新着記事

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|香ばしいくるみを生かして上手に減塩!

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|良質な脂質で健康に良い「クルミ」料理2品

ポストカード

ボロボロの野良猫から人気者に!「おぷうのきょうだい」が明かす今後の構想|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その3】

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【京都人のお墨付き】綴織職人 伝統工芸士・平野喜久夫さんおすすめ|24時間営業でいつでもくつろげる「ハーバーカフェ北野白梅町店」

二巻-俺、つしま

「猫ってかわいいよね!」それだけでこの物語が生まれた!|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その2】

応永12年(1405)、尾張国守護職であった斯波義重が建てたのが清須城の始まり

出世か左遷か? 三英傑に仕え「全国転勤」した武将とゆかりの城 【福島正則編】

人生の節目で人とモノとの関係を考える『定年後の断捨離~モノを減らして、愉快に生きる』

「断捨離」の生みの親が考える「人生100年時代」のシンプルな生き方|『定年後の断捨離~モノを減らして、愉快に生きる』

国宝「十一面観音菩薩立像」平安時代・9世紀 奈良・室生寺蔵 撮影・三好和義

大和の古刹四寺から国宝・重文の仏像が一堂に【特別企画 大和奈良四寺のみほとけ】

【娘のきもち】離婚した両親のどちらかに味方する必要なんてなかった。そのことに気づくまで10年父親と会わなかった~その2~

【娘のきもち】離婚した両親のどちらかに味方する必要なんてなかった。そのことに気づくまで10年間父親と会わなかった~その2~

【娘のきもち】門限は夏18時に、冬は17時。友人と遊ぶ時間も制限され、窮屈さを感じていた父の愛情~その1~

【娘のきもち】門限は夏18時で、冬は17時。友人と遊ぶ時間も制限され、窮屈さを感じていた父の愛情~その1~

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

病気で食欲ゼロの愛猫が飛びついてきたご飯は、まさに「おふくろの味」だった!?【猫のふしぎ第3回】

アメリカ生まれの保護猫・小太郎とフライドポテト

空前の猫ブームといわれる昨今。でも、猫の生活や行動パターンについては、意外と知られていないことが多いようです。人間や犬の行動に当てはめて考えて、まったく違う解釈をしてしまっていることも少なくありません。昔から猫を飼っているから猫の性格や習性を熟知していると思っていても、じつは勘違いしていたということが結構あるようです。

そこで、動物行動学の専門医・入交眞巳先生(日本獣医師生命科学大学)にお話を伺いながら、猫との暮らしで目の当たりにする行動や習性について、専門的な研究に基づいた猫の真相を解明していきたいと思います。

 

元気だった頃の、入交先生の愛猫・小太郎くん。

元気だった頃の、入交先生の愛猫・小太郎くん。

 

前回は、猫にも“おふくろの味”があるということと、好き嫌いについてお話ししました(記事を読む)。 猫の食べ物の話というと、私にも以前飼っていた愛猫との間に、ちょっと切ない思い出があります。

私がアメリカに住んでいた頃に飼い始めたキジトラの小太郎は、もともと野良猫でした。生後1歳~2歳くらいの時に、交通事故に遭って大けがをしているところを、私の友人が保護。病院で治療を受けてからしばらくの間、友人の実家でお世話をしていましたが、長くは飼えないということで、私が引き取ることになりました。うちに来た時の小太郎は、傷こそ癒えていましたが、右耳が少し潰れて、左手の先も少しなくなっていました。でも、まだ子猫のあどけなさを残すやんちゃな猫で、元気いっぱい。瀕死のところを助けられて一命をとりとめ、生を満喫しているようでした。私が帰国する際、小太郎も日本に連れ帰ってきました。

小さい頃はアメリカの街でお母さんからハンティングを教わった小太郎くん。最後まで“おふくろの味”は忘れられなかったようです。

小さい頃はアメリカの街でお母さんからハンティングを教わった小太郎くん。最後まで“おふくろの味”は忘れられなかったようです。

■小太郎の好物は鶏肉

小太郎の好物は、鶏肉でした。といっても、私がそれに気づいたのは、ずいぶん後になってからのこと。もともと野良猫なので基本的になんでも食べた小太郎でしたが、晩年に病気を患ってから、小太郎がどれだけ鶏肉好きだったかを改めて知ることになったできごとがあったのです。

病気になった小太郎は、次第に食欲が落ちていきました。小太郎が今まで好きったペットフードはもちろん、猫用のおやつや、いつもより高価なフードをあげたりしましたが、食はほとんど進みませんでした。以前はあんなに食いしん坊だったのに。何か食べてくれないと体力がどんどん落ちてしまうのではと、心配の日々でした。

ある日の晩、私の母が鶏肉の酒蒸しを作っていました。夕食の一品だったのですが、なんとなく思いついて、鶏肉の酒蒸しをひと切れ、小太郎に与えてみました。すると、食欲がなくなっていた小太郎が、大喜びで食べ始めたのです。それ以来、私は毎日、小太郎のために鶏肉の酒蒸しを作ることになりました。私も獣医です。小太郎の命はもう長くはないとわかっていましたから、少しでもいいから好きなものを食べて、少しでも元気を取り戻して欲しかったのです。

しばらくの間は鶏肉の酒蒸しでなんとかしのいでいたのですが、そのうち、それさえもあまり食べてくれなくなってきました。日に日に体力は衰え、つらそうに寝てばかりいた小太郎でした。

すやすや眠る小太郎くん。お母さんの夢を見ていたのでしょうか。耳や鼻の頭、手の先には、野良猫時代に遭遇した交通事故の傷跡がありました。

すやすや眠る小太郎くん。お母さんの夢を見ていたのでしょうか。耳や鼻の頭、手の先には、野良猫時代に遭遇した交通事故の傷跡がありました。

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ポストカード ボロボロの野良猫から人気者に!「おぷうのきょうだい」が明かす今後…
  2. 二巻-俺、つしま 「猫ってかわいいよね!」それだけでこの物語が生まれた!|大ヒット…
  3. 『俺、つしま』シリーズ累計30万部突破記念座談会 猫との出会い ~窓から入って来た子猫~|大ヒット猫マンガ『俺、つ…
  4. 拾った猫の扱いや地域猫活動は法律的にどうなのか?|『ねこの法律とお金』 拾った猫をそのまま飼ったらどうなる?|『ねこの法律とお金』
  5. 小淵沢町(現・北杜市)、山梨県 (C) Mitsuaki Iwago にゃんともカワイイ!! にゃんだか癒される!! 猫の写真がいっぱ…
PAGE TOP