新着記事

遠州5層ガーゼのパジャマ|風合い豊かなガーゼ生地を5層に重ね極上の着心地を実現

季節の変わり目、そろそろ肌掛けだけでは少し寒く感じる頃になった。寝具も取り替えの時季、併せて…

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|みずみずしい梨を食卓にも!「豚肉の梨生姜ソース」「梨とトマトのカプレーゼ風」

【管理栄養士が教える減塩レシピ】みずみずしい梨を食卓にも!「豚肉の梨生姜ソース」「梨とトマトのカプレーゼ風」

写真・文/矢崎海里さんまに新米、きのこやさつまいもなど、秋は特に旬の食材が豊富ですが…

ダーティ・メリー/クレイジー・ラリー

「アメリカン・ニューシネマの洗礼を受けた」映画|『ダーティ・メリー/クレイジー・ラリー』【面白すぎる日本映画 第34回・特別編】

文・絵/牧野良幸映画俳優のピーター・フォンダがこの8月に亡くなった。享年79歳。また…

資産形成

ビジネスパーソンの預貯金平均額は20代452万円、30代682万円、40代952万円!|老後資金の資産運用、何してる?

2019年6月に金融庁の報告書によって公表された試算結果によると、公的年金だけでは、65歳か…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(9/23~9/29)

ニャンコ先生の開運星占い気まぐれで毒舌、でも人を癒してくれる占い師・ニャンコ先生が、星占いをする…

生活は口のなかに表れる|『口がきれいだと、健康で長生きできる』

唾液が少ない人は要注意!口がきれいでない人は、長生きできない

文/印南敦史『口がきれいだと、健康で長生きできる』(古舘 健 著、KADOKAWA)の著者の…

招福 健康パートナー|健康と幸福を願って握る福の神のツボ押し

七福神の「大黒様」と「恵比須様」の朗らかな笑顔に癒やされる錫の球。一見、置物に見えるが、実は…

起業

定年後の起業が増加傾向!?|シニア層の4人に1人が「起業に関心あり」

「起業」することが身近な時代になりました。freee株式会社が、20~69歳の有職者男女90…

【最後の恋】「うちでお昼はいかが?」高級マンションでひとり暮らしをする4歳年下の未亡人の誘惑~その2~

取材・文/沢木文仕事、そして男としての引退を意識する“アラウンド…

【最後の恋】偶然入った昼間のカラオケスナック。「いい声ね」と言われ、人生初のモテ期が始まり……~その1~

取材・文/沢木文仕事、そして男としての引退を意識する“アラウンド還暦”の男性。本連載…

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

住まい古き佳き日本の住まい

  1.  

    「太宰治記念館 斜陽館」と「太宰治疎開の家」 太宰治ゆかりの2大名所

         

    写真・文/鈴木拓也奥津軽のJR五所川原駅で、1両編成の津軽鉄道に乗り換えて約20分。吉幾三に「おらこんな村いやだ」と唄われた嘉瀬の近くに金木(かなぎ)駅がある。この駅で降りて「メロス坂通り」に沿って歩き、「太宰通り」のある方…

  2.  

    東北の古都、弘前市に今も残るロマンあふれる洋館8棟

         

    取材・文/鈴木拓也江戸時代に津軽藩の城下町として栄えた弘前。明治時代に入って、外国人教育者や…

  3.  

    藤田記念庭園|東北有数の広壮なる庭園付き大邸宅【古き佳き日本の住まい 第5回】

         

    写真・文/石津祐介西洋文化を取り入れてきた青森県・弘前(ひろさき)には、明治から大正期にかけ…

  4.  

    佐原の街並み|江戸の情緒が残る利根川沿いの水郷の町【日本の古い街並み紀行 第1回】

         

    写真・文/石津祐介千葉県の北東部に位置する佐原。江戸時代には水運で栄え、「お江戸見たけりゃ佐…

  5.  

    旧遠山家住宅|日興証券の創立者が最愛の母を思って建てた農家風の大邸宅【古き佳き日本の住まい 第4回】

         

    写真・文/石津祐介埼玉県の中央部に位置する比企郡川島町。のどかな田園地帯に建つ「旧遠山家住宅…

  6.  

    市島邸|明治初期の風を残す北越屈指の豪農の邸宅【古き佳き日本の住まい 第3回】

         

    写真・文/石津祐介新潟県新発田市にある市島邸は、江戸時代に干拓事業を中心とした新田開発や薬種…

  7.  

    山本亭(東京・柴又)|優雅な庭園のある和洋折衷の家【古き佳き日本の住まい 第2回】

         

    写真・文/石津祐介「男はつらいよ」のロケ地で有名な東京・葛飾区柴又にある『山本亭』。…

  8.  

    築350年の茅葺き民家「鈴木家住宅」の“開かずの間”が開くとき【知られざる秋田・羽後町へ5】

         

    文・取材/山内貴範秋田県羽後町の飯沢地区にある、築350年の歴史を持つ茅葺き民家「鈴…

  9.  

