新着記事

ザルツブルクの町

門をくぐれば巡礼の道。モーツァルト生誕の地「ザルツブルク」の知られざる絶景ポイントを歩く(オーストリア)

お子さんが自立したこともあり、ロードスターを購入してからは奥様と2人で出かける機会が増えたそう。

【私のクルマ遍歴】事故でフロントが破損した『NCロードスター』。奥様の理解と後押しでより魅力的なフォルムに生まれ変わる(後編)

茂幸さんの愛車は、ブラックのボディカラーが希少なオープンカー。その出会いと物語は【後編】にて語ります。

【私のクルマ遍歴】仕事や家庭に翻弄され、『カリーナ』『チェイサー』『ミラージュ』『ギャラン』と、何台も乗り換えた青春時代(前編)

横瀬浦公園(長崎県西海市)にあるルイス・フロイス像。

なぜイエズス会は長崎で多くの信者を獲得できたのか?【半島をゆく 歴史解説編 西彼杵・島原半島3】

拾った猫の扱いや地域猫活動は法律的にどうなのか?|『ねこの法律とお金』

拾った猫をそのまま飼ったらどうなる?|『ねこの法律とお金』

ものぐさでもOK!後ろからでも前からでも履ける画期的スリッパ

死絵展・八代目市川団十郎安政元年(1854)頃①

有名人の訃報を知らせる錦絵|もっとも多く死絵の題材となったのは八代目市川団十郎【企画展「死絵 ~明るく笑ってさようなら~」】

【家族のかたち】姉が離婚後に独身を貫く理由。子供の頃の記憶は大人になっても忘れることはない~その2~

【家族のかたち】姉が離婚後に独身を貫く理由。子供の頃の記憶は大人になっても忘れることはない~その2~

【家族のかたち】異父姉弟の事実を知ったのは小学生の頃。前後で家族の仲に変化はないように見えていた~その1~

【家族のかたち】異父姉弟の事実を知ったのは小学生の頃。家族の仲に変化はないように見えていた~その1~

アメリカ訪問時の一葉(前列左からふたり目が小栗上野介・東善寺蔵)

明治政府が最も恐れた男・小栗上野介が罪なくして抹殺された理由【検証 「徳川近代」 原田伊織氏インタビュー 3】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

シニア住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

愛猫は飼い主の言葉をどこまでわかっている?【猫のふしぎ第12回】

【にゃんこサライ 第12回】
飼い主の問いかけに「ニャ~」と反応するのは、猫も人間の言葉を理解している証拠?

空前の猫ブームといわれる昨今。でも、猫の生活や行動パターンについては、意外と知られていないことが多いようです。人間や犬の行動に当てはめて考えて、まったく違う解釈をしてしまっていることも少なくありません。昔から猫を飼っているから猫の性格や習性を熟知していると思っていても、じつは勘違いしていたということが結構あるようです。
そこで、動物行動学の専門医・入交眞巳先生(日本獣医師生命科学大学)にお話を伺いながら、猫との暮らしで目の当たりにする行動や習性について、専門的な研究に基づいた猫の真相を解明していきたいと思います。

猫は飼い主さんの言葉をどこまで理解できているのか。わさびちゃん父さん「アジア、ダイエットしような」アジア「……」

愛猫は飼い主さんの言葉をどこまで理解できているのか。「アジア、ダイエットしようね」と問いかけられた、わさびちゃんち(本文最後に解説あり)のアジアは「……」。


■飼い主さんは誰もが「恋する乙女」

猫飼いさんの気持ちというのは、どこか恋心にも似たようなものがあるのではないでしょうか。一般的に猫はよく「ツンデレ」といわれたりしますし、映画のタイトルにもなっているように「猫なんかよんでも来ない」ということもままあります。

でも、飼い主さんとしては家族の一員である猫のことが大好きで、大人の男性でも猫を相手にする時はつい甘い声になってしまったり、仕事をしていても「今ごろ何してるかなぁ」と猫のことをつい考えてしまったりすることもあるでしょう。男女に関係なく、猫が大好きな飼い主さんの心境は、まさに「恋する乙女」のようです。

そんな猫飼いさんたちが抱いている素朴かつ重要な疑問がコレです。

「うちの子は私のことをどう思っているの?」
「うちの子は私の言葉を理解しているのかな?」

まず、最初の疑問から。前々回、猫のすりすり行動について以前お話ししました。柱やドアなどに顔をすりすりして、口の周囲、頬(ほほ)の器官から分泌されるフェロモンを塗り付けることで、「ここはボクのおうち」「ここは気持ちのいい場所」という安心を得ているという話でした(詳しい記事を読む)。

これは自分の情報を他の猫に伝えるためのマーキングとは違うのかもしれません。ちなみに、仕事から帰った飼い主さんを玄関でお出迎えし、足元にすりすりっと顔をすりつけるのは、「ここは気持ちのいい場所」の意味ではなく、「おかえり!」「まっていたよ!」という表現であると考えてよいと思います。じつは猫同士でも、仲のいい猫さんが狩りから帰ってくるとお互いに顔と体をすり寄せて挨拶をすることがわかっているので、おそらく猫同士のこの挨拶を仲のいい人に対しても行なっているのだと思います。

野良出身の猫さんを飼い始めたばかりの頃は、警戒してなかなか近づいてくれなかったけれど、ある日、足元にすりっと体を寄せてきてくれて、「ようやく心を開いてくれた!」と感動した経験のある人も多いのではないでしょうか。そう、猫にとって”すりすり”の行動は「挨拶」、それも気を許す相手にしかしない挨拶です。もっといえば「好き」の体現なのです。ですから、もし猫さんが尻尾を上げてあなたに近づいてきて、身体をスリッとしているのであれば、安心してください、猫はあなたのことを好きなはずです。

そんな愛猫は、はたして人の言葉を理解しているのでしょうか?

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 拾った猫の扱いや地域猫活動は法律的にどうなのか?|『ねこの法律とお金』 拾った猫をそのまま飼ったらどうなる?|『ねこの法律とお金』
  2. 小淵沢町(現・北杜市)、山梨県 (C) Mitsuaki Iwago にゃんともカワイイ!! にゃんだか癒される!! 猫の写真がいっぱ…
  3. 歌川国芳「たとゑ尽の内」個人蔵 猫、猫、猫。江戸時代の「猫ブーム」を垣間見る【特別展 いつだって…
  4. 人気の高い猫の種類は?|3位はアメリカンショートヘアー、2位は 日本猫 、1位は? 【猫の国勢調査2019】結果発表! 【猫の国勢調査2019】人気の高い猫の種類は?|3位はアメリカン…
  5. 「ヤフオク!」で検索された「猫」を含むキーワードランキング 夏目漱石の小説「吾輩は猫である」初版本(明治40年発行)は12万…
PAGE TOP