新着記事

イニシャル入りロックグラス|いつもの一杯を極上の一杯にするマイグラス

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|『定年ごはん』

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|定年ごはんの作り方

【家事に関するアンケート調査】普段行う家事で女性より男性の方が上位なのは「ゴミだし・分別」「風呂掃除」など。

30代から50代の女性の6割以上が日常の家事を負担に感じている

オーダースーツ

経営者はなぜ「オーダースーツ」を着るのか?

BLACK LAGOONラベル シングルモルト・ウイスキー|9月19日12:00 発売開始!

マイルス・デイヴィス『クッキン』

「イケメンでなくても好き」という大ヒット・ラブソング【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道24】

シニアライダーの8割以上がバイクマナーに自信アリ!!|シニアライダーに関する実態調査

シニアライダーは孤独を好む!? 約9割はソロツーリング派

【ビジネスの極意】「ダメな部下」を使わないといけない課長の苦悩

【ビジネスの極意】「ダメな部下」を使わないといけない課長の苦悩

波佐見焼のおひつ2色セット|冷やご飯が、ふっくら炊き立てによみがえる

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|旬のさんまを使った炊き込みご飯と蒲焼きレシピ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】旬のさんまを使った炊き込みご飯と蒲焼きレシピ

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

命名に込められた泣けるエピソード!命を救われた「保護猫」たちの肖像2

「空前の猫ブーム」といわれる今だからこそ、外で過酷な生活を送る野良猫たちの「猫生」にも思いを馳せて欲しい――。年々減ってきているとはいえ、まだまだたくさんの猫たちが「殺処分」という悲しい最期を迎えなければならない状況にいます。

保護されることも、家族に迎えられることもなければ、名前もなく、人知れずこの世からいなくなっていく小さな命たち。「全てのにゃんこに幸せを」のメッセージを送る『ありがとう!わさびちゃん』のツイッターアカウントでは、新たな家族に保護された「保護猫」の名前の由来を募集しました。

今回は、応募頂いた保護猫たちのエピソードの第2弾です。(第1弾はこちら

■さんご(9歳、メス)

お母さん猫とはぐれたところを保護されたさんご。

お母さん猫とはぐれたところを保護されたさんご。

車のエンジンルームから救出されたジジ。

車のエンジンルームから救出されたジジ。

勤務先の会社で親とはぐれていた2匹の子猫で保護しました。1匹はアメリカンショートヘア風、もう1匹はキジトラ(白キジ)でした。

最初に一目惚れした子がアメリカンショートヘアのシルバータビーのような綺麗な子。その美しいルックスがつややかな真珠を連想させたため、「ぱぁる」と命名しました。真珠といえば海の宝石。その連想から、キジトラの子は「さんご」と名付けました。

保護して間もなく、さんごが尿路結石になりました。ぱぁるとさんご、同じご飯を食べていて片方だけ結石になるのは体質だろうといわれて、以来、さんごは療養食です。私が独立する際に、手のかかるさんごを連れてきました。ぱぁるは今も元気でやっています。

黒猫のジジ(もうすぐ3歳、メス)は、息子が職場の車のエンジンルームから助け出して、連れ帰ってきた子です。息子が子供の頃によく見ていた映画『魔女の宅急便』に出てくる黒猫のジジから、息子が命名。『魔女の宅急便』のジジは男の子のようですが、我が家のジジは女の子です。でも、顔はキリッとしていて、まるで男の子みたいです。

(ツイッターアカウント名:ちーちゃん@35_pear)

ページ:

1

2 3 4 5

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 大切なペットのストレス解消法は?|ペットの健康に関する調査 大切なペットのストレス解消法|犬は「定期的な散歩」、猫は「こまめ…
  2. “マイクロチップ装着の義務化”には賛否両論…“条件付き賛成”が多数 |ペットと高齢化に関する意識調査 “犬と猫のマイクロチップ装着の義務化”どう思う? |「改正動物愛…
  3. ポストカード ボロボロの野良猫から人気者に!「おぷうのきょうだい」が明かす今後…
  4. 二巻-俺、つしま 「猫ってかわいいよね!」それだけでこの物語が生まれた!|大ヒット…
  5. 『俺、つしま』シリーズ累計30万部突破記念座談会 猫との出会い ~窓から入って来た子猫~|大ヒット猫マンガ『俺、つ…
PAGE TOP