    鎌鼬美術館|舞踏家・土方巽の足跡を残す古民家美術館【知られざる秋田・羽後町へ4】

         

    文・取材/山内貴範秋田県出身で、戦後を代表する舞踏家の一人、土方巽(ひじかた・たつみ)。昭和…

  10.  

    祇園閣|京都・祇園に聳え立つ異形の望楼の正体とは【伊東忠太の奇想建築】

         

    文・取材/山内貴範国内外からの観光客で賑わう京都・祇園。伝統的な京町家が立ち並ぶ中に、奇妙な…

  11.  

    大沢家住宅|小江戸・川越最古の蔵造りの家【古き佳き日本の住まい 第1回】

         

    写真・文/石津祐介江戸の面影を残す、川越の蔵造りの街並み。内外からの観光客で賑わって…

  12.  

    茅葺き民家の桃源郷!希有な景観を支える職人の技【知られざる秋田・羽後町へ1】

         

    文・取材/山内貴範鳥海山の麓に拡がる秋田県羽後町(うごまち)には、東北地方でも有数の約60棟…

  13.  

    俳聖殿|伊東忠太の奇想建築モチーフは松尾芭蕉

         

    文・取材/山内貴範伊賀流忍者の里として知られる三重県伊賀市。藤堂高虎が築いた伊賀上野…

  14.  

    奇想の建築家・伊東忠太の最高傑作「築地本願寺」観賞のキモは動物観察!

         

    文・取材/山内貴範東京メトロ築地駅の1番出口から地上に出ると、すぐ左手にインド風の不…

  15.  

    京町家の中に異様なドームが!伊東忠太が生んだ稀代の奇想建築「本願寺伝道院」

         

    文・取材/山内貴範京都駅の北西にある西本願寺の門前町に、赤レンガ造りの奇妙な建物がある。明治…

  16.  

    至高のペア!? 国宝の塔とお堂が並び建っている寺7つ

         

    文・写真/佐竹敦共に国宝に指定されている塔とお堂を一望することができるという、最高級の贅沢を…

  17.  

    日本を守った偉大な壁!訪ねてみたい「元寇防塁」6箇所

         

    文・写真/佐竹敦文永11(1274)年10月、北九州に中国の元の大水軍が襲来した。い…

  18.  

    塔は「逓減」を見るべし!五重塔など「仏塔」観察のコツ

         

    文/佐竹敦日本には、江戸時代以前に建てられた仏塔が、関西を中心に実に128基(五重塔…

  19. カメラを構えると、子供たちがもの珍しそうに集まってきた。30号棟の近くで撮影。  

    貴重な記録に!作業員として働きながらカメラに収めた「軍艦島」在りし日の光景【追憶の写真紀行】

         

    談/高橋昌嗣(写真家)僕が軍艦島を訪れたのは、閉山の2年前、昭和47年(1972)の…

  20.  

    まるで東京駅!明治建築界の巨匠・辰野金吾の傑作をじっくり見学できる「岩手銀行赤レンガ館」

         

    文・写真/山内貴範筆者はこれまで、現存する辰野金吾の作品はほとんど見学している。そのなかでも、岩…

  21.  

    見ごたえ十分!長崎・軍艦島の象徴「30号棟」の精巧な模型が「軍艦島デジタルミュージアム」に登場

         

    平成27年(2015)に「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の構成資産の一…

  22.  

    洋から和まで何でもござれ!東京駅の名建築家・辰野金吾のマルチすぎる世界

         

    文・写真/山内貴範日本の戦後漫画の開拓者である巨匠・手塚治虫は、少年漫画から少女漫画、はたま…

  23.  

    築350年の茅葺き民家に住まう!重要文化財「鈴木家住宅」で暮らす家族の思い

         

    文・写真/山内貴範田舎暮らしブームのなかで、茅葺き民家の生活に憧れる人が老若男女を問…

  24.  

    名建築家が秋田の地方都市に遺した庁舎建築の傑作「旧雄勝町役場」(秋田県湯沢市)

         

    秋田県湯沢市雄勝町にある「旧雄勝町役場」は、戦後日本を代表する建築家のひとり、白井晟一(19…

  25.  

    国立西洋美術館本館|日本唯一のコルビュジエ建築4つの特徴

         

    去る7月17日、「ル・コルビュジエの建築作品―近代建築運動への顕著な貢献―」の構成資産のひと…

  26.  

    遺作にして最高傑作!建築家・岡田信一郎が魂を燃やした「明治生命館」

         

    昭和9年に完成した「明治生命館」は、昭和の建築としてはじめて重要文化財に指定された、記念碑的…

  27.  

    東京駅の建築家・辰野金吾が仕掛けた「国会議事堂」設計をめぐる仁義なき戦い

         

    明治時代を代表する建築家・辰野金吾(たつの・きんご)には、「建築家になったからには、生涯この…

PAGE TOP