サライ.jp

「安全な車」を選ぶ

安全運転のために、できれば「安全な車」を選びたいものです。近年、安全装備はかなりの進化をとげましたが、メーカーや車種によって性能に差があります。実際の安全性能を知るためには、国の機関が行なう安全性能評価(アセスメント)が参考になります。

JNCAPの公式サイトに掲載されたレクサス/ESの安全性能評価結果。被害軽減ブレーキ[対歩行者]項目以外は満点で、総合評価「ASV+ トリプルスリー++」を獲得。

JNCAPの公式サイトに掲載されたレクサス/ESの安全性能評価結果。被害軽減ブレーキ[対歩行者]項目以外は満点で、総合評価「ASV+ トリプルスリー++」を獲得。

安全性能評価は「NCAP」(エヌキャップ/ニュー・カー・アセスメント・プログラム)と呼ばれ、全世界で行なわれています。日本では「JNCAP」と呼ばれ、独立行政法人自動車事故対策機構が市販の新車を購入し、予防安全性能、衝突安全性能、事故自動通報システムについて実車走行テストを行ない、結果を公表しています。

JNCAPの予防安全性能試験の様子。「車線逸脱抑制試験」を受けているレクサス/ES。

JNCAPの予防安全性能試験の様子。「車線逸脱抑制試験」を受けているレクサス/ES。

最近とくに注目されているのが予防安全性能評価です。試験項目には、2021年11月以降、新車への搭載が義務となる「被害軽減ブレーキ」(新聞紙上では「自動ブレーキ」とも表記)のほか、「車線逸脱抑制装置」「後方視界情報提供装置」「ペダル踏み間違い時加速抑制装置」などがあります。

レクサス/NXの「被害軽減ブレーキ」評価試験。停止車両と走行車両、両方でテストする。

レクサス/NXの「被害軽減ブレーキ」評価試験。停止車両と走行車両、両方でテストする。

たとえば、街灯がある夜間の道路を横断中の歩行者(人形)に、時速30~60kmで試験車を接近させる。被害軽減ブレーキが作動し、歩行者を轢かずに停止できるかどうか。そうした実地テストが行なわれ、その動画はJNCAPの公式サイト(※1)で見られます。

ただ、JNCAPではすべての市販車をテストしているわけではありません。試験対象は国内での販売台数の多い車種から順に選定されるため、輸入車はほとんどテストされていないのです。

欧州車の評価については「Euro NCAP」の公式サイト(※2)が参考になります。「被害軽減ブレーキ」の試験に対自転車の項目まであるなど日本とやや異なりますが、欧州での日本車の評価もわかって興味深いサイトなので、ぜひ一度ご覧ください。

正しい車間距離は「2秒」

さて、せっかく安全な車を選んでも、運転するのは私たち人間です。ここでは安全運転のためのコツをふたつ提案したいと思います。

まずは車間距離。「正しい車間距離は2秒」と覚えてください。たとえば標識などの目標物を設定し、そこを先行車が通過したときに「0、1、2」と数えます。2のときに自分がその標識を通過するようなら、適切な車間距離です。

この方法は、世界基準となりつつある車間距離確認法です。どんな速度でも2秒を守ることで、先行車のアクシデントなどに対処できる車間距離となります。この車間距離を心がければ、近年取り締まりが厳しくなった“あおり運転”と誤解されずに済みます。

そしてもうひとつが、ドライビングポジション(運転姿勢)。長年運転しているドライバーでも意外と無理な姿勢で運転していることが多いのです。姿勢に無理があると、視界が狭くなりますし、疲労もたまります。ぜひ今一度、正しい運転姿勢を確認してください。

※1:JNCAP http://www.nasva.go.jp/mamoru
※2:Euro NCAP(英語表記) http://www.euroncap.com

写真・画像提供/独立行政法人 自動車事故対策機構

「正しい姿勢」で運転を

これが正しい運転姿勢
ハンドルの9時と3時の位置を握ったときに、 肘が写真のようにしっかりと曲がるのが正しい運 転姿勢。はじめは少し窮屈に感じるかもしれない が、この姿勢が、とっさのハンドル操作、確実な ブレーキを可能にし、衝突時には被害を軽減する。

ハンドルの9時と3時の位置を握ったときに、肘が写真のようにしっかりと曲がるのが正しい運転姿勢。はじめは少し窮屈に感じるかもしれないが、この姿勢が、とっさのハンドル操作、確実なブレーキを可能にし、衝突時には被害を軽減する。

8つのチェックポイント
(1)腰を深く お尻の後ろに隙すき間ま ができないように、骨盤を起こす感じで深く座る。腰が後ろにずれず急ブレーキも正しく踏める。

(1)腰を深く
お尻の後ろに隙間ができないように、骨盤を起こす感じで深く座る。腰が後ろにずれず急ブレーキも正しく踏める。

(2)左足をしっかり置く ブレーキ左の足置きに左足を置き、左膝ひざが確実に曲がるよう座席を前後に調整。これで急ブレーキを力強く踏める。

(2)左足をしっかり置く
ブレーキ左の足置きに左足を置き、左膝ひざが確実に曲がるよう座席を前後に調整。これで急ブレーキを力強く踏める。

(3)目の位置を調整する 座面の上下調整機能で座面を上げ、目の位置を高めに調整。視界を広げることで周囲の情報がより多く得られる。

(3)目の位置を調整する
座面の上下調整機能で座面を上げ、目の位置を高めに調整。視界を広げることで周囲の情報がより多く得られる。

(4)座席を適正な高さに 座席の上下の高さを確認する。セダンの場合なら、天井と頭頂部の間にこぶしがゆったり入る高さが適切。

(4)座席を適正な高さに
座席の上下の高さを確認する。セダンの場合なら、天井と頭頂部の間にこぶしがゆったり入る高さが適切。

(5)座席の前後位置を調整 ハンドルの12時の位置を右手で握る。肘が軽く曲がるように背もたれとハンドルを、上下・前後調整機能で調整。

(5)座席の前後位置を調整
ハンドルの12時の位置を右手で握る。肘が軽く曲がるように背もたれとハンドルを、上下・前後調整機能で調整。

(6)ヘッドレストを調整 追突時に首を守る上で重要なヘッドレスト。その頂点と頭頂部とが同じ高さになるように、高さを調整する。

(6)ヘッドレストを調整
追突時に首を守る上で重要なヘッドレスト。その頂点と頭頂部とが同じ高さになるように、高さを調整する。

(7)シートベルトを装着 腰骨の位置にしっかりとシートベルトを装着。次に胸の前のベルトを上方向に強めに引っ張り、たるみをなくす。

(7)シートベルトを装着
腰骨の位置にしっかりとシートベルトを装着。次に胸の前のベルトを上方向に強めに引っ張り、たるみをなくす。

(8)ハンドルを握る 3時と9時の位置を握るのが正しい。ハンドルを大きく切るときも、両手が持つハンドルの場所は同じ位置。

(8)ハンドルを握る
3時と9時の位置を握るのが正しい。ハンドルを大きく切るときも、両手が持つハンドルの場所は同じ位置。

菰田 潔さん(自動車評論家・69歳)
安全運転普及の第一人者。テストドライバーを経て現在は日本自動車ジャーナリスト協会会長。BMW公認運転スクールの主任教官を務める。著書に『クルマの運転術』。

※この記事は『サライ』本誌2020年3月号より転載しました。

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
10月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア