新着記事

定番野菜で簡単減塩おかず2選 【管理栄養士が教える減塩レシピ】|栄養を逃さない一工夫! 定番野菜の簡単おかず2選

写真・文/矢崎海里前回、一日に不足している野菜を補う、野菜おかずレシピをご紹介しまし…

脂肪を制限すると脳卒中になりやすくなる!?【予防医療最前線】 脂肪を制限すると脳卒中になりやすくなる!?【予防医療最前線】

文/中村康宏国内死因の第3位を占める脳卒中の死亡者数は年間約13万人です。(*1)脳…

関ケ原 立花宗茂~関ヶ原の敗北から返り咲いた唯一無二の武人【にっぽん歴史夜話12】

文/砂原浩太朗(小説家)立花宗茂(1567?~1642)をご存じだろうか。幕末までつ…

娘のきもち22・その2 【娘のきもち】不妊治療でやっと授かった子供の病気は心をえぐられたような痛みだった。その痛みを両親は共有してくれた~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

娘のきもち22・その1 【娘のきもち】3年弱の不妊治療で30歳の時に妊娠。これからの幸せな日々を自分の子供と過ごそうと思っていたのに……~その1~

取材・文/ふじのあやこ「子供の病気は自分のせいだと思っていた気持ちを両親に救ってもら…

街で見かけた、思わず心がときめいた車とオーナー【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】 街で見かけた、思わず心がときめいた車とオーナー【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

文/鈴木珠美先日、取材に向かうために車で出かけた。車で出かける日は道の状況がわからないの…

紅葵花蒔絵硯箱 尾形光琳作 江戸時代 畠山記念館蔵 展示期間:2月16日~3月17日 美の演出家 光悦と光琳【光悦と光琳―琳派の美】

取材・文/池田充枝琳派の祖とされる本阿弥光悦(1558-1637)と、光悦の100年後に生ま…

「スポーツの祭典は、文化の祭典!」をテーマにした「Culture NIPPON シンポジウム2018 東北大会」が行なわれました 文化庁主催「Culture NIPPON シンポジウム2018」東北大会が行なわれました

約2年後に迫った、東京オリンピック・パラリンピック競技大会。スポーツが人間の営みであり、<人…

プラモデルの歴史を振り返ると、昭和の記憶が蘇る『日本プラモデル六〇年史』 プラモデルの歴史を振り返ると、昭和の記憶が蘇る『日本プラモデル六〇年史』

文/印南敦史プラモデルと聞いて、何を思い浮かべるだろう。零戦、大和か。それともスーパーカ…

『君たちはどう生きるのか』に学ぶ同調圧力に負けないリーダーの決断 【ビジネスの極意】『君たちはどう生きるか』に学ぶ同調圧力に負けないリーダーの決断

ベストセラーとなっている『君たちはどう生きるか』を読まれた方も多いことだろう。リーダ…

ピックアップ記事

  1. 松本零士 不滅のアレグレット〈完全版〉

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

逸品自動車

  1. 限定300台!遊び心ある洒落た大人のフォルクスワーゲン「ハッシュタグピンクビートル」誕生【PR】

    約70年の歴史を持つ独フォルクスワーゲンの象徴的名車「ザ・ビートル」が、今年9月にリニューアルした。そして11月9日(水)、ザ・ビートル史上初となるピンクのボディーカラーの「#PinkBeetle(ハッシュタグピンクビートル)」が発…

  2. サライ2016年6月号|特集は「宮沢賢治」と「肉で長生き」です。

    『サライ』6月号を発売しました。今号は、ことし生誕120年を迎えた「宮沢賢治」の大特集です。さらに、…

  3. 人はなぜマツダ車の“あのデザイン”に惹きつけられるのか?(その2)

    ――クレイモデラーは0.2㎜の繊細な世界を手で削り出すのですか。「何度も削り直したりはし…

  4. 人はなぜマツダ車の“あのデザイン”に惹きつけられるのか?(その1)

     中牟田「ビジネスの世界に入ってゆくと、こういう付き合いは難しかったんじゃないかと思いますが……玉川…

  5. 「マツダ ロードスター」×『サライ』共同企画【第3回】夫婦ふたりの特別な車から“家族の一員”へ。将来は長男に受け継がれるかけがえのない愛車

    【PR】 時代を超えて受け継がれ、語り継がれる名車の物語オープンカーに憧れて購入した初代ロードスタ…

  6. 「マツダ ロードスター」×『サライ』共同企画【第2回】人生で初めて購入した念願の一台であり、生涯の伴侶に出会わせてくれた“愛車”

  7. 自動車生活探険家30年 石川真禧照の 「東京―いろは坂180㎞ スズキ エスクードで快走の記」

  8. 「マツダ ロードスター」×『サライ』共同企画【第1回】大人が夢中になれるモノづくりの原点とは?

  9. なぜ、マツダのクルマは魅力的なのか

PAGE TOP