「猫=夜行性」は大誤解。猫本来の活動時間は夕暮れと明け方だった【猫のふしぎ第5回】

空前の猫ブームといわれる昨今。でも、猫の生活や行動パターンについては、意外と知られていないことが多いようです。人間や犬の行動に当てはめて考えて、まったく違う解釈をしてしまっていることも少なくありません。昔から猫を飼っているから猫の性格や習性を熟知していると思っていても、じつは勘違いしていたということが結構あるようです。

そこで、動物行動学の専門医・入交眞巳先生(日本獣医師生命科学大学)にお話を伺いながら、猫との暮らしで目の当たりにする行動や習性について、専門的な研究に基づいた猫の真相を解明していきたいと思います。

昼下がりのお昼寝って、気持ちいいですよね。でも、猫にとってはこれも重要な任務なのです!

昼下がりのお昼寝って、気持ちいいですよね。でも、猫にとってはこれも重要な任務なのです!

昼下がりのうたた寝にはワケがある!

闇夜にキラーン!と光る猫の瞳。夜目がきく猫は、暗闇の中でも目が爛々としていて、いかにも夜の方が活発そうです。

実際、一般的に「猫は夜行性」と信じられているようです。しかし、ノクターナル(夜行性)かダイアーナル(昼行性)かといえば、じつのところ猫は夜行性ではなく、クリパスキュラー(薄明性)、つまり夕暮れや早朝の薄暗い状態の時間帯に最も活発に動く動物です。

実験施設で飼育されている猫の行動に関する調査では、日中12時間は電気をつけた状態で、夜間の12時間は電気を消した状態に置かれ、規則正しい時間に餌をもらっている猫は、日中の方が夜間よりも1.4倍も活動性が高いことがわかっているのです(Sterman et al, 1965)。

では、実験施設ではなく、現実社会に生きる猫たちはどうでしょうか。

例えば、農場で放し飼いにされている猫の1日の行動をパーセンテージで表すと、睡眠40%、休息22%、狩り14%、グルーミング15%、移動3%、食事2%、その他4%という調査結果が出ています(Panaman, 1981)。

もちろん、全ての農場猫がこの通りというわけではなく、食事の回数が多い猫はうとうとする(休息の)時間も多くなるといった傾向はあるでしょう(Ruckebusch and Gaujoux, 1976)。でも、おおよそ、これくらいの比率で行動していることがわかっています。

ちなみに、「休息」というのは、うたた寝をしたりして体を休めている状態のことです。見た目には「睡眠」にも見える行動ですが、実際には深い睡眠状態に入っているわけではなく、いざという時にはすぐに動き出せるように、体力を温存しているのです。

猫の名誉のために言いますが、ぐーたら寝てばかりいるわけではないんですよ。いざという時の備えなのです。

明け方、人間家族がまだ深い眠りについている頃、猫たちは「ハンティングの時間!」とばかりに目が覚めます。そして「ご飯!ご飯!」と総長の催促が始まるのです…。

明け方、人間家族がまだ深い眠りについている頃、猫たちは「ハンティングの時間!」とばかりに目が覚めます。そして「ご飯!ご飯!」と催促が始まるのです。

夕暮れと明け方が猫本来の活動時間

猫の語源は「寝子」(ねこ)であるという説がありますが、実際、猫はよく寝る動物です。1日の行動の半分近くにも睡眠に費やしています。

では、上記の調査対象となった農場猫はいったい、いつ寝ているのかというと、夜間なのです。夜の間ぐっすり寝て、明け方になるといそいそと動き出します。なぜ明け方かというと、それは鳥などが活動を始める時間帯だからです。

農場で飼われている猫ですから、飼い主さんからごはんをもらいますが、それ以外にも、ネズミなどがいればやはり猫の本能で狩りをしたくなります。

もともと猫は、ネズミなどから穀物を守るために家畜化された動物ですから、当然といえば当然ですね。

明け方以外にも、日が沈む頃もやはり夜行性のネズミなどの小動物がよく動く時間帯ですので、猫も活発に動きます。「餌」のある時間帯に「狩り」のため活動するわけです。

農場猫は夜ぐっすり眠る分、昼間はうたた寝をする以外は、起きていることが多いようです。ごはんをもらったり遊んでもらったりと、飼い主さんとコミュニケーションをとるのは飼い主さんが起きている時間帯です。

※次ページ>>「猫らしくない暮らし方をする都会の野良猫」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で