新着記事

焦がさず焼けて煙らない!画期的な立体囲炉式炭火コンロ

バーベキューといえば、炭を敷いた上に網を置いて、食材を載せて焼くのが常識。でもそれだと場所も…

ピアノサロン・クリストフォリのコンサート

ベルリンのトルコ人街にあるクラシックライブハウス、「ピアノサロン・クリストフォリ」で一期一会の音楽と出会う

文・写真/宮本薫(海外書き人クラブ/ドイツ・ベルリン在住ライター)クラシックのコンサートは退屈と…

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった――若年性認知症になった母【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった~若年性認知症になった母【後編】

取材・文/坂口鈴香中野美佐さん(仮名・42)さんの母親は60歳を過ぎたころ「アルツハ…

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった――若年性認知症になった母【前編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった~若年性認知症になった母【前編】

取材・文/坂口鈴香政府は、2015年に策定した「認知症施策推進総合戦略(新オレン…

アロハ オン ザ ガンジェズ ホテル

デジタルデトックスができる!世界のリトリートホテル6選

旅先でウェルネスを求めるグローバルトレンドの高まりに伴い、日本でもデトックス…

源氏物語朝顔図(部分) 土佐光起筆 1幅 日本・江戸時代 17世紀 根津美術館蔵

知っておくと便利! 日本美術の定番の画題を、作品を見ながら学ぶ。【企画展 はじめての古美術鑑賞―絵画のテーマ】

取材・文/藤田麻希昨今の日本美術ブームで、美術館に出かけるかたは多いのではないでしょうか。何…

足裏が心地よいモダンな牛革草履で颯爽と街を歩いてみたら?

天面に牛革(スエード)が張られた、モダンで小粋な草履です。滑らかなスエードの感触に加え、土踏…

茶摘み体験

大人が満足する社会見学4選【静岡県】|ヤマハ楽器ミュージアム、電車の転車台体験、うなぎパイファクトリー、茶摘み

取材・文/末原美裕子どもの頃の社会科見学は何もかもが新鮮な光景でしたが、道理の分かっ…

【家族のかたち】自分が子供を持った時、いい父親像が分からなかった。そんな戸惑いに義父は子育ての思い出話を繰り返し話してくれた~その2~

【家族のかたち】自分が子供を持った時、いい父親像が分からなかった。そんな戸惑いに義父は子育ての思い出話を繰り返し話してくれた~その2~

取材・文/ふじのあやこ時代の移り変わりとともに、変化していく家族のかたち。幼少期の家…

【家族のかたち】母子家庭でも寂しかった記憶は一切なし。一度した約束は最後まで守ってくれる母親だった~その1~

【家族のかたち】母子家庭でも寂しかった記憶は一切なし。一度した約束は最後まで守ってくれる母親だった~その1~

取材・文/ふじのあやこ昭和、平成と時代が移り変わるのと同様に、家族のかたちも大家族か…

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

逸品自動車

  1.  

    『ちょいフル中古車』でオトコを奮い立たせろ!(テリー伊藤のクルマコラム 第7回)

         

    夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水曜日は「クルマ」をテーマに、演出家のテリー伊藤さんが執筆します。文/テリー伊藤(演出家)こんにちは、テリー伊藤です!…

  2.  

    フォルクスワーゲンよ、いつまでも一緒にいよう!(テリー伊藤のクルマコラム 第6回)

         

    夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

  3.  

    グッドイヤーの新タイヤ「コンフォート」で安全快適な運転を楽しむ【石川真禧照の名車を利く 特別編】[PR]

         

    取材・文/石川真禧照(自動車生活探険家)車の先進技術と同様に、タイヤも日々進化を遂げている。…

  4.  

    クルマとの相性って?(テリー伊藤のクルマコラム 第5回)

         

    夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

  5.  

    今こそ、かわいいクルマを買おう!(テリー伊藤のクルマコラム 第4回)

         

    夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

  6.  

    「クルマでモテる」はアリなんです!(テリー伊藤のクルマコラム 第3回)

         

    夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

  7.  

    ボルボ XC60|群雄割拠のSUV市場で精彩放つボルボの主力車種【石川真禧照の名車を利く】

         

    文/石川真禧照(自動車生活探険家)気候条件の厳しい北欧スウェーデンの道路に対応するよ…

  8.  

    クルマとの別れはいつも「ごめんね」ばかり(テリー伊藤のクルマコラム 第2回)

         

    夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

  9.  

    クルマは自由なのだ!【テリー伊藤のクルマコラム 第1回】

         

    夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

  10.  

    フォルクスワーゲン アルテオン|流麗な車体造形が美しい4WDの5ドア車【石川真禧照の名車を利く】

         

    文/石川真禧照(自動車生活探険家)社名は「国民の車」を意味するドイツの自動車メーカー…

  11.  

    スズキ スイフト|車を操る喜びを五感で味わえる小型車【石川真禧照の名車を利く】

         

    文/石川真禧照(自動車生活探険家)スズキは、軽自動車を中心とする小型車づくりに定評の…

  12.  

