サライ.jp

2020年、世界最高水準の安全・安心・楽しい機能を誇る車たち。
その中から、いま評判の「いい車」に試乗してみた。
今回は、ダイハツ・トヨタ コペンGRスポーツ、ダイハツ タント、スズキ スペーシア ギアの3台を紹介する。

運転の楽しさを堪能できる本格派のスポーツカー

ダイハツ・トヨタ/コペンGRスポーツ

ダイハツ/コペンにトヨタのスポーツカー部門である「GR」の技術を注入。小型軽量なので、路面に吸い付くようにきびきび走る。 原動機 ガソリンターボエンジン 全長×全幅×全高 3395×1475×128mm ホイールベース 2230mm 車両重量 870kg エンジン排気量 658cc 乗車定員 2名 最高出力 64PS 最大トルク 9.4kg-m 燃料消費率 19.2km/L(WLTCモード) 燃料 ガソリン・30L 車両価格 238万円(税込み・CVT) 問い合わせ:トヨタ/0800・700・7700 ダイハツ/ 0800・500・0182

ダイハツ/コペンにトヨタのスポーツカー部門である「GR」の技術を注入。小型軽量なので、路面に吸い付くようにきびきび走る。
原動機 ガソリンターボエンジン 全長×全幅×全高 3395×1475×128mm ホイールベース 2230mm 車両重量 870kg エンジン排気量 658cc 乗車定員 2名 最高出力 64PS 最大トルク 9.4kg-m 燃料消費率 19.2km/L(WLTCモード) 燃料 ガソリン・30L 車両価格 238万円(税込み・CVT) 問い合わせ:トヨタ/0800・700・7700 ダイハツ/ 0800・500・0182

 
【歴史】コペン(初期型)2002〜2012年
実用重視の軽自動車市場に新風をもたらした初代コペン。デザインは優美で、今も中古車が人気。

実用重視の軽自動車市場に新風をもたらした初代コペン。デザインは優美で、今も中古車が人気。

昔のスポーツカーは小さくて、屋根もなかった。その伝統を現代に蘇らせ、しかも200万円台前半で実現したのが、コペンGRスポーツだ。

この車は、ダイハツ/コペンを土台にして、走りの性能を高めた軽スポーツカーである。シートやハンドルの変更のみならず、サスペンション、ブレーキ、車体の枠組といった基礎構造に補強材を組み込んで強度を高めている。これにより、高速度でカーブに進入しても車体が振られず、路面に吸い付くような車に仕上がった。

実際に運転してみると、従来のコペンよりゴツゴツとした感じがあり、車体のしっかり感が向上していることがすぐにわかる。山道では、次々に迫るカーブを気持ちよく、抜けていく。車体が小さく周囲の状況を把握しやすいので街中でも運転しやすい。

ふたり乗りだが、1泊分の荷物は荷室に積める。山の温泉や海辺の宿など、旅の夢がふくらむ車だ。

「アクティブトップ」と呼ばれる樹脂製の屋根の開閉に要する時間は、約20秒。春風を浴びて走るのは気持ちいい。

「アクティブトップ」と呼ばれる樹脂製の屋根の開閉に要する時間は、約20秒。春風を浴びて走るのは気持ちいい。

世界の名だたるスポーツカーにも採用される、レカロ製のスポーツシートを装備。体をがっちりと支え、カーブでも運転姿勢が乱れない。

世界の名だたるスポーツカーにも採用される、レカロ製のスポーツシートを装備。体をがっちりと支え、カーブでも運転姿勢が乱れない。

荷室は左右120cm。奥行き81cm。高さ44cm。屋根をオープンにするときはここに屋根を収 納するため、奥行きが30cmほどになる。

荷室は左右120cm。奥行き81cm。高さ44cm。屋根をオープンにするときはここに屋根を収納するため、奥行きが30cmほどになる。

 

* * *

 

柱がないから子供もお年寄りも乗り降りがしやすい軽ワゴン

ダイハツ/タント

原動機 ガソリンエンジン 全長×全幅×全高 3395×1475×1775mm ホイールベース 2460mm 車両重量 900kg エンジン排気量 658㏄ 乗車定員 4名 最高出力 38PS 最大トルク 6.1kg-m 燃料消費率 21.2km/L(WLTCモード) 燃料 ガソリン・30L  車両価格 149万500円(税込み・X) 問い合わせ: ダイハツ 0800・500・0182

