新着記事

【ビジネスの極意】優秀な中途採用者を確保するために企業が行うべきこと 【ビジネスの極意】優秀な中途採用者を確保するために行うべきこと

人材確保が難しいといわれている。どこの企業にとって即戦力になる人材は喉から手が出るほど欲しい…

今年こそ舌下免疫療法で、花粉症の根治を目指してみよう あなたは本当に花粉症?|花粉症の根治を目指す「舌下免疫療法」最前線

取材・文/渡辺陽3月に入ってから花粉の量もぐっと増え、鼻づまりや目のかゆみにうんざり…

『野田版 桜の森の満開の下』画像提供:松竹 桜が彩る歌舞伎を愉しむ|古典からシネマ歌舞伎『野田版 桜の森の満開の下』まで

文/堀けいこ和歌や歌謡をはじめ、芸能でもその美しさが謳われてきた「桜」は、歌舞伎の作品に…

さきいかと菜の花の炊き込みご飯 【管理栄養士が教える減塩レシピ】さきいかと菜の花の炊き込みご飯|さきいかでだしを取ろう

写真・文/矢崎海里前回、干し貝柱を使っただしのレシピをご紹介しました。今回は…

6代目スカイライン風のヘッドライトウォッシャーは、実際には水は出ないとのこと。6代目スカイラインに装備されていたアンテナも装備したいと考え、現在も必要なパーツを探しています。 【私のクルマ遍歴】「スカイライン」と「西部警察」は一生の憧れ。ついに『ER34』を『マシンRS』風の赤黒ツートンカラーに再塗装!(後編)

取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオートバ…

サライ.jp世代ならば、すれ違ったら振り返ってしまう健一さんの愛車。その出会いと物語は【後編】で語ります。 【私のクルマ遍歴】『スカイライン2000GTターボ』を事故で失った後、本当に欲しかった『スカイライン2000RSターボ』を必死に探す(前編)

取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオー…

元号ものがたり~改元にまつわる珍談・奇談あれこれ【にっぽん歴史夜話14】 元号ものがたり~改元にまつわる珍談・奇談あれこれ【にっぽん歴史夜話14】

文/砂原浩太朗(小説家)明治、大正、昭和、平成……。ふだんごく普通に使ってはいても、…

《儀式用宝飾水筒》 16世紀後半 トプカプ宮殿博物館蔵 トプカプ宮殿の華麗な宝物【トルコ至宝展 チューリップの宮殿 トプカプの美】

取材・文/池田充枝オスマン帝国(1299年頃~1922年)の第7代スルタン、メフメト…

【娘の気持ち】理容師を目指したきっかけはしっかりとした両親の姿があったから。その進路に不安はなかった~その2~ 【娘の気持ち】理容師を目指したきっかけはしっかりとした両親の姿があったから。その進路に不安はなかった~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】両親はともに理容師。休日に家族で過ごせない寂しさを忘れさせてくれたのは、祖父母の愛情だった~その1~ 【娘のきもち】両親はともに理容師。休日に家族で過ごせない寂しさを忘れさせてくれたのは、祖父母の愛情だった~その1~

取材・文/ふじのあやこ近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過…

ピックアップ記事

  1. クラシックなデザインに足を止める人が多く、常にギャラリーが絶えない初代クラウン(1955年~)

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

住まい古き佳き日本の住まい

  1. 「太宰治記念館 斜陽館」と「太宰治疎開の家」 太宰治ゆかりの2大名所

    写真・文/鈴木拓也奥津軽のJR五所川原駅で、1両編成の津軽鉄道に乗り換えて約20分。吉幾三に「おらこんな村いやだ」と唄われた嘉瀬の近くに金木(かなぎ)駅がある。この駅で降りて「メロス坂通り」に沿って歩き、「太宰通り」のある方…

  2. 東北の古都、弘前市に今も残るロマンあふれる洋館8棟

    取材・文/鈴木拓也江戸時代に津軽藩の城下町として栄えた弘前。明治時代に入って、外国人教育者や…

  3. 藤田記念庭園|東北有数の広壮なる庭園付き大邸宅【古き佳き日本の住まい 第5回】

    写真・文/石津祐介西洋文化を取り入れてきた青森県・弘前(ひろさき)には、明治から大正期にかけ…

  4. 佐原の街並み|江戸の情緒が残る利根川沿いの水郷の町【日本の古い街並み紀行 第1回】

    写真・文/石津祐介千葉県の北東部に位置する佐原。江戸時代には水運で栄え、「お江戸見たけりゃ佐…

  5. 旧遠山家住宅|日興証券の創立者が最愛の母を思って建てた農家風の大邸宅【古き佳き日本の住まい 第4回】

    写真・文/石津祐介埼玉県の中央部に位置する比企郡川島町。のどかな田園地帯に建つ「旧遠山家住宅…

  6. 市島邸|明治初期の風を残す北越屈指の豪農の邸宅【古き佳き日本の住まい 第3回】

  7. 山本亭(東京・柴又)|優雅な庭園のある和洋折衷の家【古き佳き日本の住まい 第2回】

  8. 築350年の茅葺き民家「鈴木家住宅」の“開かずの間”が開くとき【知られざる秋田・羽後町へ5】

  9. 鎌鼬美術館|舞踏家・土方巽の足跡を残す古民家美術館【知られざる秋田・羽後町へ4】

  10. 祇園閣|京都・祇園に聳え立つ異形の望楼の正体とは【伊東忠太の奇想建築】

  11. 大沢家住宅|小江戸・川越最古の蔵造りの家【古き佳き日本の住まい 第1回】

  12. 茅葺き民家の桃源郷!希有な景観を支える職人の技【知られざる秋田・羽後町へ1】

  13. 俳聖殿|伊東忠太の奇想建築モチーフは松尾芭蕉

  14. 奇想の建築家・伊東忠太の最高傑作「築地本願寺」観賞のキモは動物観察!

  15. 京町家の中に異様なドームが!伊東忠太が生んだ稀代の奇想建築「本願寺伝道院」

  16. 至高のペア!? 国宝の塔とお堂が並び建っている寺7つ

  17. 日本を守った偉大な壁!訪ねてみたい「元寇防塁」6箇所

  18. 塔は「逓減」を見るべし!五重塔など「仏塔」観察のコツ

  19. カメラを構えると、子供たちがもの珍しそうに集まってきた。30号棟の近くで撮影。

    貴重な記録に!作業員として働きながらカメラに収めた「軍艦島」在りし日の光景【追憶の写真紀行】

  20. まるで東京駅!明治建築界の巨匠・辰野金吾の傑作をじっくり見学できる「岩手銀行赤レンガ館」

  21. 見ごたえ十分!長崎・軍艦島の象徴「30号棟」の精巧な模型が「軍艦島デジタルミュージアム」に登場

  22. 洋から和まで何でもござれ!東京駅の名建築家・辰野金吾のマルチすぎる世界

  23. 築350年の茅葺き民家に住まう!重要文化財「鈴木家住宅」で暮らす家族の思い

  24. 名建築家が秋田の地方都市に遺した庁舎建築の傑作「旧雄勝町役場」(秋田県湯沢市)

  25. 国立西洋美術館本館|日本唯一のコルビュジエ建築4つの特徴

  26. 遺作にして最高傑作!建築家・岡田信一郎が魂を燃やした「明治生命館」

  27. 東京駅の建築家・辰野金吾が仕掛けた「国会議事堂」設計をめぐる仁義なき戦い

PAGE TOP