    アルファ ロメオ ジュリア|名門の誇りを継承する高性能スポーツセダン【石川真禧照の名車を利く】

         

    文/石川真禧照(自動車生活探険家)かつてレース界を席巻していたイタリアの名門アルファロメオが…

  13.  

    トヨタ カムリ|4ドアセダンの復権を目指す世界基準の名車、新型カムリ

         

    文/石川真禧照(自動車生活探険家)ビューティフル・モンスター(美しき怪物)をテーマに、6年ぶ…

  14.  

    走る家「モーターホーム」の失敗しない選び方ポイント6つ【魅惑のモーターホーム 第2回】

         

    写真・文/柳澤史樹モータホームは、家としての居住機能を誇る「家車」。前回の記事では、…

  15.  

    “走る別荘”モーターホームの国産車「B.C.ヴァーノン」誕生の理由【魅惑のモーターホームライフ 第1回】

         

    写真・文/柳澤史樹気が向いたらいつでもエンジンをかけて出発。絶景の景色を見つけたらそ…

  16.  

    BMW 5シリーズ セダン|格段に進化!低燃費と高い安全性を誇る新型4ドアセダン【石川真禧照の名車を利く】

         

    文・石川真禧照(自動車生活探険家)ドイツの自動車メーカーBMWの主力車種が約7年ぶり…

  17.  

    アウトランダーPHEV(三菱)|これぞ次世代の4WD電気自動車【石川真禧照の名車を利く】

         

    文・石川真禧照(自動車生活探険家)アウトランダーは三菱自動車の中型SUV(スポーツ志…

  18.  

    ポルシェ 718 ボクスター|あの「911」の壁を打破する車種がついに登場【石川真禧照の名車を利く】

         

    文・石川真禧照(自動車生活探険家)ポルシェといえば、車愛好家なら「911」という車体…

  19.  

    大人に似合う美しきオープンスポーツ!「マツダ ロードスター RF」で早春の伊豆へ【後編】

         

    文・写真/青山尚暉※前編はこちらスイッチひとつでわずか13秒で開閉できる電動…

  20.  

    痛快な“人馬一体感”に思わず頬がゆるむ!「マツダ ロードスター RF」で早春の伊豆へ【前編】

         

    文・写真/青山尚暉オープンカーを所有する歓びは、人生を、日々を、大きく変えるほどの魅…

  21.  

    71台のフェラーリが秋の京都に集結!フェラーリ最高峰のドライビング・イベントが日本で初開催

         

    2016年11月10日、絶好の行楽シーズンを迎えていた京都。木々が紅く染まる姿を楽しみに京都…

  22.  

    限定300台!遊び心ある洒落た大人のフォルクスワーゲン「ハッシュタグピンクビートル」誕生【PR】

         

    約70年の歴史を持つ独フォルクスワーゲンの象徴的名車「ザ・ビートル」が、今年9月にリニューア…

  23.  

    サライ2016年6月号|特集は「宮沢賢治」と「肉で長生き」です。

         

    『サライ』6月号を発売しました。今号は、ことし生誕120年を迎えた「宮沢賢治」の大特集です。さらに、…

  24.  

    人はなぜマツダ車の“あのデザイン”に惹きつけられるのか?(その2)

         

    ――クレイモデラーは0.2㎜の繊細な世界を手で削り出すのですか。「何度も削り直したりはし…

  25.  

    人はなぜマツダ車の“あのデザイン”に惹きつけられるのか?(その1)

         

     中牟田「ビジネスの世界に入ってゆくと、こういう付き合いは難しかったんじゃないかと思いますが……玉川…

  26.  

    「マツダ ロードスター」×『サライ』共同企画【第3回】夫婦ふたりの特別な車から“家族の一員”へ。将来は長男に受け継がれるかけがえのない愛車

         

    【PR】 時代を超えて受け継がれ、語り継がれる名車の物語オープンカーに憧れて購入した初代ロードスタ…

  27.  

    「マツダ ロードスター」×『サライ』共同企画【第2回】人生で初めて購入した念願の一台であり、生涯の伴侶に出会わせてくれた“愛車”

         

    【PR】時代を超えて受け継がれ、語り継がれる名車の物語初代ロードスターを手に入れて、最愛の女性とかけ…

  28.  

    自動車生活探険家30年 石川真禧照の 「東京―いろは坂180㎞ スズキ エスクードで快走の記」

         

    栃木県日光いろは坂。48のカーブを苦もなく駆けあがり、下りおりる。アウトドアでの走りの性能をしっかり…

  29.  

    「マツダ ロードスター」×『サライ』共同企画【第1回】大人が夢中になれるモノづくりの原点とは?

         

    誰もが人生を心豊かに愉しめる「本物」を届けたい。 そのために、いつの時代も普遍の価値を追求していく。…

  30.  

    なぜ、マツダのクルマは魅力的なのか

         

    小排気量でも力強く、低燃費な走りを可能にする新技術「スカイアクティブ」と、躍動感あふれる「魂動デザイ…

PAGE TOP