太郎くん。お母さんの夢を見ていたのでしょうか。耳や鼻の頭、手の先には、野良猫時代に遭遇した交通事故の傷跡がありました。

すやすや眠る小太郎くん。お母さんの夢を見ていたのでしょうか。耳や鼻の頭、手の先には、野良猫時代に遭遇した交通事故の傷跡がありました。

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ペットが亡くなったら自分と同じ墓に埋葬したい方は約7割! 愛するペットとの別れ、その時あなたはどうする?|約7割が自分と同…
  2. 大切なペットのストレス解消法は?|ペットの健康に関する調査 大切なペットのストレス解消法|犬は「定期的な散歩」、猫は「こまめ…
  3. “マイクロチップ装着の義務化”には賛否両論…“条件付き賛成”が多数 |ペットと高齢化に関する意識調査 “犬と猫のマイクロチップ装着の義務化”どう思う? |「改正動物愛…
  4. 下痢と嘔吐が熱中症の初期症状の場合も 犬と猫の熱中症対策|屋外よりも室内が要注意!飼い主が犯す5つの大…
  5. ポストカード ボロボロの野良猫から人気者に!「おぷうのきょうだい」が明かす今後…
PAGE TOP