原動機 ガソリンエンジン 全長×全幅×全高 3395×1475×1775mm ホイールベース 2460mm 車両重量 900kg エンジン排気量 658㏄ 乗車定員 4名 最高出力 38PS 最大トルク 6.1kg-m 燃料消費率 21.2km/L(WLTCモード) 燃料 ガソリン・30L 
車両価格 149万500円(税込み・X) 問い合わせ: ダイハツ 0800・500・0182

背の高さが自慢の軽ワゴン。最大の特徴は、助手席側に柱がないことだ。スライドドアを開けると、広い間口が現れる。この設計のおかげで、後ろの席に乗り降りがしやすい上、大きな荷物の積み込みも楽。車体は強健で、走行中の不快な揺れが少なく、疲労がたまりにくい。天井が高いため、後席に乗っても普通車のセダン以上に広く感じる。

助手席のドアと、後席のスライドドアを開けた状態。助手席のドアは90度まで開く。開口部の幅は約150cm、高さは約135cm。

助手席のドアと、後席のスライドドアを開けた状態。助手席のドアは90度まで開く。開口部の幅は約150cm、高さは約135cm。

室内は落ち着いた雰囲気。試乗した車は、スマートフォン連携ディスプレイオーディオを標準装備していた。

⬇荷室の左右は最大93cm。奥行きは32cm、後席を倒すと102cmに。荷室高は108cmあり、自転車や植木も楽に載る。

⬇荷室の左右は最大93cm。奥行きは32cm、後席を倒すと102cmに。荷室高は108cmあり、自転車や植木も楽に載る。

 

* * *

荷物もペットもたっぷり積める 背高ワゴンにして軽SUV

スズキ/スペーシア ギア

原動機 ハイブリッド 全長×全幅×全高 3395×1475×1800mm ホイールベース 2460mm 車両重量 890kg エンジン排気量 658㏄ 乗車定員 4名 最高出力 64PS+3.1PS(モーター) 最大トルク 10.0kg-m+5.1kg-m(モーター) 燃料消費率 25.6km/L(JC08 モード) 燃料 ガソリン・27L 車両価格 177万1000円(税込み・XZターボ)  問い合わせ:スズキ 0120・402・253

原動機 ハイブリッド 全長×全幅×全高 3395×1475×1800mm ホイールベース 2460mm 車両重量 890kg エンジン排気量 658㏄ 乗車定員 4名 最高出力 64PS+3.1PS(モーター) 最大トルク 10.0kg-m+5.1kg-m(モーター) 燃料消費率 25.6km/L(JC08 モード) 燃料 ガソリン・27L 車両価格 177万1000円(税込み・XZターボ) 問い合わせ:スズキ 0120・402・253

天井が高い軽ワゴン車、スペーシアをもとに、無骨なデザインの前バンパーなどを施したSUV的ワゴン。床面や後席の背もたれは汚れに強い防汚仕様にしてあり、愛犬とのドライブや、休日農園の作業など野外趣味に活躍。住宅街の細い道や山間部の林道などは、やはり軽自動車が走りやすい。ハイブリッドなので燃費も優秀だ。

機能的な運転席。助手席の物入れは工具箱風のデザイン。レバーやスイッチ類は大きく簡素な設計で使いやすい。

機能的な運転席。助手席の物入れは工具箱風のデザイン。レバーやスイッチ類は大きく簡素な設計で使いやすい。

荷室の左右は最大103cm。奥行きは37cmで、後席を倒すと105cmに。荷室高は115cmもあり、自転車や植木も載る。

荷室の左右は最大103cm。奥行きは37cmで、後席を倒すと105cmに。荷室高は115cmもあり、自転車や植木も載る。

※この記事は『サライ』本誌2020年3月号より転載しました。(取材・文/櫻井 香、佐藤篤司、石川真禧照 撮影/尾形和美、小池義弘、篠原晃一、萩原文博、佐藤靖彦)

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
10月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア