新着記事

幹が太い、マスカット・ベーリーAの見事な古木。「父が小学生の時の写真にすでに写っているから、樹齢は少なくとも80年以上」。その前に佇む岸平典子さん。 【日本ワイン生産者の肖像6】岸平典子さん(タケダワイナリー)|創業100年の歴史を持つ老舗で、日本ワインの王道を突き進む女性醸造家。 【娘のきもち】「医者になったことが一番の親孝行」稼げるようになった今もお金を一切受け取ってくれず……~その2~ 【娘のきもち】「医者になったことが一番の親孝行」稼げるようになった今も両親はお金を一切受け取ってくれず……~その2~ 【娘のきもち】お酒の力を借りて勉強の邪魔をしてくる父親。その姿が苦手だった~その1~ 【娘のきもち】中高一貫校に入ったことで勉強が好きに。お酒の力を借りて勉強の邪魔をしてくる父親が苦手だった~その1~ 履きやすい靴は健康に悪い靴⁉  ロコモを防ぐ靴の選び方 履きやすい靴は足に悪い靴!?| 健康寿命を延ばす靴の選び方 本多忠勝像 「徳川四天王」家の幕末~そのとき、名将たちの子孫はどう動いたか【にっぽん歴史夜話13】 江戸切子のぐい呑み|珍しい琥珀色のクリスタルガラスに東西の刻みの技が共演 一生仕事を続ける時代、73歳女性も活躍するユーチューバーという職業[PR] 「ヤフオク!」で検索された「猫」を含むキーワードランキング 夏目漱石の小説「吾輩は猫である」初版本(明治40年発行)は12万円超で落札!|「ヤフオク!」で取引された意外な「猫」グッズ 高所恐怖症の人はクラクラしてしまいそうな天井座敷。 ベストな席は天井桟敷?|ベルリン・フィルハーモニーを現地で鑑賞する方法 健康オイルブーム! 摂り方を間違えるとシワやくすみの原因にも⁉ 健康オイルブーム! 摂り方を間違えるとシワやくすみの原因にも!?

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 角野栄子さん

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

猫にだって相性がある!先住猫と新入り猫を仲良くさせる方法【猫のふしぎ第18回】

空前の猫ブームといわれる昨今。でも、猫の生活や行動パターンについては、意外と知られていないことが多いようです。人間や犬の行動に当てはめて考えて、まったく違う解釈をしてしまっていることも少なくありません。昔から猫を飼っているから猫の性格や習性を熟知していると思っていても、じつは勘違いしていたということが結構あるようです。

そこで、動物行動学の専門医・入交眞巳先生(日本獣医師生命科学大学)にお話を伺いながら、猫との暮らしで目の当たりにする行動や習性について、専門的な研究に基づいた猫の真相に迫っていきます。

初めて後輩猫を迎えた時のわさびちゃんちの一味ちゃん。母さんが保護した子猫たちをじーっと見つめて、観察していました。

初めて後輩猫を迎えた時のわさびちゃんちの一味ちゃん。母さんが保護した子猫たちをじーっと見つめて、観察していました。

猫を飼い始めて、しばらくすると「1匹だけじゃ寂しいんじゃないか」、「友達や兄弟がいたら猫同士で遊ぶかな」とか考えて、2匹目を飼いたいと思うようになる人も多いかと思います。

その一方で、最初の子が新入りさんに嫉妬しないかとか、相性が悪かったらどうしようとかいった不安もあるでしょう。

そんな時、以前お話しした猫の持つ学習能力を応用すれば、先住猫さんが比較的スムーズに新しい家族を迎え入れることができるのです。

ポイントは、少しずつ距離を縮めること。新しい家族を迎えた場合、先住猫さんの前にいきなり新入りさんを連れて行くのではなく、最初はちょっと離れたところで見せて、双方におやつをあげながらなでたりして、「あの子は怖いやつじゃないよ」と思わせることが重要です。

そうやって徐々に距離を縮めていけば、一緒に暮らせるようになります。猫の学習能力を活用して、相手の猫がいても大丈夫、いやむしろおやつさえもらえる、と覚えてもらうことで、関係がスムーズに構築できるのです。

弟分のでんすけを猫っかわいがりするお姉ちゃん肌の一味ちゃん。

弟分のでんすけを猫っかわいがりするお姉ちゃん肌の一味ちゃん。

 ■猫は人間が思う以上に素直な存在

とはいえ、猫にも相性の問題があります。

大の仲良しになる猫たちもいれば、顔を合わせればうーうーシャーシャーうなりあって大喧嘩。仲良し猫同士がするアログルーミングなんて夢のまた夢、とてもじゃないけど一緒には暮らせないという関係になることもあります。

でもたいていは、お互いの存在に慣れれば、同じ家の中にいてもさして気にしない程度の仲になれるかもしれません。

相性と猫同士のコミュニケーション能力は猫次第なので、人間は猫に様子を見ながらゆっくり導入してあげる、相手の存在を恐怖と不安で満たさない、ということを心がけるくらいでしょう。

他の猫を迎えることで猫同士が嫉妬し合って、関係が陰湿なものになる、と心配な面もあるかもしれません。

嫉妬という言葉は、何か大切なものを失うことを恐れたり不安に思う気持ちを意味しますが、人間の場合、往々にして嫉妬+恨み、嫉妬+嫌悪感など、複合的な感情となることがあります。

猫はというと、恐れや不安はありますが、それに連動して新しいやつを連れてきた人に対する怒りだとか嫌悪感といった感情は起こりません。

単純に見知らぬ猫が自分の安心できる場所(コアエリア)に入ってきた不安と恐怖、相手とのコミュニケーションがうまくいくかどうか、の問題になるようです。

わかりやすく表現してみましょう。飼い主さんが新しい猫を連れてきたとします。子猫ならなおさら、いろいろなお世話もあるでしょうし、大人の猫であっても新しい環境に馴れてもらうために飼い主さんなりに気を配ります。

そんな時、先住猫は「ボク、遊んで欲しいな」「ちょっと寂しいな」と思うかもしれません。でも、「あいつが来たせいでボクは遊んでもらえなくなった、だからあいつが憎い」という風にはなりません。

猫と猫、猫と人だけでなく、猫と犬だって仲良くなれます。

猫と猫、猫と人だけでなく、猫と犬だって仲良くなれます。

※次ページ>>「猫のペースにあわせてゆっくりと」

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「ヤフオク!」で検索された「猫」を含むキーワードランキング 夏目漱石の小説「吾輩は猫である」初版本(明治40年発行)は12万…
  2. 甘えん坊の猫さんに試してみてくださいね 猫の運動不足&ストレス解消には「キャットアジリティー」が効果的【…
  3. 猫と人は家族や友人のように親しくなれるのか 猫と人は友達になれるの?|猫と「楽しい時間」を過ごす方法
  4. 飼い主さんの想像以上に多い 誤飲事故は寒い今が危険 「うちの子〇〇を食べちゃったんです!」犬・猫の誤飲事故は冬が危険…
  5. 猫の避妊・去勢手術ってしたほうがいい? 猫の避妊・去勢手術ってしたほうがいい?
PAGE TOP